即日キャッシングできる最短30分審査の会社と筆者が申し込んだ結果【土日・夜間の借り入れも解説】

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

  1. 基礎知識:銀行で即日キャッシングはできない
  2. 即日でキャッシングが必要なら最短の審査時間に着目
  3. 自動契約機を使った即日キャッシング
  4. 口座振り込みで行う即日キャッシング
  5. 土日・夜間の即日キャッシング
  6. さいごに:即日で利用できるキャッシングを紹介

この記事の要点

  • 銀行で即日キャッシングはできない
  • 消費者金融の自動契約機を使えば即日でカード入手・ATMキャッシングできる
  • 振り込みキャッシングは銀行営業時間内しか使えない

基礎知識:銀行で即日キャッシングはできない

「借り入れ」に対する不安から、銀行カードローンの利用を考える方は多いはず。

しかし、即日キャッシングが必要な状況であるなら、銀行カードローンは不適切なのでご注意ください。

どれだけスムーズに手続きを進めても、銀行カードローンで即日キャッシングはできません。

どの銀行カードローンも審査で2営業日以上を要する

どの銀行も、カードローンの審査には2営業日以上を要します。

つまり、入会申し込みをしてからお金を借りられるようになるまでには、丸一日以上かかってしまうのです。

お金を借りるときは、いつまでにいくら用意できるかを念頭に、適切な申込先を選ぶ必要があります。
緊急時においては、いくら安心感が大きい銀行も、避けるべき選択肢となってしまうのです。

地方銀行の場合は借入までに1週間以上かかることも

最短2営業日で審査が完了するのは、ある程度規模が大きい銀行です。

地方銀行のカードローンについては、審査だけでなくローンカードの郵送にも時間がかかり、申し込みから借入までに1週間~10日程度要するケースも珍しくありません。

普段から口座を使っている銀行のカードローンは、選択肢に挙がりやすいものかと思います。
しかし、即日キャッシングが必要な方は、あえて異なる選択肢に目を向けてください。

即日でキャッシングが必要なら最短の審査時間に着目

今日・明日中にキャッシングしたい。そういった状況で、手元にキャッシング可能なカードが無ければ、審査時間が短く手続きが早く終わる会社に目を向けるべきです。

なぜなら、キャッシング(企業・金融機関からの借り入れ)をするには、必ず審査を受ける必要があり、その所要時間は会社によって大きく異なるからです。

審査時間が最短30分のカードローンが即日でキャッシングしやすい

結論から言うと、即日でキャッシングできる可能性が高いのは、最短30分で審査可能と公言している会社です。

もちろん、あくまでも「最短」なので、誰でも30分で審査が終わるわけではありません。

しかし、そういった会社は、どれだけ遅くなっても数日以内に審査結果を通知してくれる傾向にあるのです。

審査が早いキャッシングは金利が高い
審査が最短30分で完了するキャッシングは、主に消費者金融が提供しています。
消費者金融は、銀行よりも金利が割高に設定されているので、利息負担が比較的に大きくなってしまうことには注意してください。

実際の審査時間には個人差がある

では、審査時間にはどれくらいの個人差が生まれるのか?
ここで、マネットに寄せられた口コミの中から、審査時間についてコメントされているものを紹介します。

Male

30代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 300-499万円 / 目的: 生活費

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.5

本当に審査が早くて、申し込んで一時間以内にはお金が借りられていたことです。収入証明書も不必要だったことです。

Male

30代 / 男性 / 職業: アルバイト / 年収: 100-299万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
full star
full star
non star
non star
3.0

審査が早いのが良いところです。あと即実融資も余裕でできるところが良いと思います。簡単にキャッシングできるのも良いところ。

Male

30代 / 男性 / 職業: 派遣社員 / 年収: 300-499万円 / 目的: 学費

ユーザー評価
full star
half star
non star
non star
non star
1.5

自動契約機で手続きをしたが、すごく待たされた。審査に2時間くらいかかり、そのあとの手続きもあったので、店内で暇だった。 事前にネット申し込みできるみたいなので、そうしておけばよかった。

Female

30代 / 女性 / 職業: フリーランス / 年収: 300-499万円 / 目的: 住宅費

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.3

正直に申し上げて、審査、遅かったです。源泉徴収票の提出も要求されたのですが、それを用意するのに手間取り、結局4日間も待たされてしまいました。口コミには即日融資できたと書いてあったのに、残念です。

ご覧の通り、すぐに終わったという方も居れば、何日も待たされてしまったという方もいるのが実情です。

審査が長引く人は申し込み時に問題があるケースが多い
例えば、申し込みフォームに誤入力があったり、提出する書類に不備があったりすると、手続きが正しく進まないために余計な時間をとられてしまいます。
実際、そういった申し込み時のミスが原因で審査が長引く人も少なくありません。

筆者が申し込んだ結果を公開

ちなみに、筆者自身もいくつかのキャッシング・カードローンを利用した経験があります。

それぞれ、公式サイトに記載されている「最短の審査時間」と、実際に申し込んだ際の所要時間には差がありました。

下記で一覧にまとめたので、参考にしてみてください。

商品 審査時間
公式情報 筆者が申込んだ結果
アコム 最短30分 約120分
アイフル 最短30分 約40分
プロミス 最短30分 約120分
SMBCモビット 最短30分 約180分
レイクALSA 最短30分 約60分
ダイレクトワン 最短即日 -
みずほ銀行
カードローン
最短2営業日 -
三井住友銀行
カードローン
最短2営業日 3日間
三菱UFJ銀行
バンクイック
最短2営業日 -
じぶん銀行
じぶんローン
最短2営業日 2日間
りそな銀行
りそなカードローン
最短2営業日 -
※申し込みの時間帯によっては翌営業日以降の対応となります。
※正式な審査結果の通知は、本人書類ご提出後となります。
※即日融資をご希望の場合、平日14時までのお申込みと本人確認書類の確認の完了が必要です。また、審査によりご希望に沿えない場合がございます。
筆者のコメント

本当に30分で審査が終わるとは思わない方が良い

公式サイトに記載されているのは、あくまでも「最短時間」です。
少なくとも私の場合、実際に申し込んで、本当に30分で審査が終わったキャッシングは1つもありません。
「最短30分」というのは「即日キャッシングしやすいかどうかの目安」くらいに思っておいた方がいいですね。

自動契約機を使った即日キャッシング

即日キャッシングの方法は大きく2つありますが、そのうち一つが自動契約機を使ったものです。

自動契約機とは、キャッシングに関する申し込み・契約・カード発行手続きなどが行える無人の店舗を指します。

一般的な自動契約機8~9時頃から開店し、夜間21~22時頃まで営業しています。
また、無人であるため、土日祝日であっても稼働しているので、来店の手間がかかるものの柔軟性が高い手段と言えるでしょう。

メリット
  • 土日や夜間もカードを受け取れる
  • カードを使ってコンビニでもキャッシングできる
  • ATM稼働時間内ならいつでもキャッシングできる
デメリット
  • 来店に手間がかかる
  • 先客がいると他店舗を探す手間がかかる

自動契約機を使えばカードの即日発行ができる

自動契約にはカード発行機能があり、審査さえ通過していればいつでもローンカードを受け取れるようになっています。

つまり、即日で審査が終わっていれば、高確率でカードの即日発行ができるのです。

カードはコンビニでも利用できる
大手のキャッシング会社が提供しているカードは、基本的にコンビニに設置されている提携ATMでも利用できます。
メンテナンス中でなければ、コンビニのATMは夜間でも利用できるので、即日利用を希望している人にとって非常に便利な存在と言えるでしょう。

カード発行までの最短ルートを紹介

ちなみに、自動契約機でカードを受け取る特に効率的な方法は、下記の通りです。

  1. 公式サイトからネット申し込み
  2. 審査結果通知メールの受け取り
  3. 契約方法で「窓口」を選択
  4. 自動契約機に来店
  5. ローンカードを発行

ポイントは、ネット申込をすること。
自動契約機でも申し込み手続きができますが、それでは店舗での拘束時間が長引くので、人によってはつらい思いをしてしまうでしょう。

ネット申込をしておけば、審査の結果が出てから来店すればいいので、余裕を持った行動ができます。

本人確認書類の持参を忘れないように
自動契約機でカード発行を行う際は、必ず本人確認書類の提出を求められます。
申し込み時に提出したもので良いので、自動車運転免許証のような身分証明書を必ず持参してください。

大手キャッシング5社の自動契約機を紹介

自動契約機を設置しているのは、大手キャッシング会社です。
店内の様子や契約機そのものには会社によって違いがあるので、こちらで一斉に紹介します。

アコムの自動契約機(むじんくん)

アコムの自動契約機(むじんくん)

アコムは、全国で最初に自動契約機を設置した消費者金融です。

自動契約機(むじんくん)が設置されている店内は、多くの場合で薄暗く、また機械のディスプレイがブラウン管なので、あまり長居したくはないような雰囲気となっています。

とはいえ、手続きは画面案内の沿って行えば楽ですし、オペレーターも丁寧な案内をしてくれるので、安心してご利用いただけるでしょう。

筆者のコメント

鍵が閉まったとき、びっくりしました

アコムの自動契約機は、手続きが開始されるとドアの鍵が自動で閉まります。
カード発行のためにディスプレイをタッチした瞬間、背後で鍵が閉まる音がしたときは驚きましたね。
ただ、それくらいプライバシー保護のための仕組みが整っている、ということでもあります。今思えば、安心して手続きできる環境でした。

プロミスの自動契約機

プロミスの自動契約機

プロミスは、全国トップクラスに自動契約機の設置台数が多い消費者金融です。

立地にも依りますが、プロミスの店舗は総じて清潔感があり、また比較的に広々としているます。

画面操作も、案内が丁寧なので迷うことなく行えることでしょう。

筆者のコメント

居心地の良さはトップクラスかと思います

筆者は都内で50店舗以上の自動契約機を巡っていますが、プロミスの店舗はいずれも居心地が良いという印象でした。
基本的に、ある程度スペースに「ゆとり」があるので、手続きの最中に圧迫感を覚えることはほとんど無いと思います。
清潔感もあるので、女性の方にとっても安心ではないでしょうか?

アイフルの無人契約ルーム

アイフルの無人契約ルーム

アイフルの無人契約ルームには、他消費者金融の自動契約機のようなディスプレイがありません。

室内には電話・手続き用の書類・筆記用具・カード発行機・スキャナーが置かれているだけで、申し込み等はそれらを用いて行います。

筆者のコメント

殺風景の一言に尽きます

アイフルの無人契約ルームは、とにかく殺風景です。店内には、机・書類ボックス・カード発行機・スキャナーだけで、他消費者金融の店舗のようなテレビ電話はありません。
ちなみに、無人契約ルームは「自動契約機」ではなく、手続きは基本的に書類を用いて行います。
これが非常に手間でして、個人的には、アイフルを利用するなら店舗を利用するのは避けた方が良いと思っています。

SMBCモビットのローン申込機

SMBCモビットのローン申込機

SMBCモビットのローン申込機は、厳密に言うと自動契約機ではありません。

あくまでも「お申込み」「カード発行」ができる機械なので、ご利用の方は、後日自宅に届く郵送物に含まれている「契約書類」の返送を忘れないでください。

筆者のコメント

滞在時間が特に短かったです

SMBCモビットのローン申込機は、契約機ではないので申し込みとカード発行にしか使えません。
不便に思えるかもしれませんが、実は申し込み・カード発行がとてもスピーディーに行えるので、店舗での滞在時間は特に短くなっているのです。
正直に言って、大手消費者金融5社の中では最もストレスフリーな店舗でした。

レイクALSAの自動契約機

レイクALSAの自動契約機

レイクALSAの店舗は、自動契約機そのものだけでなく、椅子の座り心地やテーブルの清潔感までにも配慮が行き届いています。

それ以外に、アコムやプロミスと比較して目立った特徴はありませんが、設備の清潔感が気になる方にとっては適切な自動契約機と言えるでしょう。

筆者のコメント

とにかく、店内がキレイ

レイクALSAの自動契約機は、大手消費者金融5社の中で最もキレイです。
契約機そのものだけでなく、内装・椅子やテーブルも非常に清潔感があり、個人的には気持ちよく操作できました。
また、契約機のディスプレイが大きめなので、表示されている内容もわかりやすかった印象です。
正直、消費者金融(お金を借りる店舗)というイメージが沸かない場所でした。
最寄りの自動契約機を探す

口座振り込みで行う即日キャッシング

もうひとつの「即日キャッシングの方法」は、口座への振り込みによる貸し付けを利用したものです。

最短30分で審査可能なキャッシングであれば、基本的に顧客が指定した口座に入金してくれるので、口座開設の手間もなくスピーディーな利用を期待できるでしょう。

メリット
  • 口座の残高不足を直接解消できる
  • スマホを操作するだけでキャッシングできる
  • カードレスでキャッシングできる
デメリット
  • タイミングによっては翌営業日のキャッシングとなる

会員ページにログインして振り込みを申請

振り込みキャッシングは、下記いずれかの方法で申請することが一般的です。

  • 会員ページの機能を利用して振り込み依頼
  • 電話で担当者に直接振り込み依頼

このうち、会員ページの機能を利用した方法であれば、スマホ上の操作で24時間いつでも依頼できるため、非常に楽だと思います。

ただし、振り込み依頼そのものは簡単にできますが、時間帯については注意が必要です。

タイムリミットは平日15時

振り込みキャッシングは、原則として銀行営業時間内しか利用できません。

実際に貸付金の振り込みを行うのは銀行なので、平日15時を過ぎると翌営業日まで待つことになるのです。

筆者のコメント

よほど緊急事態でなければ振り込みキャッシングがおすすめ

何が何でも当日中にお金が必要、といった緊急事態であれば、自動契約機でカードを発行した方が良いでしょう。
しかし、「即日」と言いつつ数日の余裕がある人であれば、基本的に振り込みキャッシングがおすすめです。
来店の手間がかかりませんし、何よりカードレスなので誰かにキャッシングの瞬間を見られることがありません。

振り込みキャッシングまでの最短ルートを紹介

振り込みで即日キャッシングをするなら、入会手続きで時間を無駄にするわけにはいきませんよね。

ここで、最短ルートを確認しておきましょう。

  1. 公式サイトからネット申し込み
  2. 審査結果通知メールの受け取り
  3. ネット上で契約・希望額の振り込みを依頼
  4. 振込先口座の登録
  5. 入金を確認

即日利用も可能な大手のキャッシングであれば、基本的に入会手続きの段階で最初の振り込み依頼ができます。

平日15時までに正式な契約が終了すれば、即日キャッシングできる可能性は十分でしょう。

タイミングによっては数日間待たされる
例えば、3連休の直前にキャッシングを申し込み、契約が15時以降となったとします。
この場合、振り込みキャッシングを依頼すると、4日後の営業日まで待たされることになるのです。
タイミングによっては何日も待たされるので、ご注意ください。

一部の消費者金融は24時間365日いつでも振り込みキャッシングできる

先に答えを言いますが、アコムプロミスは特定の銀行口座を持っている場合に限り、24時間365日いつでも振り込みキャッシングができるようになります。

キャッシング 必要な銀行口座
アコム 楽天銀行
プロミス 三井住友銀行
or
ジャパンネット銀行

土日・夜間の即日キャッシング

銀行が営業していない夜間・休日(土日祝日)については、即日キャッシングの方法が限定されています。

ここまでに解説した「即日キャッシングの方法」の振り返りも兼ねて、適切なやり方を見ていきましょう。

方法1:自動契約機を利用してキャッシング

まず、土日・夜間に「どうしてもすぐキャッシングしたい」となったら、基本的に自動契約機の利用を視野に入れておいてください。

前述の通り、銀行が営業していない時間帯は振り込みによる即日キャッシングはできません。

つまり、カードを使ってATMキャッシングをするしかなく、そのためには自動契約機で即日カード発行をする必要があるのです。

付近に自動契約機があるキャッシングを選ぼう
カードの即日発行が必要なら、付近に自動契約機があるかどうかを基準にキャッシングを選んでください。
店舗を見つけたら、時間がある内にネット申し込みをしておきましょう。 審査さえ終わっていれば、カードは20分程度で入手できるので、時間に余裕を持ちやすくなります。

方法2:指定口座がある場合は振り込みキャッシング

前述した通り、楽天銀行の口座を持っていればアコムで、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座を持っていればプロミスで、24時間365日振り込みキャッシングができるようになります。

もし、いずれかの口座を持っているなら、ぜひアコム・プロミスでの即日キャッシングを検討してください。

さいごに:即日で利用できるキャッシングを紹介

いかがでしょうか?
ここまで、即日キャッシングの条件と具体的な方法を解説してきました。

どのような方法をとるにせよ、まずは適切なキャッシング選びが重要です。
最後に、即日キャッシングに適した会社を紹介して終わりましょう。

筆者のコメント

ここで紹介するのは筆者が即日キャッシングに成功した会社です

冒頭でもお伝えしましたが、筆者自身もキャッシング利用者です。
その経験をもとに、少なくとも私が即日利用できたキャッシングを一挙紹介します。
アコム
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
  • すぐお金が必要な方におすすめ
  • 初めてのお借入れにおすすめ
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
プロミス
限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間
  • スマホでお借入れ可能
  • 20代・30代の方から人気
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
アイフル
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
  • 内緒で借りたい方におすすめ
  • 銀行振込で借りたい方におすすめ
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
SMBCモビット
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 公式サイト参照
融資 最短即日
  • 三井住友銀行グループの会社
  • WEB完結なら電話連絡なし
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
レイクALSA
限度額 最大500万円
金利 4.5~18.0%
審査 最短15秒※1
融資 最短60分※2
  • コンビニ提携ATM手数料が無料
  • 5万円以下の借入は180日間無利息
公式サイト
※1.申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。最短15秒は、お申込みから審査結果表示までです。
※2.Web上でお申込みいただいた方に限ります。

即日審査に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る