スピードキャッシングで今日中にお金を借りる方法【即日融資可能なサービスと口コミ情報】

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

貸金業務取扱主任者

林良光

大学卒業後、大手ノンバンク系金融機関にてコンサルティング営業に従事。カード事業において、個人事業主を中心に1,000名以上の審査を行ったプロ。米国公認会計士、日本証券アナリスト、日商簿記2級、銀行業務検定・財務2級など多数の資格を有し、金融の専門家として第一線で活躍。


カズくん

ヤバイよヤバイよ松阪さん!
今日中に携帯の料金を払わないと止められちゃう!スマホが無いと生きていけないよぉ!

でも、手持ちのお金は2000円しか無いし、給料日まで1週間あるし…。数時間以内にすぐお金を貸してくれる所って無いかな!?


松阪さん

あらら、それは大変ですね。でも心配しなくても大丈夫。今は「スピードキャッシング」と言って、早ければ30分~1時間以内にお金を貸してくれるサービスがあります。


カズくん

そうなんですか!!!じゃあ、今日中に支払いを間に合わせなきゃいけないので、そのスピードキャッシングについて早く教えてください!

登場人物紹介


松阪さん

マネット編集部の審査役。大手消費者金融の審査を経験しており、消費者金融のことを一番知っているプロ。見た目は頼りないけど、仕事のことになると本気になれる。


カズくん

都内のIT会社に勤務しており給料日前は常に、金欠気味。キャッシング経験はまだ無し。全国の金欠を代表して、消費者金融に強い松阪さんにバンバンぶつけていきます!

すぐお金を貸してくれる「スピードキャッシング」って?



松阪さん!ボクこう見えてもスピードには自信あります!早速、スピードキャッシングについて教えて下さい!



心配しないでも大丈夫ですよ。今は多くのカードローン会社が、最短30分~1時間でお金を貸してくれます。もちろん、カズくんも貸してもらえますよ。



ホントですか!?じゃあ早速行ってきます!松阪さん、ありがとうございました!



ちょっとちょっと、カズくん待ってください。いったいどこに行く気ですか?



どこって、「近所にある雪だるまファイナンス」に行ってきます!家から近いし、安心安全って看板も出てたので!



カズくん、ひとまず落ち着いてください。ちゃんと手順を踏まないと、大変な事になってしまいますよ。



えっ?でも、早く携帯料金を払わないと止まっちゃうよ…



大丈夫。まずは落ち着いて深呼吸しましょう。スーっはー。



すぅーっ、はあぁー。

よく聞く「即日融資」って?



カズくんにはまず「即日融資」が何かを知ってもらう必要がありますね。全然難しくないので、すぐに覚えられますよ。



そくじつゆうし??



そうです。お金を借りるには、申し込みをして、審査をして、カードを受け取る必要があります。スピードキャッシングは、それを全て即日で、しかも30分~1時間でできてしまうという仕組みです。



そんなに早いの?ってことは、今が午前10時だったら…遅くても午前中にはお金が手元に!?



そうですね。その為にはまず、ネットで申し込みをするのが最短ルートです。昔はお店に直接行く方法が主流だったのですが、今は断然ネットの方が早いんです。

カズくんのスマートホンは、今はまだ普通に使えますよね。もちろんパソコンがあればパソコンでもいいので、先に申し込みを済ませましょう。



まだ携帯止まってないから大丈夫です!

Q.即日融資可能なカードローンの共通点とは

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

回答1:振込融資か即日カード発行

即日融資を受けるための条件は、即日で契約可能で、①即日で銀行口座に振込を受けることができるか、②即日でローンカードの発行を受けることができるかのいずれかの方法の取り扱いがあるカードローンです。
①即日振込の取り扱いがあるのは大手消費者金融か、1部の銀行カードローンのみです。銀行カードローンはあらかじめ当該銀行口座をもっている場合のみ、その口座への振込を行ってくれるという銀行が多くなっています。
②即日カード発行ができるのは自動契約機を保有しているカードローンだけで、大手消費者金融とメガバンクの1部が保有しています。
また、銀行カードローンの中には契約後に手持ちのキャッシュカードにローン機能を加えることでカードローンとして利用できるようにすることができる商品もあり、こちらも即日カード発行と同義です。

Hayashiyoshimitsu

貸金業務取扱主任者|林良光

回答2:金利がやや高く融資枠がやや小さい

即日融資とは、その名前の通り、申込者が新規にカードローンの申し込みをした際、その日のうちに現金を手にできる特徴のことです。カードローンは、銀行系、信販系、消費者金融系とありますが、即日融資を実現できる金融業社は、ほぼ全て消費者金融系です。そのため、銀行系や信販系と比べ、金利がやや高く、融資の上限額が低いとの共通点があります。また、消費者金融系カードローンは銀行と違い総量規制の対象となるので、申込者の年収の3分の1までしか借りることができません。なお、銀行系と違い、消費者金融系カードローンでは、時間のかかる警視庁データベースでのチェックがありません。これも即日融資ができる背景の一つです。

審査をしないとお金は借りられないの?



でも松阪さん、WEBで必要事項を入れるだけで、本当にお金って借りられるんですか?



もちろん、誰でもお金を借りられる訳じゃなく、審査を通らないとダメですね。



う~ん。急いでるんだけど…審査はぜったいに受けないとダメなの?



残念ながら審査は省略できません。もしカズくんがお金を貸す側の立場だったら、名前も住まいも仕事も知らない人には貸さないでしょう?あと、明らかに返済能力が無いと思われる人にも、お金は貸しませんよね?



そう言われると、そうですね…(泣)



審査と言っても難しい話じゃありません。きちんと働いていて、返済能力がある人なら、最短30分で終わります。



30分ってメチャクチャ早いですね!



はい。返済能力があると判断された人は早いんです。逆に、無職やアルバイトの人だと、審査にも少し時間を要する可能性があります。ただ、ほとんどの消費者金融は即日融資が可能だと思って大丈夫ですよ。



へぇ~そうなんですね。バイトにもお金を貸してくれるって、太っ腹ですね。



スピードキャッシングをしてくれる消費者金融は、今はそれが当たり前です。ただし、審査の最後に待っている在籍確認を通過したらの話ですけどね。



ざいせきかくにん??



そうなんです。カズくんがちゃんと仕事をしているという事実を、お金を貸す側に伝えないといけません。



ええ!?ちゃんと仕事はしてますってば!!



中には仕事をしてないのに、嘘をつく人がいるんです。そういう人にはお金は貸せませんから、その人がきちんと職場に在籍しているかを、電話で確かめる必要があるんです。



職場に電話がいくんですか!?それは避けたいなぁ・・・



心配しなくても大丈夫です。在籍確認の電話は、個人名でかかるようになっています。カードローンの会社の名前や商品名も出ることはありません。本当に一瞬で終わりますよ。



実際、どんな感じで電話が来るんですか?



「松阪と申しますが、カズ様はいらっしゃいますでしょうか?」たったこれだけです。もし不在なら、電話に出た人が「今日はお休みです」とか「ただいま席を外しております」と答えるでしょう?それで在籍確認はOKなんです。



そうなんだ!それだったら大丈夫かも!



それが済めば、スピードキャッシングのゴールまでもうすぐですよ。

Q.なぜ審査を受けなければ借り入れできないのか

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

回答1:貸し倒れの可能性があるため

カードローンはお金を貸す以上、貸したお金は返してもらわなければなりません。
つまり、貸すことができ人(お金を返してくれる人)と判断した人だけにお金を貸すのです。
誰にでもお金を貸すというわけではありません。
とはいえ100%返済が可能な人だけに貸すわけではありません。金利が18%のカードローンの場合には1年間で100人に貸したうち18人までは貸し倒れても極端に言えば損失はない計算になります。
金利はリスクマネジメントですので金利18%であればリスク18%以下の人だけが審査に通過できます。
このため金利が低ければ低いほど審査通過はリスクの低い人しか審査には通過できません。
このリスクを判定するのが審査ですので、審査なしの融資はありませんし、審査なしで融資に応じてくれる業者は闇金であると判断し、絶対に取引をしないようにしてください。

Hayashiyoshimitsu

貸金業務取扱主任者|林良光

回答2:融資は信用が前提の商売

金融業業界では、審査に通った個人や企業へお金を貸し付けることを、「与信」と表現することがあります。信用を与えられた者同士でのみ、融資という商売が成立すること意味します。信用は、主に、最初に決めた条件通りにお金を返してくれる申込者かどうか、そして、取引をしても法的に問題のない申込者(反社会的勢力など)かどうか、の2つの観点で審査をして、与えられます。信用のない申込者へ融資してしまうと、お金が返ってこない可能性が高く、その結果、貸金業者は損失が発生するだけでなく、現金が足りなくなり融資という商売を続けられなくなります。そのため、カードローンに限らず、あらゆる種類の金融業者からお金を借りる場合、必ず「与信」審査があります。

土日でも審査に通ればスピードキャッシング可能!



ちなみに松阪さん、土日の場合ってどうなるんですか?



土日であっても審査が無事に済めば、スピードキャッシングは可能ですよ。



そうなんですか!?でも、土日は会社が休みっていう人も多いんじゃ…?



土日も電話に出れるなら、そこで審査が行われますが、土日で会社に誰もいなくも、書類のみで在籍確認できるケースがあります。ちょっとだけ時間がかかる場合がありますが、充分に即日融資は可能ですよ。



おおー!それはスゴい!



金融期間によって多少の違いはありますが、最新の給与明細、社員証、会社が発行している社会保険証、源泉徴収票だけあれば問題ないでしょう。もちろん、カズくんの名前がちゃんと載っていないとダメですよ。



誰かに借りるとかじゃダメなんですね。当たり前か。。。(笑)



そうですね。ちなみに、本人確認書類で、運転免許証・パスポート・保険証のどれかも必要になるので、忘れないでくださいね。



はーい!

実際にお金を借りる手順を確認しよう!



じゃ、ここまでを簡単に整理しましょう。



スピードキャッシングを希望なら、まずはネットで申し込みをする事。電話での審査が今すぐ可能なら、早めにそれをしてもらう事。もし今日中に電話の在籍確認が難しいなら、上記の必要書類をカードローンの会社に送る事。



ちょ、ちょっと待って!書類を送るって、どうやって?



今から話そうと思ったのですが、これには2つの方法があります。1つはメールやFAXで書類を送信する方法。そしてもうひとつは、近くの無人契約機に行く方法です。



ほほぅ。それはどっちでも大丈夫なんですか?



そうですね。でも、家の近くに無人契約機があるなら、直接そこまで行く方がおすすめです。無人契約機なら、スキャナでピピっとすぐ済みますよ。しかも、担当オペレーターとの直通電話があるので、解らない事も聞きながら進められますしね。



あ~確かに、その方が安心ですね。



スピードキャッシングでもっともベターな方法は、ネットで申し込みと審査の手続きをして、その後に無人契約機までカードを受け取りに行くという方法です。基本的に無人契約機がある所にはATMが併設されてるので、カードを受け取ったらすぐに借り入れができるという仕組みです。



カードさえ手に入れればもう無敵なんですね!!



ネットで審査完了から契約まで済ませる事もできますが、その場合でも即日融資を希望なら、どっちにしても無人契約機までカードを取りに行かないといけません。郵送だと当日中にはカードは届きませんからね。



なので、最初から無人契約機に行けば、書類もカードもその場で発行してもらえるので、家に郵送物が届くなんて事もありません。



ぃやっほう!!

ヤミ金じゃない安全な消費者金融はどこ?



ちなみに、カードローン会社ってどこを選べばいいの?



ココが実は重要です。結論を先に言うなら「大手の消費者金融以外へ行く際は要注意!」ということです。



大手の消費者金融って?



簡単に言うと、テレビでCMをやってるような会社です。それ以外は絶対にやめましょう。カズくんは最初に近所にある「雪だるまファイナンス」に行こうとしてましたけど、そんな危険な真似は絶対にしてはいけません。



マジですか!?



いわゆる「闇金融」である可能性を考えたら、大手に越したことはありません。特に「安心安全」とか「審査なし」とか言っている業者は、危険な可能性大です。怖い人達がたくさんいるかもしれないから、カズくんも気をつけてくださいね。



あの有名なマンガみたいな世界が現実の世界で??



それだけ、世の中には危険な罠が潜んでいるということです。大手の消費者金融はどこもスピードキャッシングに対応していますから、選ぶなら絶対に誰もが知っているカードローン会社にしましょう。



それならいくつか知ってますよ!テレビたくさん見てるので!



カズくんは物知りですね。そう、具体的に言うと、アコム・アイフル・SMBCモビット・プロミスといったところです。その中で、カズくんの家の近くに無人契約機のある所を選びましょう。



今日中にお金欲しいから、近くにある所を選ばなきゃですね!

Q.絶対に選んではいけない業者とは

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

回答1:闇金には注意

消費者金融の数は日本全国に無数にあります。
テレビCMでおなじみの大手消費者金融ではない会社のほうが圧倒的にその数は多いのです。
金利面やサービス面で見ても最初は大手を選択したほうがよいでしょう。しかし、大手の審査に通らない場合には中小の消費者金融に申し込んでみるという方法もあります。
中小の消費者金融を選択する際には、闇金に要注意です。消費者金融は金融庁監督の貸金業者です。金融庁に登録されている業者は法律に則った業者であると考えても問題ありません。そのため、名前の聞いたことがない業者と取引する前には金融庁HPの登録貸金業者検索サービスを使用して、当該業者が登録貸金業者か否か確認を必ず行いましょう。
登録がない場合には闇金と考え絶対に取引しないようにしましょう。

Hayashiyoshimitsu

貸金業務取扱主任者|林良光

回答2:審査の甘さをアピールする業者

カードローンを提供する正規の金融業者は、大きく分けると銀行とそれ以外の2種類です。銀行もしくは貸金業登録をしている信販会社や消費者金融会社などの正規の貸金業者である限り、取引しても問題ありません。強引な取り立てなどが禁止されているだけでなく、融資の上限金利や手続きにおいて顧客へ説明しなければいけない事項などが法令で明確になっており、これらを守る義務があるからです。逆に言えば、貸金業登録をしていない業者とは、取引をするべきではありません。金融業者の審査に連続して落ちると一時的に判断力が鈍ってしまうことがありますが、広告で審査の甘さを積極的にアピールするような金融業者は非正規の可能性が高いので避けた方が良いでしょう。

スピードランキング【第1位】アコム



上記で紹介した表は、各消費者金融の特徴を一覧にしたものです。カズくんにオススメしたいのは、もっとも利用者が多いアコムです。



140万人ってメチャクチャ多いですね!



そうなんです。カードローンの世界では、利用者の数=信頼の数でもあるので、それだけ多くの人の期待に答えてるということです。審査もメチャクチャ早いですよ~。



利用者数も業界でナンバーワン、知名度も申し分なしです。審査は最短30分なので、スピードキャッシングにも対応していますから、即日融資も可能です。



総合力のアコムって感じなんですね!わかりました!

スピードランキング【第2位】「プロミス」



続いてオススメするのは「プロミス」です。きっと、物知り博士のカズくんだったら、一度ぐらいは聞いた事ありますよね?



あいつらやっぱりプロミスだ! ですよね?



はい、正解です。CMでも言ってる通り、プロミスは初めての人にオススメの消費者金融と言えます。ちなみに、プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスがやっている、アコムと並ぶ業界大手のカードローンです。



な~るほど。それなら安心ですね!



プロミスの特徴は、最大金利が少しだけ低くなっているという点です。アコムとアイフルは「18.0%」が最大金利ですが、プロミスだけは「17.8%」が最大金利です。

もちろん、プロミスもスピードキャッシング対応可能です。今日中に融資を受けたい人にもオススメですよ。



わかりました!低金利な人向けのプロミスって覚えておきます!

スピードランキング【第3位】「アイフル」



ココもいいですよ~。プロミスやアコムにも負けない「アイフル」です。



あっ、ボクの家の近くで見たことあります!電話ボックスみたいなの(笑)



それはきっと無人契約機ですね。アコムにもプロミスにもありますよ。あそこでカードローンの契約ができるんです。全国にたくさんあるんですよ。



うわぁ~。全国にこんなにたくさんあるんですね!



アイフルもスピードキャッシングには定評があって、審査は最短30分で完了してしまいます。もちろん即日融資も充分に可能です。



アイフルの特徴はもうひとつあります。実はアイフルは、女性からの人気が非常に高いんです。アイフルの公式ページによると、アイフル利用者の約30%が女性だそうです。



ちなみにアイフルには「SuLaLi」という女性専用のキャッシングサービスもあります。オペレーターも全員が女性で、限度額も安めになっています。女性が安心して使えるようなサービスにしているんです。



な~るほど。アイフルはボクと一緒で、女性に優しいんですね!



ふふふ。女性への優しさだったら、私も負けませんよ。

おすすめの特集ページ

評判に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る