身内からお金を借りる3つの方法と頼めない時の借入先【両親・兄弟・祖父母】

この記事に関するアドバイザ

元 銀行ローンセンター長

佐藤喜三男

銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

 この記事はこんな人にオススメ 
  • どうしよう、お金がない!
  • 給料日まで、まだあるし...
  • 借りるならやっぱ身内か?

生活ができない程お金が無い時は、稼ぐ暇もありませんよね。

借りるという方法がありますが、友人に借りるのはリスクが多いでしょう。断られて疎遠になる可能性があります。

そこで今回は、身内にお金を借りるコツと注意点をご紹介。また、身内から借りられなかった時の対処法も解説します。

お金を借りるときの第一選択は兄弟

まず、金欠で最初に相談すべき身内は親ではなく「兄弟」が無難です。

親よりも話しやすい存在ですし、お金を借りる際も説教ではなく、ちょっとした小言で済む可能性があります。仲の良い兄弟ならなおさら借りやすいでしょう。

ただ、どれだけ仲の良い身内や兄弟であっても借りたままはよくありません。必ず返すようにはしましょう。

兄弟は親よりも血が近い存在

親の血よりも、アナタに近いのが兄弟です。そう考えると頼るべき相手が兄弟というのも、納得しやすいのではないでしょうか?

きちんと「なぜお金が無くなってしまったのか」理由を話して、相談することで、お金を借りられる可能性をあげることができます。

お金を借りるときも、このように兄弟とはどういう存在なのかを話すとより穏便に借りることができるでしょう。

お兄ちゃんかお姉ちゃんがポイント!

兄弟から御姉を借りるのであれば、上の兄弟であるお兄ちゃん・お姉ちゃんに頼みましょう。

弟や妹よりもお金が借りやすい傾向があります。

普段から兄弟の関係を良好にしておく必要はありますが、本当に困った時はお兄ちゃんやお姉ちゃんが必ず助けてくれるはずです。

ぜひ、お金に困ったら上の兄弟に頼ってみましょう。

祖父&祖母からお金を借りるのもアリ

おじいちゃん、おばあちゃんから説教された記憶はありますか?

ほとんどの方がノーでしょう。例えお金を借りたいと相談しても、おじいちゃんやおばあちゃんであれば説教される可能性は限りなく低いです。

おじいちゃん、おばあちゃんの立場からすると、やはり孫は何歳になってもかわいいもので、できるだけ力になってあげたい存在と言えます。

身内に兄弟がいない場合は、おじいちゃんやおばあちゃんに頼ってお金を借りるようにしてみてください。

借りるだけでなく貰える可能性もある

おじいちゃん、おばあちゃんにお金の相談をすると、「借りる」ではなく、「貰える」可能性だってあります。

ただし、近年ではお年寄りを狙った詐欺が横行していますので、電話で借りようとすると警戒されてしまいます。必ず直接会いに行って借りるようにしましょう。

また、顔を直接見せることでお金を貰える可能性はぐんと高まります。少しでも顔を見せて、喜ばしてあげるといいかもしれません。

身内が少ない方は親に頼ろう

身内に兄弟がいない、おじいちゃんおばあちゃんに会うことが出来ない、そういった状況になってから初めてに頼ってみてください。

親から借りる場合、多少の説教は覚悟しなければいけませんが、ちょっとしたコツでそれを軽減することができます。

親からお金を借りる際は理由に気をつける

身内、それも親からお金を借りるとき、その理由がギャンブルであっても、その単語を決して出してはいけません。

必ず説教が待っていますし、最悪お金を借りることが出来ず、勘当を言い渡される可能性まであります。

身内からお金を借りるときは、少しでも同情を誘えるような理由をつけましょう。

例えば、事業に少しつまずいた、ちょっとした病気を患ったなど大げさすぎず、バレなそうな理由を考えてみて下さい。

お金を借りる理由
  • 病気になったので病院に行きたい
  • 財布を無くしてしまった
  • ご祝儀や香典の費用が欲しい
  • 賠償金を請求されている
  • タキシードや喪服が買えない

身内への相談は気が進まないときの解決策!

できるなら、自分一人で解決したい!

頼れる身内がいない。正直、後でゴタゴタになるのも面倒臭い

このような人は、金融機関から借りるが得策です。

どうやってお願いするか考える必要がなく、機械的な手続きで借りられます。

カードローンは誰にも迷惑をかけずにお金を借りられる

カードローンは、ATMや銀行振込でお金を借りるサービスです。

借りたお金は、翌月以降に何回かに分けて返済をしていきます。

カードローンからお金を借りるメリット
  • 申込から最短1時間で利用できる
  • 金利がクレジットカードより安い
  • 1,000円からでも借入できる
  • 30日間は利息0円で済む
  • コンビニから借入・返済可能

安定した収入さえあれば、誰でも簡単に現金を借りられるため、学生やフリーター、パートの方でもお金を借りることができます。

また、担保や保証人が必要ないので、身内に迷惑をかけることがありません。

Q.カードローンの特徴は?

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

自身の信用で利用できることです

カードローンは、無担保、保証人不要、使途自由で、契約期間中であれば利用限度額の範囲内で繰り返し借り入れできます。手続きが簡単で、融資のスピードが早いことも特徴の一つと言えるでしょう。貸金業法により、借り過ぎや高金利、悪質な取り立ても規制されており、安心です。身内や知人に迷惑をかけることなく、自分自身の信用で手軽に利用できますが、返済に遅延などしないよう、計画的な利用を心掛けることが重要です。

まとめ:身内からお金を借りるのに良心が痛む場合はキャッシングも一つの手

身内からお金を借りる場合、金融会社からの借入と違って説教はつきものです。

もし、身内に頼ることが憚られる場合は、カードローン・キャッシングを利用してみてください。借入をしたことが職場や身内にバレることもなく、安心して利用することが可能です。

お金借りるに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る