お金が欲しい専業主婦の願いを実現させるために取り組んでおきたい5つの方法

Sumikura

この記事のアドバイザ

隅倉広樹

FP技能士2級を保有する、不動産仲介・管理業務を中心としたライフプラン設計・資産運用のプロ。その他、宅地建物取引士・管理業務主任者・損害保険募集人といった多数の資格を保有し、ファイナンスに関する幅広い知識でお客様をサポート。

この記事の目次

  1. お金を手に入れる方法(1)倹約ママになって節約を徹底する!
  2. お金を手に入れる方法(2)いらなくなった物を売ってしまう!
  3. お金を手に入れる方法(3)ネットで収入を得よう!
  4. お金を手に入れる方法(4)安定収入が欲しいなら働きに出よう!
  5. どうしてもお金が欲しい、そんな時は…
  6. お金が欲しい専業主婦は収入の得方を考えよう
  7. この記事を読んだ人はこちらも読まれています

この記事はこんな人向け
  • 専業主婦になっても色々と出費が…
  • 自分のためにお金を使いたいけど無理はできない…
  • 自分のできる範囲でおかねが

個人的に収入を得ていない専業主婦は、美容院に行ったり洋服を買ったりするにも旦那さんのお給料頼みになってしまいます。

たまにパーマをかけたくなったり美味しいランチに行きたくなったりしても、そのお金を簡単に用意できないのは辛い所ですよね・・・。

この記事は専業主婦が「お金が欲しい!」と思った時にオススメしたい5つの方法を紹介します!

お金を手に入れる方法(1)倹約ママになって節約を徹底する!

お金が欲しい専業主婦の方は、まず家計の見直しから始めてみてください。

無駄を見つけて徹底的に排除していけば、1回の美容院代やランチ代くらいなら捻出できる可能性もあるでしょう。

固定費を見直す

食費や消費財の購入費などを節約するというのは、もはやアタリマエです。

一番見直すべきは毎月発生する携帯料金のような固定費

利用しているプランは本当に適正なのかどうか、考えてみてください。データ容量を減らすだけで、確実に料金は安くなります。

また携帯本体料金の無料プランを利用する条件として何らかのサービスに入会させられた場合、そちらの料金が負担になっているケースもあるでしょう。

一度利用している携帯会社に問い合わせてみて、自分が登録しているサービスを見直してみましょう。使っていないサービスは、徹底的に解約するべきです。

Q.家計の固定費を節約するコツとは

Sumikura

ファイナンシャルプランナー|隅倉広樹

住宅や携帯等の情報収集

毎月発生する固定費には、ほぼ必ず代換え案があります。家賃の安い所をいつも探していたり、携帯会社や電力会社こ乗り換え後の料金を比較してみたり、過度な保障がある保険を減額したりする事で、月々の負担が軽くなるものは多いです。ただし、あまりに削りすぎると不便すぎたりストレスが溜まりすぎたりするので、バランスをよく考えましょう。

必ずしもうまくいくとは限らない

固定費の見直しやその他の節約をすれば、多少なりとも毎月のお金は余ってくるはずです。
しかしそれが満足のいく金額に達するという保証は、残念ながらどこにもありません。

また極端な節約は精神的なストレスにもつながるので、あくまでも無理のない範囲でやりくりをしましょう。

お金を手に入れる方法(2)いらなくなった物を売ってしまう!

次にオススメしたい方法は、不用品を売ってしまうというものです。
お金が欲しいなら作ればいい、要らない物は欲しいものに換えてしまえばいい。そういった発想です。

部屋の中を見渡してみてください。あなたにとっては邪魔なものでも、世間の人にとっては宝物になるかもしれません。

フリーマーケットアプリを使う

最近はスマートフォンで利用できるフリーマーケットアプリが沢山存在しています。

またネットのオークションサイトなどもあるので、家から一歩も出ずに商品売買ができてしまうのです。

必ずしも高値で売れるわけではありませんが、部屋の片づけも兼ねて試してみてはいかがでしょうか。

限界がある

この方法最大の欠点は、不用品が無くなったら利用できないというものです。
売るものが無くなってしまえば、商品売買はできません。

要するに収入がまったく安定しないのです。
一時的にお金が欲しいという場合には役立ちますが、長続きはしないと思いましょう。

また自分勝手な判断で、旦那の私物まで売ってしまわないよう注意してください。

金欠という深刻な問題を解決できる「売れるもの」ランキングベスト10

お金を手に入れる方法(3)ネットで収入を得よう!

家事があるし子供の世話もしなければいけないから、アルバイトとかパートを初めて何時間も家を空けるわけにもいかない・・・。

「兼業主婦になれるならなってる!専業主婦だって楽じゃないんだ!」そんな悩みを抱えている女性は少なくありません。

そんな専業主婦にオススメしたいのが、「ネットで収入を得る」というやり方です!

Q.ネットで収入を得るうえでの注意点とは

Sumikura

ファイナンシャルプランナー|隅倉広樹

悪徳業者や申告漏れに注意

ネット上で収入を得る方法は多くありますが、中にはセミナーや教材代だけ回収すれば良しとする悪徳業者も存在しますので、仕事先は厳選しましょう。それと、どんな形でも収入を得れば所得税・住民税を納めなければいけません。源泉徴収されるなら問題ありませんが、年間20万円以上の副業収入があれば申告も必要ですので、よく調べて申告漏れ等がないようにしましょう。

アフィリエイトサイトを運営

最初にオススメするのは、アフィリエイトサイトの運営です。

アフィリエイトとは、パートナー提携を結んだ企業の商品広告をウェブサイトに掲載し、ユーザーがその広告から「商品購入」に至ると、それに応じた報酬がもらえる仕組みです。

サイトを上手く成長させられたら、放っておいても一定の収入が得られるのでオススメです!

クラウドソーシングで内職

クラウドソーシングとは、仕事の発注と受注を行えるウェブサイトの総称です。

Webコンテンツの作成やデータ入力など、パソコンで行える仕事が沢山発注されているので、軽作業や文章作成が得意な専業主婦には特にオススメと言えるでしょう。

また仕事の数をこなせば信用度も増していくので、「特定の起業から安定的に仕事をもらえるようになる可能性がある」というのも魅力のひとつです。

パソコンが使えない専業主婦はNG

上記2つの方法は自宅から一歩も出ずに行えるお金の稼ぎ方ですが、パソコンが使えなければ利用できないという難点もあります。

またアフィリエイトサイトなどは収益化できるまでに時間がかかってしまうケースが多いので、「今月の生活費が足りない!」といった状況には対応できないというポイントにも注意しておきましょう。

お金を手に入れる方法(4)安定収入が欲しいなら働きに出よう!

安定的にお金が欲しいなら、やはり専業主婦を辞めるのが一番です。つまり、働きに出るということです。

現代の日本においては共働きの世帯が非常に多くなっており、内閣府の調査によるとその推移は以下のようになっています。

このように平成9年を境に片働き世帯と共働き世帯の数は逆転しており、平成25年には共働き世帯数が片働き世帯数の約1.4倍となっています。

つまり、専業主婦が仕事を始めやすい世の中が着実に出来上がってきているのです。


Q.共働きする家庭の増加によって世帯収入の平均は向上したのか

Sumikura

ファイナンシャルプランナー|隅倉広樹

ほぼ横ばい。収入が1本では難しい

現代の働き手の、高齢化や性差別をなくす動きは活発です。しかし、家族のうち2~3人以上が働いていても生活が苦しい家庭が数多く存在しています。大黒柱1人の収入ではやっていけず、共働き、副業、節約などでやりくりをするのが当たり前になっています。収入を増やす為、時には資産運用や先行投資・借入れが必要である場合もあると感じます。

憧れのお店で働こう!

単なる仕事としてレジ打ちや工場を選ぶというのも間違いではありません。
しかし、せっかく働くならオシャレなカフェや喫茶店、アパレルショップなどを選んでみてはいかがでしょうか?

大手のお店であれば社割などの特典が付く場合もありますし、何より気分よく働けるなら家事や育児のストレス解消にもつながるでしょう。

家族との時間が減る可能性がある

注意しなければいけないのは、土日など家族と一緒にいられる時間が減ってしまう可能性があるという点です。

確かにカフェやアパレルショップなどはシフト制を採用しているところがほとんどですが、休日出勤を頼まれてしまい、なし崩し的に土日が潰されてしまうケースもあるのです。

「家族と楽しく生活するためにお金が欲しい」という人は、就職先をこだわるか収入源を覚悟でシフトを減らすしかないでしょう。

早朝や深夜の短時間バイトも視野に入れる

どうしてもパートタイムで勤務するのは難しい…、シフトが原因で生活に支障をきたしたくない…とお考えの方も少なくありません。

そんな方は早朝や深夜の短時間バイトも視野に入れましょう。比較的時給の高い早朝や深夜で1日2~3時間勤務していると、ある程度まとまったお金を用意できます。

早朝のアルバイトなら生活リズムを大きく乱すことなく実行できるはずです。無理のない範囲で短時間バイトにチャンレンジしてみましょう。

どうしてもお金が欲しい、そんな時は…

このままじゃ生活費が足りない…
自分のためにお金を使いたいけど、カツカツで無理…
どうにかしてお金を用意したい!

様々な方法をチャレンジしてみたけど、正直もっとお金が必要…

このような困った状況においても、今後のリスクを考えればお金の問題を解決することが重要です。

こんな時は、最終手段として「カードローン」の利用をおすすめします。

銀行カードローンの利用を検討しましょう

カードローンはいつでも自分のタイミングで借り入れができるため、多くの方が利用しています。

ただし専業主婦は総量規制というルールの都合上、消費者金融は利用できません。銀行カードローンのみ申し込むことが可能です。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

信用情報に問題がなければ利用できる可能性がある

銀行カードローンは、消費者金融のカードローンよりも金利が低めに設定されているため、返済負担がある程度抑えられるのが特徴です。

夫の収入が安定的にある方で、夫婦双方の信用情報に問題がなければ、申し込むことができます。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

家族にばれにくい

「お金を借りているなんて、夫には絶対にばれたくない」どんな専業主婦でもそう思うはずです。

しかし銀行カードローンのカードはキャッシュカードのデザインによく似ており、一目見ただけでは「お金を借りるカード」には見えないような工夫がされています。

電話連絡や郵送物にもプライバシーを守る工夫がなされているので、基本的に借り入れがばれる心配はいらないでしょう。

計画的に借入することが重要

非常に利便性の高い銀行カードローンですが、計画的に借入をおこなうことが重要です。

カードローンの毎月返済額は「どれだけの金額を借りたか」によって決定します。毎月返済額が1万円を超えてくると、毎日の生活にも影響を及ぼしかねません。

利用の際は銀行の担当者とよく相談し、無理のない範囲の利用を心がけてください。

まずは人気のカードローンを見比べてみましょう

ハッキリ言って、カードローンはお金を借りるためのカード商品です。
つまり、適切な使い方を心がけることが何より重要になります。

そのためには、自分に合ったカードローンを選ぶことから始めてみてください。マネットでは、利用者の満足度をもとにカードローンのランキングを作成しています。ぜひ、参考にしてみてください。

プロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 最大500万円
即日融資 可能※1
無利息期間 初回30日間※2
※1.申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
※2.メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です。
公式サイトへ

アイフル

金利 4.5~18.0%
限度額 最大500万円
即日融資 可能
無利息期間 初回30日間
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
公式サイトへ

お金が欲しい専業主婦は収入の得方を考えよう

専業主婦は個人的収入が無いために、一度金欠に悩みだすと改善が難しいと言えます。

しかし欲しいお金を用意する方法は、全くないわけでもありません。
今回は「節約する」「モノを売る」「ネットで収入を得る」「働く」「借りる」という5つの手段を紹介しましたが、やはり一番安定するのは「働く」という選択肢です。

とはいえ「働く」という行為が家庭に悪影響を及ぼす場合もあるので、「どうしてお金が欲しいのか」という理由も見つめ直し、適切な方法を選択しましょう。

この記事を読んだ人はこちらも読まれています

専業主婦が夫に内緒で借りられるカードローン専業主婦だって、買い物やランチを楽しみたい。でも、働きに出ていないから自由に使えるお金が少ない。いっそキャッシングしてみようかと思うけど、専業主婦でもお金を借りられるところってあるのかしら?1度くらい、そう思った経験があるのではないでしょうか。実は、夫に内緒でキャッシングしている専業主婦は沢山います。でも、どんなカードローンも利用できるわけではありません。一体どういうことか、わかりやすく説明しますね。

主婦でもカンタンに借り入れ可能なキャッシング特集
生活費に困ったり、急な出費でお金が欲しい時、キャッシングできると助かる方も少なくありません。では、お金が欲しいと考えている主婦の方でも、キャッシングすることができるのでしょうか。条件面など、知っておきたいポイントをいくつか紹介していきます

主婦に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る