1万円だけ借りるときのベストなカードローンの選び方|無利息期間なら1万円返すだけ!

2018年04月06日更新

Kumazawa
この記事のアドバイザ
元 クレジットカード会社職員
クレジットカード会社20年勤務し、うち10年間は債権回収を担当。クレジット審査業務能力検定上級コースであるシニアクレジッター及び、クレカウンセラー取得をしている審査のプロ。

※2018年3月23日現在の情報です。
2018年4月より、新生銀行カードローンレイクの新規受付が停止になり、グループ会社の「新生フィナンシャル株式会社」にて、新しいカードローン商品が導入されます。これに伴い、正しい情報への修正を進めておりますが、まだ完全ではありません。本記事では「新生銀行レイク」についての記載がございますが、2018年4月からは、新規申込受付を停止しておりますので、ご注意ください。

1万円が必要になるシチュエーション

今夜の飲み会資金がない
大切な人の誕生日プレゼントを買うお金がない
1週間後の給料日までの生活費がない
カードの支払いが近いのにお金がない

上記のようなシチュエーションで「1万円だけ借りたい!」という人も多いでしょう。1万円は決して安い額ではありませんが、借りる事だけ考えれば、それほどハードルが高いものではありません。

今回は1万円をお得に借りるための方法と、借り入れ先について解説します。

1万円だけ借りるなら低金利より無利息期間で選ぶ!

Q.カードローンで1万円だけ借りるにあたっての注意点とは


元クレジットカード会社職員|熊澤健
初回なら無利息期間の活用を考えましょう

1万円でも返済の計画を立てて借りましょう。提携ATMや振込手数料を確認しないと、金利よりも手数料の方が高くなってしまいます。
初回短期間の借入であれば、初回限定の無利息サービスをしているカードローンがあります。期間内に返済すれば金利がかかりません。期間内に返済できない時でも、一部の返済でも残りの利息は減ります。また、利息のかかる期間も短ければ支払額は少なくなります。そうすれば、仮に少し金利が高くても返済額は少なくなります。
サービスをよく確認して、返済計画を立てて、余計な支払いをしないようにカードローンを選んで利用し、返済しましょう。

消費者金融から1万円だけ借りたい場合は、どのように比較検討して借り入れ先を選べば良いのでしょうか。

マネット調べでは、日本人のおよそ4割は「低金利」という条件で借入先を選ぶ傾向にあります。
しかし1万円という少額を借りるだけなら、オススメなのは「低金利」より「無利息期間サービスの有無」を重視した比較です。

無利息期間がある消費者金融を紹介!

アコムとプロミス、アイフルは初回30日の無利息期間があるので、1万円だけ借りるという人には特にオススメの消費者金融です。

無利息期間ありのカードローン
プロミス
【評価】★★★★★(4.8)
金 利:4.5~17.8%
限度額:最大500万円
審査:最短30分
アコム
アイフル
【評価】
★★★★☆(4.1)
【評価】
★★★☆☆(3.4)

無利息期間の開始日に注意!

即日融資でお金を借りる必要があればなおさらですが、初めてキャッシングするというならアコムがオススメです。

アコムの無利息期間サービスは「契約日の翌日」から始まるので、契約後はできるだけ早く借りるほうがお得なのです。

対してプロミスの場合、無利息期間の起算日は「初回キャッシング日」です。つまりプロミスカードは保険として持っておき、いざという時に利用するのが一番お得なのです。

初月に完済できなくてもお得

無利息期間がある消費者金融をフル活用する場合、期間内に完済できる金額を借りるというのは重要なポイントです。1万円ならとても返しやすく、借りるためのハードルも非常に低いでしょう。

また無利息期間がある消費者金融で1万円だけ借りるなら、たとえ無利息期間が切れた後に返済を続けるとしても大した痛手になりません。

もしも無料期間中に半分でも返済できていたなら、それだけで十分負担は軽減できます。数か月間返済が続くとしても、出費が痛手になるのは考えにくいでしょう。

選択肢はカードローンだけではありません
知人や家族にも相談してみましょう
カードローンは有効な解決策ではありますが、もちろん、ご両親や知り合いから一時的に借りるという手段もあります。
どのようにお金を用意するかは自由であり、カードローンはあくまでも選択肢のひとつであると考えてください。

Q.プロの目から見て無利息期間はどのような点がお得なのか


元クレジットカード会社職員|熊澤健
返済期間が短いと額面金利が低いよりもお得です

無利息期間に返済が終わる場合はもちろん、無利息期間に返済が終わる割合が高ければ、お得になります。一方長期間の利用を考えると適用金利が重要です。
無利息期間のサービスを利用した場合の利息を考えると、無利息期間に返済した金額を引いて、残金で支払い金利を計算すれば良いことになります。
まず、無利息サービスの金額やサービス開始の条件などをよく確認しましょう。会社でサービス内容が違います。次に、借入予定額と、返済の予定を考えましょう。ポイントは、いくら無利息期間金利が節約できたかではなく、無利息期間終了後にどれくらいの利息を支払うかです。この支払い利息が少ない方が得だったということになります。

1万円を返済できるのが数ヶ月先になりそうならレイクへ

もし1万円を借りて、返済できるのが数ヶ月先になるという場合には、新生銀行の「レイク」がオススメです。

レイクなら5万円までのキャッシングであれば、最大で180日間無利息で借りることができます。ぜひ検討してみてください。

コンビニATM返済やインターネット返済といった、返済プランも充実しているので、無理のない返済が可能です。

【まとめ】1万円だけ借りるなら無利息サービスに注目して比較検討しよう

Teacher

1万円という少額のお金を借りるというだけなら、大して吟味せずにカードローンを選んでしまうという人もいるのではないでしょうか。

しかしそれは勿体ない話です。

少額のお金を借りるだけで済むなら、それはつまり「すぐ完済できる」という意味でもあります。
初回無利息期間を利用するには打ってつけの条件ですので、まずは金利ゼロサービスの有無で比較をしましょう。

この記事で紹介したサービス

◆三菱東京UFJフィナンシャル・グループ
「アコム」公式ページ

◆アイフル株式会社
「アイフル」公式ページ

◆SMBCコンシューマーファイナンス
「プロミス」公式ページ

Q.無利息期間を使う際の注意点とは


元クレジットカード会社職員|熊澤健
無利息サービス内容をよく確認しましょう

カードローンに申し込む前に、無利息サービスの内容を確認しましょう。無利息の期間だけでなく、適用される金額や起算日、つまり、無利息期間が計算される最初の日も確認しましょう。
また、無利息は初回限定で何回も使えないことが多いので、必要な時に必要な額だけ利用しましょう。また、無利息サービスだけを見るのではなく、金利や提携ATMなど他の条件も確認しましょう。
無利息期間になるべく多く返済すれば支払う金利は少なくなります。計画よりも多く返せるときは無理のない範囲で多く返済しましょう。

▼合わせて読みたい▼

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • ■本サイトのご利用に関する注意事項
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

ページトップに戻る