アイフル利用時の必要書類と提出するタイミング|書類から確認される項目

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

本田光一

2014年より中堅消費者金融に入社。一般消費者向けのローンを中心に専門家として幅広い知識を身に着け、2015年には貸金業務取扱主任者試験に合格。その後は経験を積みながら実績を残しつつ、不動産担保ローンの領域でも活躍。現役の貸金業務取扱主任者として、無理のない返済計画を意識した業務に取り組んでいる。

 この記事はこんな人にオススメ 
  • アイフルでお金を借りたい
  • 申し込み時に必要な書類は?
  • どうやって提出するの?

出費の連続で今月の生活費が足りない...。このような場合、アイフルを使うことよって問題は解決するでしょう。

しかし申し込み時には必要書類を提出しなくていけません。では、どのような書類を提出すれば良いのでしょうか。
今回は、アイフルに提出する書類と提出の方法を解説します。

【この記事のポイント】
  • アイフルの利用に保証人は必要ない
  • 本人確認と収入確認ができる書類が必要
  • 書類を提出しない限り契約ができない

アイフルの利用には何が必要なの?

駅前やビル街などで、アイフルの店舗を見たことはあるでしょう。しかし、コンビニでジュースを買うように、入店してすぐキャッシングできる訳ではありません。
では、アイフルでお金を借りるには何が必要なのでしょうか?

無担保なので保証人は必要ない

アイフルをはじめ、ほとんどのカードローンは無担保・無保証人で利用できます。かつてはお金を借りるために土地などの担保や、保証人を必要としていました。

これらを用意しなくても、簡単にお金を借りられるようにしたのがカードローンです。アイフルでも、申込にあたって保証金や保証人を用意する必要はありません。

アイフルは返済能力を信用して融資する

無担保の場合、万が一、融資したお金が返済されなかったら、代わりに弁済してくれるものがありません。

アイフルが貸し倒れのリスクを背負わなければいけないのです。そのため、アイフルでは事前に審査を行い、継続的な返済能力があると信用できる人に融資します。

収入状況と個人信用情報を審査される

返済能力は、申込者の収入状況や過去の信用取引の実績に基づいて審査します。
アイフルでは、どのようにしているのか見てみましょう。

信用情報は信用機関に問い合わせて確認

アイフルでは申込者が申告した情報に基づいて、信用情報機関に登録されている「信用情報」を照会します。信用情報とは、以下のようなものです。

個人信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。
そして、この信用情報は、クレジット会社が顧客の「信用」を判断するための参考資料として利用されます。

日本個人信用情報機構CIC

このように、過去の金融取引状況はすべて信用情報に記録されます。つまり滞納などのトラブルを起こしていると、信用情報がブラック状態となり、アイフルで審査落ちするのです。

収入状況は申込内容から判断される

信用情報に問題が無ければ、収入の安定性でアイフルの審査結果が決まります。毎月1回以上の返済を継続できる収入がなければ、アイフルは利用できません。

その収入能力は、申込み時にあなたが申告する勤務状況により判断されます。具体的には、「職種」「雇用形態」「勤続期間」「年収」などを総合的に判断されます。

申込み内容を裏付けする書類が必要

信用情報も収入の安定性も、どちらも申込み内容に記載されているあなたの個人情報をもとに審査されます。

そのため、この段階では嘘をついてもアイフルは見破れません。アイフルがあなたを信用するためには、申込み内容を証明する「必要書類の提出」が求められます

免許証か保険証を持っていますか?

身分証明書の提出を求める目的は、本当に本人が申し込んでいるのか確認するためです。カードローンにおいても、他人になりすます詐欺行為が頻発しています。
本人しか所有していない身分証明書を提出することが、一番の本人確認になるのです。
これは、例え1万円未満の少額キャッシングを希望している人も同じです。借り入れ希望金額が50万円に満たない場合は、アイフルに提出できる身分証は、みなさんが普段持ち歩いている運転免許証などで十分で、以下の3つです。

身分証明書
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

記載されている住所を確認しよう

1点注意すべきは、免許証と健康保険証は「現住所が載っている必要がある」ことです。正確に言うなら、申込み時に申告した住所と一致している必要があります。

提出前には、記載されている住所が申告した現住所と一致しているか確認しましょう。特に転居してから変更手続きをしていないなら、免許証であっても必要書類として使えません。

50万円以上の借入には収入証明書が必要

アイフルを利用するうえでは、収入証明書の提出が求められる場合があります。その理由は、アイフルが消費者金融であり、貸金業法で定められる総量規制を守る必要があるからです。

総量規制とは?

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。

日本貸金業協会

つまり50万円を超える融資を希望している場合は、間違いなく収入証明書の提出を求められるのです。

アイフルはその収入証明書をもとに、融資金額があなたの年収の1/3を超えていないか確認します
なおアイフルに提出できる収入証明書は以下の通りです。

収入証明書類
  • 直近の給与明細
  • 住民税決定通知書類
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書類
  • 所得証明書

勤務状況そのものは在籍確認で裏付けされる

勤め先に電話をする「在籍確認」も、本当に働いて安定した収入を得られる状況にあるか裏付けするために行われます。

アイフルでは社名を名乗らず、個人名で電話をかけてきます。勤め先の社員が出れば、本人でなくても問題はありません。
在籍さえ確認できれば、それ以上質問されることは無いのです。

Q.在籍確認の電話に誰も出ないとどうなるの?

Img 8529

貸金業務取扱主任者|本田光一

利用者にまずは連絡をとります。

1度目の在籍確認で在籍確認が取れなかった場合、まず申込者本人に確認の連絡をします。電話番号、時間帯などを聞きます。その情報をもとに2度目の在籍確認を行います。それでも在籍が取れなければ申込者本人に在籍確認できる、代わりの書類の提出を求めます。社会保険証、従業員証などです。その提出も難しいようであれば、在籍確認が取れないと判断し、審査に通過する事が出来なくなります。

Male

30代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 300-499万円 / 目的: 住宅費

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.4

土日にキャッシングするなら、在籍確認に対応できる人がいるかどうかも確認しておいてください。在籍確認ができないと絶対に契約できませんので。

Male

30代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 300-499万円 / 目的: 生活費

ユーザー評価
full star
full star
half star
non star
non star
2.1

会社に電話がくると困ったので、そのことを相談したんですが、他の方法について提案してくれて、助かりました。相談そのものもしやすかったです。

審査状況次第で少額の借入でも提出が必要になる

総量規制が影響する消費者金融や信販会社でも、50万円を超えなければ収入証明書は不要です。

しかし収入の安定性に多少問題がある場合などは、少額借入を希望している人でも収入証明書が必要になる可能性があります。

必要書類の提出方法

アイフルでは必要書類をさまざまな方法で提出できます。

必要書類の提出方法
  • スマホアプリ
  • メール
  • FAX
  • 郵送
  • 自動契約機
  • 店舗

自分にあった提出方法を選ぶことが可能ですが、おすすめの方法は、スマホアプリやメールで送信する方法です。この方法の場合、すぐに書類を提出できて、申し込みからキャッシングまでの時間がかからず、多くの人が利用しています。

スマホアプリやメールでの提出が簡単

スマートフォンのアプリを利用すると、カメラで撮影した証明書の画像を送るだけなので、とても簡単です。iPhoneとAndroid向けにそれぞれ用意されています。

パソコンに取り込んだ画像を送る時は、アイフルのサイト内にある「書類提出サービス」を利用したり、メールで送信する方法を選べます。提出する画像は、途切れていたり、ボケていたりしないように注意してください。しっかりと確認できない状態だと再提出が求められます。

Female

50代 / 女性 / 職業: 公務員 / 年収: 500-699万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.6

全てがパソコン操作で進められるので、手続きが簡単で分かりやすかったですね。初めての人でも安心して利用できるとおもいます。

Male

20代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 100-299万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
non star
4.0

インターネットだけで簡単に手続きが出来たので決めました。100万以上の申し込みにも関わらず即日で審査をしてもらえるのは有難かったです。

無人契約機からの提出も可能

アイフルの無人契約機「てまいらず」では、証明書を備えつけのスキャナに読み込ませて提出できます。
一からの申し込みだけでなく、途中までインターネットで申し込んで、カードを受け取るために利用する使い道もあるのです。

郵送で提出すると時間がかかる

証明書の提出には他にもFAXや郵送という方法があります。しかし郵送はアイフルに到着するまでに時間がかかります。
急いでお金を借りたい時には向いていません。

必要書類は好きなタイミングで提出できる

金融機関の中には証明書の提出を契約時に求めるところがあります。うっかり用意しておらず、手続きが中断することも有り得るのです。
その点、アイフルでは好きなタイミングで提出できます。

申込み後であればいつでも提出可能

アイフルのサイトにある「書類提出サービス」は、いつでも利用可能な状況にあります。名前・生年月日・電話番号を入力後、証明書を添付して送信するだけです。

アイフルのアプリでも同様です。他の方法でも、FAXや郵送なら余白、メールなら件名に名前と生年月日を書き添えれば大丈夫です。

急いでいるなら申込み後すぐに提出しよう

融資を急いでいるなら、身分証明書や収入証明書を申込後すぐに提出するのが望ましいです。

指示されてから用意すると時間がかかりますし、あらかじめ提出すれば身分や年収が証明され、審査が早く完了する可能性があります。

カードを即日発行するなら身分証を忘れずに

申し込んだその日の内に融資してもらうには、銀行振込なら遅くても平日の14時までに契約が終わって、振込依頼が完了して無ければいけません。

無人契約機(契約ルーム)なら22時まで開いており、土日や祝日も利用できます。契約が終わればその場でカードが発行されるので、すぐにATMで融資できるのです。

ただし証明書を忘れてしまうと、やはり契約できず無駄足になってしまいます。出向く前に必ず持ち物をチェックしましょう。

Female

30代 / 女性 / 職業: 会社員 / 年収: 300-499万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.6

すぐにお金が必要な場合には私のように無人契約機へカードを受け取りにいくとその日のうちにお金を引き出すことができるので、便利だと思います。

Male

20代 / 男性 / 職業: アルバイト / 年収: 100-299万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.9

ちゃんとコマーシャル通り、即日で審査を完了できたので、本当によかったです。お陰様でお金の問題もちゃんと解決できました。

審査と必要書類の提出が利用の条件

審査に通過しても、必要な証明書が提出されなければ手続きは先に進みません。それまではキャッシングできないのです。

裏を返せば、審査を受けても必要書類を提出しない限りアイフルとの契約はキャンセルできます。利用を迷っているなら、必要書類提出のタイミングは契約直前にしておきましょう。

まとめ

アイフルのカードローンを利用するためには、審査に通過する必要があり、情報の入力と必要書類の提出をしなくてはなりません。

◆必要書類
本人確認書類
カードローンを利用するなら必要。
収入証明書
50万円以上の借り入れを希望する場合は必要。
もしくは、他社との合わせた借り入れ金額が100万円を超える場合は必要。

申し込みの際に、必要な書類を提出して、審査に通過しないとカードローンの利用はできません。カードローンを検討する場合は、まず必要な書類を用意できるか確認しましょう。

 アイフルアイフル株式会社
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短即日
30日分の利息が基本的にゼロ円!郵送物が届く時間を指定できる!
 公式サイトへ▶ 

おすすめの特集ページ

必要書類に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る