アコムから増額電話があっても安易に手続きを進めるのはオススメできない理由

この記事に関するアドバイザ

元 JA職員

小松千央

JAバンクにて、カードローンや各種ローンの推進と貯金業務に従事。金融窓口として、2,000名以上のお客様に適切な商品を案内。ローンの専門家として、金融商品販売実績多数。

 この記事はこんな人にオススメ 
  • アコムから増額を打診する電話があった
  • ちょうど限度額が足りないと思ってた
  • でも本当に増額して大丈夫なのかな…

アコムから増額電話が来る背景

アコムから電話がきて驚いていませんか?ある程度アコムを利用していると増額案内の電話がかかってきます。

これは、アコム利用者にとって珍しい話ではありません。

利用状況が良好と判断された

アコムが増額電話をする理由としては「できるだけたくさん借りて欲しい」という考えがあります。金融機関の利益は、利用者が払う「利息」になるため、多く借りたほうがプラスになります。

アコム側は、安定した借入・返済を繰り返す優良顧客に向けて「増額電話」をおこない、より多く借り入れをしてもらおうと働きかけるのです。

つまり、増額電話がきたということは、利用状況が「良好」と判断されたと言えます。

増額にはメリットがある

ちなみに、増額を行うと、結果によってはアコムの金利が下がる可能性があります。
特に、100万円以上の限度額まで増額できた場合、利息制限法の都合から、金利は確実に15%以下まで下がります。

もちろん、増額すれば必ず金利が下がるというわけではありません。
しかし、これまで以上にアコムをお得に使える可能性があるというのは、利用者にとって大きなメリットと言えるでしょう。

アコムを増額して追加借入するまでの流れ

それでは次に、アコムで増額するためには、どういった手続きをとれば良いか、確認していきます。

以下が、具体的な手続きの流れです。

1:書類提出
会員専用ページにログインして、収入証明書を提出します。

2:増額申込
トップページの増額審査を申込むをクリックして、専用回線の電話番号を確認します。

3:電話連絡
正式な増額申込は、電話で担当者に直接行います。担当者から氏名・連絡先・住居情報・勤務状況などを質問されるので、正確に回答しなくてはいけません。

4:増額審査
申し込みが完了すると、増額審査が開始されます。これは限度額の見直しを行うために、現状の返済能力を再確認する手続きです。

5:結果通知
審査が終了すると、電話で結果連絡が行われます。電話以外の方法では通知されず、対応できなければ増額も行われないので注意してください。

6:追加借入
審査の結果、増額に成功していた場合は、増えた限度額分の追加借入ができます。

増額申し込みの方法とアコムの電話番号

アコムの増額申し込みは会員ページからだけではなく、フリーコールで行うことも可能です。電話での申し込みを希望する方は、アコム総合カードローンデスクに電話をしましょう。

以下の電話番号に問い合わせると、アコムのオペレーターが応答します。その際、増額希望の旨を伝えてください。

アコム総合カードローンデスク
電話番号0120-629-215
受付時間:9:00~18:00

増額で必要になる書類

増額の手続きでは、入会申し込み時に提出した本人確認書類に加えて、「収入証明書」を用意しておきましょう。

総量規制という制度により、50万円を超える借入になる場合や、他社と合わせた借入金額が100万円を超える場合は収入証明書の提示が必要になります。

増額申し込みの際には、以下のいずれかの収入証明書を用意しましょう。

収入証明書の例
最新のものを用意してください
  • 源泉徴収票(最新年度のもの)
  • 給与明細書(直近1ヵ月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)

アコムを増額するには審査を受けなくてはならない

上記で紹介した増額申込の流れを見ると、手続き自体は「意外とシンプル」だと考える人もいるでしょう。

しかし、増額にあたっては「審査」を受けなおす必要があります。そして、その審査で確認される項目は入会当初とは異なるので、最初の審査とは異なる結果になる可能性も大いにあり得るのです。

増額には時間がかかる可能性がある

アコムは、初回申込なら「最短審査30分」とスピーディーに対応してもらえます。しかし、増額審査には数日を要するケースもあるのです。

増額を検討するからには、お金を使う予定があるはずです。増額電話があったからといって、安易に申し込みをしてしまうと、予定に間に合わない可能性があるのです。

結果で出るまでは追加借入ができない可能性も

さらに、一度増額審査に申し込むと結果が出るまで借入が出来なくなる可能性もあります。

増額は正式には、限度額の見直しにあたる手続きです。つまり、審査結果次第では、減額の可能性もあるため、場合によってはアコムカードに利用制限がかかるのです。

少しでもお金が必要な状況では、残りの限度額も使えなくなるリスクと言うのも、決して無視できないものではないでしょうか。

アコムの増額電話に応じて審査を受ける際の注意点

アコムの増額電話は、ある程度人を選び連絡が来ます。電話が来た人は「もしかして増額できるかも?」と感じるかもしれません。

しかし、審査というものは受けてみないと結果がわからないものです。
場合によっては、希望通りの借入ができない可能性も。

利用限度額が減らされる可能性がある

上記で少し触れましたが、アコムの増額審査を受けて、利用可能額が減らされるケースもあります。

限度額と言うものは、利用者の返済能力に応じて決定づけられます。
増額審査の結果、入会時より返済能力が低下していると判断されてしまえば、現状より少ない金額になってしまうことも仕方がありません。

利用停止になる可能性もある

場合によっては、減額どころか利用そのものが完全に停止する場合もあります。滅多にあることではありませんが、他社借入が極端に増えている場合などは、過剰融資を避けるために、アコムとしても現状以上の融資をストップせざるを得ないケースがあるのです。

Q.増額審査は入会審査より厳しいのか

Kobayashi

元 JA職員|小松千央

収益の問題があるため厳しくなります

増額審査が厳しいのは、金利が原因です。増額すると金利が下がるケースがあります。貸金業者から見れば、収益が減る可能性があるのです。

例えば、18%で10万円を借り入れと、16%で10万円を借りた場合では、もちろん利用者が支払う利息が異なります。これにより貸金業者の収益が減少するのです。

これを踏まえて、信用がある人か等を厳しく審査します。新規申し込みより厳しい審査にはやはり時間を要します。

どうしてもお金が必要、そんな方は…

支払い日ギリギリの請求がある
家賃の払い込みを忘れていた
お金がないとトラブルになる

お金が無いと本当に困るのに、手元のアコムは限度額不足。そういった状況でアコムから増額電話があっても、減額や利用停止のリスクがある以上、安易に手続きを進めることはおすすめできません。

しかし、お金を用意できないリスクは無視できませんよね。

どうしてもお金が必要なら、その他の選択肢にも目を向けてみてはいかがでしょうか?

他カードローンに新規申し込みするという選択肢

その他の選択肢とは、他カードローンに新規申し込みすることです。
もちろん、その際は入会審査を受けなくてはなりません。しかし、入会時と増額時では、審査で確認される項目が違います。
例えば「アコムの増額審査に落ちた」という人であっても、他カードローンに新規申し込みすれば借入できる可能性もあるのです。

新規申し込みなら手間も少ない

アコムを増額する場合、基本的には収入証明書を提出しなくてはなりません。手元に給与明細等が無ければ、用意するだけでも手間がかかりますよね。

しかし、他カードローンに新規申し込みするにあたっては、希望額が50万円を超えたり、希望額と他社借入の合計が100万円を超えない限り、収入証明書は不要です。

準備の手間が少ない分、面倒な思いをせずに済むでしょう。

早ければ即日融資も可能

ちなみに、おすすめは審査が早いカードローンです。増額には数日を要するケースがありますが、最短30分で審査が終わるカードローンの場合、早ければ即日融資も可能です。

緊急でお金が必要だからこそ、すでにカードを持っているアコムの増額を検討していた。そういった方こそ、ぜひ審査が早いカードローンに目を向けてみてください。

おすすめのカードローンはこちら

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%

カードなしでの借り入れも可能です。
契約は全てWEB上で完結できます。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

最短1時間で借入れできます。
お振込みで借入しても、通帳に「アイフル」の文字は残りません。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

WEB完結申し込みで、電話・郵送物なしでご利用いただけます。
クレジットカード・電子マネーの機能がついたカードもあります。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

アコムは、知名度が高く評判も良いカードローンです。しかし、使い続けていれば限度額が足りなくなることもあるでしょう。
そういった状況は、増額によって解決できる場合があります。増額に成功すれば金利が下がる可能性もあるので、メリットが多い手続きと言えるでしょう。

しかし、増額にあたっては審査が行われ、その結果によっては減額や利用停止もあり得ます。場合によっては、他カードローンに新規申し込みした方が良いかもしれません。
例えば、審査が早いカードローンに目を向けてみてはいかがでしょうか?早ければ、今日中にお金の問題を解決できるでしょう。

増額審査に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る