会社の上司や先輩からお金を借りる方法と金欠時の対処法

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

工藤崇

FP-MYS代表取締役社長兼CEO。AFP資格を保有し、Fintech領域のリテラシーを向上させたい個人や、FP領域を活用してFintechビジネスを検討する法人のサポートやプロダクト支援に尽力。

この記事の目次

  1. お金がない状態は精神的にあまり良くない
  2. 先輩からお金を借りるのはリスクがある
  3. 上司や先輩に頼らず自分だけで解決したい...

この記事はこんな人向け
  • 金欠で生活が厳しい…
  • 誰かにお金を借りるか…
  • 職場の先輩なら、貸してもらえるかな…

お金が無くなる原因は人それぞれですが、本当に困ってしまった時、上司や先輩からお金を借りるという選択肢も、考えられますよね。

しかし、上司や先輩からお金を借りるという事はそれ相応のリスクがあると考えるべきと言えるでしょう。どういったリスクあるのか?その点に着目していこうと思います。

お金がない状態は精神的にあまり良くない

「先輩、お金貸してください!」

このセリフは、言える人と言えない人に分かれるのではないでしょうか。

お金がない状態は、満足のいく生活ができないかもしれません。

会社の先輩や上司に誘われても断らなくてはならない状況や、外食ができず自炊をして節約していく必要も出てきます。

お金を借りる時は誰に頼るべきか

  • 給料日まではまだ日数がある
  • でも、そろそろ残高が底を尽きる
  • 食費や生活費はどうしても掛かってしまう

どうしても手元にお金がなくて、誰かにお金を借りるしかないという状況になったら、あなたは誰を頼りますか?以下に、よくあるパターンを挙げてみました。

お金が無い時に頼る相手
親や身内
多くの場合は優しい手を差し伸べてくれるでしょう。しかし、親に心配や不安をかけたくないという人も多いのではないでしょうか。
知人・友人・恋人
借りたお金はきちんと返さなければいけませんが、利息などは無しで借りられるケースがほとんどでしょう。ただし、関係が崩れてしまう可能性があるので注意が必要です
職場の上司・先輩
仕事先で毎日顔を合わせる上、給料日までも把握しているので基本的には安心かもしれません。

職場の先輩から手を差し伸べられることも

ここで注目していきたいのは、会社の先輩です。本来であれば、お金を借りる存在ではありませんが、職場の先輩も選択肢に入ってくるでしょう。

お金がない状態になったのは、プライベートで使いすぎただけではありません。会社の必要経費の立替や、交通費、飲み会やイベントで出費してしまった場合もあるでしょう。

そんな時に職場の先輩に、お金に困っていると相談したら、貸してくれる可能性も十分考えられます。

先輩にお金を借りるメリット

先輩にお金を借りるメリット
  • 給料日当日に返済ができる
  • 先輩も給料日が分かっているので待ってくれる
  • 今すぐお金を借りられる可能性がある

職場の先輩からお金を借りるというのは、案外メリットがあります。職場の先輩とは基本的に仕事の日は毎日会います。その上、給料日も生活リズムも把握できている場合が多いのです。

自分がお金のない後輩の立場だったら、有り難いことでしょう。そんな時は素直に甘えても良いかもしれません。

先輩からお金を借りるのはリスクがある

先輩からお金を借りるという行為に対して、以下のようなリスクが考えられます。

考えられるリスク
■お金にだらしないというレッテルを貼られる
■お金の管理が下手だと思われ仕事を任せてもらえない
■飲み会で他の社員に話をされる危険性も

お金を借りる後輩に対して、先輩は「状況の判断能力」や「計算能力」がないのでは?と感じてしまうかもしれません。

どれだけいい関係を築いているとしてもお金の管理ができないとみなされ、大きな金額がかかった大事な仕事を任せてもらえないかもしれません。

特に、一度、だらしない後輩だと思われてしまったら、イメージを覆すのはなかなか大変でしょう。

お酒の席で全社員に知れ渡る可能性も

また、基本的にお金を借りるという事実は他の人には話したくないものですが、職場の先輩ということもあり、飲み会の席でつい話されてしまうケースも考えられるでしょう。

酔った勢いがあると、後輩の事を考えるよりも、笑い話を優先させてしまうものです。先輩からお金を借りるということは、様々なリスクがあると考えるべきでしょう。

Q.会社の人間と金銭の貸し借りを行うリスクとは

Kudo

ファイナンシャルプランナー|工藤崇

個人賃借はトラブルの温床!

信販会社などではなく、個人からお金を借りる場合は一層の注意が必要です。利息がないと聞いていたのに、貸し手は利息付きと考えており追加で返済を迫られたというケースも。トラブルを予防するためには契約書を交わすこと。契約書のなかには返済期間と利息をしっかりと明示すること。必要あれば弁護士にも見て貰うようにしましょう。

上司や先輩に頼らず自分だけで解決したい...

  • 先輩にお金を借りて信用を失うと困る
  • 親や友人にも相談するのは難しい
  • だけどこのままじゃ金欠で生活が厳しい

「お金が無くなる」という状況は、誰しも経験したことがあるはずです。そういった時でも、生活費を切り詰めて次の給料日まで凌ぐか、あるいは誰かからお金を借りるかで、何とか生き抜いていかなければなりません。

しかし、中には「相談もできないし、これ以上の節約も難しい」という方もいるでしょう。そのような方は、他の対処法がないか考えてみましょう。

対処法1:不用品を売ってお金に換える

まずは何かモノを売って、お金に変えるという方法を検討してみてください。

あまり身につけていない衣類やアクセサリーや、使わなくなった電化製品など、部屋を見渡してみれば売れるものがあるはずです。

ブランド品でもない限り、高い値段で買い取ってもらえる可能性は低いかもしれません。しかし、いくつかモノを中古品の販売店に持ち寄れば、ある程度のお金になるかもしれません。

対処法2:副業で稼ぎを得る

お金がない場合は、副業で稼ぎを得るというのも1つの手です。空いている時間を見つけて働くのは、確かに大変かもしれません。

しかし、内職などを行い、自分にあったペースで無理なく稼げる方法もあるのです。

クラウドソーシングという手段

近年注目されている副業の方法にクラウドソーシングというものがあります。クラウドソーシングとはインターネット上で個人が仕事を引き受けることができるサイトです。

クラウドソーシングの案件には、専門性が高いものから低いものまで数多くあります。例えば、デザインやプログラミングは難しいかもしれませんが、コラム作成やアンケート記入であれば、気軽にできるかもしれません。

ただし専門性が低い案件は、単価が低い傾向にあるため、思ったように稼げないケースもあるのでご注意ください。

対処法3:副業で稼ぎを得る

どうしても困っているときは、ご両親や友人などの知り合いに相談してみるのも1つの手です。

上司や先輩にお金を借りる場合は、会社での印象を悪くしてしまうかもしれません。場合によっては、両親や友人から借りるのが良い方もいます。

身近な両親や仲が良い友人だからこそ、快く助けてくれるかもしれません。

もちろん誰が相手であっても、借りたお金はしっかり返していかないといけません。お金の貸し借りは人間関係を悪化させる可能性があるので、きちんと誠実に対応するよう心がけましょう。

対処法4:金融機関からお金を借りる

副業で収入を増やせたり、知り合いに頼んで助けてもらえるならそれで解決です。

しかし、例えば副業では必要なお金を工面できなかったり、仲の良い相手だからこそ相談しにくいという方もいるでしょう。

それでも「お金が足りない状況」は解決したいですよね。

そのような場合は、金融機関からお金を借りるという選択肢に目を向けてみるのが良いかもしれません。

カードローンという選択肢

具体的に、カードローンで借りるという方法があります。

カードローンとは、提携しているATMから直接お金を借りられるカード型のローン商品です。

大手コンビニに設置されているATMでも借りられるので、カードさえあれば急ぎのときにも対応できます。

おすすめの特集ページ

お金借りるに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る