借り換えローンの審査に落ちる人とそうでない人の決定的な違いとは

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

  1. 借り換えローンの審査に落ちるのはこんな人
  2. 審査を受ける前にできること
  3. 借り換え(おまとめ)の仕組み
  4. 借り換えローンの利用でどのくらい安くなるのか
  5. 借り換えローンに申し込む時の必要書類
  6. おすすめは「auじぶん銀行 じぶんローン」
  7. まとめ

 この記事はこんな人にオススメ 
  • カードローンの返済が厳しい
  • もう少し金利の安い所に借り換えたい
  • 借り換えの審査は厳しい…?

上記のような方には、借り換えローンがおすすめです。複数社から借りている場合には、おまとめローンも同様です。

借り換えローンは、現在借りているカードローンの金利よりも金利の低い所に乗り換えて、返済の負担を軽くするというものです。

その申し込みにあたっては審査がありますが、それはどのようなものでしょうか。通りにくい人、通りやすい人という観点から審査について見ていきたいと思います。

借り換えローンの審査に落ちるのはこんな人

カードローンの審査内容は、基本的に金融機関側は公開していません。それは、新規申し込み時の審査や増額時の審査と同様で、おまとめ・借り換えの審査でも同じです。

ただ、審査に落ちてしまう人にはある程度の共通点があります。ここで、借り換えローンの審査に落ちてしまう人の特徴を見ていきます。

①借り入れ金額・件数が多すぎる人

借り換えローンを利用する際に、他社借り入れ金額が大きい場合や、借りている金融機関の件数が多い場合は、貸し付け額も大きくなるので、審査は厳しくなります

ちなみに、消費者金融は貸金業法が定める総量規制(年収の3分の1以上の貸し付けはできない)のですが、消費者金融の「借り換えローン」を使うことは認められています。

ただし、金利がそれほど大きく下がりませんので銀行カードローンを使う方が効果が高くなります。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

②信用情報に傷がある人

あなたがもしも、過去に債務整理や、3ヶ月以上の延滞を起こしているならば、基本的には無理です。

信用情報機関のブラックリストに載ってしまった方との取引には、それだけの大きなリスクがともなうからです。

これに当てはまる方々は地道に返済していくか、リストの掲載期間が過ぎるのを待つしかありません。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

③申し込み時の情報に虚偽がある人

申し込み時に申告した必要事項(個人情報や勤務先情報)に誤情報が含まれていた場合、すぐには審査落ちになりません。大抵の場合は申し込み内容確認電話の段階で、情報の修正がなされます。

提出する書類と一致する内容を記載することはもちろん、わざと偽りの収入・勤務先・住所や電話番号を記載することもNGです。ちょっとしたミスなら修正で済みますが、明らかな虚偽申し込みの場合は審査落ちになると思ってください。

④現時点での収入が安定していない人

金融機関がお金を貸すのは、返済能力があると判断された人だけです。そして、返済能力の有無を判断するにあたって収入は重要な要素です

カードローン業界では「収入がない人=返済能力がない人」と判断されてしまいます。定期的に安定収入が入ってこない人は、借り換えローンの審査に通貨できる可能性も低いということです。

審査を受ける前にできること

「自分のステータスや借入状況であれば、カードローンの借り換えで審査落ちすることはない」と判断できた人も、やはり不安をすべて解消するのは難しいものです。

どうしても審査が不安な方は、少しでも可能性を上げるために今からできることを実践してみましょう。

①可能な限り返済を進めておく

1つ目は、現在借入しているカードローンで少しでも多くの返済実績を作っておくことです。

「きちんと返済する意思がある」と判断してもらいやすくなりますし、出来る限り借入残高を減らしておくことで、借り換え後に返済困難な状況になるのを防げます。

借り換え先の金融機関としても「貸し倒れのリスク」が軽減されるので、無理のない範囲で少しでも返済を進めておきましょう。

②借入件数を減らしておく

2つ目は、現在複数社から借入している場合、1件でも減らしておくことです。

例えば、以下のような状況をイメージしてみてください。

パターン1
A社から10万円借入している

パターン2
A社から5万円借入している
B社から3万円借入している
C社から2万円借入している

上記の2パターンは借入総額が同じでも、借入件数に差がありますね。

パターン1の場合、1社から50万円借入できるだけの信用があったことになりますが、パターン2の場合、3社から数万円ずつ借入するだけの信用しかなかったことが分かります。

上記のように判断されてしまう可能性を避けるため、借り換えの際は借入件数が2社以下の状態で審査を受けてみましょう。

借り換え(おまとめ)の仕組み

一般的に、1社から借りている場合は純粋な「借り換え」と呼ぶことが多く、複数社から借りているカードローンを1つにまとめる場合は「おまとめ」と呼びます。

そのイメージは以下のようになります。

1社から1社へ借り換える場合

複数社から1社へ借り換える場合

目的は「支払い負担の軽減」

借り換えローン(おまとめローン)の仕組みについて図解したものが上記になります。

1社もしくは複数社から借りている額を、一時的に別の金融機関から借りて、元々使っていた金融機関への支払いを済ませるというものです。

無事に金利の安いカードローンサービスでお金を借りることができれば、結果的に支払いの負担が軽減される事となります。

借り換えローンの利用でどのくらい安くなるのか

借り換えローンに申し込みをするからには、これまでよりも安い金利に変わらなければ、残念ながら意味がないと言わざるをえません。

そして、実際にどれぐらい安くなるのか把握してから借り換えローンに申し込む方が良いでしょう。

借り換えローンの利用で返済予定額がいまより安くなる

借り入れ残高と返済期間が今と同じままなら、金利を下がれば単純に、支払い予定の総額は小さくなるはずです。

あまりにも当たり前ですが、それが、借り替えローンを使って金利を引き下げる効果です。

以下に100万円を12ヶ月の返済期間で返す場合に、金利が15%から12%に下がっただけで、毎月の支払額と総支払額が違ってきます。借入額が高額になればなるほど借り換えローンの効果は大きくなります。

金利15.0%の場合
  • 毎月の返済額:4万8,643円
  • 総返済金額 :116万3,668円

金利12.0%の場合
  • 毎月の返済額:4万7,073円
  • 総返済金額 :112万9,752円

これで月々の支払額が1,500円以上、総額で3万円以上の差となりました。

もちろん、借り換えローン(おまとめローン)を使えば金額が大きくなればなるほど効果も比例して大きくなります。

借り換えローンに申し込む時の必要書類

この記事をお読みの方は、少なくとも一度はカードローンの利用経験があることでしょう。しかし、借り換えローンはちょっと事情が異なります。

自分は経験者だからと言って甘くみてはいけないのです。というのも手続き自体も少し異なっていますし、審査を通過できるかどうかにも関わってきますので少し見てみましょう。

本人確認書類以外にも準備が必要

借り換えローンに申し込みをする際には、多くの場合で収入証明書が必要になります。最初の申し込み時には、免許証をはじめとする本人確認書類だけで済んだ人も多いかもしれませんが、借り換えローンの場合はそうはいきません。

本人確認書類の例
本人確認書類は必ず提出する
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証 など

収入証明書の例
収入証明書は場合により提出する
・直近の給与明細
・源泉徴収票
・確定申告に用いた書面 など

上記が必要書類の例です。収入証明証は場合により、提出を求められます。

おすすめは「auじぶん銀行 じぶんローン」

最後に、借り換え向けの商品を1つだけ紹介させていただきます。ネット銀行大手であるauじぶん銀行の「じぶんローン」がおすすめです。

そもそものカードローン金利が低めに設定されているだけでなく、auのスマホを使っている人は金利が優遇されます。スマホかPCはから24時間申し込みが可能ですので、金利の負担を軽減したい人は検討してみてください。

借り換えコースならさらに低金利で借りられる

auじぶん銀行のカードローンには、他社からの借り換え専用の「借り換えコース」と、目的が借り換えだけに限られない「誰でもコース」という2つのコースが用意されています。

もしも、「借り換えコース」で借りることができれば、より低金利で借りることができます。

借入残高がいくらか把握しておく

あなたはご自身の現在の、借入残高はおいくらあるのかをご存知ですか。返済期間が長くなると正確には覚えていないかもしれませんが、借り換えローンを申し込むにあたっては正確な金額が必要です。

嘘や間違いを申告すると審査は落ちます。借り入れ先の保証会社に電話をするなどして確認しておきましょう。

auじぶん銀行じぶんローン

限度額 最大800万円
金利 2.2~17.5%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照

ネット上で手続きを済ませたい方におすすめ。
au利用者におすすめ。

公式サイトはこちら

まとめ

借り換えローンの審査は、あなたが初めてカードローンに申し込んだ時よりも少しハードルが上がるということがおわかりになったと思います。

それでも、借入残高が高額ではなく、安定した収入があり、地道に返済を続けている方は評価が高くなる傾向にあるようです。

これまで返済の実績を積んでいる方や、先が見えなくなりかけている方は、申し込みを検討してみてください。

おすすめの特集ページ

借り換えに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る