簡単にキャッシングしたい!借入診断が受けられるカードローンを紹介

2018年10月16日更新

Takazawa
この記事のアドバイザ
短期大学の秘書課程を卒業後、信用金庫で1年7ヶ月間勤務、カードローン審査のサポート業務を担当。金融事務全般も担当し、オペレーターとして数多くのお客様に対応した。第二種証券外務員資格を所有している、金融商品取引のプロ。

 この記事はこんな内容です 
  • 初心者におすすめのカードローンを紹介
  • WEB申し込みや審査について解説
  • 2タイプのキャッシング方法を紹介

「あとちょっとだけお金が足りない」「まとまった金額がどうしても必要」、そんな金欠時に頼れるのがカードローンです。

しかし、初めて利用する方にとって、申込手続きや審査などはハードルが高く感じてしまうものでしょう。そんなキャッシング初心者でも、適切なカードローンを選べばスムーズに利用できます。

簡単にキャッシングできるカードローンとは

人によってカードローンを選ぶ基準は様々ですが、「簡単にキャッシングしたい!」と考える人はどのようなポイントで判断しているのでしょうか?

実際にカードローンを使ってキャッシングする際、不安に感じる要素を考えていけば、以下のようにある程度予測できます。

難しい手続きが必要ない
審査が最短即日で完了する
キャッシングしやすい

これらの基準をクリアしているカードローンは、簡単にキャッシングしたいと考えている人のニーズをある程度満たしていると言えるでしょう。

大手消費者金融のカードローンがおすすめ

では、数あるカードローンの中でどの商品が基準を満たしているのか。結論から申し上げますと、大手消費者金融のカードローンと言えるでしょう。

「銀行の取り扱うカードローンではダメなの?」と感じる方もいるかもしれませんが、申し込みから借入までの時間を見ていただくとその違いが明確になります。

大手消費者金融のカードローンは、最短1時間程で融資してもらえます。対して銀行のカードローンは、2度の審査や警察庁のデータベースとの照合などで、最短でも2営業日必要です。

短期間でキャッシングしたいと考えるのであれば、大手消費者金融のカードローンが適切と言えるでしょう。

Q.初めて借入するなら銀行か消費者金融どっち?

Takazawa

元 信用金庫職員|高澤志保

審査に不安がある場合は消費者金融へ


正社員である程度の勤続年数があり、安定した収入がある状態で初めてカードローンを作るのであれば、金利の低い銀行カードローンがおすすめです。クレジットカードの延滞情報などがなければ信用情報は綺麗な状態なので、審査は有利になります。

しかし、派遣社員・パート・アルバイトなど収入が安定しない職業や勤続年数が短い場合は、銀行カードローンでは審査が通らないこともあるのです。審査が心配なら、消費者金融カードローンに申し込むのをおすすめします。

特に急な出費で即日融資を望む場合は、スピード審査・スピード融資が可能となる消費者金融カードローンのほうが便利でしょう。

WEB申し込み対応なので手続きも簡単

上記で紹介したカードローンは、すべてWEB申し込みに対応しています。

以前までは、金融機関の窓口や書類郵送などの方法で申込手続きを行っていましたが、現在ではインターネット上ですべて対応可能です。

インターネット環境が整っていれば、自宅・職場・外出先など、場所を選ばずに24時間365日いつでも申し込めます。

お手持ちのスマホで対応可能

WEB申し込みを利用する際は、お手持ちのスマートフォンが1台あれば問題ありません。

スマートフォン専用の申し込みフォームが用意されており、ガイダンスに従っていくだけなので初心者でも簡単に手続きを進められます。

例:プロミスの申し込みフォーム

実際にはどのような申し込みフォームなのか気になる人も多いかと思うので、プロミスを例に見てみましょう。
以下が、実際の申し込みフォーム画面です。

promise_mousikomiform1.pngpromise_mousikomiform2.png

promise_mousikomiform3.pngpromise_mousikomiform4.png

promise_mousikomiform5.pngpromise_mousikomiform6.png

上記のように、個人情報や勤務先などの項目以外にも、書面の受取方法や希望連絡先、連絡時間などもあり、申込者への配慮を感じます。すべての項目を入力すれば、申し込み完了です。

必要書類はスマホカメラを使って提出

インターネット上で申し込みする際に気になるのが、必要書類の提出でしょう。

カードローンに申し込む際には、本人確認書類が必須となっており、以下のいずれかを提出しなければいけません。

本人確認書類の一例
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 個人番号カード   

書類提出は郵送が一般的でしたが、WEB申し込みではスマホで撮影した画像をアップロードするだけです。

個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などを提出する際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工しておきましょう。

気になる審査は最短30分で完了

初心者向けとして紹介した大手消費者金融のカードローンは、審査スピードに定評があります。

審査に対して時間がかかるイメージを持たれるケースも考えられますが、スムーズに進めば最短30分で完了です。

とは言え、審査を甘く行っている訳ではありません。即日審査を可能にしているのは、スコアリングシステムを導入しているのが大きな要因と言えるでしょう。

 スコアリングとは

統計的モデル(一定のロジック)に基づいて、個人または企業の信用度を点数化(スコアリング化)し、与信可否を迅速かつ中立的に判断するシステムのことをいいます。
=中略=
具体的には、カードの入会審査(初期与信)では、顧客の属性(年齢・年収・勤務先・勤続年数・居住状況等)や個人信用情報機関の個人信用情報を解析してスコアリング化し、またカード発行後の審査(途上与信)では、利用状況や支払状況をスコアリング化します。

申込情報の合計スコアが基準に達していれば、審査通過となる仕組みです。

一般的な審査基準をチェック

カードローンを使ってキャッシングしたいとは思うものの、審査を通過できるか不安を感じる人も多いのではないでしょうか?

事前に審査基準を確認しておきたいと考える人もいますが、残念ながら公表されることはありません。しかし、スコアリングする際の属性などから、ある程度の予測は可能です。

審査前のセルフチェック
申し込み情報に虚偽がない
毎月安定した給料が入る
他社で年収の1/3以上借入していない
複数社に同時申し込みしていない
信用情報にダメージがない
※セルフチェックの要素は基本的な一例です。特に問題がなかったからと言って、審査を確実に通過できる訳ではありません。

簡易診断を利用するのもアリ

審査前のセルフチェックだけでなく、簡易的に診断してもらえるサービスを利用するのもおすすめです。

記事内で紹介したプロミス・アコム・アイフルには、融資してもらえるのか借入診断してくれるサービスが実装されています。

例:プロミスのお借入シミュレーション

では、プロミスのお借入シミュレーションを参考に見てみましょう。以下が、実際の画面になります。

promise_okariresimulation1.pngpromise_okariresimulation2.png


3つの項目を記入し、「シミュレーション実行」を押せば数秒で簡易的な結果が確認できます。正式な審査ではありませんが、ある程度の指標にはなるでしょう。

キャッシング方法は2タイプから選べる

ここまでの内容を見て頂いても分かる通り、申し込み手続きや審査は思っている以上にシンプルなので、初めての方でも比較的簡単に進められます。

すべての手続きを済ませて契約が完了すれば、いよいよキャッシングです。

「キャッシングの仕方はこんな感じかな?」と、何となくイメージしている人もいるかと思いますが、紹介したカードローンには2通りの借入方法が用意されています。

1|ATMキャッシング

カードローンでキャッシングするには、専用のローンカードを発行してATMから現金を借入するのが基本です。

借入の流れは、以下のフローを参考にしてください。

  1. 1最寄りの専用ATM・提携ATMに向かう
  2. 2借入専用のローンカードを挿入する
  3. 3設定した暗証番号を入力する
  4. 4キャッシングしたい金額を入力する
  5. 5現金・明細書・カードを受け取る

銀行のキャッシュカードを使って、現金を引き出す流れをイメージしていただければ分かりやすいかと思います。

提携先のコンビニATMを利用すれば、24時間いつでもキャッシング可能です。

※メンテナンス中はATMをご利用できません。

夜間になってお金が必要になったときでも、カードがあれば簡単にキャッシング出来るでしょう。

2|振込キャッシング

ローンカードを使った借入だけでなく、振込サービスを使ったキャッシング方法も簡単便利です。

借入の流れは、以下のフローを参考にしてください。

  1. 1会員サービスにログイン
  2. 2振込キャッシングを選択
  3. 3振込してもらう口座を指定
  4. 4キャッシングする金額を入力
  5. 5金融機関から指定口座に送金

上記を見て頂いても分かる通り、振込キャッシングを利用する場合はスマホひとつあれば問題ありません。

インターネット上で振込依頼をすれば、自宅や職場、外出先にいても口座残高を補填できるのが大きな魅力です。振込先の銀行が営業している間であれば、基本的に当日借入できるでしょう。

初心者でも今から最短1時間でキャッシング可能!

ちなみに、紹介したカードローンは融資スピードにも定評があり、スムーズに手続きが進めば今から最短1時間で借入することも可能です。

いつでも即日キャッシングできる訳ではないので、すぐに借りたいと考える人はWEB申し込みする時間帯によって、以下のように借入方法を工夫しましょう。

平日13時までに申し込める方はこちら

平日13時までに申し込みできるのであれば、振込キャッシングがおすすめです。

振込先として口座設定するには、銀行の営業時間に手続きを済ませておく必要があります。つまり、平日14時までに契約を済ませておけば、即日振り込んでもらうことも可能です。

WEB申し込みから振込キャッシングまでの流れは、以下を参考にしてください。

  1. 1公式サイトからネット申し込み
  2. 2必要書類を提出
  3. 3最短30分のスピード審査
  4. 4ネット上で契約完了
  5. 5スマホから借入依頼
  6. 6指定した口座に入金

午後20時までに申し込める方はこちら

午後20時までに申し込みできる場合は、WEB申し込みから自動契約機でカードを発行し、ATMでキャッシングする方法をおすすめします。

前述したように、振込キャッシングを利用するには銀行の営業時間内に手続きを済ませておかなければいけません。とはいえ、仕事や家事が忙しい人には難しいものです。

そんな方も、基本的に夜間まで営業している自動契約機を使えば、カード発行後に即日キャッシングできます。20時までに申し込めば、当日審査してもらえるでしょう。

WEB申し込みからATMキャッシングまでの流れは、以下を参考にしてください。

  1. 1公式サイトから申し込み
  2. 2必要書類を提出
  3. 3最短30分のスピード審査
  4. 4契約完了
  5. 5自動契約機でカード発行
  6. 6近くのATMでキャッシング

WEB申込みはこちらから

上記のように、WEB申し込みを使って適切なキャッシング方法を選べば、時間に余裕がない人も短時間で借入できるでしょう。

「短時間で簡単にキャッシングしたい」

緊急性の高い方にも、満足してもらえるカードローンとなっています。今からWEB申し込みを希望する方は、以下から手続きを始めてみてください。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利4.5~17.8%審査最短30分
限度額最大500万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

簡単にキャッシング出来るが返済面に注意すべき

記事中で紹介した大手消費者金融のカードローンは、

面倒な申し込み手続きはスマホでOK
気になる審査は最短30分で完了する
借入方法はATM・振込の2タイプから選べる
即日融資してもらうこともできる

といったように、初めて利用する方にも簡単にキャッシングできる要素が盛りだくさんです。

とは言え、カードローンでキャッシングする以上、毎月きちんと返済していかなければいけません。

必要以上にキャッシングしてしまうケースも…

初めは必要なお金だけを借りて、毎月少しずつ返済していこうと考えるものです。しかし、返済中に再度借入が必要になる場合もあるでしょう。

「50万円まで借入できるから、もうちょっとだけキャッシングしよう」と、返済が終わらないまま借入すると、完済期間が再び伸びてしまいます。

キャッシングした金額は増えたものの、毎月の支払いは数千円程度なので、借入している感覚が薄れていってしまうケースもあるのです。

キャッシングする際は計画的な返済を心がける

とは言え、計画的に利用すればカードローンはとても便利なサービスです。

以下のように返済計画をしっかり立てておくことで、過度な借入や返済できなくなってしまうリスクは大きく抑えられるでしょう。

  1. 1完済までの希望期間を設定
  2. 2毎月最低限必要な返済額を算出
  3. 3収入から捻出できる金額と比較

マネットでは、返済額や利息、完済までにかかる期間などを簡単に把握できるツールを用意したので、「簡単にキャッシングしたい」と考える方は、ぜひ返済計画を立ててから申し込みするようにしてください。

返済金額を計算

毎月の返済金額を計算します

借り入れする
金額
千円
金利%
完済までの期間ヶ月

{{ error }}

返済期間を計算

完済までの期間を計算します

借り入れする
金額
千円
金利%
毎月の返済額千円

{{ error }}

まとめ

記事中で紹介したカードローンは、スムーズにキャッシングできるので借入に不安を感じる初心者にもおすすめです。

難しそうな手続きも、お手持ちのスマートフォンを使えばインターネット上で簡単に対応できます。審査も早く、キャッシング方法が選べるのも嬉しいポイントです。

とは言え、簡単にキャッシングできたとしても、計画性を持っておかなければ返済トラブルに繋がりかねません。申し込みを考えている方は、きちんと返済計画を立てておくようにしましょう。

記事中で紹介したカードローン
プロミス
金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
アコム
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
アイフル
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザー一覧バナー
ページトップに戻る