バンクイックでの返済でつかえる銀行振込で1番お得な方法|バンクイックユーザー必見

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

バンクイックは三菱UFJ銀行のカードローンで、その詳細は以下の通りです。

【詳細】

◆金利(実質年利):1.8~14.6%

◆限度額:10~500万円

低金利かつ審査スピードにも定評があるバンクイックですが、利用できる返済方法にも特徴があります。

今回はバンクイックで利用できる返済方法の中でも特にお得な「銀行振込」について解説します。

銀行振込による返済方法は4パターン

銀行振込と一口に言っても、利用できるやり方は大きく4種類あります。
それぞれの特徴を確認してみましょう。

【1】他行⇒バンクイック

最も一般的といえるのは、利用者がもともと持っている一般銀行の口座を利用した銀行振込です。

このタイプの銀行振込は、各銀行が設定している手数料が支払い金額に応じて生じてくるというデメリットがあります。

場合によっては300円以上の手数料が発生するので、支払い回数が増えればその負担も馬鹿に出来ないレベルになるでしょう。

【2】他行ネットバンク⇒バンクイック

次に紹介するやり方は、他行のインターネットバンキングを利用した銀行振込です。

インターネットバンキングによっては数回限定で他行あての銀行振込手数料を無料化するサービスがあるので、回数を工夫すればお得に返済できるでしょう。

【3】三菱UFJ銀行⇒バンクイック

いよいよ三菱UFJ銀行を利用した銀行振込です。

バンクイックが支払先に指定するのも当然ながらUFJなので、手数料もそれなりに安くなっています。

UFJを利用したバンクイックの銀行振込返済にかかる手数料は、基本的に100円+税です。

【4】三菱UFJダイレクト⇒バンクイック

三菱UFJ銀行のインターネットバンキングである、三菱UFJダイレクトを利用した銀行振込です。

三菱UFJダイレクトからUFJ口座への銀行振込に手数料は一切発生しないので、このやり方が最もお得な返済方法と言えるでしょう。

三菱UFJダイレクトならスマホから銀行振込可能

インターネットバンキングである三菱UFJダイレクトは、スマホから会員ページを操作することで、いつでもどこでも銀行振込が可能となっています。

朝の通勤時間や、仕事の合間を縫ってできるので、忙しい人にもうってつけの方法でしょう。また場所を問わないので、急な出張のときや、出先で返済をしなければならないと気づいたときでも安心です。

口座振替と併用して手数料を徹底的に節約しよう

口座振替とは、いわゆる自動引き落としと言われる返済方法です。

このやり方には手数料が発生しないという利点があると同時に、返済額の変更ができないという難点もあります。

しかし、三菱UFJダイレクトを利用した銀行振込を併用すれば、手数料の負担を一切発生させずに返済することができるのです。

返済に遅れると遅延損害金が生じるので注意!

もし、返済が遅れると利息とは別に遅延損害金というものが生じてしまいます。バンクイックの場合は、最高で14.6%の遅延損害金が遅れた日数分だけ発生するので注意しましょう。

ただ、どうしても払えない、というときもありますよね。そのなときは、無利息期間があるカードローンで一時的に立て替えてみてはいかがでしょう?

プロミスなら無利息期間が付いて最短即日融資が可能!

たとえばCMで良く見るプロミスですが、こちらの消費者金融は無利息期間が30日ついて、さらに最短即日融資も望めます。明日バンクイックの返済日だったとしても、ぎりぎり間に合う可能性があるのです!

遅延損害金が発生してしまうくらいなら、無利息期間を利用して立て替えてしまった方がお得ですよ!ちょっと、ずるいかもしれませんが意外とみんなやってます。

バンクイック利用時は三菱UFJダイレクトを使った銀行振込を活用しよう

バンクイックには様々な返済方法が用意されています。

大きくは「口座振込」「ATM返済」「銀行振込」の3つに大別されますが、銀行振込の方法だけでも4種類に分けられるのです。

重要なのは、それらを組み合わせて以下に支払額を節約するかです。

利息負担をできるだけ減らすためにも、三菱UFJダイレクトを利用した銀行振込をフル活用するようにしてください。

おすすめの特集ページ

振込キャッシングに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る