即日融資と低金利を両立したい人におすすめのカードローン

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

貸金業務取扱主任者

林良光

大学卒業後、大手ノンバンク系金融機関にてコンサルティング営業に従事。カード事業において、個人事業主を中心に1,000名以上の審査を行ったプロ。米国公認会計士、日本証券アナリスト、日商簿記2級、銀行業務検定・財務2級など多数の資格を有し、金融の専門家として第一線で活躍。

この記事の目次

  1. 低金利重視なら銀行カードローンがおすすめ
  2. 即日融資ができるのは審査が早いカードローン
  3. 低金利と即日融資の両立ができるカードローンとは…?
  4. まとめ

 この記事はこんな人向けです 
  • 今日中にまとまったお金を準備したい
  • できれば低金利なカードローンがいい
  • 両立できる商品ってあるの?

急な医療費など、予定していなかった支払いでお金が必要なとき、今から申し込んでも即日融資してもらえるのか不安に感じるものです。

お金を借りるにしても、できれば低金利がいいと考えるものですが、そんな都合の良いローン商品があるの?と思った人は、ぜひこの記事に目を通してください。

低金利重視なら銀行カードローンがおすすめ

一般的に、消費者金融より銀行カードローンの方が低金利が設定されています。
契約当初に設定される金利相場には、実に3%もの差があるのが現状です。

各カードローンの初回適用金利
消費者金融カードローン
初回金利の相場 ⇒ 約18.0%

銀行カードローン
初回金利の相場 ⇒ 約15.0%

ただし即日融資はできない

難点は、銀行カードローンでは決して即日融資できないということです。
条件が良いカードローンであるからこそ、銀行はより慎重な審査をしなければならず、必然的に即日での利用開始ができなくなっています。

要するに、銀行カードローンは「とにかく低金利に借りたい」といった方に適しているのです。

Q.銀行では本当に即日融資ができない?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

回答1:全ての銀行で不可能です。

2018年から、銀行がカードローンの審査を行うときには、警察庁の「反社会的勢力データベース」に接続して、カードローンを申し込んだ人が反社会的勢力でないかどうかの確認が義務付けられたことから、全ての銀行で即日融資を行うことは不可能となりました。
これは、全ての個人向けローンで行う確認ですので、カードローンだけでなく、フリーローンや自動車ローンや住宅ローンでも同じことになります。

Hayashiyoshimitsu

貸金業務取扱主任者|林良光

回答2:銀行の即日融資は前からハードル高め

銀行は2018年1月より、即日融資に対応しておりません。銀行のカードローンは、基本的に保証会社による保証がつきます。ここで言う保証会社とは、消費者金融会社や信販会社で、これら企業の審査の後に銀行の(形式的な)審査が行われます。
そのため、自社の審査のみで完結する消費者金融などと比べ時間がかかるため、以前より簡単には即日融資ができませんでした。
そして、2017年に、保証会社である消費者金融などに審査を依存していた銀行の審査体制に対し金融庁が問題視したのを受け、銀行は申込者の情報を自ら警察庁や預金保険機構のデータベースで照会する運用となり、即日融資ができなくなりました。

余裕があるなら銀行ローン

低金利なカードローンといえば、銀行ローンです。

お金が必要なタイミングまでに1週間程度あり、とにかく利息を安くしたい。そういった方は、銀行カードローンの金利を比較してみましょう。 銀行の口座を持っている必要も無いので、安定した収入があれば誰でも申し込みが出来るのも魅力の1つです。

即日をご希望なら…

即日での融資を希望しているなら、ソフトバンクとみずほ銀行が生んだジェイスコアに目を向けてみてはいかがでしょうか?

最新のAIスコアリング審査を用いてスピーディーな手続きを実現しており、最短で即日キャッシングができるのです。

J.Score (ジェイスコア)
限度額 最大1,000万円
金利 0.8~12.0%
審査 最短即日※1
融資 即日融資※2
  • 低金利に借入したい方におすすめ
  • 借入金を指定口座に振込んでほしい人におすすめ
公式サイト
※1.仮審査最短30秒
※2.申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

参考記事

カードローン金利の決まり方は?利息計算の仕組みと本当に低金利のサービスを比較

即日融資ができるのは審査が早いカードローン

即日融資とは、申し込み・審査・借入の流れを1日で完了させることです。その最低条件は、審査の即日終了。

つまり、今日・明日中にお金が必要な状況なら「審査の早さ」に着目したカードローン選びをしなくてはなりません。

最短30分審査で無人店舗があるカードローンがおすすめ

カードローンの中には、即日審査を宣伝しているものと最短30分審査を宣伝しているものがあります。
確かに、どちらも即日融資の可能性はあるでしょう。しかし、より成功率が高いのは最短30分で審査可能なカードローンです。

加えて、無人店舗を設置しているカードローンであれば更に即日融資の可能性が高まります。無人店舗は夜間まで営業しており、審査さえ終われば当日中にカード発行・ATMキャッシングができるからです。

即日融資を重視するなら三菱UFJフィナンシャルグループのアコム

とにかく即日融資が必要な状況なら、最短30分で審査可能かつ全国に無人店舗を設置しているアコムがおすすめです。

30日分の利息がゼロ円になるサービスもあるので、少しでも利息負担を軽くしたい方にも向いています。

アコム
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
  • すぐお金が必要な方におすすめ
  • 初めてのお借入れにおすすめ
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

低金利と即日融資の両立ができるカードローンとは…?

低金利と即日融資は、残念ながら両立が困難な特徴です。しかし、その理想に少しでも近いカードローンを探す方法ならあります。

そのために、適切な条件の絞り込み方を押さえておいてください。

前提条件は即日融資

カードローン選びの条件は、即日融資ができる会社の中から低金利なものを選ぶという絞り込み方をしてください。

なぜなら、どれだけ低金利でもお金が必要なタイミングに間に合わなければ意味がないからです。

「低金利」ではなく実際の利息に着目しよう

結論から言って、即日融資可能なカードローンはいずれも同じような金利です。しかし、サービス内容によって実際の利息には差が生まれます。
例えば、無利息期間サービスがあるカードローンであれば、通常より合計支払額を安く抑えられるのでおすすめです。

借入額 毎月返済額 合計利息
無利息あり 無利息なし
¥100,000 ¥3,000 ¥36,757 ¥39,716
¥200,000 ¥6,000 ¥73,513 ¥79,433
¥300,000 ¥9,000 ¥110,270 ¥119,150

おすすめカードローン:SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

プロミスは、最短即日融資ができるカードローンの中では比較的低金利なうえに、無利息期間サービスもあるのでおすすめです。

低金利かつ即日で利用できるカードローンを探しているなら、まずプロミスを検討してください。

プロミス
限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間
  • スマホでお借入れ可能
  • 20代・30代の方から人気
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

即日融資と低金利を両立したい人におすすめする、理想的な解決法を紹介していきました。

低金利で即日融資してもらうには、銀行カードローンを利用するのが適切な方法です。

審査時間は消費者金融のカードローンより劣りますが、一部の商品であれば即日融資してもらえる可能性があります。

急いでお金を準備しなければいけない人は、記事中で紹介した銀行や消費者金融のカードローンを検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめの特集ページ

即日審査に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る