会社からお金を借りる貸付金制度を使う際の注意点【目的や利用条件・雇用形態など】

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

隅倉広樹

FP技能士2級を保有する、不動産仲介・管理業務を中心としたライフプラン設計・資産運用のプロ。その他、宅地建物取引士・管理業務主任者・損害保険募集人といった多数の資格を保有し、ファイナンスに関する幅広い知識でお客様をサポート。

会社からお金を借りることってできるの?

会社からお金を借りることができる制度の概要と、借りるための条件についてご紹介します。

どうしてもお金が必要な人は、自分にはどういった借り入れ方法が合っているのか、判断する際の参考にしてみてください。

会社からお金を借りられる可能性はある!

緊急でまとまったお金が必要…こういった際に、「会社からお金を借りる」という選択肢を頭に思い浮かべる人もいます。

結論から申し上げますと、会社からお金を借りることは可能です。意外に知らなかったという人も多いのではないでしょうか?

すべての会社でお金を借りられる訳ではありませんが、国の制度を賢く利用すれば理論上は何の問題もありません。

会社に貸付金制度があれば借りられる

お勤め先の会社によっては、福利厚生として「貸付金制度」と呼ばれるものが用意されています。雇用者が金銭的なトラブルや悩みを抱えないよう、会社からお金を借りることができる制度です。

会社で働いていく中で、下記のような緊急でまとまったお金が必要になる状況は誰にでも起こり得ます。

緊急的にお金が必要になる例

◆入院費
◆身内の不幸
◆地震や火災
◆空き巣・強盗

そういった状況に見舞われても、雇用者に安心して働いてもらおうと貸付金制度を設けている会社もあるのです。

Q.金融機関の個人融資とは何が違う?

Sumikura

ファイナンシャルプランナー|隅倉広樹

企業毎の様々なルールに準じます

一般的な金融機関からの借入とは、いくつか異なる点があります。
勤続年数の制限がある場合がある、用途が限られている場合がある、比較的低金利で借りることができる等、各会社が設ける規定に基づいて貸付けてもらえるのです。
会社によっては返済方法についても相談できる場合があるので、まずは制度自体があるのかを経理や上長に確認してみましょう。

金利は法律の範囲内で設定されるので安心

会社からお金を借りられる貸付金制度ですが、借入する際には金利分の利息が発生します。金利と言っても、「利息制限法」や「出資法」の範囲内で設定されるのが原則となっているので安心してください。

お勤め先の会社によって貸付条件は異なりますが、一般的には年数%程度の低金利でお金を借りることが可能です。

Q.なぜ貸付金制度は低金利なのか?

Sumikura

ファイナンシャルプランナー|隅倉広樹

職員のために作られた制度だからです

貸付金制度自体は利益向上が目的ではなく、職員がお金に困らないようにという目的で作られた制度なので、会社が損をしなければ良しとするのだと考えられます。
万が一、返済が遅れたり滞ったりしても給与から差し引くことが出来るので、比較的安全に貸し出せると判断されやすいのが大きな理由でしょう。

借主の個人的な信用度も、勤務先なら把握しやすいと言えるので、細かい条件を突き詰めて相談しやすいとも考えられます。

会社の貸付金制度を利用する際の注意点

会社の貸付金制度を使ってお金を借りる方法は便利に見えますが、いくつか注意しておくべきポイントがあります。

場合によっては、「会社からお金を借りられなかった…」という状況に陥ってしまう可能性もあるので、しっかり確認しておきましょう。

注意点1|利用できるのは基本的に正社員のみ

会社の貸付金制度を検討する上で注意しておくべきなのは、基本的に正社員のみ利用できるという点です。

雇用形態として、派遣社員、契約社員、アルバイト、パート等ありますが、貸付金制度を利用できるのは、原則として正社員のみとなっています。

社員の金銭的な悩みを保証する制度とは言え、申請すれば誰でも利用できる訳ではないことを理解しておきましょう。

注意点2|勤続年数があまりにも短いと不利

会社からお金を借りる際には、勤続年数も重要なポイントになってきます。正社員として働いていたとしても、入社から1年にも満たない場合は借入できない可能性があります。

さらに、勤続年数によって借りられる金額にも差があり、例えば「5年以上で30万円まで」「10年以上で50万円まで」といった具合です。

勤続年数が短すぎるのはもちろん、必要な金額が借入できない可能性があることも理解しておきましょう。

注意点3|手続きに時間がかかる

在籍する会社からお金を借りるとは言え、きちんと所定の手続きを踏まなければいけません。会社によっては、様々な部門長や役員の許可が必要な場合もあるでしょう。

貸付金制度の申請をしても、すぐにお金が借りられる訳ではないので、許可を取る時間なども踏まえて時間に余裕を持っておいてください。

さらに、会社のお金を借りる以上、住宅ローンやカーローンなどのように連帯保証人を立てる必要があります。

「会社の同僚や家族にバレたくない…」という方もいらっしゃるかと思いますが、原則ご自身1人では借入できませんので注意しておきましょう。

注意点4|借りたお金の利用目的は限定される

会社からお金を借りる際には、利用目的が限られることを念頭に置いておく必要がります。趣味や生活費などの自己都合でお金を借りられるほど、会社の貸付金制度は甘くありません。

貸付金制度の基本的な使用用途は、ケガ、病気の緊急時、教育資金、資格取得、災害など緊急を要する場合に限られます。

会社によっては、「病気療養資金」や「教育研修資金」など、貸付金制度という名称ではなく、用途別に制度が異なるケースもあるので注意しておきましょう。

注意点5|返済遅延によるリスク

会社からお金を借りる際に注意して頂きたいのは、遅延や延滞行為によるリスクです。

万が一、会社に対して滞納などの返済トラブルを起こしてしまった場合、今後の評価や雇用状況に悪影響が出る可能性も考えられるでしょう。

どうしてもお金が必要とは言え、会社からお金を借りるのが「本当に適切な選択肢なのか」をよく考えてから申請するようにしてください。

Q.もし、貸付金の完済前に退職する場合は?

Sumikura

ファイナンシャルプランナー|隅倉広樹

ほとんどが一括請求となります

貸付金制度を利用した場合、一般的には「金銭貸借契約書」などの書面を交す事になると思います。
書面を交わさなかった場合でも、退職時には契約時に決まった金利と合わせて、借入金を全額精算する事が条件である場合が多いです。

返済条件の確認や交渉が必要であれば、手元の書面を確認するか、経理のご担当者さんに尋ねてみましょう。

会社からお金を借りることができなかった…そんな人は!

 ここから先はこんな人向け 
  • 会社に貸付金制度がなかった…
  • 利用目的が該当しなかった…
  • すぐにでもお金が必要なのに…

どうしてもお金が必要なのに、会社から借りることができなかった…そんな人は、他の選択肢を検討してみてください。

会社の貸付金制度ではなく、金融機関の借入サービスを利用すれば、自分自身の力で不足分しているお金を補填できる可能性はあります。

カードローンを利用するという選択肢もある

例えば、金融機関からお金を借りる方法として、「カードローン」を利用するという選択肢もあります。

カードローンは、借入専用のローンカードを発行してATMからお金を借りられるサービスです。保証人を立てる必要はなく、自身の信用のみでお金を借りられる「無担保ローン」になります。

お勤め先の会社に迷惑をかけることなく、自分の力だけで金銭問題を解決できるでしょう。

事業性資金以外ならどんな用途で借りてもOK

会社の貸付金制度では、指定された用途以外での貸付は不可能となっていますが、一般的なカードローンの場合、借りたお金の利用用途は原則自由です。

事業性資金もしくは反社会的勢力の資金以外であれば、日常的な買い物、旅行費用、冠婚葬祭にかかる費用、さらには借金の返済まで、様々な用途に利用できます。

会社の貸付金制度では借り入れできないような用途でも、カードローンなら特に大きな問題はありません。

大手消費者金融なら最短即日融資してもらえる

ちなみに、TVCMでもおなじみのプロミスやアコムなど、大手消費者金融の取り扱うカードローンは最短1時間程で借入することも可能です。

WEB申し込み対応で時間のかかりやすい審査は最短30分、専用のローンカードは自動契約機を使って即日発行。即日性に特化したカードローンと言えるでしょう。

今日・明日中にお金を借りたい人は、ぜひ下記に紹介する大手消費者金融のカードローンを検討してみてください。

審査スピードに定評がある「アコム」

TVCMでもおなじみのアコムは、現在140万人以上に利用されている人気のカードローンです。

時間のかかりやすい審査は最短30分。インターネット申し込みにも対応しているので、下記のフロー通りに進めれば1時間程度でまとまった現金を借り入れできます。

公式サイトから申し込み
必要書類を提出
最短30分のスピード審査
契約完了
無人契約機でカード発行
近くのATMでキャッシング

上記の通り、無人契約機「むじんくん」を使って即日カードを発行できるので、銀行が営業していない土日祝日でも対応できます。

多くの人に利用されている実績があるので、どのカードローンにするか迷っている人はアコムを検討してみましょう。

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

周囲にバレたくないなら「プロミス」

大手消費者金融のひとつである「プロミス」も、会社からお金を借り入れできなかった人におすすめのカードローンです。

融資にかかる時間も最短1時間程度で、インターネット上で申し込み~借り入れまで行える「WEB完結」を利用すれば、会社の同僚や家族にバレる可能性もかなり低くなります。

WEB完結を利用するには、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要になるので、既に開設している人は迷わずプロミスを選びましょう。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利 4.5~17.8% 審査 最短30分
限度額 最大500万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

会社からお金を借りることができる貸付金制度の概要と条件をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

会社に貸付金制度があればお金を借りる事はでき、金利も銀行などと比べてもかなり低いものとなっています。

これは、会社が従業員を信用しているからこそ付けられる金利と言えるでしょう。

また、会社からお金を借りる際には条件があり、目的自由には使えません。どうしても自分の趣味や娯楽などに使いたいという場合には、ぜひカードローンも検討してみてください。

この記事で紹介したサービス

◆三菱東京UFJフィナンシャル・グループ
「アコム」公式ページ

◆SMBCコンシューマーファイナンス
「プロミス」公式ページ

時間があれば特集ページもチェック!

カードローンの利用を検討してみようかなという人にむけて、マネットでは特集ページ紹介しています。

もし色々他の方法を検討したけど、厳しい場合には考えてみても良いと思います。

利息を抑えたい人は「低金利」、今日申込をして今日借りたいなら「即日」、上述した「無利息」など、自分に要望にあったカードローンはもちろん、「初めて借りる」場合でも安心なので、目的自由にお金を使いたい場合には、ぜひカードローンも検討してみてください。

プロミス

利用者数 約129万人
特徴・圧倒的な知名度・利用満足度№1!

公式サイトへ>>
アコム

利用者数 約140万人 
特徴・全国1,000店舗以上・安心感バツグン!

公式サイトへ>>

お金借りるに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る