レイクの厳しい審査に落ちた理由とお金が必要なときの正しい対処法

2018年04月18日更新

Kumazawa
この記事のアドバイザ
元 クレジットカード会社職員
クレジットカード会社20年勤務し、うち10年間は債権回収を担当。クレジット審査業務能力検定上級コースであるシニアクレジッター及び、クレカウンセラー取得をしている審査のプロ。

※2018年3月23日現在の情報です。
2018年4月より、新生銀行カードローンレイクの新規受付が停止になり、グループ会社の「新生フィナンシャル株式会社」にて、新しいカードローン商品が導入されます。これに伴い、正しい情報への修正を進めておりますが、まだ完全ではありません。本記事では「新生銀行レイク」についての記載がございますが、2018年4月からは、新規申込受付を停止しておりますので、ご注意ください。

 この記事はこんな人にオススメ 
  • 今日中にお金を借りたい
  • サラ金じゃなくて銀行を利用したい
  • でも審査はすごく不安

無利息期間が魅力の新生銀行カードローン「レイク」。しかし審査に落ちたら、当然サービスは全く利用できません。
レイクの審査に落ちた場合、様々な不安がありますよね。今回はその不安を解消します。

新生銀行レイクの審査は厳しい

新生銀行 レイクローン
金利
4.5%~18.0%
限度額
1万円以上500万円以内(1万円単位)
貸付条件
●平成25年10月24日以降に新規にご契約されたお客さま
●年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する個人のお客さまで、保証会社(新生フィナンシャル㈱)の保証を受けられるお客さま
●原則安定した収入があるお客さま
※外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。
●現在、当行に他のカードローンのご契約のない方
返済方式
ご返済方式は、原則として、残高スライドリボルビング方式とします。
遅延損害金
20.0%

5万円以下の利用なら、最大180日間の利息がゼロ円になる、新生銀行レイク。
最短30分で審査結果を通知してくれるスピード対応が魅力ですが、審査には簡単に通過できません。

ここが厳しい!実は6割以上が落ちている

では、実際レイクの審査基準が満たせず落ちた人はどれくらいいるのでしょうか?こちらのグラフをご覧ください。

レイク新規成約率

これは、レイクの審査に通過した人の割合をグラフにまとめたものです。
要するに、申し込んだ人の7割近くは審査落ちしているということになります。

このように、レイクの審査は落ちて当たり前の難易度になっているのです。とはいえ、落ちた人に全く問題が無いわけではありません。

通過していれば電話で審査結果が通知される

特に指定していなければ、レイクの審査に通過している人には電話で結果通知が行われます。
これは、早めの融資を希望しているかどうかを直接確認し、それに応じて適切な契約手続きの方法を提案するためです。

つまり、申し込み後しばらくしても電話が無く、メールで結果通知が行われた人は、残念ながら審査落ちしている可能性が高いと言えます。

審査に落ちた理由は収入や信用情報の問題

レイクの審査に落ちた人には、収入状況や過去の「お金に関する取引内容」に問題があったと考えられます。

なぜなら、レイクは勤務先情報や信用情報から申し込み者に返済を続けられるだけの収入と意思があることを確認しているからです。

そして、収入と信用情報のどちらに問題があったかは、どのタイミングで審査落ちしたのかによって見分けられます。

レイクが行う審査の流れ

新生銀行レイクは、以下の流れで審査を行います。

仮審査
申し込みフォームに記入された内容をもとに、本人確認や勤務状況の確認を行う。
本審査
本人情報を用いて指定信用情報機関に問い合わせ、申し込み者の信用情報(過去のお金に関する取引情報)を確認。

このように、レイクは2段階に分かれた審査を行っています。

Q.仮審査と本審査の違いとは

Kumazawa

元 クレジットカード会社職員|熊澤健

仮審査ではスコアリング、本審査では信用情報の確認がなされます


仮審査では、申込情報がスコアリングされるのみで、信用情報機関の照会は行われません。正式な申し込みがなければ、信用情報機関の照会はできないからです。
信用情報に問題があった場合、仮審査に通過しても本審査で落ちてしまいます。
自宅の居住確認や勤務先への在籍確認も、他の審査が終わってから実施されます。

仮審査で落ちた⇒収入状況に問題あり

仮審査で落ちてしまった方は、収入状況に問題があったと考えられます。

安定した収入を得られていない人は、月々の返済を確実に行える保証がないため、レイクを利用できません。

 審査落ちにつながる収入状況

1.収入が少なすぎる

同世代の平均年収未満の収入だと、返済金額を用意できなくなる可能性があるとして審査落ちします。

2.職種が不安定

小説家やフリーランスといった、収入額の上下が激しい職業は、年収にかかわらず不安定であるとみなされて審査落ちします。

3.勤続期間が短すぎる

現在の職場での勤続期間が極端に短いと、試用期間終了後に失職する可能性があるため、年収や雇用形態にかかわらず審査落ちします。

他社借入が多すぎた可能性もある

返済能力に影響する要素の1つが、レイク以外の金融機関・貸金業者からの借入です。
他社借入件数・金額が多いということは、それだけ返済能力が低下しているという評価につながります。

具体的には、他社借入金額が年収の1/3に近ければ近いほど、件数が3件以上であればそれだけで審査落ちの可能性が高くなるのです。

現在レイク以外のカードローンを利用している場合は、申し込み前に一本化をしておくといいでしょう。

本審査で落ちた⇒信用情報に問題あり

収入に問題が無いにも関わらず審査落ちした人は、信用情報に問題があったと考えられます。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。

この信用情報に審査落ちにつながる情報が登録された状態を、ブラックと言います。
ブラック化しているかどうかは、信用情報機関に問い合わせることで確認できますが、手間がかかるのでおすすめできません。

マネットがブラック確認チェックリストを作成したので、以下の項目を確認してみてください。

信用情報チェックリスト
☑カードローンの返済に3ヶ月以上遅れた
レイク以外のカードローンで長期間滞納すると、ブラック化してしまいます。

☑クレジットやスマホの強制解約経験がある
強制解約になるほどのトラブルは、確実に金融事故化しています。

☑保証会社経由で契約した家を追い出された
保証人ではなく保証会社を通じて契約している場合、賃貸の支払い状況も信用情報に影響します。

☑借金の問題を法的に解決したことがある
いわゆる債務整理をしたことがある人は、レイクで審査落ちしてしまいます。

こういったお金のトラブルは、専門用語で金融事故と呼ばれています。
トラブルを起こした経験がある人は返済に対する姿勢に問題があると判断されるため、レイクの本審査で落とされてしまうのです。

ブラック化しないトラブルもある

お金のトラブルにも様々な種類があり、中には場合によってはレイクの審査に落ちるほどではないものがあります。

具体的にどのような例があるのか、専門家に伺いました。

Q.家賃滞納は審査に影響するのか

Kumazawa

元 クレジットカード会社職員|熊澤健

家賃滞納では基本的にブラック化しません


カードローンの審査で、家賃の支払状況は確認されません。カードローンの審査で参照するのは、使用履歴と、ローンやクレジットに関する金融会社の信用情報機関に登録されている情報です。信用情報機関の情報は、他業種とはリンクしていません。
ただし、例外もあります。保証会社を立てて契約している場合、代位弁済が行われるほど長期間滞納してしまうと、これは信用情報に記録が残りブラック化します。

Q.年金の未払いがあると審査落ちするのか

Kumazawa

元 クレジットカード会社職員|熊澤健

年金の滞納は審査に影響しません


カードローンの審査に、年金など公的機関の支払状況は全く関係しません。信用情報機関に、年金などの入金情報は記録されないからです。また、個人を特定できる住所、氏名、電話番号や、支払いの情報は個人情報として管理されています。目的外の利用はできないため、業種をまたいだ利用はされません。

Q.一度でもクレジット代を滞納した人は審査落ち対象なのか

Kumazawa

元 クレジットカード会社職員|熊澤健

1日程度のクレジット代滞納も影響しません


カードローンの審査は、申込者が今後支払いを続けてくれるかを判断することが目的です。クレジットカード等で数日だけ支払いが遅れた程度では、うっかりミスが考えられるため問題視されません。
確かに審査基準は非公表ですが、審査の基本的な仕組みや考え方から察するに、これを問題視する金融機関はないはずです。ただし、2ヶ月以上の連続未入金が生じると、すべてのカードローンの会社に影響します。

※以上の条件を満たしている場合であっても、審査に落ちる可能性があるので、注意してください。また、実際の審査基準は公開されていないため、弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。

自分は大丈夫かも!そんな方は

信用情報に問題が無さそう…そんな方は、新しくなったレイクの審査を受けてみてください。

2018年リニューアルされて提供開始された新しいカードローンは、「5万円以下180日間無利息」などのメリットをそのままに、最短で申し込んだ当日に借入できるなどサービスが強化されています。

新しいカードローンの審査については、以下で詳細を確認できます。

レイクALSAについて調べる
2018年、新しいカードローンとしてリニューアルされたレイクALSA
審査が最短即日で完了するので、急いでいる人でも安心して申し込めます。
詳細はこちら ▶

どうしてもレイクの審査が不安、そんな方は…

「期限ギリギリの支払いがある」
「家賃を払っていなかった」
「クレジットカードで滞納しそう」

どうしてもお金が必要なのに、新生銀行レイクの審査を受けるのは不安だ。そういった状況でも、お金を用意できないリスクは無視するわけにいきません。

よりスムーズかつスピーディーにお金を用意するなら、大手消費者金融が発行しているカードローンの利用を検討してみてください。

他カードローンもレイクと条件に大差はない

繰り返しになりますが、レイクは決して成約率が高いカードローンではありません。
少なくとも、大手消費者金融の方が高い成約率を保っています。

そして、そういったカードローンは金利や限度額がレイクとほとんど変わらないので、商品性で妥協する必要もありません。

どうしても不安なら、アコムの3秒診断を受けてみてください

どうしても審査への不安が拭えない方は、アコムの3秒診断で「借りられる可能性の有無」を簡単に調べてみてください。

審査結果を100%予測するものではないですが、可能性があるかどうかを判断することはできます。

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフルでも1秒診断を受けられます

アイフルにも、1秒で審査通過の可能性を簡単に調べるシステムがあります。

申し込むかどうかに関係なく、誰でも気軽に受けられるので、まずは試してみてください。

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミスには返済シミュレーションがあります

プロミスに診断システムはありませんが、返済シミュレーションで事前に利用計画を立てることができます。

審査以上に返済できるかどうかが不安な方は、ぜひプロミスでシミュレーションしてみましょう。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利4.5~17.8%審査最短30分
限度額最大500万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

レイク最大の魅力は、初回限定の無利息期間サービスです。5万円以内の利用なら半年ほど利息0円になるので、少額利用者にとっては特に便利なカードローンでしょう。

しかし、あくまでも新生銀行のカードローンなので、審査はとても厳しくなっています。具体的には、6割以上の人が審査落ちしているのです。

しかしレイクに審査落ちしても、信用情報さえ無事なら、他カードローンを利用できる可能性があります。レイク以外にも無利息期間サービスを利用できるカードローンはあるので、そちらへの申し込みを検討してみましょう。

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利4.5~17.8%審査最短30分
限度額最大500万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • ■本サイトのご利用に関する注意事項
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

ページトップに戻る