即日融資できるカードローン特集|今から60分でお金を借りる方法とコツ

2018年05月10日更新

Teduka
この記事のアドバイザ
元 銀行員
地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

 この記事で分かること… 
  • カードローンで即日融資を受けるための方法
  • あなたにピッタリのカードローン
  • 即日融資を成功させるためのコツ

街中やテレビCMなどで「即日融資」「最短30分審査」といった表現を見かけたことがあるかもしれません。言葉の意味は何となく分かると思いますが、実際どのカードローンを選べば即日でお金を借りることができるのか分からない人も多いでしょう。

また、借入方法や具体的な流れもカードローンを初めて利用する人には難しい部分が多いです。

この記事では、カードローンを即日で利用するために必要な知識と、どのカードローンを選択すべきなのか状況・条件別に紹介していきます。

 もくじ

即日融資可能なカードローン一覧

まず、即日融資に対応しているカードローンを一覧で紹介します。既にカードローンを利用したことがあり、申し込みから融資までの流れ・注意すべきポイントなどを熟知しているという人は、そのまま申し込みをしてしまいましょう。

カードローンを初めて利用するという人は、即決せずに「即日融資できるカードローンって、こんなにあるんだ」くらいの気持ちで見てください。

大手消費者金融

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でトップクラス!
30日分の利息が基本的にゼロ円!
最短60分で借りられる!
 公式サイトへ▶ 

 プロミスSMBCコンシューマーファイナンス
金利 
限度額
審査 
融資 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
:最短1時間
他消費者金融よりも金利が安くてお得!
銀行閉店後も最短10秒で振込可能!※1
30日分の利息が完全ゼロ円!※2
 公式サイトへ▶ 

※1:三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要です
※2:メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です

 アイフルアイフル株式会社
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短即日
30日分の利息が基本的にゼロ円!
郵送物が届く時間を指定できる!
 公式サイトへ▶ 

 SMBCモビット三井住友銀行グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:10秒簡易審査
:最短即日
公式サイトで10秒簡易審査が受けられる!
WEB完結申し込みなら完全電話連絡なし!
 公式サイトへ▶ 

※申し込みの時間・曜日によっては翌日以降の対応となります。

中小消費者金融

商品名金利即日融資の方法
フクホー7.3~18.0%即日振込
いつも7.0~18.0%即日振込
キャレント7.8~18.0%即日振込
スカイオフィス15.0~20.0%即日振込
アルコシステム15.0~20.0%即日振込
Aruku(アルク)10.0~18.0%即日振込
アロー15.0~19.94%即日振込
エス・ジー・ファイナンス6.8~18.0%即日振込
ユニーファイナンス12.0~17.95%即日カード発行(来店契約のみ)
セントラル4.8~18.0%即日振込
ライオンズリース9.8~20.0%即日振込
キャネット15.0~20.0%即日振込
エイワ10万円未満融資:19.9436%
10万円以上融資:17.9507%
対面融資(店頭契約のみ)
関東信販フリーローン16.98%即日振込
ニチデン7.3~17.52%即日振込
スペース8.0~20.0%即日振込
ビアイジ15.0~18.0%即日振込
プログレス15.0~20.0%即日振込
ダイレクトワン4.9~20.0%即日カード発行(来店契約のみ)
ノーローン4.9~18.0%即日振込
即日カード発行(自動契約機)
アストローン14.9285~
17.9215%
店頭契約で手渡し
グットファイナンス10.0~20.0%店頭契約で手渡し
ベルーナノーティス4.5~18.0%即日振込

信販系カードローン

セディナカードローン
金利上限18.0%
限度額1万円~200万円(新規申込は上限50万円まで)
審査時間最短即日
即日振込
即日カード発行最短即日発送
≫公式サイトはこちら

VIPローンカード
金利1.7%~16.8%
限度額最高800万円
審査時間最短60分
即日振込
即日カード発行
≫公式サイトはこちら

ビジネス向けカードローン

VIPローンカードBUSINESS
金利6.0%~17.8%
限度額最高500万円
審査時間最短60分
即日振込
即日カード発行
≫公式サイトはこちら

【注意!】銀行カードローンは即日融資できない

銀行カードローンの審査は、保証会社がほとんど行っていました。

申込者が銀行に申し込みをし、銀行はその申込情報を保証会社に送る。保証会社がOKといえば、銀行は審査に通過した旨を申込者に伝えるだけ。このようなシステムで運営されていたのです。

しかし、2018年の1月から銀行カードローンの審査方式が変わり、保証会社に任せるだけでなく銀行も独自の審査を行うようになりました。各銀行は預金保険機構と警察庁データベースを繋ぎ、申込者が反社会的勢力と関わっていないかなどを調べます。

警察庁データベースの照会結果が返ってくるまで、1日~2週間程度かかるので、即日融資はどれだけ申込時間や審査時間を短縮しても、物理的に不可能なのです。

即日審査に騙されてはいけない!

どのカードローンにしようか迷っているときに、即日審査という言葉を見かけたことがあるかもしれません。即日審査と書いているので、「今日中に審査してくれる」=「今日中にお金を借りられる」と勘違いしてしまう人もいるので気をつけてください。

即日審査でも即日融資できるとは限りません。例えば、即日審査でもローンカードの郵送に数日かかったりするのです。

また、即日審査は必ず即日中に審査するという意味ではありません。「最短即日で審査を結果をお知らせします」という意味です。つまり審査に数日かかることも当然あります。

そのため、カードローンで即日融資を希望するのであれば、審査が最短30分と公式ホームページに記載されているカードローンを選択しましょう。


即日融資できるカードローンのメリット・デメリット

申し込んだその日から利用できるのが、即日融資可能なカードローンの特長ですが、メリットがあればデメリットもあります。

時間に余裕のないときは、デメリットをないがしろにしがちです。理解を深めておく意味でも、カードローンの申し込みを進める前に確認してください。

メリット

即日融資できるカードローンのメリットは、主に以下の3点です。

メリット
  • スマホやPCから簡単に申し込みできる
  • 緊急事態にもすぐに対応できる
  • 限度額の範囲内であれば、自由にお金を借りられる

急に入院費が必要になったり、結婚式のご祝儀代が足りなかったり、クレジットカードや公共料金の支払いが厳しいといった緊急事態でも、申し込み時間が深夜でなければ最短60分で解決できるのが魅力です。

また、定められた限度額の範囲内であれば、コンビニATMなどで自由にお金を借りることができるので、急にお金が必要になったときでも、財布にローンカードさえ入っていれば問題ありません。

デメリット

即日融資できるカードローンのスピード性や高い利便性の裏には、以下のようなデメリットも隠れています。

デメリット
  • 金利が少し高めに設定されている
  • 簡単に借りられるので、癖になる可能性がある
  • 郵送物などを気をつけていないと周りの人にバレる

特に重要なのが、簡単に借りられるので、癖になる可能性があることです。カードローンはコンビニのATMでお金を借りることもできるので、自分の預金口座からお金を引き出しているような感覚で利用できてしまいます。

そのため、お金を借りているという意識すら忘れてしまう危険性も否定できません。常に自分のお金ではないことを意識し、早めに完済する努力をしないと気づかない間に、多額の借金を背負ってしまうので気を付けてください。


カードローンは時間によって即日融資の方法が限定される

カードローンに申し込みをしてから、融資を即日で受けるまでは以下のような流れになっています。

STEP2までは一緒の流れですが、STEP3から2つに分岐します。これはローンカードを発行してATMでお金を借りる自分の口座に直接お金を振り込んでもらうという2通りの借入方法があるからです。

審査に通過して契約した時間によっては、好きな借入方法を選択できます。しかし銀行の営業時間を過ぎるとカード発行という選択肢を取るしかありません。

現在時刻が「9時~13時」の場合

9to13

現在の時間が朝9時~13時であるなら、カード発行・口座振込のどちらも選択することができます。

口座振込で即日融資を受けるためには、銀行の営業時間内に契約を完了させ、振込依頼をしなければなりません。カードローンは申し込みから最短60分で利用できるので、13時までに申し込みをすれば理論上は口座振込で即日融資が可能です。

しかし、申し込み者が多かったり、審査に時間がかかったりすると最短時間で契約まで至らないかもしれません。そのため、どうしても即日融資を希望するのであれば、13時ギリギリではなく早めに申し込みをするか、カード発行も可能なカードローンを選択しましょう。

現在時刻が「13時~21時」の場合

13to21

現在時刻が13時~21時の場合、カード発行で即日融資を受ける方法に限定して考えるほうが、即日融資の可能性を高めることができるでしょう。13時半に申し込みをして、口座振込にギリギリ間に合うかの賭けに出ることはおすすめしません。

カードを即日で発行するには、WEBで申し込みをした後に、無人契約機に受け取りに行くのが一般的に早いと言われています。大手消費者金融の無人契約機は週末も含めて22時まで営業しています(一部例外あり)。

遅くても21時までに申し込みをして、無人契約機に向かいましょう。基本的に、中小消費者金融と信販系のカードローンは無人契約機を設置していません。そのため、13時を過ぎてしまったら大手消費者金融の中から自分に適したカードローンを選びましょう。

現在時刻が「21時~9時」の場合

From21

深夜になって急にお金が必要になった場合、いかなるカードローンも審査を実施していないので、翌日まで待たなければいけません。カードローンの審査は早くても翌朝9時以降にはなってしまいますが、申し込みは各社とも24時間対応しています。

申し込み順に審査をおこなうのが一般的なので、なるべく早く申し込んでおけば、翌朝すぐに対応してもらえるでしょう。

21時以降だったとしても、スマホやPCから申し込みだけは済ませておいてください。

この場合、即日振込・カード発行のいずれの方法も選択することができます。


カードローンで即日融資を成功させるためのコツ

カードローンで即日融資を成功させるためにはコツが要ります。

カードローンでお金を借りるためには、どんな場合でも申し込み手続きをしなければなりません。さらに、審査にも通過しなければいけません。その過程をいかにスムーズに済ませるかが、即日融資を実現できるかどうかの鍵になります。

必要書類は事前に準備しておく

カードローンを利用するには、申し込み者が本人かどうか確認できる書類が必要になります。運転免許証やパスポートといった公的な書類があれば大丈夫です。

なるべく、顔写真付きの書類が望ましいと言われています。相手の顔が見えると信頼度が増しますし、顔写真付きの書類はカードローン以外の場面でも本人確認書類として仕様されているからです。

この書類の提出が無いと、審査がそこで停止してしまうので、「本人確認書類を提出してください」と言われたら、すぐに送信出来るようにしておきましょう。送信の方法は、スマホであればアップロードするだけなので誰でも簡単に出来るので安心してください。

50万円以上を借りるなら収入証明書が必要

50万円以上の高額融資を希望する場合は、収入を証明する書類が別途必要になります。また、他のカードローンからの借入の合計額が100万円を超える場合などにも収入証明書を提出しなければいけません。

収入証明書の例
  • 給与の支払明細書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書類等

  • ※要件を満たしていれば、書面の名称は問われません。詳しくは、貸金業者にお問い合わせ下さい。

どのような書類を提出しなければいけないかは各カードローンによって異なるので、収入証明書の提出を求められそうだなと思ったら、WEBから申し込みを済ませた後、公式ホームページを確認しておきましょう。

他社借入がある場合は、正確な借入金額を調べておこう

カードローンの申し込みフォームには、他社からの借入金額を記入する欄があります。

「多分、このくらいだろう」と適当に記入したり、審査に通過したいからと現状の借入金額より少ない金額を記入したりして、実際の借入額と異なっていると審査に良い影響を与えません。

審査では、必ず信用情報機関にて申込者の信用情報を確認します。信用情報とは、クレジットカードや各ローンの使用履歴や返済状況などの情報のことです。この信用情報には、現在どこでいくら借りているかということも記載されています。

申し込みフォームに入力した借入金額と信用情報に記載されている金額が大きく異なっている場合、虚偽の申告をしていると判断され、即日融資どころか審査に落ちてしまう可能性もあるのです。

他社からすでに借りている人は、自分が現在いくら借りているのかという正確な状況を把握してから申し込みましょう。

借入希望額は必要最低限で申告する

申し込みフォームには、「いくら借りたい」という希望金額を書く欄もあります。そこに記入された金額を貸しても、返済が滞りなく行われるかどうかという視点で審査を行うのです。

そのため、多めに借入希望額を申告してしまうと、審査基準が金額に比例して上がります。つまり、金額が多ければ多いほど、審査は慎重に行われるので、時間がかかると思ってください。必要な金額だけを記入するという大前提は絶対に忘れないようにしましょう。

また、借入希望額よりも多めの限度額を設定されることがほとんどです。限度額とは、この金額までなら貸しても返済に問題が無いとカードローン側が判断した金額のことをいいます。借入希望額は10万円なのに、限度額は50万円を設定されたなんてことも珍しくありません。これはカードローン側としては多く借りてくれた方が利息分で設けられるという事情も関係しています。

したがって、あなたに返済する能力させあれば、必要最低限の金額を記入するだけで、限度額は多めに設定され、審査時間が無駄に長引くこともないのです。


即日融資できるカードローンの審査について

カードローンを利用するためには絶対に審査を通過しなければなりません。審査と言われても、どのように審査が行われているのか全く想像できないでしょう。

カードローンの審査には、スコアリング審査を用いる仮審査と信用情報の照会と在籍確認という本審査の2工程があります。それぞれ、どのような審査内容なのか、審査に通過するためのポイントなどを紹介していきましょう。

スコアリング審査

申し込みフォームに記入された各項目にコンピューターが点数を付けます。点数が一定以上ならば審査通過。一定以下なら審査に落ちるというわけです。

具体的には以下のような項目に点数を付けています。

 スコアリング審査の各項目 
年齢
未成年ではない。高齢すぎない。申し込み条件に合致していれば大丈夫!
年収
希望額の3倍程度あれば、問題ありません。
雇用形態
正社員や公務員といった収入が安定している雇用形態だと審査において高評価です。
勤続年数
勤続年数が長いほど好評に繋がります。3ヶ月以上あると良いでしょう。
他社借入件数
他のカードローンを利用している件数です。少ないほど高評価になります。
他社借入金額
他のカードローンで借りている合計金額です。少ないほど高評価になります。

信用情報の照会

信用情報とはクレジットカードや各種ローンの金銭にまつわる利用履歴や返済状況といった情報のことです。信用情報は日本に3つしかない信用情報機関で保管されていて、カードローンに限らず、クレジットカードや住宅ローンなどを組む際にも必ず確認されます。

信用情報の中で特に重要なのが、過去に返済遅延や滞納をしていないかどうかです。61日以上または3ヶ月以上返済が滞ると、信用情報に”異動”と表記されます。この異動が信用情報に記載されている人のことを、一般的にブラックと呼んでいるのです。

ブラックだと、いかなるカードローンの審査にも通過することはできません。長期延滞した履歴がある人に融資し、貸し倒れてしまうのを防ぐためです。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

在籍確認

在籍確認は、本当に申告された会社で働いているのか勤務実態を確かめるために行われます。審査が最短30分の即日融資可能なカードローンは貸金業法の総量規制というルールを守らなけれなりません。

総量規制とは、年収の1/3以内までしか融資を行うことができないとカードローン側に課されたルールのことをいいます。もし、無職の人が正社員で働いていると嘘の内容を申告していた場合、カードローン側にも責任が問われる事態になるので、その危険性を回避するために在籍確認を行うのです。

在籍確認は基本的に勤務先の会社に電話をかけるという方法で行われます。ただ、カードローンとは名乗らずに、個人名を名乗るので、会社の同僚にカードローンに申し込みをしたことがバレる可能性はほとんど無いので安心してください。


即日融資におすすめのカードローン

即日融資を希望するのであれば、借入方法が即日振込・カード発行どちらにも対応しているカードローンを選択しましょう。仮に審査が長引いてしまい、契約するタイミングが銀行の営業時間外になったとしても、カードを即日発行できればその日に融資してもらえるからです。

また、「審査が最短30分」と公表するカードローンを選ぶのも大切なポイントになります。「審査が最短即日」などの広告は、あくまでも審査が即日対応なだけです。

お急ぎの人は、今日中に融資を受けられる可能性が高いカードローンを選択しましょう。

Q.即日融資できるカードローンを選ぶポイントは?

Teduka

元 銀行員|手塚大輔

審査時間が早く即日カード発行


即日融資に対応したカードローンを選択する1つ目のポイントは「審査時間が早いこと」です。
審査に時間がかかりすぎる場合には即日融資が難しくなりますので、最短30分審査回答というカードローンを選択しましょう。
また、自動契約機で即日カード発行ができることも重要です。
振込融資は14時くらいまでに契約完了しないと即日融資に間に合いませんが、カード発行を受ければコンビニATMなどで夜間でも即日融資を受けられるためです。

アコム

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利3.0~18.0%審査時間最短30分
限度額最大800万円融資時間最短1時間
コンビニ

※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコムの無人契約機(むじんくん)は全国に1,000店舗以上あります。首都圏に住んでいる人はもちろんのこと、地方に住んでいる人でも、生活圏内に1つはアコムのむじんくんがあるでしょう。

むじんくんの営業時間も8時から22時まで(一部店舗を除きます)と、朝から晩まで稼働しています。

このように、アコムはどのような時間・場面でも対応できる柔軟性を持っているので1位に推薦しました。

公式サイトへ

プロミス

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利4.5~17.8%審査時間最短30分
限度額最大500万円融資時間最短1時間
コンビニ

※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミスはアコムに次ぐ利用者数で、テレビCMで見たことがある人も多いでしょう。

プロミスが人気の理由の1つにWEB完結があります。WEB完結とは、申し込みから契約までを全てWEB上で済ませることが出来るサービスのことです。このWEB完結を利用すると、本来なら自宅に届く郵送物がWEB上で管理できます。家族や同居人にカードローンを利用しているのがバレたくないという人にオススメです。

また、アプリローンという最新のサービスも充実しています。これはセブンイレブンのATM限定ではあるものの、スマホのQRコードをかざすだけでお金を借りられるサービスです。新しいもの好きの人にはピッタリのカードローンでしょう。

公式サイトへ

アイフル

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利3.0~18.0%審査時間最短30分
限度額最大800万円融資時間最短1時間
コンビニ

※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフルは自宅への郵送物を回避できないものの、配達時間を指定できるサービスを行っています。

1人暮らしの人にとっては、あまり関係ありませんが、家族や同居人と暮らしている人にとっては嬉しいサービスでしょう。

また、アイフルはインターネットから申し込みをした後、フリーダイヤル「0120-337-137」に電話することで審査にかかる時間を短縮してくれます。フリーダイヤルの受付時間は9:00~21:00なので、注意してください。

公式サイトへ

即日融資できるカードローン3社を比較

お急ぎの方におすすめの消費者金融を3社紹介しましたが、どのカードローンを選べばいいか迷っている人もいるでしょう。

各カードローンによって提供するサービスは異なるので、「これがおすすめ商品です」と一概には言えません。しかし、即日融資という視点で見た際には、比較すべきポイントは限られてきます。

1:即日振込の締め切り時間

アコム

金融機関曜日受付時間振込実施の目安
楽天銀行月曜〜日曜・祝日0:10〜23:50受付完了から1分程度
ゆうちょ銀行月曜〜金曜0:10〜9:00当日 正午頃
9:00〜14:00当日 17:00まで
14:00〜23:50翌営業日 正午頃
土・日・祝日0:10〜23:50翌営業日 正午頃
銀行・信用金庫月曜〜金曜0:10〜9:00当日 9:30頃
9:00〜14:30受付完了から1分程度
14:30〜23:50翌営業日 9:30頃
土・日・祝日0:10〜23:50翌営業日 9:30頃

アコムは楽天銀行の口座を持っていれば、平日・土日・祝日を問わず、ほとんど24時間振込をしてもらえます。しかも、受付から1分程度というスピード感も嬉しいところです。

プロミス

金融機関曜日受付時間振込実施の目安
三井住友銀行月〜金0:00~24:00
24時間受付
瞬フリ
受付完了から10秒程度
土・日・祝日
ジャパンネット銀行月〜金0:00~24:00
24時間受付
瞬フリ
受付完了から10秒程度
土・日・祝日
その他銀行月〜金0:00~9:00当日9:30頃
9:00~14:50振込キャッシング
受付完了から10秒程度
14:50~24:00翌営業日9:30頃
土・日・祝日0:00~24:00翌営業日9:30頃

プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、24時間いつでも受付から10秒で振込をしてくれる「瞬フリ」というサービスを行っています。アコムの1分程度を大きく上回るスピード性ですが、10秒も1分もさほど変わりません。

アイフル

金融機関曜日受付時間振込実施の目安
銀行(例外なし)月〜金~14:10当日中
14:10~翌営業日
土・日・祝日終日翌営業日

アコム・プロミスが銀行のグループ会社であるのに対して、アイフルは完全に独立したカードローンなので、銀行との連携はよくありません。即日振込を希望するのであれば、アコムかプロミスを利用しましょう。

2:無人契約機

即日振込ではなく、即日カード発行を考えている人は、無人契約機でカードローンを比較してみましょう。

無人契約機の営業時間

金融機関曜日営業時間
アコム年中無休(年末年始は除く)8:00~22:00
プロミス年中無休(年末年始は除く)9:00~22:00
アイフル年中無休(年末年始は除く)8:00~22:00

プロミスの営業開始時間だけ少し遅いですが、基本的には22時まで営業しています。ただし、地域や場所によって営業時間が異なるので、申し込みを済ませてから下記のページで無人契約機の場所と営業時間を確認してください。

▼スマホかPCで申し込み後に検索▼


土日でも即日融資できるカードローン

土日や祝日でも即日融資できるカードローンはあります。

しかし、土日・祝日とはいえ審査は必ず行われるので、在籍確認が取れるかどうかが大きな鍵になります。また、基本的に特定の銀行口座を持たなければ、カード発行をするしか即日融資の方法が無いので、注意してください。

在籍確認が土日に即日融資を受ける鍵

カードローンの審査は土日でも行われています。土日だから審査方式が変わることはありません。したがって、在籍確認も曜日に関係なく行われます。

在籍確認は、誰か電話に出てくれさえすれば大丈夫です。つまり本人が職場にいる必要性はありません。

「◯◯はお休みを頂いております」と同僚が伝えてくれれば、それで在籍確認が取れたことになるのです。したがって、誰も電話に出ないと在籍確認が取れたことにならないので、翌営業日まで審査は保留となり、即日融資できません。

職場に誰かしらいるのであれば、平日と同様に審査が最短30分のカードローンに申し込みましょう。

土日で職場に誰もいない場合でも即日融資する方法

在籍確認の方法は会社への電話連絡が一般的です。しかし、在籍確認の目的は勤務実態を確認すること。つまり働いていることさえ分かれば、電話以外の方法でも良いのです。

SMBCモビットのWEB完結なら会社への電話連絡無し

SMBCモビット
三井住友銀行グループの会社なので、安心感が大きいカードローン!
金利3.0~18.0%審査時間公式サイト参照
限度額最大800万円融資時間最短即日
コンビニ

※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビットのWEB完結ならば、会社への電話連絡がありません。しかし、WEB完結を利用するには以下の条件を満たす必要があります。

三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の口座があり、社名入りの保険証または収入証明書を提出できる方のみが、WEB完結を利用できるのです。

条件を満たせるならWEB完結!

WEB完結を利用すれば、誰にもバレません。
三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の口座があり、社名入りの保険証または収入証明書を提出できる方は、迷わずWEB完結を利用してください。
WEB完結で申し込む▶

アコムは相談次第で書類提出に変更できる

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利3.0~18.0%審査時間最短30分
限度額最大800万円融資時間最短1時間
コンビニ

※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコムはオペレーターの対応が丁寧なことで有名なカードローンです。土日にどうしても即日融資を受けたいという、あなたの希望にも柔軟に対応してくれることでしょう。

その場合、在籍確認の方法を電話から書類提出に変更してくれるはずです。収入証明書や給与明細の提出を在籍確認として求められるので、あらかじめ用意しておくと、時間を無駄にせず契約まで完了できます。


低金利の即日融資できるカードローン

金利は3%~18%のように幅をもたせて設定してありますが、初回は上限の18%が適応されるということ覚えておいてください。

幅をもたせてある理由は、利息制限法という法律で借入額に対して上限金額が定められているからです。例えば、100万円以上を借りる場合(100万円以上の限度額が設定される)は上限金利は15%以下でなければなりません。

 利息制限法

金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
 元本の額が10万円未満の場合 年2割
 元本の額が10万円以上100万円未満の場合 年1割8分
 元本の額が100万円以上の場合 年1割5分

カードローンの限度額は800万円や1000万円と高額になるので、金利も幅をもたせて表記しているのです。金利でカードローンを比較したい場合は上限金利に注目するということは覚えておいてください。

即日融資が可能で、上限金利が低いカードローンは以下のとおりです。

VIPローンカード
金利1.7%~16.8%
限度額最高800万円
即日振込
即日カード発行
≫公式サイトはこちら

関東信販フリーローン
金利16.98%
限度額最大99万円
即日振込
即日カード発行
≫公式サイトはこちら

ニチデン
金利7.3~17.52%
限度額最大50万円
即日振込
即日カード発行
≫公式サイトはこちら

【注意!】本当に間に合いますか?

上記で紹介した3社は、いずれも即日カード発行出来ません。したがって、即日融資の方法は必然的に即日振込に限定されます。

上限金利が3社の中で最も低いVIPローンの場合、平日14:30までに契約を済ませれば即日振込してもらえます。しかし、VIPローンは審査回答が最短60分なので、余裕を持つには午前中には申し込みをしていなければ間に合わないでしょう。

金利は少し高くなりますが、即日振込・即日カード発行のいずれの方法も選択でき、初回の利用ならば30日間無利息で利用できるカードローンの方が危険な賭けに出るよりもオススメです。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利4.5~17.8%審査時間最短30分
限度額最大500万円融資時間最短1時間
コンビニ

※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。


【条件別】おすすめのカードローン

「学生でも利用できる即日融資可能なカードローンはある?」
「主婦だけど即日でカードローンを利用したい」
「無職ってカードローン利用できる?」

このような疑問は少なからずあるでしょう。サービス・金利・限度額など他社と比較するところが多く、どのカードローンを選択すればいいか迷ってしまうことも仕方ありません。

そこで、属性や条件別にオススメのカードローンを紹介します。

学生

未成年は学生ローンで即日融資!

カードローンは20歳を超えていないと申し込みできません。しかし、学生であれば学生ローンという代案があります。限度額が低かったり、融資の方法が即日振込に限定されるというデメリットがあるものの、未成年の学生はカードローンを利用できないので致し方無いでしょう。

商品実質年率即日融資の方法
カレッジ15.0~17.0%即日振込/即日カード発行(来店のみ)
マルイ15.0~17.0%即日振込
アイシーローン10.0~20.0%即日振込・来店
学生ローン フレンド田(DEN)15.0~17.0%即日振込

20歳以上は知名度のあるカードローンがおすすめ!

20歳を超えているのであれば、カードローンに申し込めます。ただ、中小消費者金融など知名度の無いカードローンを利用するのは不安も大きいでしょうし、使い勝手もよくありません。

その点、アコムやプロミスといったCMでもお馴染みのカードローンは知名度もあり、コンビニのATMでお金を借りられて返済もできるので、学生でも利用しやすいはずです。もちろん、申し込みをしてから即日での利用もできます。

20歳以上の学生におすすめのカードローン
アコム
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス
金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分

フリーター

カードローンの利用に雇用形態は問われません。アルバイトで生計を立てていたとしても、安定して収入を稼いでいるのであれば大丈夫です。

「安定して」というのは毎月の返済が問題なく行えるようにと捉えてください。したがって、今月は3万円だけど来月は10万円のように収入に大きな波があると、審査に不利になります。逆に、フリーターでも勤続年数が長ければ審査に有利に働くのです。

少なくとも毎月25,000円程度の収入があれば、審査で門前払いを食らう可能性は減るはずです。しかし、年収の1/3しか融資を受けることができないので、このくらいの月収では審査に通過することができても与えられる限度額は、かなり低い金額になってしまいます。

借りたい金額に自分の年収が達しているかを考えて、申し込みフォームの借入希望額を記入しましょう。

フリーターにおすすめのカードローン
アコム
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
アイフルレディース
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分

派遣社員

派遣社員の人がカードローンを利用する場合は、在籍確認に注意してください。アコム・プロミス・アイフルは、勤務先ではなく派遣元に電話がいきます。そのため、実際に勤務している職場にカードローンの利用がバレることは無いでしょう。

しかし、プライバシーの都合などから、派遣元担当者が「申込者が登録しているかどうか」を返答してくれないケースも、考えられなくはありません。

最も簡単な解決策は、派遣元の担当者に在籍確認の電話がある旨を伝えておくことです。 本人都合で電話連絡が入ることを説明しておけば、基本的に派遣元も柔軟な対応をしてくれるでしょう。

派遣元にカードローンの利用がバレたくないという人は、会社への電話連絡を回避する方法を模索しましょう。

派遣社員におすすめカードローン
SMBCモビット
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
アコム
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分

主婦

専業主婦は配偶者貸付を利用

専業主婦は自らの収入がないので、貸金業法を遵守しなければならないカードローンは利用できません。ただし、中には配偶者貸付という方法を使えば利用できるカードローンもあります。

配偶者貸付とは、収入のない専業主婦(主夫)が配偶者の同意の元で借入を行える制度のことです。

 専業主婦/主夫が借入れを行うにはどうすればいいのでしょうか?

専業主婦/主夫は、総量規制の例外として、配偶者と合算して、(二人分の)借入れが(二人分の)年収の3分の1まで借入れを行うことができます。ただし、そのためには、配偶者の「同意書」、配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票又は戸籍抄本。事実上の婚姻関係の場合、住民票(続柄に、「夫(未届)」、「妻(未届)」など、未届の配偶者である旨の記載があるもの))、(一定金額以上の場合)配偶者の年収を証明する書類を提出する必要があります。

この配偶者貸付を行っているカードローンは年々減少しているので、注意してください。

また、銀行カードローンは銀行法によって運営されているので、専業主婦でも理論上は利用できます。しかし、銀行カードローンの自主規制の流れがあるので、専業主婦の利用規制も拡大傾向にあるようです。

パートをしている主婦はレディースローンがおすすめ!

パートをしている主婦(主夫)はレディースローンを利用しましょう。レディースローンとは、女性限定のカードローンです。金利や貸付条件といった基本情報か通常のカードローンと変わりませんが、電話対応が女性スタッフという違いがあります。

男性から電話がかかってくるのが怖い。女性の方が話しやすい。このような人にオススメなのがレディースローンです。

おすすめレディースローン
アイフルレディース
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミスレディース
金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分

個人事業主

カードローンの借入目的は自由ですが、事業資金には利用してはいけないことになっています。そのため、事業資金を融資して欲しい個人事業主は、ビジネスローンを利用しましょう。

提出書類は法人の場合、代表者本人を確認する書類、登記事項証明書、決算書原則2期分が必要です。また、来店する必要がなく、WEBから申し込むことができます。

VIPローンカードBUSINESS
金利6.0%~17.8%
限度額最高500万円
審査時間最短60分
即日振込
即日カード発行
≫公式サイトはこちら

年金受給者

年金以外の収入が無い人

年金以外の収入がなく、預金と年収だけで生活をしているという人は貸金業法の基で運営されているカードローンは利用できません。年金による収入は貸金業法で定義されている年収に含まれず、年収=0円とみなされるからです。

年金による収入がない人でも借りられる可能性があるのは、銀行カードローンだけです。しかし、自主規制の影響で貸付条件を厳しくしている銀行カードローンも多く、選択肢はかなり少ないと考えていいでしょう。

年金以外の収入がある人

年金以外の収入があれば即日融資もできるカードローンに申し込みが可能です。ただし、年齢には注意してください。

アコムやプロミスといったカードローンは、満69歳までしか申し込みすることができません。そのため、69歳を超えていて、即日融資を希望する場合は中小消費者金融を利用するしかないので注意してください。

年金受給者におすすめカードローン
アコム
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス
金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
アイフル
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分

無職

カードローンにおいて無職とは、定職についていないことではありません。アルバイトやパートを含め、働いておらず完全に収入が無い状態のことをいいます。

「金融機関からお金を借りる=正社員でなければならない」という誤解をしている人が多くいますが、その認識は間違っています。

もし、無職の状態ならばアルバイトでも何でも構わないので、仕事を始めましょう。「勤務初日に申し込んでも審査落ちする」と断言はできません。
しかし、3ヶ月以上働いてから申し込めば、審査を通過できる可能性はグッと上がります。

ブラック

現在、信用情報が傷ついている(ブラック)人は、ブラックになるきっかけの金融事故がいつ起こったのかによって、カードローンを利用できるかどうか決まります。

返済を3ヶ月以上滞納した場合、完済から5年経てばブラック化した信用情報がクリアになるので、時期が曖昧な人は専門機関に問い合わせてみてください。

手数料が1,000円かかるものの、スマホから簡単に情報開示を請求できるので、不安な人はやってみる価値ありです。また、思い込みブラックという可能性も否定出来ません。

債務整理や自己破産といったブラック確定の金融事故を起こしていれば、思い込みではないと判断できます。

しかし、返済遅延が原因だとすれば、思い込みブラックの可能性は十分考えられるでしょう。

信用情報は今後のライフプランにも大きな影響を与えるので、この機会に自分の状態を確認しておくのも1つの手です。

借り換え

すでにカードローンを利用している人で借り換えを検討している人もいるでしょう。借り換えとは1社または複数社から借りているお金を、金利の低い金融機関で新たに借りて、返済負担を軽くすることをいいます。

借り換えの場合は即日にこだわる必要性がほとんどありません。アコムやアイフルの借り換えローンは即日融資が可能ですが、上限金利は高めに設定されています。

借り換えは低金利のカードローンを新たな借入先に設定できないと、あまり得にならないので、時間が多少かかっても金利の低い銀行カードローンの中から選択すべきです。

借り換えにおすすめカードローン
じぶんローン
金利 
限度額
審査 
:2.2~17.5%
:最大800万円
:ー


即日融資できるカードローンの審査は甘い?

甘くありません!

即日融資できるカードローンは、審査時間が最短30分であることが多く、審査が甘いと誤解されがちです。インターネット上には、「審査が甘いカードローン」のような特集ページや個人ブログが出回っていて、審査が甘いカードローンはあると勘違いをしてしまうのも無理はないでしょう。

しかし、カードローンの審査が甘いはずはありません。カードローン会社側が恐れていることは貸し倒れ。つまり、貸したお金が返ってこないことです。利益どころか貸したお金がそのまま損失額となるので、貸し倒れを避けるために審査を行い、融資を行っても問題ない人か見極めています。

したがって、カードローンの審査を甘くすることはカードローンにとってマイナスでしか無く、そんなことをするわけがないのです。ただし、審査基準は各カードローンで異なります。そのため、A社で審査に落ちたのにB社では審査に通過したという現象が起きて、B社は審査が甘いという誤情報が生まれるのです。


【注意】闇金融は甘い言葉で誘惑してくる

カードローンを検索している中で、「在籍確認なし」・「審査なし」といった広告を目にした人もいるかもしれません。

在籍確認や審査をせずに融資をする金融機関は闇金融です。違法な金利を設定し、返済が遅れたら暴力も辞さない取り立てを闇金融は平然と行います。

初めてカードローンを利用するという人は、知名度が高いカードローンを選ぶ傾向にあるので、闇金融に引っかかる可能性は少ないです。しかし、すでにカードローンを利用していて、審査に不安を感じている場合は注意してください。

どうしても緊急で借入しなければいけない人の、弱っているところに付け込むのが、闇金融の手口です。

在籍確認なしの即日融資カードローンは無い

在籍確認はカードローンを利用する上で、絶対に通過しなければいけない審査の1つです。そのため、「在籍確認なしでお金を貸します」といった広告で顧客を集めている金融会社は闇金融と考えて間違いありません。

在籍確認は申し込み者の勤務実態を知るために行われる非常に重要な審査です。

まともな金融機関が在籍確認を行わないはずがありません。会社への電話連絡をなくしたいという人はSMBCモビットのWEB完結か、アコムに申込みをしてから担当者へ相談してみましょう。

審査なしで即日借り入れできるカードローンも無い

在籍確認と同様、審査なしのカードローンもありえません。審査を行わない=誰でも借りられるということです。

返済能力がない人に貸してしまっても、「強制的に取り立てをすればいい」と闇金融は審査なしでお金を貸したりします。闇金融から一度でも借入してしまうと、その後には辛い返済生活が待っています。


まとめ

即日融資できるカードローンについて解説しました。即日融資できるカードローンを選ぶ上で重要なポイントを、おさらいしておきましょう。

ここがポイント!
・契約の時間によって、即日融資の方法は限定される
・即日振込だけに対応しているカードローンは賭け
・審査が最短30分のカードローンがおすすめ!
・カード発行が即日で可能なカードローンがおすすめ!

上記のポイントに気を付けておけば、申し込み時間が深夜にでもならない限り、即日融資の可能性は十分にあります。あとは、あなたにお好みのカードローンを選びましょう。

各カードローンで提携している銀行も異なり、どのカードローンを選択するかは人それぞれです。金利やサービスなどを比較してみて、「これ!」というカードローンを探してみてください。

マネットがおすすめのカードローン
アコム
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス
金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
アイフル
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • ■本サイトのご利用に関する注意事項
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

ページトップに戻る