福岡中央銀行のカードローンで審査落ちする5つの原因と今できる対処法

2018年10月30日更新

Takazawa
この記事のアドバイザ
短期大学の秘書課程を卒業後、信用金庫で1年7ヶ月間勤務、カードローン審査のサポート業務を担当。金融事務全般も担当し、オペレーターとして数多くのお客様に対応した。第二種証券外務員資格を所有している、金融商品取引のプロ。

 この記事はこんな人向け 
  • 今月どうしてもお金が必要…
  • 口座がある福中銀のカードローン使おう!
  • まさかの審査落ちで借りられない…

福岡中央銀行カードローンは、まとまったお金を借入できる便利なサービスですが、審査落ちしてしまう人もいます。

どのような原因で審査落ちしてしまったのか分からない人は、この記事を参考にしていきましょう。

福岡中央銀行カードローンの商品概要

The Prime(ザ プライム)
金利 年3.0%~年14.5%
限度額 1,000万円
貸付条件 ・申込時の年齢が満20歳以上69歳以下の方
・安定した収入がある方
(パート、アルバイト、専業主婦、年金受給者も利用可能)
・当行の営業エリアに勤務または居住されている方
※専業主婦の方は、配偶者に収入があることが条件となります
※当行で住宅ローンをご利用いただいている方は年0.5%引き下げます

福岡中央銀行のカードローン「The Prime(ザ プライム)」は、営業エリアに在住もしくは在勤の方のみが対象の借入サービスです。

最大限度額は1,000万円とかなり高めに設定されていますが、10万円程度の少額融資にも対応しています。

さらに、3.0%~14.5%という銀行ならではの低金利が魅力的で、知名度の高いメガバンクにも引けを取りません。

住宅ローン取得者が圧倒的に有利

さらに、福岡中央銀行で住宅ローンを組んでいる方は0.5%の金利優遇があるので、より多くのメリットが得られます。

条件に当てはまる人にとっては、メガバンクに匹敵する銀行カードローンと言えるでしょう。

福岡中央銀行カードローンの審査システム

低金利が非常に魅力的な福岡中央銀行カードローンですが、申し込んだからと言って誰でも審査通過できる訳ではありません。

福岡中央銀行側から具体的な通過基準は公表されていませんが、申込者全員を審査して融資の可否を決めているのです。

返済能力が足りなければ審査落ち…

福岡中央銀行カードローンの審査に通過できるのは、月々の返済を問題なく続けられる人だけです。

カードローンの申し込み時によく目にする「返済能力」と呼ばれる要素が不足していると、一切借り入れできません。

例えば、同じ企業に長年勤めており、クレジットカードの支払い等も遅延なく対応していれば、問題なく通過できる可能性はありますが、実際には審査落ちしている人も少なからずいます。

審査の大半は信販会社が担当している

実のところ、審査は福岡中央銀行がすべてを担当しているわけではありません

審査行程のほとんどは保証会社である「株式会社オリエントコーポレーション」が担当しています。

 保証会社とは

提携金融機関にお客さまが個人向け無担保ローンの申込みをした際、 金融機関における申込審査ののち当社が保証会社として保証審査を行い、その結果を踏まえて金融機関がお客さまに融資を行っています。 お客さまの返済が難しくなった場合には当社が金融機関に対してお客さまに代わり弁済を行う仕組みとなっています。

つまり、株式会社オリエントコーポレーションが「返済能力なし」と判断した時点で、福岡中央銀行カードローンは利用できないのです。

返済能力をスコアリング審査で数値化

保証会社である株式会社オリエントコーポレーションは、スコアリングシステムを用いて、申込者の返済能力を数値化しています。

 スコアリングとは

統計的モデル(一定のロジック)に基づいて、個人または企業の信用度を点数化(スコアリング化)し、与信可否を迅速かつ中立的に判断するシステムのことをいいます。
=中略=
具体的には、カードの入会審査(初期与信)では、顧客の属性(年齢・年収・勤務先・勤続年数・居住状況等)や個人信用情報機関の個人信用情報を解析してスコアリング化し、またカード発行後の審査(途上与信)では、利用状況や支払状況をスコアリング化します。

スコアリング審査はコンピューターによる自動システムなので、基準を満たせていなければどんな人でも審査落ちしてしまうのです。

福岡中央銀行カードローンで審査落ちする5つの原因

福岡中央銀行カードローンの審査基準が非公開である以上、なぜ自分が否決になったのかを具体的に知ることはできません。

しかし、審査落ちした原因はある程度絞り込めます。自分がなぜ審査落ちしたのか、下記の5つを確認してみてください。

審査落ちの原因1|虚偽申し込み

申し込みの際にあってはならないのが、審査に不利な情報を隠すために「虚偽情報」を入力・提出する行為です。

多少の誤入力程度なら、訂正を求められるだけですが、明らかな虚偽申し込みが発覚すれば、詐欺の恐れがあるとして当然審査落ちします。

※ここに注意※
勤務先に関する虚偽は必ずバレます
すでに退職した勤務先を申告したり、架空の社名で申込んだりしても、その嘘は必ずバレてしまいます。
こういった虚偽は明らかに不正申し込みとみなされ、審査落ちするだけでなく二度と申し込み直せなくなる恐れもあるでしょう。

審査落ちの原因2|安定していない収入

福岡中央銀行のカードローンに申し込む際、収入が不安定と判断された場合も審査落ちします。

安定収入は、返済能力の有無を確認するのに必須要素です。具体的には、下記に記載する要素などを確認されます。

安定収入を確認するポイント
  • 勤続期間の長さ
  • 雇用形態
  • 業種/職種
  • 会社規模
  • 現在の年収金額

特に重要なのは勤続期間で、いくら年収が高かったとしても転職して1ヶ月も経っていない状況では、収入の安定性が低いと見なされ、審査落ちする可能性があります。

審査落ちの原因3|多すぎる他社借入

福岡中央銀行のカードローン審査では、申込者の他社借入状況も重要です。

他社の借入件数や金額があまりにも多すぎると、返済困難な多重債務者であると見なされる可能性があります。

特に下記のような場合は、審査通過が困難になると考えておいてください。

審査に不利な借入状況
年収に対して借入金額が多すぎる
4社以上から同時に借り入れしている

審査落ちの原因4|複数社への同時申込

申し込みブラックとは

あまり知られていませんが、借入件数だけでなく他社への申込件数も審査落ちに繫がる可能性があります。

具体的な件数は公表されていませんが、一般的に1ヶ月以内に4社以上に同時申込している人は、審査落ちになる可能性があるのです。

同時申込している人は多重債務状態になる可能性を危惧され、一定期間はどのローン審査も通過できません。

審査落ちの原因5|信用情報に傷がある

福岡中央銀行カードローンの審査では、信用情報から過去におこなった金融取引状況も確認されます。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

信用情報内に「金融事故情報」があると、その時点で返済に対する態度に問題があると判断され、審査落ちは免れません。

特に、株式会社オリエントコーポレーションが審査を担当している他社カードローンやクレジットカードでトラブルがあった場合、審査通過は厳しいと考えておきましょう。

※以上の条件を満たしている場合であっても、審査に落ちる可能性があるので、注意してください。また、実際の審査基準は公開されていないため、弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。

審査落ちしたけどすぐにお金が必要な人は…

審査落ちしたけどお金が必要…
今月の支払いが迫っている…
どうしても借り入れしないと…

福岡中央銀行のカードローンで審査落ちしてしまったものの、それでもお金を準備しなければいけない人はいます。

そんな人は、福岡中央銀行のカードローンだけでなく他の選択肢も検討してみてはいかがでしょうか?

同じカードローンへの申し込みは一定期間不可…

福岡中央銀行のカードローンに再度申し込もうと考えるかもしれませんが、一定期間は受け付けてもらえません。

残念ですが、福邦銀行で審査落ちしてしまった人は、再申し込みを諦めましょう。

Q.審査落ちした金融機関に再申し込みできる?

Takazawa

元 信用金庫職員|高澤志保

一定期間は再申し込みしても受け付けてもらえません


福岡中央銀行カードローンで審査落ちした場合、すぐに同じカードローンに申し込むことはできません。

申し込み内容のスコアリングと信用情報機関の信用情報によってコンピューターで審査しているため、再度申し込んでも全く同じ結果が出るためです。

通常は6ヶ月以上経過後に再申し込み可能となっているところが多いですが、6ヶ月後に同じ経済状態であれば、審査に通る可能性は残念ながら低いでしょう。

他のカードローンに申し込み直すのも選択肢の1つ

例えば、福岡中央銀行以外のカードローンを利用するという選択肢もあります。

審査というのは、各金融機関ごとに個別の基準で行われているため、1社利用できなかったからといって全てのカードローンで同じ結果になるとは限らないのです。

消費者金融のカードローンに目を向けてみる

他の金融機関を検討する際は、大手消費者金融のカードローンにも目を向けてみてください。

もちろん、消費者金融も厳正な審査を行っているので、必ずしもお金を借りられるわけではありません。

しかし、銀行と消費者金融では審査の仕組みが違うため、異なる結果がでる可能性は十分にあるのです。

大手消費者金融は成約率を公開しています

大手消費者金融の中には、投資家向けのIR情報として成約率を公開しているものがあります。

例えば、代表的な大手消費者金融のひとつであるアコムの成約率は、 44.8%です。参考:アコム『DATE BOOK』

確かに審査落ちしている人もいますが、沢山の方がお金を借りられているのも事実。改めて申し込み先を選ぶ際は、こういった点も参考にしてみましょう。

最短で即日融資してもらえるメリットも!

福岡中央銀行で審査落ちしてしまった人も、大手消費者金融のカードローンを使えば今からでもお金を用意できる可能性は十分あるでしょう。

銀行カードローンを検討していた方にとっては不安が残るかもしれませんが、大手消費者金融には以下のようなメリットがあります。

最短1時間で借りられる
大手消費者金融のカードローンなら、基本的に申し込みした日のうちにお金を借りられます。特にWEB申し込みを利用すれば、最短1時間で融資してもらうことも可能です。

おすすめのカードローンはこちら

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利 4.5~17.8% 審査 最短30分
限度額 最大500万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

福岡中央銀行のカードローン「ザ・プライム」は、魅力的な条件が揃った借入サービスですが、審査落ちてしまうと利用できません。

万が一審査落ちしてしまった人は、なぜ否決になってしまったのか、その原因を振り返ってみてください。

審査落ちしてしまう原因を再確認
虚偽申し込み
収入が安定していない
他社からの借入が多すぎる
複数社へ同時に申し込み
過去5年間に生じた金融事故

特に大きな問題がなかった人は、他の選択肢にも目を向けてみましょう。

最短で今日・明日中に金銭問題を解消できる可能性もあるので、記事中で紹介したカードローンも検討してみてはいかがでしょうか?

記事中で紹介したカードローン
アコム 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス 金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
アイフル 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る