アイフルの審査に落ちた人がお金を借りるために"今すぐ"できる解決策

2018年08月08日更新

Takazawa
この記事のアドバイザ
元 信用金庫職員
短期大学の秘書課程を卒業後、信用金庫で1年7ヶ月間勤務、カードローン審査のサポート業務を担当。金融事務全般も担当し、オペレーターとして数多くのお客様に対応した。第二種証券外務員資格を所有している、金融商品取引のプロ。

 この記事はこんな人向けです 
  • アイフルの審査に落ちた…
  • 何が原因で審査に落ちたか知りたい
  • お金が必要なのに…どうしたら良いの?

お金が必要になり、借入を検討してアイフルに申込みをしたが、審査に落ちたという人が少なからずいるはずです。

残念ながら審査に通過できなければ、お金を借りることはできません。審査に落ちたけどお金が必要な場合には、どのような解決策をとれば良いのでしょうか。

アイフルのサービス内容

アイフル
無利息期間サービスも導入し、最近になって人気を伸ばしているカードローン。
金利3.0~18.0%審査時間最短30分
限度額最大800万円融資時間最短1時間
コンビニ

カードローンの「アイフル」は、業界でも3本の指に入るほどの大手で、全国に「約70万人」の利用者がいます(2016年)。カードローン業界では「アコム」「プロミス」に次ぐ大手として有名で、たくさんの人からの信頼を獲得しています。

アイフルを利用するメリット
● 最初の1ヶ月は利息ゼロで借りられる
● 誰にもバレずにお金を借りられる
● 毎月の返済は数千円~OK
● 最短即日融資も可能

アイフルが行う審査について

アイフルはカードローンの大手で、業界でも5本の指に入るほどです。審査基準や審査落ちの理由は、非公開なので教えてくれませんが、厳正な審査がおこなわれることは言うまでもありません。

一言で言い表すなら「返済能力があるか」をチェックして、無いと判断された場合には審査落ちとなってしまいます。アイフル側としても、返済してくれない人に貸すわけにはいかないので、その能力を確かめる必要があるのです。

申し込み者の属性を元にしたスコアリングが行われる

申し込み時の入力項目
◆ 氏名・生年月日・性別
◆ 国籍・既婚/未婚
◆ 電話番号・メールアドレス
◆ 住所・居住形態・居住年数
◆ 勤務先・雇用形態・年収
◆ 他社借り入れ状況 など

アイフルを利用するには、上記のような申込者情報を正確に伝えなければいけません。
その情報を元に、アイフルが「スコアリング審査」をおこないます。
申込情報をコンピューターが自動採点し、一定基準に満たない人はその時点で審査落ちしてしまうのです。

Q.なぜ消費者金融は審査落ちの理由を教えてくれないのか

Takazawa

元 信用金庫職員|高澤志保

コンピューターが自動的に判断するためです


カードローンの審査は属性スコアリングと信用情報スコアリングの両方をコンピューターが自動的に計算して審査を行っています。点数が一定より超えた場合は審査に通り、超えない場合は自動的に審査に落ちてしまうのでオペレーターに聞いても何が原因で審査に落ちたかはわからないのが現状です。いずれかの項目、または全体的に審査基準に満たなかったと考えていいのではないでしょうか。また信用情報に異動情報が登録されている場合は収入や勤務形態などの個人属性に問題がなくても個人の信用力がないために審査に落ちることがあります。この場合は信用情報機関に開示請求をすることによって事故情報が登録されているかを確認することができます。

カードローンの審査に落ちる5つの原因

前述の通り、アイフルは審査基準も審査落ちの理由も公開していません。しかし、これまでの申し込み者の傾向から、審査落ちになってしまう人の原因を探ることは可能です。もしも審査落ちになってしまった人は、以下に該当する項目がないかどうかをチェックしてみてください。

アイフルの審査に落ちる原因

申込内容に虚偽や不備がある
収入が一定基準に達していない
他社での借り入れが多すぎる
申し込みブラック
信用情報に傷がある

【1】申し込み時の虚偽や不備

アイフルに申し込みをする際には、申し込み者の個人情報や収入状況などを正確に伝える必要があります。その状況が事実とは異なる内容であった場合には、審査落ちの原因となってしまうのです。

単なる入力ミスであった場合には、アイフルから確認の連絡→修正で済むケースもあります。しかし、勤務先や収入状況などを偽った場合には、アイフルの審査は通りません。見栄を張ったりせず、正直に事実を記載しましょう。

※ここに注意※
勤務先に関する嘘は、必ずバレて審査落ちします。
退職済みの勤務先を申告したり、存在しない社名で申込んだりした場合、その嘘を隠し通すことはできません。
虚偽申し込みは不正行為なので、審査落ちするだけでなく再申し込みすらできなくなるでしょう。

【2】収入が一定基準に達していない

返済能力の有無は基本的には「申し込み者の収入」に基いて決定されます。そのため、収入があまりにも低い人は、返済能力がないと判断され、審査に通過できない可能性があるのです。

明確に「年収●●万円以上」という決まりはありませんが、借り入れ希望額に対して著しく収入が低い場合は、審査に通りにくいと考えておきましょう。申し込み時に、必要最低限の額を希望するという点も覚えておいてください。

【3】他社での借り入れが多すぎる

アイフルに申し込んだ時点で、他社カードローンからどれだけ借り入れしているかどうかもチェックされます。
多くの金融機関から借り入れをしていると、多重債務者になりかねないと判断されるので、それだけ審査に落ちる可能性は高くなってしまうのです。

さらに、アイフルは消費者金融なので「貸金業法」という法律を守りつつ、お金を貸さなければいけません。
その中の「総量規制」というルールで、年収の1/3を超える貸付はできないと定められています。

総量規制とは?
借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた新しい規制です。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、という内容です。例えば、年収300万円の方は、貸金業者から100万円までしか借りることができないということになります。

【4】短期間に複数社への申し込み(申し込みブラック)

消費者金融や銀行カードローンだけでなく、信販会社を通したローンの申し込みなども含め、お金に関しての情報は「信用情報機関」というところに保管される仕組みになっています。

お金を借りたい一心で、短期間のうちに複数の金融機関へ申し込みをすると「立て続けに借り入れ申し込みをしている人」と認知されるので、審査に通る可能性は極めて低くなります。


主にクレジット情報を取り扱う信用情報機関。


主に融資(借入)に関するを取り扱う信用情報機関。


主に銀行が関係する取引情報を扱う信用情報機関。

【5】信用情報に傷がある

アイフルに審査落ちした原因のひとつに、信用情報の問題があったという可能性があります。

信用情報とは、その人のお金に関する情報を管理している機関です。他カードローンや、保証会社を介した家賃の未払いなど、過去にお金関係のトラブルがあった場合には、審査に通らなくなる可能性が出てきます。

Q.もっともよくある金融事故とは

Takazawa

元 信用金庫職員|高澤志保

最も多い金融事故は遅延や延滞です


金融事故で最も多いのが遅延や延滞です。中でも現在増えているのが携帯電話本体料金の分割払いの滞納です。本来携帯電話料金の支払いを遅延しただけでは信用情報に登録されることはなかったのですが、分割して本体代金を納める契約を結ぶことでローン契約となり、取引内容は信用情報機関に登録されてしまいます。例えば24回払いで契約していたのに途中でもっと安い携帯電話会社に乗り換え、その際元々契約していた携帯電話会社の請求を無視し続けると金融事故となります。必ず残債を払い終わるまで返済を続けましょう。携帯電話の残債は一括払いで支払うことも可能ですが、引き続き分割払いで支払うこともできます。

※以上の条件を満たしている場合であっても、審査に落ちる可能性があるので、注意してください。また、実際の審査基準は公開されていないため、弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。

【注目】審査に落ちてしまったが、どうしてもお金が必要な人向けの解決策

生活費がないのに審査に落ちた…
誰にも話せないし、頼れる人もいない
早くお金を何とかしないとまずい!

どうしてもお金が必要なのに、アイフルは利用することができなかった。焦ってしまうでしょうが、まずは落ち着いてください。
確かにアイフルの利用は諦めるべきですが、選択肢は他にもあります。

その他の大手消費者金融に目を向けてみてください

他の選択肢とは、アイフル以外の大手消費者金融です。

もちろん、どのような消費者金融であってもしっかりと審査を行ってるので、必ず借りられるという保証はありません。
しかし、審査の通過基準というものは各社で異なっているので、アイフルで審査落ちしたからといってすべての消費者金融が利用できないと決まったわけではないのです。

大手消費者金融は成約率を公開しています

大手消費者金融は、投資家向けのIR情報で成約率を公表しています。
成約率とは、「申し込み後、実際にお金を借りた人の割合」です。

例えば、代表的な大手消費者金融のアコムが公開している成約率は、 44.8%となっています。参考:アコム『DATE BOOK』

ただし、申し込み方には注意してください。

  • ・希望額を最小限にする
  • ・記入ミスがないよう気を付ける
  • ・身分証の写真ははっきり撮影する

上記3点に注意すれば、通るはずの審査に落ちるという事態は防ぐことができるでしょう。

大手消費者金融は即日融資も可能

アイフルも同様ですが、他大手消費者金融にも審査が最短30分で完了するという特徴があります。最短で即日融資も可能なので、時間が無い人にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

では、具体的にどういったカードローンを選べばいいのか?おすすめは、以下の通りです。

おすすめ大手消費者金融

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス
幅広い層から人気のカードローン!ただし、クレジットカードの長期滞納などがあると、利用できないケースがあるのでご注意を!
金利4.5~17.8%審査最短30分
限度額最大500万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット
三井住友銀行グループの会社なので、安心感が大きいカードローン!
金利3.0~18.0%審査公式サイト参照
限度額最大800万円融資最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

今回はアイフルの審査基準、審査落ちになる原因、審査落ち後の打開策について見てきました。

アイフルはカードローン業界の大手なので、決して甘い審査などは行いません。お金を借りられるのは、アイフル側から「返済能力がある」と認められた人だけです。

審査落ちになるのは、恥ずかしい事でも何でもありません。審査落ちになった場合、大切なのはその後の行動です。審査落ちになってしまった原因を見極めて、他社カードローンに新規申し込みをするなどして、最適な判断をおこないましょう。



※お借入の際は契約内容を十分に確認し、収支バランスを考え計画的なご利用を心がけてください。

あなたにオススメのカードローン

この記事をご覧になった方からは、以下カードローンが人気を集めています。

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利4.5~17.8%審査最短30分
限度額最大500万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット
三井住友銀行グループの会社なので、安心感が大きいカードローン!
金利3.0~18.0%審査公式サイト参照
限度額最大800万円融資最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザー一覧バナー
ページトップに戻る