じぶんローンの審査の特徴を解説|受かりやすい人と落ちやすい人の特徴も紹介

この記事に関するアドバイザ

じぶん銀行担当者

小鳥遊つぐみ

じぶん銀行に新卒入社し、2年目にカードローンチームに配属後、「カードローンの賢い使い方を広める」というミッションのもと活動。常に利用者の目線に立つことを心がけており、じぶんローンの魅力や適切な利用方法、注意点について情報提供を行っている。

元 JA職員

小松千央

JAバンクにて、カードローンや各種ローンの推進と貯金業務に従事。金融窓口として、2,000名以上のお客様に適切な商品を案内。ローンの専門家として、金融商品販売実績多数。

本記事は編集部が独自に調査した結果をもとに作成していますが、以下の疑問点については、じぶん銀行の「小鳥遊つぐみさん」からご回答頂きました。
申込を検討される際に、ぜひ参考にしてください。
Q. 既にじぶん銀行で住宅ローンを利用していますが、カードローンも申込みできますか?
※回答内容は2018年12月時点のものです。

じぶんローンの審査に必要な書類

他のカードローンと同様に審査を受けるにあたっては、少なくとも本人確認書類収入証明書などの書類を用意する必要があります。

本人確認書類や収入証明書として有効なものは、以下の通りです。

本人確認書類
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・個人番号カード

収入証明書類
・源泉徴収票
・給与明細書
・住民税決定通知書、納税通知書
・確定申告書
・青色申告決算書
・収支内訳書
・支払調書
・所得証明書
・年金証書、年金通知書

申し込みはインターネットから

じぶん銀行はネット上での取引がメインとなっているために、じぶんローンもネット上で手続きをおこないます。

申し込み方法はネット申し込みに限定されており、電話や郵便での手続きは用意されていません

無人契約機(自動契約機)なども無いので、カード受け渡しは郵送でおこなわれます。

WEB完結ではないので注意すべき

じぶんローンの公式サイトには、「お申込みから契約までがネットで完結~」と記載されています。

しかし、申し込みからキャッシングまでの手続きで、一切の電話や郵送物が発生しなくなるサービスではないのです。

在籍確認は会社への電話連絡によっておこなわれるので、「手続きに関するすべての行為」がネット上で完結するわけではありません。

Q.既にじぶん銀行で住宅ローンを利用していますが、カードローンも申込みできますか?

Tsugumi

じぶん銀行担当者|小鳥遊つぐみ

お申込みは可能です。

じぶん銀行の住宅ローンをご利用されていても、カードローンのお申込みは可能です。
ただし、審査の結果ご希望に添えない場合もございますのでご了承ください。

じぶんローンの審査基準は公表されていない

どんな人が審査に受かり、落ちるのか。その基準が分かれば「申し込んでも借りられないかもしれない…」という不安は解消できます。

しかし、じぶんローンの審査基準は公表されていないので、申し込んだところで本当にお金を借りられるのかは、審査を受けてみないとわからないのです。

Q.審査基準が公表されていない理由とは

Kobayashi

元 JA職員|小松千央

公平性や不正を防ぐため

どこの金融機関や消費者金融でも正式に審査基準を公開していません。何故なら、審査に対して公平に行うという意味があるからです。他にも、あらかじめ審査内容を公開してしまうと、審査基準を満たしていない人が、審査に通るように不正を行う可能性があります。それを回避するために、審査基準は公開しないのです。しかし、様々な記事で紹介されているような、年収や金融事故の有無、返済状況は必ず見られますので、必ずチェックしましょう。

毎月きちんと返済できる人が通りやすい

審査基準は公表されていませんが、どんな人が審査に通過しやすいのかは予想できます。

審査は、返済能力の有無を確認するための手続きで、「安定した収入があるかどうか」が大きな判断基準です。

高額な年収を必要とするのではなく、毎月一定額の給料がきちんと入るのであれば、特に問題はありません。

信用情報に問題があると審査に通らない

どのカードローンであっても審査基準は公開していませんが、確実に落とされてしまう原因が「信用情報の傷」です。

あなたの信用情報に問題はないか、簡単にセルフチェックできるポイントを紹介していきます。

クレジットや携帯が利用停止になった

過去に、クレジットカードや携帯電話など「割賦払いが利用できるもの」が利用停止になった経験がある人は注意が必要です。

大抵の場合は3か月以上の滞納が原因となるのですが、5年以内に経験している人はじぶんローンの審査は通過できません。

これは金融事故と呼ばれるブラック情報で、信用情報から抹消されるまでの5年間はどんなカードローンでも審査落ちしてしまうのです。

1ヶ月に3件以上申し込みしている

じぶんローンの審査に通過できるか不安だからと、その他のカードローンに複数申し込みしていませんか

もし1ヶ月以内に3件以上申し込みしているなら、申し込みブラックという状況に陥っている可能性があります。

申し込みブラックは1ヶ月程度で解消できますが、それまでの期間はどんな審査にも落ちてしまうのです。

4件以上の会社から同時に借りている

多重債務というのも、審査落ちにつながる大きな要因のひとつです。

現在じぶんローン以外の金融機関からお金を借りている人は、4社以上から同時に借りていませんか?

多重債務となっていると、「借金が返せないから新しい会社から借りている」と判断され、どうしても返済能力が低いと思われてしまいます。

じぶんローンの審査を受ける際のポイント

自信をもって申し込みたいのであれば、収入能力がどのように審査されるのかも頭に入れておきましょう。

じぶんローンの審査において、収入は金額面より「安定性」を重視されるのです。

1:年収より勤続期間が重要

じぶんローンの審査においては、どの程度の収入があるかという年収はある程度の判断材料になります。

しかし、同じくらい重要視されるのが、どれだけの期間勤めているのかという「勤務期間」です。

勤務期間が長ければ長いほど「収入が安定している」と見なされやすくなります。

2:50万円程度で申し込む

じぶんローンに関わらず、契約時からあまりにも高い金額を借りようとすると、しっかり返済できるのか疑われてしまいます。

特に、初回は50万円程度の金額で申し込むのが無難と言えるでしょう。

審査にかかる時間は個人差がある

「審査に通過できる」からといって、すぐにお金を借りられるとは限りません

審査時間には個人差があり、収入状況や他社借り入れ状況によっては「返済能力がある」と判断されるまでに時間がかかる場合もあるのです。

最短でも2営業日以上待つことになる

じぶんローンの審査には、少なくとも2営業日はかかるようになっています。

それを説明するには、審査の流れを見ていただかなくてはなりません。

  1. 仮審査
  2. 本人確認の電話
  3. 在籍確認(会社への電話)
  4. 本審査
  5. 警察庁データベースへの照会 -結果通知

このうち、警察庁データベースへの照会には最短2営業日かかるのです。

そのため、じぶんローンの審査結果自体も、2営業日以上待たなければわかりません。

審査が長引きやすい人の特徴をチェック

審査結果が分かるまでに、長時間待たされてしまう人もいます。

状況次第ではありますが、じぶんローンの審査には数日から1週間程度かかってしまうケースもあるのです。

以下のような特徴に当てはまるなら、じぶんローンの審査は長引くと予想しましょう。

審査が長引く人の特徴
・勤続期間が極端に短い
・他社からお金を借りている
・借入希望額が大きすぎる

時間に余裕をもって審査を受けよう

審査をスムーズに受けるためには、午前中の早い時間に申し込むのも重要なポイントです。

長引いたとしても、結果通知を翌日に持ち越さないためでもありますが、優先的に審査を受けるためでもあります。

混み合っている時間帯などは、審査が終了していても内容確認の電話などが遅れる恐れがあるのです。

まとめ

じぶんローンは、ネットから申し込めるので来店不要です。口座が無くても、印鑑や保証人は必要ないので簡単に申し込み可能です。

しかし、誰でも審査を受ける際は不安が付き物です。その不安は、信用情報の傷をチェックすれば解消できます。

セルフチェック項目
・クレジットや携帯の利用停止経験
・他社申し込み件数
・他社借り入れ件数

信用情報に傷が無いなら、あなたには審査に受かる可能性が十分あります。勤続期間が長いのなら、多少年収に不安があっても大丈夫です。

状況次第では審査が長引くので、借り入れを急いでいる人は早めに審査を受けておきましょう。

アイフル
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
  • 内緒で借りたい方におすすめ
  • 銀行振込で借りたい方におすすめ
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

審査項目に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る