プロミスの限度額の決まり方と増額をするときの注意点

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事の目次

  1. プロミスの限度額は審査で決まる
  2. 10万円がプロミスの最低限度額
  3. 限度額を下げると審査が甘くなる?
  4. 借りれない理由は限度額を使い切った可能性がある
  5. 電話で限度額増額の打診をされることもある
  6. プロミスの限度額を引き上げる方法
  7. まとめ

 この記事の要点 
  • 限度額は審査で決まる
  • 限度額は後で変更できる
  • 増額する場合の注意点

プロミスの限度額は審査で決まる

限度額と金利は審査によって決定されます。審査で利用者の返済能力を見極め、その返済能力を超えないように限度額が決まるのです。これはプロミスだけでなく、他のカードローンでも基本的に同じです。

返済能力は年収に大きく影響されるため、限度額も年収によって大きく変動します。しかし、初回申し込み時は限度額は50万円以下に設定されることが多く、年収の差によって限度額は大きく変わらないのが実情です。

年収は限度額に大きな影響を与える

限度額を決めるうえで、やはり年収は重要です。カードローン業界における年収とは手取りではなく、額面(保険などが差し引かれる前の給与)のことを言います。

目安として、年代別の平均年収を見てみましょう。

年代 平均年収
20代 349万円
30代 456万円
40代 572万円
50代 708万円

参照先:DODA 平均年収ランキング2015 年代別

学生やパートの方の場合は、大学生の平均収入8.4万円×12か月=約100万円の平均年収があれば、安心してプロミスを利用できるでしょう。

50万円以上の限度額を希望する場合は収入証明書が必要

プロミスの審査では、本人確認書類を提出する必要があります。基本的には、運転免許証あるいは、パスポートがあれば問題ありません。提出方法もスマホのカメラで撮影し、専用アプリで送信するだけです。

ただし50万円以上の限度額を希望する場合、収入証明書(直近の給与明細や源泉徴収票など)の提出が求められるため、その点に注意しましょう。プロミスで収入証明書の提出が必須となる条件は以下の通りです。


このように、50万円以上の限度額を希望する場合、収入証明書の提出を求められるので、今すぐに借入を希望する人は限度額の希望を50万円以下にしましょう。

収入証明書を出しても限度額は年収の1/3まで

収入証明書を提出することで、50万円以上の限度額を希望することはできますが、最大でも限度額は年収の1/3までということは覚えておきましょう。

なぜなら、貸金業法の総量規制というルールで、年収の1/3以上の融資は禁止されているからです。

Q.総量規制とはなにか

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

借りすぎを法律で規制する決まり

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者(銀行や信用金庫などの金融機関は含まれない)からの借入額の合計が年収の3分の1を超えることはできないという法律上の決まりです。
カードローンやフリーローンなどの無担保で使い道が自由なローンだけに適用される決まりです。
2000年代前半、使い道が自由なローンの借りすぎによって自己破産や家庭崩壊が社会現象になったことがあるため、法律で借入限度額を規制しているのです。

10万円がプロミスの最低限度額

プロミスの限度額の最低額は10万円です。そのため、5万円借りたいという場合でも限度額は最低でも10万円になります。

限度額は必要最低限の金額を希望するべきではあります。しかし、あえて10万円に希望する人も中にはいるのです。

10万円の限度額を希望するメリットとデメリットを紹介します。

メリット|審査時間が早くなる!?

限度額を少なくすれば審査にかかる時間が短縮されると言われています。

100万円借りたいです!という人と、10万円借りたい!という人では、お金を貸す側のハードルとしては10万円のほうが低くなりますよね?個人のお金の貸し借りでも、1万円貸してと言われたら理由を聞きますが、100円貸してと言われたら何も聞かずに渡す人も少なくないでしょう。

限度額を低くすればするほど、審査時間は短くなると言われているので、10万円あれば必要なお金に十分到達するという人は、10万円を希望しましょう。

デメリット|追加融資には増額が必要

限度額10万円を使い切ってしまった状態で、追加で融資を受けたい場合は増額をしなければいけません。

増額とは、限度額の変更を希望することを言い、増額には審査が必要です。そのため、増額することになれば、また審査に時間を取られるということは覚えておきましょう。

Male

30代 / 男性 / 職業: 自営業(個人事業主) / 年収: 300-499万円 / 目的: 生活費

ユーザー評価
full star
full star
full star
half star
non star
3.6

最初から高額融資は無理だと思います。しかし取引を真面目にしていれば3ヶ月や半年おきに限度額があるところまでは引き上げられますのでそこは良い点です。 ただ限度額が高くなると返済金額も高額になり利子分もそれなりになるので借りすぎには注意したほうが良いと思います。

限度額を下げると審査が甘くなる?

限度額を下げると、審査が甘くなるということはありませんが、審査通過の可能性を上げることはできます。

また、限度額を下げると収入証明書の提出が不要になることもあるので、審査時間は短縮される可能性があります。

しかし、いずれにしても審査自体は厳正に行われるので、注意しましょう。

他社借入が多い場合は限度額を下げるべき

他社でも借入をしている場合、総量規制に引っかかる可能性もあります。そのため、他社借入がある人は限度額を下げることで審査通過の可能性を上げることができます。

総量規制で、年収の1/3までしか融資できないので、他社からの借入額の合計と希望する限度額を足したときに、年収の1/3を超えてしまうと審査に落ちることもあるからです。

また、年収の1/3ギリギリまで他社から借入をしている場合は、限度額を下げる以前の前に返済を優先しましょう。

プロミス

金利 4.5~17.8%
融資時間 最短1時間
借入・返済
できる場所
コンビニの提携ATM
ご契約時には、以下2種類の書類をご用意ください。
  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 給与明細などの収入証明書類
申し込みは公式サイトから
※.お申し込みの時間帯によっては翌営業日の対応となります。
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。
※.身分証は顔写真付で現住所の記載があるものが必要です。
※.収入証明書は、利用限度額が50万円を超える場合もしくは他社借入れとの総額が100万円を超える場合に必要です。

借りれない理由は限度額を使い切った可能性がある

プロミスでいきなりお金を借りられなくなったという人もいるでしょう。

原因として考えられるのは以下の4点です。

・プロミスで返済を遅延している
・限度額を使い切った
・他社への返済が遅れている
・他社借入額を含めて年収の1/3ギリギリ

限度額を使い切った以外の理由に思い当たる節がない場合、増額を検討しましょう。返済が遅れているという人は、まずは追加借入より返済を優先してください。

電話で限度額増額の打診をされることもある

利用者の返済状況や利用状況を見て、優良顧客とプロミスが判断した場合、電話で限度額を増やす打診をされるかもしれません。

しかし、打診をされたからといって確実に限度額を増やせるとは限らないので注意しましょう。

打診をされた場合でも、増額審査は絶対に行われます。そして、信用情報も確認したうえで限度額を増やすかどうか判断するのです。

Male

30代 / 男性 / 職業: 自営業(個人事業主) / 年収: 300-499万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.6

使えば使うほど結構すぐ利用額が増額されるのでとても利用しやすいのとATMが充実していて割とどこでも借りやすい。

Male

30代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 100-299万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
full star
half star
non star
non star
2.6

電話がかかってきて、融資額を100万以上にすると利率を下げれると言ってきたので、増額を申し込んだところ、90万が限度と言われた。事前にこちらの年収は知っているので、それはおかしい。たくさんかして利子を取ろうとしてるところがバレバレ。

0120-990-309はプロミスからの着信

0120-990-309から電話があった場合、これはプロミスからの着信です。増額の打診をされることもあれば、返済の催促の場合もあります。

プロミスから電話がかかってくるのは、基本的に以下の4パターンです。

プロミスからの着信
  • 1.新規申し込み時の本人確認
  • 2.契約内容の確認
  • 3.増額の打診
  • 4.返済の催促(返済遅延していた場合のみ)

プロミスの利用中に電話がかかってきた場合、増額の打診か返済遅延なので、返済もしっかりと行っていて、増額する必要もなければ電話に出なくても大丈夫です。

プロミスの限度額を引き上げる方法

プロミスは契約後に、限度額を引き上げることもできます。これは先述したようにプロミスから打診される場合と、自分から申し込むといった2つの方法
があります。

限度額を引き上げる場合は、「増額審査」といって改めて審査が行われます。その際、初回契約時よりも収入状況などが悪化していると、増額どころか減額措置が取られる可能性があるので注意しましょう。

なお増枠で限度額が50万円を越える場合、収入証明書の提出が必須条件となってきます。

申し込みはWEBから可能

プロミスで限度額を引き上げる手順は、以下のとおりです。

  1. 会員ページで増額申込
  2. 担当者から電話連絡
  3. 申込内容をもとに審査
  4. 電話で結果通知
  5. 限度額の再設定

増額審査は時間がかかるかもしれない

増額審査は時間がかかる可能性があります。

増額審査は通常のカードローンの審査と異なるので、審査に時間を要するかもしれません。プロミスを利用し始めてから、半年以内の方は特に時間がかかる傾向にあるようです。

早ければ最短30分程度で審査結果が出ることもあるので、プロミスの利用状況に問題がない人は増額を検討してみてください。

Male

30代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 300-499万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.9

増額の際に収入証明書が必要になり、用意するのに手間が掛かってしまいました。金利が下がるのでいいですが、めんどうでした。

Male

20代 / 男性 / 職業: フリーランス / 年収: 100-299万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
full star
full star
half star
non star
3.8

ある程度でしたら、増額の要望にも応えてくれるのでおすすめです。私も15万円増額させていただきました。

減額になる可能性もある

増額や金利の引き下げは、必ずしもおこなわれるとは限りません。増額の審査を受けた結果、減額や取引停止になることもあります。マイナス面に働くことがあるということは、よく理解しておきましょう。

どういう状況がそれらに該当するのか見ておきます。

条件引き下げの要因

金融事故を起こした
返済が行われない
他社借り入れが増加(件数、残高)
年収大幅減少(失職も含め)

初回よりもご自身の状況が悪くなっている、と考えた場合には無理に増額を申請するよりも、他社から少額キャッシングを行う方がダメージは少ないかもしれません。

まとめ

プロミスは限度額内の借入ができるフリーキャッシングです。
初回限度額は審査によって決まりますが、融資希以前に収入証明書の有無がボーダーラインのひとつとなります。

また利用状況が良好であればいずれ増額も打診されるでしょうが、そうなったらすぐに対応せず、低金利のカードローンを利用することを考えてみてください。

おすすめの特集ページ

増額審査に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る