お金を借りたい!解りやすい初心者向けキャッシング完全ガイド|無職・ブラック・学生・主婦などの対応方法

2018年11月06日更新

Sato
この記事のアドバイザ
銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

 この記事はこんな人にオススメ
  • 急にお金が必要になった!
  • 今すぐどうしてもお金を借りたい
  • お金を借りる時みんなどこで借りてるの?

結論、お金を借りるのは難しい話ではありません!

日本には、お金を貸してくれる金融機関や信販会社はたくさんあります。それぞれ特徴の違いはありますが、借りること自体はとくに難しい手続きが必要なわけではありません。

しかし、お金を借りるにあたっては、考えなければならない点もあります。

お金を借りる時に考えること
✔ いつまでに、いくら必要なのかを考える
✔ どこでお金を借りるのかを考える
✔ いつ返済できるかを考える
✔ 誰にも知られずに借りる方法を考える

他にも色々あると思いますが、何も心配する必要はありません。お金を貸してくれる金融機関は、そうした人達の心配な点をキチンと解消してくれます。

今日中に借りたい、内緒で借りたい、主婦や学生だけど借りたいなど、ほぼ全てのニーズに応えてくれると言っていいでしょう。

今回の記事では「お金を借りたい!」と考える全ての人への答えを紹介します。

1:何を重視してお金を借りる?

まず重要なのは「お金を借りる時に何を重視するか」ということです。

お金を借りたいしチュエーションは人それぞれ。急な出費で今日中に借りたい人もいれば、1週間後に控えた旅行までにお金を借りたい人もいます。また、返済までの期間がどれぐらいかかりそうかによっても状況は変わってきます。

どんな点を重視してお金を借りるかにより、最適な申し込み先も変わってきます

【1】今すぐお金を借りたい人

お金を借りたい人の多くは、「できるだけ早く手元にお金が欲しい」という状況になっているかもしれません。日常生活の中で、急にお金が必要になる機会は意外と多いものです。例えばどのような状況が考えられるでしょうか。

今すぐお金が必要になる場面
  • 突然の冠婚葬祭などの出費
  • 予想外の事故や病気などの費用
  • 急な飲み会やパーティーのお誘い
  • 大切の誕生日プレゼント

こうして見ると、急な出費が必要になる場面は多々あります。そんな時には、今日中に融資(即日融資)をしてくれるサービスを利用する必要があります。

【2】内緒でお金を借りたい人

お金を借りたい人の多くは、できるなら誰にでも知られずにお金を借りたいと考えている人ばかりでしょう。お金に関しての話はデリケートなイメージが強いので、相談できる人も少ないはずです。

内緒でお金を借りたい人
  • 旦那さんに内緒でお金を借りたい
  • 奥さんに内緒でお金を借りたい
  • 両親に内緒でお金を借りたい
  • 知人・友人に内緒でお金を借りたい
  • 彼氏・彼女に内緒でお金を借りたい
  • 仕事先の人に内緒でお金を借りたい

家族間や友達同士でお金の貸し借りをする人もいらっしゃいますが、お金のトラブルは人間関係のトラブルに発展しかねません。内緒でお金を借りたい人こそ、キャッシングを利用する方が、日常生活を維持したままでお金の悩みを解決することができます

金融機関もそのことは充分に解っていて、内緒で借りたい人がどのようなサービスを求めているかを配慮してくれます。電話連絡・郵送物・振り込み名義人・カードのデザインなど、秘密で使いたい人に適した状況が整っています。

さらに、最近ではWEB上で全ての手続きが可能で、カードもなし郵送物もなしの「WEB完結」というサービスが人気です。WEB完結を導入しているのは、以下の2つのサービスです。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利 4.5~17.8% 審査 最短30分
限度額 最大500万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット
三井住友銀行グループの会社なので、安心感が大きいカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 公式サイト参照
限度額 最大800万円 融資 最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

【3】安い金利でお金を借りたい人

金融機関でお金を借りた場合は、返済する時に「利息」を支払わなければなりません。この利息は、金融機関の定める「金利」によって決まります。

つまり、金利の低いサービスを使えば、その分だけ返済時に返す額が少なくて済むのです。

お金を貸すサービスを提供している金融機関は、以下のように金利を必ず定めています。

大手カードローン
アコム 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
アイフル 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス 金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分

どこの金融機関でお金を借りる場合でも、最初は基本的に最大金利が適用になります。プロミスだったら17.8%、アコムだったら18.0%という金利です。

この数字は「実質年利」として計算されます。具体的にどれぐらいの利息が発生するのか、見てみましょう。

こちらは「アイフル公式サイト」より引用した計算式の例です。

アイフルの最大金利18.0%で、10万円を10日間借りた場合の利息は、493円ということになります。つまり、給料日10日前に10万円を借りたら、給料日に返済する額は100,493円ということです。

【4】利息なしでお金を借りたい人

日本国内で大手と呼べる消費者金融はたくさんありますが、その中でも「アコム」「プロミス」「アイフル」といった金融機関は、最大1ヶ月は利息ゼロでお金を借りることができます。

 無利息期間の適用条件 
アコム
アコムと初めて契約する人で、返済期日「35日ごと」で契約した人
プロミス
初めてプロミスを利用する人で、メールアドレス登録とWEB明細を利用できる人
アイフル
初めてアイフルを利用する人

また、上記の3社では無利息期間の開始日が異なります。プロミスは「初回借り入れ日」からスタートするのに対して、アコムとアイフルは「契約日の翌日」からスタートになります。

つまり、プロミスは契約だけして利用はしていない状態なら、無利息期間はいつからでも適用できることになります。アコムとアイフルの場合は、契約の翌日に自動的にスタートしてしまうので、「お金を借りたい!」と思った日に、契約と借り入れを一緒にスタートさせるのが賢明です。

無利息期間のあるカードローン
アコム 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
アイフル 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス 金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分

Q.借入金の利息を節約する最も効果的な方法は

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

無利息期間の利用が効果的


期間だけお金を借りたい場合は、一定期間利息が発生しない無利息サービスの利用が効果的です。
中長期の場合は、上限金利の低いローンを利用しましょう。ローンの種類により、10%前後の開きが有ります。
次に、早い段階から繰上げ返済を心がけましょう。繰上げ返済により、元金を早く減らすことができ、その分利息を節約できます。この場合、返済方法がATM、銀行振込、インターネットバンキングの場合は、返済時に多く入金すれば良いだけですが、口座振替を利用している場合は、毎月の約定額しか振替されませんので注意が必要です。
いずれにしろ、必要最低限の金額しか借入れないことが重要なことは、言うまでもありません。

2:お金を借りるための審査・在籍確認

「どうしてもお金を借りたい!」という状況になった時に頼る場所は、基本的には銀行や消費者金融などです。しかし、申し込みをすれば必ずお金を貸してくれるのかというと、そういうわけではありません。

どの金融機関であっても「返済能力のある人」にしか、お金は貸してくれません。返済能力があるかないか、金融機関は「審査」によって判断します

お金を借りられるのは返済能力のある人だけ

審査の基準は金融機関によって異なるうえ、正式には公表されていません。しかし、一般的に審査に重要な項目は以下の3つになります。

  • ・申し込み者の属性
  • ・申し込み者の信用情報
  • ・申し込み者の勤務先へ在籍確認

審査項目:申し込み者の属性情報

申し込み者の年齢・住まい・仕事状況・家族状況・年収などのことを、カードローン業界では「属性」と言います。

金融機関側は、その属性情報を元にして、返済能力の有無を判断しています。一般的に属性審査で見られる項目を見ていきましょう。

詳細の内容や、どの項目を重要視するかは、金融機関によって変わってきます。しかし、上記の項目が審査の基準になっていることは、ほぼ間違いないと考えて良いでしょう。審査については以下の記事でも解説をしていますので、よければ参考にしてみてください。

Q.審査で重要とされる属性は?

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

返済能力の有無が重視されます


属性の審査では、「安定した収入があるか」「毎月継続して返済できるか」の2点、つまり、「返済能力の有無」が最も重要視されます。
具体的には、年齢、職業、雇用形態、勤務先、勤続年数、年収、収入形態、居住年数、居住形態、住宅ローンか家賃の負担額、家族構成、持っている電話の種類、健康保険の種類などの項目と、過去のその会社での利用履歴や個人信用情報機関への照会で得た他社の利用情報など、いわゆる信用情報と合わせ、総合的に判断します。

審査項目:申し込み者の信用情報

お金を借りたいと申し込みをしてきた人に対して行われる審査ですが、属性の審査は主に「日常生活の状況」を把握するためのものです。それに対して信用情報は「お金に関する情報」を把握するために行われます。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

銀行や消費者金融は、信用情報機関に加盟していなければなりません。日本に3つある信用情報機関では、個人のクレジットやローンの状況を全て把握しているのです。

カードローンに申し込みをした人の信用情報に問題がないかどうかを、必ず照会して確認しているのです。

指定信用情報機関CIC
CICは、主に消費者金融や信販会社(クレジットカード会社)で登録された信用情報を取り扱っています。信用情報機関の中で最も信用情報を管理しているのがCICです。そのため、まず情報を開示するのであれば、CICから開示するのが良いでしょう。
信用情報の保有期間
延滞|延滞解消から5年
自己破産|5年
申し込み|6ヶ月
契約・借入・返済|5年

日本信用情報機構JICC
JICCは、消費者金融や銀行など幅広い金融機関が加盟しており、信用情報機関の中では加盟数が多いのも特徴です。銀行に関しては、メガバンクは加盟しておらず、ネット銀行や地方銀行が中心となっています。
信用情報の保有期間
延滞|延滞解消から1年
自己破産・個人再生・任意整理|5年
申し込み|6ヶ月
契約・借入・返済|5年

全国銀行協会JBA
JBAは、銀行を中心に加盟する信用情報機関です。メガバンクや地方銀行、ネット銀行が加盟していますが、消費者金融や信販会社は加盟していません。その他にも信用金庫やろうきんといった機関も加盟しています。
信用情報の保有期間
延滞|延滞解消から5年
自己破産・個人再生|10年
申し込み|6ヶ月
契約・借入・返済|5年

ここで、既に他社からたくさんのお金を借りている人や、過去にローン返済の遅延などを起こした経験のある人は、審査に通りにくくなるという状況が発生します。

つまり、早くお金を借りたい場合でも、すぐに申し込みをするのではなく、お金周りを可能な限りキレイにしてから申し込む方がいいのです。借り入れ残高はできるだけ減らしておき、借り入れの件数も少なくしておく方が良いでしょう。

審査項目:勤務先への在籍確認

審査の過程の中で重要とされる1つが「勤務先への在籍確認」です。これは、申し込み者が本当にその職場で働いて給与をもらっているのかを確認するためです。中には、働いていないのに虚偽の申告をしてお金を借りようとする人が居るので、そうした事態を防ぐためです。

在籍確認は基本的に電話でおこなわれます(一部、書類のみでOKの金融機関も有り)。金融機関側が個人名で職場に電話をかけて、申込者が本当にその職場に在籍しているかどうかの確認をします。

在籍確認の電話は、早ければ1分もかからずに終了します。上記のような内容ですから、勤務先の人にキャッシングの利用が知られる可能性も低いと考えていいでしょう。

もちろん、申込者が勤務先にいる場合は、電話を代わってそれで終了です。想像している以上にアッサリ終わるので、あまり過度な心配をする必要もありません

審査にあたっての注意点

審査を受けるにあたって、いくつか注意すべき点がありますので、ここで確認しておきましょう。どうしてもお金を借りたいなら、どれも基本的な項目ばかりですので、申し込み時に意識してみてください。


3:初めて借りる?何度か借りている?

「お金を借りたい!」と思った時には、今の自分自身の状況をよく考えなければいけません。

例えば、初めてキャッシングを利用するのか、既に別の金融機関から借り入れをしているのか、今でなくても過去に借り入れや滞納の経験があるのか等で、とるべき行動は変わってきます。

初めてお金を借りるなら

これまでに金融機関からお金を借りたことの無い人は、どこでキャッシングをしたら良いのかも解らないかと思います。当然、いきなり消費者金融に足を踏み入れるのも緊張することでしょう。

初めての人はまず、大手カードローンの簡易借り入れ診断を受けてみましょう。簡単な入力項目を入れるだけで、お金を借りられるかどうかを即座に判定してくれます。いくつか紹介しますので、参考にしてみてください。

その後、良ければそのままPCもしくはスマートフォンから申し込みをしてみてください。

 簡易的な借り入れ診断 
プロミス公式ページ → 3秒診断
アイフル公式ページ → 1秒診断
SMBCモビット公式ページ → 10秒簡易審査

初めての人は大手カードローンがおすすめ

キャッシングサービスを提供している金融機関は、日本には数多く存在します。初心者の人は、最初はどこに申し込めばいいか分からないかもしれませんが、悩んだらまずは「アコム」「プロミス」といったCMなどで有名な大手を選びましょう。

CMなどで知名度の高いカードローンは、それだけ多くの人に選ばれています。選ばれている理由は、サービスの質が高く、安心して利用できるカードローンだからです。つまり、分からない場合は大手を選んでおけば失敗する可能性は低いのです。

借り換え・おまとめローンを検討中なら

既に他社からの借り入れをしていて、何らかの事情で借り換えを検討している人もいることでしょう。

もっと安い金利の金融機関に借り換えたい、一時的に無利息期間の使えるサービスを利用したい、複数の借り入れをひとつにまとめたいなど。状況に合わせて適切なキャッシングサービスを選びましょう。

おまとめ1
おまとめ2

こうすることで、高い金利で使っていたカードローンをやめ、安い金利のところに集中させることができます。返済日も集約されるので、精神的な負担も軽減されることでしょう。ただし、返済までの期間がダラダラと長くなってしまわないように注意が必要です。

キャッシング枠を増やしたいなら

既にキャッシングを利用している人で、自分の限度額までお金を借りてしまったとします。そんな人がお金を必要とした時にとる方法は「他社に借り入れを申し込む」「既に借りている所の限度額を増やす」かのどちらかです。

利用する側としては、既に利用しているカードローンを増枠する方が、気分的にも楽でしょう。しかし、増枠となると契約時と同様に「再審査」がおこなわれるケースがほとんどです。

 再審査で見られる項目 
✔ キャッシング利用期間
✔ 遅延の有無
✔ 勤務先や年収は変わってないか
✔ 住まいや家族状況は変わってないか
✔ 他社借り入れの状況

明確な基準は金融機関ごとに異なりますが、年収が下がったり、遅延があったり、他社借り入れが増えたりしていた場合は、増枠は難しいと考えた方が良いでしょう。

転職や引っ越しがあった場合には、それ含めての再審査になります。場合によっては在籍確認が再度おこなわれるケースもあります。

【参考】カードローンの増額を成功させる条件と適切な対処法

ブラックでもお金を借りたいなら

世の中では「ブラック」「ブラックリスト」と呼ばれている人達がいます。ブラックとは正式な名称ではありませんが、一般的には「どうしてもお金を借りたいのにどこからも借りられない」という状態のことを言います。

これは銀行や消費者金融からお金を借りられないだけでなく、クレジットカードが作れない、ローンも組めないという状態でもあります。ブラックには大きく分けて以下の2種類があります。

 ブラックになる可能性がある行為 
✔ 3ヶ月以上の長期延滞
✔ 債務整理(自己破産など)
✔ 代位弁済(保証人などに借金を返済してもらうこと)
✔ 短期間に複数の借り入れを申し込む
✔ 携帯料金の滞納(一定期間以上)
✔ 奨学金の滞納(一定期間以上)
✔ 公共料金の滞納(一定期間以上)

ブラックリスト入りするというのは、信用情報機関に事故情報が残るということです。1度でもブラックになってしまうと、どんなに早くても5年は記録が残ると言われています。

ブラックになると、銀行はもちろん大手の消費者金融でも、審査を通過するのは難しくなります。お金を借りたいと申し込みをしても、どこも貸してくれません。それこそ、街の雑居ビルの中にあるような怪しい中小の金融会社のみです。

そうしたところは、違法な金利を設定していたり、過剰な取り立てを実行していたりと、危険が伴う可能性が高くなります。絶対に利用しない方が良いと、覚えておいてください。

Q.入会審査に通る最低条件を教えてください

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

事故歴がなく4つの条件を満たせばOK


「安定収入と住所がある」「免許証など身分証明書がある」「信用情報機関に事故情報がない」「申し込み時に4社以上の借り入れがない」の条件を満たしていれば、その他によほどの問題が無ければ大丈夫です。
なお、信用情報機関には事故情報だけではなく、本人の属性、ローンなどの契約状況、借入や返済などの正常な取引状況も登録されています。これまで全くローンを使ったことがない、ブラックリストから解除されたばかり、などの理由で信用情報機関に利用履歴が全くない、いわゆるホワイトやスーパーホワイトと呼ばれる状態の方は、信用度を判断する材料が少ない為、審査にはむしろ不利になる傾向があります。

4:お金を借りたい時のシチュエーションは?

お金を借りるにあたっての「希望」があることと思います。今すぐ借りたい、誰にも会わずにお金を借りたい、電話連絡や郵送物は避けたい、カードや明細書を持ちたくない、そういった事情は誰にでもあるはずです。

また、お金はいつ必要になるか解りません。週末のデパートで欲しい物を発見した瞬間かもしれませんし、深夜に事故にあった瞬間かもしれません。「お金を借りたい!」と思った時がいつなのか、自分はどういうシチュエーションでお金を借りたいのか、そうした部分を見ていきましょう。

土日や深夜にお金を借りたい

お金を借りたいと思ったタイミングが土日や深夜だった場合でも、カードローンへの申し込みはWEBから24時間可能です。

「アコム」「プロミス」といった大手カードローンの審査受付は、土日でも夜までやっています。

深夜の時間は審査対応はしていませんが、夜のうちに申し込みをしておけば翌朝の早い時間に対応してくれます

審査通過の連絡が来たら、もういつでも契約OKということです。早めにお金が必要なら、最寄りの無人契約機へ行き、カードを受け取りましょう。カードが手に入れば、コンビニや銀行のATMで借り入れが可能になります。

店舗検索

自分の口座に振り込んで欲しい場合

自分の口座への振り込みキャッシングを希望する場合は、基本的には銀行が営業している時間でなければ融資はしてもらえません。申し込みはできますが、実際にお金が振りこまれるのは、銀行の営業時間が来た瞬間です。

例外として、この記事で紹介している中では、「プロミス」のみが土日深夜でも即座に振りこまれるサービスを提供しています。

 土日深夜でも振込対応可能な口座 
プロミス
・三井住友銀行の口座
・ジャパンネット銀行の口座

誰にも会わずにお金を借りたい

周りの誰かに知られたくない…
窓口の人と話すのも避けたい…

そんな人でも大丈夫。今のカードローンサービスは、基本的に誰にも会わずにお金を借りることができます。

「プロミス」「SMBCモビット」やといった大手の消費者金融は、WEBでの申し込みを強化している上に、全国に無人契約機を設置しています。WEBで申し込みをした後に、無人契約機に行けば、基本的に誰にも会わずに契約~借り入れまでを済ませることができます。無人契約機の中では、不明点はいつでも直通の担当オペレーターに聞く事ができます。

そうした金融機関は、「秘密で借りたい人」を大勢見てきています。申込者の気持ちは充分に解っていますので、そのうえで最善のアドバイスをしてくれます。借り入れの相談やキャッシングについての質問事項は、各公式ページからメールや電話で行いましょう。

秘密で借りたい人におすすめ
プロミス 金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
SMBCモビット 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:10秒簡易審査

職場への電話確認なしでお金を借りたい

お金を借りたい人は、審査に通過しなければいけません。その審査の過程の中で行われる「職場への電話確認」ですが、これに不安を感じている人は多いことでしょう。

できることなら電話連絡なしでお金を借りたい。そんな人にはSMBCモビットの「WEB完結」というサービスがオススメです。

 WEB完結の利用条件 
◇三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座を持っている
◇本人確認書類として運転免許証かパスポートがある
◇収入証明書として以下のどれかを提出できる
・源泉徴収票
・税額通知書
・所得証明書
・確定申告書
・直近2ヶ月分の給与明細書
◇勤務先確認書類として以下の2つを提出できる
・社会保険証もしくは組合保険証
・直近1ヶ月分の給与明細書

SMBCモビットのWEB完結なら、会社への電話連絡だけでなく、郵送物もなし、キャッシングのカードもなしにできます。

つまり、誰にも会わないどころか、家から1歩も出ない状態で、自分の口座にお金を振り込んでもらえるのです。これで、周囲に知られる可能性は激減することでしょう。

さらに詳しくは、SMBCモビット公式ページから「WEB完結」の項目を確認してみてください。


4-1:学生だけどお金を借りたい!

学生だけど銀行やカードローンでお金を借りたい!
学費や家賃がヤバイ!給料日までの生活費がない!

学生は何かとお金がかかります。学費・飲み会・教材代・家賃・就活の費用・車の免許・留学・卒業旅行など…。学校の授業があって、なかなかアルバイトの時間も多くは作れないでしょうから、お金に困るシーンも出てくることでしょう。

大学生、短大生、専門学生、大学院生など、それぞれの違いはありますが、学生がお金を借りたい場合は、どこで借りるのが正解なのでしょうか。

20歳未満の学生は学生ローンへ

今この記事を読んでいるあなたが18歳・19歳なら、残念ながら銀行や消費者金融でお金を借りることは難しいでしょう。日本では、未成年がお金を借りる場合には、親権者の同意が必要になります

未成年であった場合でも、親の同意があれば、学生ローンからお金を借りることができます。ただし、借りられる学生ローンと、借りられない学生ローンがありますので、注意が必要です。

【参考】
学生ローンのカレッジで借入れする前に確認すべき3つの点

20歳以上の学生はカードローンで

もしも現時点で20歳を超えているならば、社会人と同じように金融機関のカードローンでお金を借りることができます。

ただし、学生がお金を借りたいと思った場合、最低限「安定収入とみなされる仕事をしていること」が条件になります。カードローンでお金を借りたい場合、安定した収入があることが求められます。週に2回~3回のアルバイトでも良いので、とにかく仕事をしていることが条件です。


4-2:主婦だけどお金を借りたい!

旦那の給料だけじゃ生活がキツイ…
子供にかかるお金が多くて大変…

主婦の方で、お金の悩みを抱えているケースはけっこう多いもの。育児のお金、毎月の固定費、急な出費、リフレッシュのためのお金など、何かとお金が必要になる時があります。

貯金に余裕があれば話は別ですが、そうでない主婦の方で「借りる」という選択肢をとる人も少なくありません。

では、主婦がお金を借りたいと考えた時の申し込み先はどこになるのでしょうか。主婦は主婦でも、仕事をしている兼業主婦と、仕事をしていない専業主婦で、状況は少し変わってくるので、よく覚えておきましょう。

専業主婦は現実的にお金を借りるのは厳しい

仕事をしていない専業主婦は、残念ながらほとんどのカードローンでお金を借りることはできません。これは、貸金業法で定められている「総量規制」というものが影響してきます。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

専業主婦は、一般的に本人の収入がない立場とみなされるので、カードローンの申し込み対象外となるケースがほとんどです。仕事をしていない主婦という立場は、お金を借りるというシチュエーションでは不利になってしまうと覚えておきましょう。

パートなどで収入のある主婦はカードローン申し込みOK

パートやアルバイトをしている収入のある主婦ならば、カードローンへの申し込みはOKです。

カードローンの申し込み条件には「安定収入があること」が挙げられていますので、パートやアルバイトでお給料をもらっている主婦ならば、それを満たすと判断されます。

ただし、正社員や契約社員として働いている人に比べると審査に通る可能性が低い点と、審査に通った場合でも借りられる限度額は少なめになる点は注意が必要です。


4-3:無職だけどお金を借りたい!

無職で仕事がないけどお金を借りたい
失業中だけど貯金がヤバイ、借りたい

無職の人は実質の収入がないことになりますから、お金がないという状況になりやすいのも当然の話です。銀行や消費者金融でお金を借りる場合、本人もしくは配偶者に安定した収入があることが条件になります。では、無職の人がお金を借りたい時には、どうしたら良いのでしょうか。

無職にお金を貸す金融機関は危険

ハッキリ言って、無職の人にお金を貸してくれる金融機関は、ブラックの人にお金を貸すような違法な業者である可能性が極めて高いと言えます。

ウッカリそんな所でお金を借りてしまったら、冗談ではなく人生がメチャクチャになってしまいます。

違法な金利・違法な取り立て・身内や職場への電話連絡・深夜の訪問・張り紙や恫喝など、手段を選ばない方法でプレッシャーをかけてきます。「無職にも貸します」と謳っている金融機関には、絶対に近づいてはいけません

無職でお金を借りたいなら仕事に就くしかない

結論から言うと、無職の人がお金を借りたい場合は、無職の状態を脱出するしか方法はありません。週に2回のコンビニアルバイトでも、1日3時間のスーパーの品出しでも良いので、まずは何かしらの仕事に就きましょう。

仕事にさえ就いていれば、カードローンでお金を借りられる可能性はグっと上がります。無職の状態では、お金を借りられる可能性は限りなくゼロに近いので、雲泥の差があります。

5:多くの人に選ばれている金融機関

お金を借りるにあたって重要なことは、自分にとって適切な借り入れ先を選ぶことです。

銀行にせよ消費者金融にせよ、まったく同じ条件でキャッシングをしている金融機関はありません。金利・審査・使いやすさ・企業規模など、選ぶ基準をきちんと設けておきましょう。

使いやすさに定評あり「アイフル」

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利 4.5~17.8% 審査 最短30分
限度額 最大500万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

三井住友銀行グループ「SMBCモビット」

SMBCモビット
三井住友銀行グループの会社なので、安心感が大きいカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 公式サイト参照
限度額 最大800万円 融資 最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。


また、実際に利用している人の評価や口コミ情報なども参考にしてみるといいでしょう。とくに、初めてお金を借りる人はチェックしておくことをおすすめします。以下より確認してみてください。

▶▶アイフルの評価・口コミ情報
▶▶プロミスの評価・口コミ情報
▶▶SMBCモビットの評価・口コミ情報


6:お金を借りたい人が絶対に覚えておくべきこと

今の時代は、お金を借りたい人にとっては非常に便利な世の中です。キャッシングカードを持っていれば、街中やコンビニのATMでいつでもお金を借りることができます。PCやスマートホンから申し込みをすれば、いつでも指定の口座に振り込んでくれます。金利も時代とともに下がっています。

しかし、お金を借りるハードルは下がっても、借りたお金はきちんと返済しないといけません。手軽に借りられるようになった反面、忘れてはいけないこともあります。その点を確認していきましょう。

【1】返済計画を立てる

「お金がなくなったら借りればいい」という意識を持っていると、小さな買い物やお誘いがあった時にでも、躊躇なく借りるようになってしまいます。そうなってしまうと非常に危険です。

足りないお金はいくらで、毎月の給料日にはいくら余裕ができて、利息を含めた返済額はいくらで・・・。そうした返済計画をきちんと立てた上で、お金を借りるべきだと言えます。

「プロミス」(年利17.8%)で、10万円を借りて半年で完済する際の、返済スケジュールです。このように、月々の返せる額をきちんと把握して、計画通りにキャッシングをおこなうことが重要です。もちろん、返済期間の最中に新たにキャッシングをすると、計画は立て直しになってしまいます。計画的に借りて、計画的に返済しましょう。

【2】キャッシングに頼りすぎはNG

キャッシング歴の浅い人は、カードが手に入ると「こんなに簡単にお金が借りられる!」という錯覚に陥ってしまいます。そうなると、財布にお金が無くなったら、すぐにキャッシングをするという悪循環にハマってしまいます。

キャッシングに頼るのは、本当に困った時だけにしましょう。元金が増えると、その分だけ返済する利息も増えるということを忘れてはいけません。

【まとめ】お金を借りたい!と思った時こそ適切な判断を

生活費がない!
とにかくお金を借りたい!

そんな状況になった時、人によっては頭の中がパニックになって、冷静な判断ができなくなってしまいます。

お金を借りるハードルが下がっている今の時代だからこそ、損をしないために正しい知識を身につけなければいけません。キャッシング初心者であれば、なおさらです。

何も知らないままで街中の金融会社に足を踏み入れようものなら、大変なことになってしまうかもしれません。

【重要】大手の消費者金融を利用しよう!

世の中には、大手から中小まで沢山の金融機関が存在します。どのキャッシングサービスを利用するのが適切なのか、納得いくまで比較してみてください。

この記事で紹介したキャッシングサービスは、誰もが知っている大手の企業です。利用者も多く、信頼度も利便性も高いものばかりなので、ぜひ利用を検討してみてください。マネット編集部が自信を持っておすすめします。

おすすめカードローン
アコム 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス 金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
アイフル 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
SMBCモビット 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:10秒簡易審査

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る