アイフルの審査に落ちる5つの理由をローンの専門家が解説

2018年10月10日更新

Takazawa
この記事のアドバイザ
短期大学の秘書課程を卒業後、信用金庫で1年7ヶ月間勤務、カードローン審査のサポート業務を担当。金融事務全般も担当し、オペレーターとして数多くのお客様に対応した。第二種証券外務員資格を所有している、金融商品取引のプロ。

アイフルで審査落ちした場合について

アイフル
貸付利率3.0~18.0%(実質年率)
遅延損害金
(賠償額の元本に対する割合)
20.0%(実質年率)
契約限度額
(貸付金額)
800万円以内
※ 当社ご利用限度額が50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要(慎重審査)
返済方式借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済サイクル35日毎・毎月約定日払い
返済回数借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
※ 500万円を年12.0%(実質年率)で借りた場合
貸付対象者満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
※ なお、お取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。
担保・連帯保証人不要
・引用:アイフル公式サイト

アイフルには、スピーディーに審査を行う仕組みが整っており、早ければ即日融資もできます。
しかし、必ずしも審査に通るとは限りません。

審査の結果、この申込者には融資ができないと判断されてしまうケースもあるのです。
いわゆる、審査落ちという結果です。

審査に落ちてしまった人の口コミ

実際、マネットにも「アイフルで審査落ちした」という方から口コミが届いています。

評価|★★☆☆☆
利用してないから何もわかりませんけど、消費者金融だからと言って、審査に通るとは限らないんだなと思いました。
20代|性|アルバイト口コミの詳細▶

評価|★★☆☆☆
オペレーターは丁寧でしたよ。このニートの僕にもね。でも丁重に断られてしまって。どうにかならないんですかね。
20代|性|その他口コミの詳細▶

もちろん、希望通りの借入ができた人も多く、マネットには満足度が高い口コミも多数寄せられています。
しかし、上記の通りそもそも借入ができなかったという方も存在しているのです。

アイフルが行う審査の流れ

アイフルの審査は、所定の流れに沿って行われます。
具体的な流れは、下記の通りです。

アイフルの審査の流れ1

アイフルは最短30分でこの流れを完了してくれますが、どの段階においても重要な審査手続きを行っています

1)申し込み内容を採点して足切り

アイフルの審査の流れ2

最初に、申し込み内容の採点が行われ、一定の基準に満たなかった人はすぐに審査落ちします。

コンピューターが自動的に申し込みフォームに記載された内容を採点し、膨大な顧客データをもとに設定された合格ラインと照合され、スピーディーに結果がはじき出されるのです。

なお、アイフルの申し込み項目は下記の通りです。

申し込み項目1:基本のお客様情報

アイフル申込フォーム01アイフル申込フォーム02

まずは、申込者の基本的な本人情報を記入します。
審査結果については、ここに記載した連絡先(電話・メール)に通知されるので、ミスの無いように注意してください。

申し込み項目2:ご自宅に関する情報

アイフル申込フォーム03アイフル申込フォーム04

住所は、免許証などの身分証明書に記載されているものを記載してください。
申告した住所と身分証の住所が異なる場合、審査の際に申し込み内容の修正を求められます。

申し込み項目3:職業・収入に関する情報

アイフル申込フォーム05アイフル申込フォーム06
アイフル申込フォーム07アイフル申込フォーム08

収入に関する情報は融資可能額の決定にかかわる重要なものなので、特に入力項目数が多くなっています。
勤務先住所などはすぐに思い出せない方もいるかと思いますので、それが記載されている名刺などを用意しておくといいでしょう。

申し込み項目4:契約方法の選択

アイフル申込フォーム09

契約方法は2択ですが、初回の借入方法をどうするかを基準に選んでください。
お振込みでの借入を希望しているなら「Webで契約」を、カードを使った借入を希望しているなら「来店で契約」を選択しましょう。

申し込み項目5:詳細な契約内容について

アイフル申込フォーム10アイフル申込フォーム11

いくら必要なのか、何を目的としているのかについては、この段階で入力します。
この中で「他社借入金額」は審査結果に影響するので、正確に記入してください。

2)会社連絡によって働いていることを確認

アイフルの審査の流れ3

申し込み内容のなかで、「収入状況」に関する情報は、融資額を決定するうえで特に重要な情報です。

この情報の"裏"をとるために、アイフルは申込者の勤務先に電話連絡を行います。いわゆる、在籍確認です。

会社連絡の内容

会社連絡というと、緊張する方もいるかと思います。しかし、実際のところアイフルからの電話はシンプルです。
基本的には担当者個人からの電話として連絡が入り、本人が会社に在籍していることが確認できれば、すぐに手続きが進行します。

例えば、本人が対応できなかったとしても、同僚が「○○は離席しています」などと返答してくれたら、その時点で在籍していることが証明されて会社連絡は完了するのです。

3)信用情報から過去の金融取引内容を確認

アイフルの審査の流れ4

アイフルを含む貸金業者は、法律によって審査で申込者の信用情報を確認することを義務付けられています。参考:貸金業法条文『第十三条(返済能力の調査)』

信用情報とは、個人が行う金融取引の履歴であり、クレジットカードや各種ローンの支払い・返済状況が記載されています。
一般的に「ブラック」と称されるのは、この信用情報に問題がある方です。

なお、アイフルの審査においては指定信用情報機関CIC日本信用情報機構JICCに照会され、この手続きが行われます。
≫アイフルと信用情報の関係について詳しく調べる

4)審査担当者が融資の可否を判断

アイフルの審査の流れ5

最終的な「融資の可否」は、アイフルの審査担当者によって行われます。

具体的には、申込者自身に最終確認(借入意思の有無の確認・利用目的や借入希望額の再確認など)が行われ、これまでに行われた審査の結果も含め総合的に判断されるのです。

5)電話・メールで審査結果を連絡

アイフルの審査の流れ6

アイフルの審査結果は、合否にかかわらず必ず通知されます。
原則として、電話・メールの両方で通知されますが、希望すれば電話連絡による通知は控えてもらえます。

ただし、メールのドメイン設定によっては通知を受け取れないこともあるので、あらかじめ設定は見直しておきましょう。

アイフルの審査時間は最短30分

アイフルは、上記の審査の流れを最短30分で完了させることができます。

特に、申し込み内容の採点と信用情報の確認は自動システムで行われる「人の手がかからない手続き」です。
会社連絡や担当者による確認さえスムーズに完了すれば、申し込んでから短時間で審査結果を知ることができます。

担当者の目視確認に時間がかかる場合も

30分というのは、あくまでも最短の審査時間です。
例えば、会社連絡の電話がスムーズにつながらず、結果がでるまでに数時間を要してしまうこともあるでしょう。

しかし、最も時間がかかってしまうのは、担当者による目視確認が長引いた場合です。
自動システムによる審査の結果によっては、担当者による最終判断に時間がかかり、数日以上待たされてしまうこともあります。

審査に落ちそうな人は時間が長引きやすい

審査時間が長引きやすいのは、審査の通過基準ギリギリという方です。
例えば、極端に収入が低いような方であれば、審査落ちという結果が最短時間で通知されます。

一方、まったく返済能力が無いとは言えないが、融資しても大丈夫なのか自動システムで判断し切れないような方は、担当者が細かな確認をしなくてはならないため、審査時間が長引いてしまうのです。

アイフルの審査に落ちる5つの理由

結果の合否にかかわらず、最短30分で結果が通知されるアイフルの審査。では、すぐに審査落ちという結果が出されてしまう人は、どういった方なのか?

もちろん、問題なく通過できる人も沢山いますが、万が一審査落ちしても詳細な理由については決して開示されていません。

Q.なぜ審査落ちの理由は教えてもらえないのか

Takazawa

元 信用金庫職員|高澤志保

審査の大半はコンピューターが自動で判断するため


消費者金融・カードローンの審査は、主にコンピューターが自動で行う「スコアリング(自動で申し込み内容や信用情報を採点するシステム)」をもとに行われます。
採点結果が一定基準に満たない場合、自動的に審査落ちと判断されので、具体的に何が原因で審査落ちしたかは開示されないのです。

ただし、ご自身の収入状況や信用情報の状態を振り返ることで、その原因を予測すること自体は可能となっています。

専門家の方がお伝えしているように、審査に落ちの理由を振り返ることは可能です。
では、具体的にどういった問題が審査落ちにつながるのか?

もちろん、実際のところはわかりませんが、一般的にカードローンの審査に落ちる理由は以下の5つであると言われています。

審査に落ちる理由1:明らかな虚偽申し込み

アイフルに申し込みをする際には、申し込み者の個人情報や収入状況などを正確に伝える必要があります。その状況が事実とは異なる内容であった場合には、審査落ちの原因となってしまうのです。

単なる入力ミスであった場合には、アイフルから確認の連絡→修正で済むケースもあります。しかし、勤務先や収入状況などを偽った場合には、アイフルの審査は通りません。見栄を張ったりせず、正直に事実を記載する必要があるのです。

勤務先に関する嘘は必ずバレます


退職済みの勤務先を申告したり、存在しない社名で申込んだりした場合、その嘘を隠し通すことはできません。
少なくとも、現状の勤務状況を偽ることはできないと覚えておいておください。

審査に落ちる理由2:収入が安定していない

返済能力の有無は基本的には「申し込み者の収入」に基いて決定されます。そのため、収入が安定していない人は、返済能力がないと判断され、審査に通過できないのです。

年収額や勤務形態等の明確な合格基準は各社で異なりますが、借り入れ希望額に対して著しく収入が低い場合、基本的に審査落ちすると考えてください。

審査に落ちる理由3:他社借入が多すぎる

アイフルに申し込んだ時点で、他社カードローンからどれだけ借り入れしているかどうかもチェックされます。
多くの金融機関から借り入れをしていると、多重債務者になりかねないと判断されるので、それだけ審査に落ちる可能性は高くなってしまうのです。

審査に落ちる理由4:短期間に複数社への申し込み

消費者金融や銀行カードローンだけでなく、信販会社を通したローンの申し込みなども含め、お金に関しての情報は「信用情報機関」というところに保管される仕組みになっています。

そして、短期間のうちに複数の金融機関へ申し込みをすると、過度な借入を希望している将来的に多重債務者になり得る人と判断され、審査落ちするのです。

申し込みブラックは6ヶ月続く

金融機関への申し込み履歴は、原則として6ヶ月間は保管されます。
つまり、その間は通るはずの審査にも通らなくなるので、無暗に複数社に申し込むことは控えた方が良いでしょう。

審査に落ちる理由5:信用情報に問題がある

信用情報、つまり過去に行った金融取引の内容に問題があった場合も、アイフルの審査に落ちてしまいます。
いわゆる金融事故と呼ばれるトラブルを起こしていると、その時点で審査落ちが確定してしまうのです。

具体的には、下記のようなトラブルは信用情報に傷をつけ、審査落ちにつながるとされています。

金融事故1:クレカ利用代金の長期延滞

特に身近な金融取引のひとつが、クレジットカードによるショッピングです。
数日程度の延滞なら問題視されませんが、60日を超えて支払いが滞ると、信用情報がブラック化します。

金融事故2:割賦払いの長期延滞

例えば、スマホの本体料金を分割払いにしていたり、高価な家電を割賦払いで購入している場合、それも金融取引のひとつです。
こちらも、クレジットカードと同じく、長期間延滞すると信用情報がブラック化します。

金融事故3:奨学金・各種ローンの長期延滞

奨学金や各種ローンも、カードローンと同様の金融商品です。当然ながら、長期間の返済遅延は信用情報のブラック化につながります。
昨今は、奨学金の返済状況を把握できていない方もいて、「気づいたら返済がストップしていて信用情報がブラック化した」というケースもあるので注意しましょう。

金融事故4:自己破産などの債務整理

債務整理は、特に代表的な金融事故とされています。利用者としては「返済負担を軽減する手続き」ですが、金融機関としては「真っ当な方法で完済できなかった」と認識されるのです。
ここまでに紹介した金融事故は最短5年で信用情報から消えていきますが、債務整理は10年間信用情報の傷として残り続けるケースがあります。

Q.特に多い金融事故とは

Takazawa

元 信用金庫職員|高澤志保

スマホ本体料金の長期延滞が増えています


昨今、スマホの本体料金の分割払いが原因で信用情報がブラック化するケースが増えています。例えば24回払いで契約していたのに途中でもっと安い携帯電話会社に乗り換え、その際元々契約していた携帯電話会社の請求を無視し続けると金融事故となります。必ず残債を払い終わるまで返済を続けましょう。

アイフルの審査基準とは?

上記のように、明らかに問題と思われる要素に心当たりがあれば、それが理由でアイフルに審査落ちしてしまうことでしょう。

しかし、中には「審査落ちしたものの具体的な理由がいまいちわからない」といった方もいるかと思います。
そういった状況では、アイフルはどういった基準で審査をおこなっているのかが気になるのでは?

残念ながら、具体的な審査基準は公表されておらず、社外の人間には決して知り得ません。しかし、必ず満たしていないと審査に通過できない最低基準はわかります。

審査基準1:基本的な貸付条件を満たしている

アイフルの審査に通過するには、そもそも貸付条件を満たしている必要があります。
公式サイトには、貸付条件として以下の内容が記載されています。

 アイフルの貸付対象者

満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
※なお、お取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。

要するに、年齢制限をクリアしており、安定した収入を得られている人でなくては、少なくとも審査通過できないということです。

審査基準2:申込内容が正確である

アイフルを含め、あらゆる消費者金融・カードローンの審査は申し込み内容をもとに行われます。
申し込み内容に信ぴょう性が無いと、そもそも正確な審査ができません。

基本的に、多少の記入ミスであれば問題視されず、手続きの過程で情報の修正を求められるだけで済むでしょう。
しかし、明らかな虚偽申し込みが発覚した場合は、詐欺や不正利用の可能性があると判断されて審査落ちとなります。

審査基準3:信用情報に問題が無い

前述の通り、金融事故を起こして信用情報がブラック化している人は、アイフルの審査に通過できません。

なぜなら、金融事故と扱われるようなトラブルを起こしている人は、返済意思がないと見なされてしまうからです。

ただし、これまでに長期延滞や債務整理など目立ったトラブルがなく、むしろ良好な取引実績がある人であれば、かえって審査に有利となります。

審査基準4:他社借入が年収の1/3に達していない

すでに、他社からの借入額が年収の1/3ギリギリに達している人は、残念ながらアイフルから新規融資は受けられません。

これは、総量規制という法的ルールにより、利用者の返済能力を超える融資が禁止されているためです。

年収により融資可能額が決まる「総量規制」


アイフルは消費者金融なので「貸金業法」という法律を守りつつ、お金を貸さなければいけません。
総量規制は、その貸金業法の中で定められているルールです。

法的なルールである以上、これに違反すると融資した金融機関の方が罰則を受けることになります。参考:金融庁『貸金業法Q&A』

審査基準5:過去にアイフルでトラブルを起こしていない

以前アイフルを利用したことがあるなら、当時の利用状況が審査の判断材料となるケースがあります。

例えば、長期延滞のうえ強制解約になっていたり、債務整理などで真っ当に完済していなかったりすると、5~10年たって信用情報がクリアになっていたとしても、基本的に同じ会社の審査には通過できません。

審査に落ちてしまったが、どうしてもお金が必要な人向けの解決策

  • ・数日以内にまとまったお金が必要
  • ・お金を用意できないとトラブルになる
  • ・でも、審査には落ちてしまった

お金が無いと本当に困るのに、アイフルの審査には落ちてしまった。少なからず、そんな方もいるかと思います。

どうしても借入が必要であれば、その他の選択肢にも目を向けてみてはいかがでしょうか?

その他の大手消費者金融に目を向けてみてください

他の選択肢とは、アイフル以外の大手消費者金融です。

もちろん、どのような消費者金融であってもしっかりと審査を行ってるので、必ず借りられるという保証はありません。
しかし、審査の通過基準というものは各社で異なっているので、アイフルで審査落ちしたからといってすべての消費者金融が利用できないと決まったわけではないのです。

大手消費者金融は成約率を公開しています

大手消費者金融は、投資家向けのIR情報で成約率を公表しています。
成約率とは、「申し込み後、実際にお金を借りた人の割合」です。

例えば、代表的な大手消費者金融のアコムが公開している成約率は、 44.8%となっています。参考:アコム『DATE BOOK』

ただし、申し込み方には注意してください。

  • ・希望額を最小限にする
  • ・記入ミスがないよう気を付ける
  • ・身分証の写真ははっきり撮影する

上記3点に注意すれば、通るはずの審査に落ちるという事態は防ぐことができるでしょう。

大手消費者金融は即日融資も可能

アイフルも同様ですが、他大手消費者金融にも審査が最短30分で完了するという特徴があります。

どのような金融機関に借入を申し込んだとしても、申し込み・契約手続きや借入の手間に大きな差はありません。
しかし、審査は金融機関によっては長引くことがあり、例えば銀行カードローンは最短でも2営業日はかかります。つまり、審査が短時間で終わる金融機関の方が短期間で借入でき、最短30分で完了するなら即日融資の可能性もあるということなのです。

最短で即日融資も可能なので、時間が無い人にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

まずは借入診断を試してみよう

ちなみに、大手消費者金融の公式サイトには、借入診断というシステムが用意されています。
借入診断とは、現状の年収や他社借入金額などから「借入できる可能性」を簡易的に判断してくれるものです。

決して審査結果を正確に予想するものではありませんが、少しでも自信をもって申込みたいという方は申し込み前に試してみてはいかがでしょうか?

なお、借入診断が利用でき最短即日融資も可能な大手消費者金融は、下記の通りです。

おすすめの大手消費者金融

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス
幅広い層から人気のカードローン!ただし、クレジットカードの長期滞納などがあると、利用できないケースがあるのでご注意を!
金利4.5~17.8%審査最短30分
限度額最大500万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット
三井住友銀行グループの会社なので、安心感が大きいカードローン!
金利3.0~18.0%審査公式サイト参照
限度額最大800万円融資最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフルの審査に関するQ&A

最後に、アイフルの審査に関するよくある疑問にお答えしていきます。
今アイフルの審査を受けており、結果待ちという方も、ぜひ目を通してみてください。

Q1.審査通過後の手続きはどうなっているのか?

A.借入可能額を設定後、契約となります。

審査に通過した場合、結果通知の際に借入可能な限度額と金利が通知されます。

金利は提示されたものがそのまま適用されますが、実際に利用できる借入可能額は限度額の範囲内で自由に設定可能です。
そして、借入可能額の設定が完了すると同時に、アイフルとの契約が正式に完了して借入可能な状態になります。

Q2.いつまでも審査結果が来ない。審査落ちしている?

A.落ちたとは限りません。担当者に確認しましょう。

人によっては、アイフルの審査結果が通知されるまでに数日かかることがあります。
しかし、何日も待たされているからと言って、必ずしも審査落ちしたとは限りません。

まずは、アイフルのフリーコール(0120-201-810)に問い合わせ、担当者に審査状況を確認してみてください。

ちなみに、審査結果はメールでも通知されますが、ドメイン設定によっては受信出来ていないケースもあるのでご注意ください。

Q3.審査状況は確認できないのか?

A.完了したかどうかは担当者に確認できます。

現在、審査がどの段階であるのかについては、正確に確認することはできません。
しかし、上記の通り担当者に問い合わせれば、審査中なのか完了しているのかは確認できます。

まずは、最短の審査時間である申し込み後30分は様子を見て、どうしても結果通知が遅いと感じたら電話で問い合わせてみましょう。

まとめ

アイフルは、最短30分で審査結果を通知してくれる大手消費者金融です。
しかし、いくら審査がスピーディーだからといって、必ずしも借入できるわけではありません。

審査の結果「融資できない」と判断されてしまえば、残念ながらお金を借りることはできないのです。

いわゆる審査落ちという結果ですが、その理由については明かされておらず、予測するしかないのも事実。
とはいえ、アイフルの審査に落ちたからと言って、他社の審査にも落ちるとは限りません。審査基準と言うものは、各社で異なるからです。

アイフルでは審査落ちしたが、どうしても借入が必要。そういった方は、ぜひその他の選択肢にも目を向けておいてください。

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザー一覧バナー
ページトップに戻る