ネットキャッシングで即日融資を実現できるおすすめカードローン

2018年12月06日更新

Teduka
この記事のアドバイザ
地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。
Takazawa
この記事のアドバイザ
短期大学の秘書課程を卒業後、信用金庫で1年7ヶ月間勤務、カードローン審査のサポート業務を担当。金融事務全般も担当し、オペレーターとして数多くのお客様に対応した。第二種証券外務員資格を所有している、金融商品取引のプロ。

「明日クレジットの引き落としなのに、口座にお金がない…」

そんなとき、ネットキャッシングをすれば借りたお金を直接口座に振り込んでもらえます。条件さえ満たせば即日融資で対応してもらえますが、具体的には何に注意すればいいのでしょうか。
ネットキャッシングで即日融資可能なカードローンも合わせて紹介します。

ネットキャッシングとはスマホ1台で行える借入方法

今や誰もが持っているスマートフォン。これが1台あれば、カードローンを持っていない人でも今日中にネットキャッシングができてしまいます。

クレジットカードの引き落としに間に合わない
家賃の引き落としがあるのに残高不足
公共料金の払い込みができていなかった

そんな時こそ、オンラインでお金を借りるネットキャッシングが役立ちます。

自宅にいながらカードレスで借りられる

ネットキャッシング最大の利点は、何と言ってもどこにいてもカンタンにお金を借りられるということです。例えば、「雨が降っていて家から出たくないけど、今日中に残高不足を解消しないとマズい」、そんな時でもスマホがあれば銀行口座に直接振り込みをしてもらえるのです。

では、そのネットキャッシングはどのように行えばいいのでしょうか?

Q.カードレスで借入するメリットとは

Takazawa

元 信用金庫職員|高澤志保

周囲の目を気にする必要がありません


キャッシングを行うときに、人の目が気になるという人は多いのではないでしょうか。特に財布の中にローンカードを入れて置いて人に見られてしまった、ローンカードを使ってキャッシングしているところを見られてしまったという人も少なくないでしょう。
ネットキャッシングなら、スマホやパソコンから借り入れの申し込み後、自分の普段使っている銀行口座に振り込みが可能なため、周囲の目を気にする必要がありません。

ネットキャッシングでオンライン即日融資

ネットキャッシングとは、オンラインで振込キャッシングを申込み、実際に融資(貸付)を受ける借り入れ方法です。
プロミスやモビット、アコムといったカードローン会社の公式サイトから、いつどこにいても短時間で申し込みができるようになっています。

即日でネットキャッシングする流れ

まずは、即日でネットキャッシングを行う申し込みから借り入れまでの流れを確認しましょう。

ネットキャッシングの流れ

以上の流れを1日で完了できれば、即日のネットキャッシングが成功します。
細かく解説したので6つのステップにわかれてしまいましたが、即日で行うのは決して難しくありません。

基本的には平日14時までの契約が必須

ネットキャッシングはオンラインの振込キャッシングです。つまり銀行振込によって融資が行われる以上、銀行の営業時間内にオンラインで申込みと契約を終えている必要があるのです。

つまりネットキャッシングでオンライン即日融資を目指すなら、借り入れ方法が限定されているがために時間に対してよりシビアにならなければなりません。

最短30分で審査可能なカードローンに申込んでおこう

「14時までに契約する必要がある」と聞いて、焦った人も多いかもしれません。しかし、そんな時こそ申し込み先をしっかり選ぶべきです。
では、何を基準に申し込み先を決めればいいのか?
それは、審査の早さです。カードローンによっては最短30分で審査できるので、そういった申し込み先を選びましょう。

Q.なぜ短時間で審査が終了するのか

Takazawa

元 信用金庫職員|高澤志保

自動審査システムを採用しているため


カードローンの審査は、コンピューターによる自動審査システムを採用しているため短時間で終わります。その審査では、申し込み内容でその人の属性を割り出して採点し、膨大な統計データと照合しています。基準に達している場合は合格、達してない場合は不合格と、瞬時に判断されるのです。

会員ぺージから融資申し込み

ネットキャッシングは、カードローン各社の会員ページから簡単に申し込めます。契約時に振込先口座を申請していない場合も、会員ページからいつでも登録できます。
会員ページにはスマートフォンからでもアクセスできるので、ネットキャッシングは場所を選ばないという特徴も備えています

指定銀行がある消費者金融なら可能性UP

オンライン即日融資を目指すなら、基本は平日14時までの契約が絶対条件です。しかしい一部の消費者金融(サラ金)では、指定している銀行の口座に対しては土日祝日を問わず24時間振込キャッシングを対応している場合があるのです。

それが利用できるなら、ネットキャッシングの方法でオンライン即日融資ができる可能性は非常に高くなると言えるでしょう。

指定銀行があれば土日のネットキャッシングもカンタン!

24時間365日いつでも振込可能な口座を持っているなら、そのカードローンでは土日のネットキャッシングも即日で行えます。特に、消費者金融はどこも土日に審査を行ってくれるので、ネットキャッシングによる即日融資も成功率は高いのです。
あなたの持っている銀行口座はどれですか?以下3つの内1つでも持っているなら、土日はそのカードローンに申し込みましょう。

三菱UFJ銀行の口座を持っている!
三井住友銀行の口座を持っている!

あなたが持っているキャッシュカードはどれ?

ネットキャッシングはオンラインで振込キャッシングを行う借り入れ方法です。即日融資(即日キャッシング)をオンラインで行う場合、借り入れ方法はこれに限定されます。

通常は14時までに契約しないとこの方法は利用できませんが、指定銀行口座がある消費者金融(サラ金)や銀行カードローンなら話が別です。
そういった貸金業者はネットキャッシングのオンライン即日融資ができる可能性が非常に高いと言えるでしょう。

オンライン即日融資を目指している場合は、手持ちの銀行口座に注目してみてください。

メガバンクの口座を持ってないなら…

大手のメガバンクに口座を持っていない、そういった方はネット申し込み可能かつ対応スピードが速いカードローンという条件で申し込み先を選びましょう。

特に、大手の消費者金融であれば基本的に口座の有無に関係なく即日対応ができるので、今日・明日中にお金を用意したい状況にはピッタリです。

まずはアコムを検討してください

即日かつネットキャッシングが可能という条件で見れば、三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムほど適したカードローンはありません。
実際、最短30分で結果通知を行うという審査スピードから人気を集め、アコムは延べ利用者数1,000万人という国内トップクラスのシェアを誇っています。

まずは公式サイトを確認し、早めに申し込み手続きを済ませておいてください。平日14時までに契約が完了すれば、どのような口座に対してもネットキャッシングで入金できます。

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でトップクラス!30日分の利息が基本的にゼロ円!最短60分で借りられる!
 公式サイトへ▶ 

三菱UFJ銀行か三井住友の口座があると選択肢が多い

ネットキャッシングに最も向いているのは、三菱UFJ銀行と三井住友銀行の口座でしょう。この口座を持っていると、モビットとプロミスでのネットキャッシングが更に便利になります。

Q.銀行グループの消費者金融の特徴とは

Takazawa

元 信用金庫職員|高澤志保

銀行グループの口座ならキャッシングが便利


銀行系消費者金融と一般的な消費者金融に、事業的な違いはありません。しかし、銀行グループに属していることは大きな安心感につながり、ストレスフリーに利用できるメリットがあります。
また、銀行系カードローンはグループの銀行口座を利用したネットキャッシングも充実しており、実際に利便性が高いという魅力もあります。

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

サービスが充実している


銀行グループの消費者金融は、様々なサービスが充実しています。
例えば、親会社の銀行ATMを手数料無料で利用することができたり、巨大な資本力を生かして、日本全国に無人契約機が設置されているため、即日でカード発行ができるなどのメリットがあります。
銀行資本でない消費者金融の多くが、資金力の違いから無人契約機は設置していないためカードが必ず郵送になったり、そもそもカードを発行していないため、振込融資限定になっていることなどデメリットが多くなっています。
銀行傘下の大手消費者金融は、資金力の乏しい中小の消費者金融には不可能なサービスが可能で、顧客の満足度を高める付加価値を提供しているという特徴があります。

SMBCモビットはWEB完結でこっそりネットキャッシング

三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があると、モビットのWEB完結申し込みが利用できます。WEB完結申込みとは、キャッシングだけでなく申込みから審査、契約までの全てをネット上で完結させる申込み方法です。

WEB完結なら、基本的にモビットから電話がかかってきません。またカードレスでお金を借りられるので、家族にカードを見られてキャッシングがばれるという心配も無いのです。
WEB完結申し込みは、以下のボタンをクリックしてモビットの公式サイトに行けば開始できます。

 SMBCモビット
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:10秒簡易審査
:最短即日
公式サイトで10秒簡易審査が受けられる!WEB完結申し込みなら完全電話連絡なし!
 公式サイトへ▶ 

※申し込みの時間・曜日によっては翌日以降の対応となります。

プロミスでは24時間ネットキャッシングできる

上記でも解説したように、三井住友銀行の口座があればプロミスでのネットキャッシングを24時間365日利用できるようになります。
また通常のネットキャッシングと違い、三井住友銀行の口座には最短10秒で振込が行われる「瞬フリ」で対応してくれるので、更に便利にお金を借りられるでしょう。

また、申込み時にメールアドレスを登録してWeb明細を利用すれば、初回30日の無利息期間サービスも使えます。利息負担を抑えながら自宅でネットキャッシングがしたい、そんな人はプロミスの利用がピッタリです。

 プロミスSMBCコンシューマーファイナンス
金利 
限度額
審査 
融資 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
:最短1時間
他消費者金融よりも金利が安くてお得!銀行閉店後も最短10秒で振込可能!※130日分の利息が完全ゼロ円!※2
 公式サイトへ▶ 

※1:三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要です※2:メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です

楽天銀行口座があるなら迷わずアコム!

楽天銀行口座を持っていると、アコムの振込キャッシングが24時間いつでも使えるようになります。アコムは最低金利も3.0%と業界最低水準となっており、利息の面でも安心のカードローンです。

もちろん、楽天銀行口座が無くてもネットキャッシングは可能です。ネットバンキングを使った返済にも対応してくれているので、「必要な時に借りて、スキマ時間に簡単返済がしたい」という人にピッタリです!

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でトップクラス!30日分の利息が基本的にゼロ円!最短60分で借りられる!
 公式サイトへ▶ 

まとめ

最近の消費者金融は、スマホ1台あれば簡単にネットキャッシングができるようになっています。しかし、より便利にキャッシングをしたいなら、手持ちの銀行口座にも注目してみてください。

三井住友銀行口座を持っているなら、モビットかプロミスがオススメです。楽天銀行口座を持っているなら、確実にアコムを選んでください。
ネットキャッシングができれば、誰にもバレずにお金を借りることも可能です。
こっそりキャッシングしたい人は、ぜひこのサービスを活用してください。

SMBCモビットに申し込む
プロミスに申し込む
アコムに申し込む

Web契約に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る