アイフルで増額する方法と3つの注意点

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

貸金業務取扱主任者

林良光

大学卒業後、大手ノンバンク系金融機関にてコンサルティング営業に従事。カード事業において、個人事業主を中心に1,000名以上の審査を行ったプロ。米国公認会計士、日本証券アナリスト、日商簿記2級、銀行業務検定・財務2級など多数の資格を有し、金融の専門家として第一線で活躍。

この記事の目次

  1. アイフルの限度額を増額する場合について
  2. 限度額を増額すると金利が引き下がる可能性あり
  3. アイフルで増額する方法・流れ
  4. アイフルの増額審査について
  5. 増額審査は基本的に即日対応してくれる
  6. 増額審査に落ちやすい人の特徴
  7. アイフルから増額案内があることも!
  8. アイフルで増額する場合の注意点
  9. 増額できない場合の対処法
  10. まとめ

 この記事はこんな人向け 
  • 普段からアイフルを利用している
  • でも、限度額まで使ってしまった…
  • 限度額の増額を検討している

どうしてもお金が必要な時、頼りにできるはずのアイフル。しかし、残念ながら限度額不足では借入できません。

そうなると増額という選択肢を検討するのが一般的ですが、手続きなどの方法が分からない人も多いのではないでしょうか?

アイフルの限度額を増額する場合について

 アイフル 
金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
貸付条件 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフル基準を満たす方
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間 借入直後最長14年6ヶ月(151回)
遅延損害金 20.0%(実質年率)

街中の広告やTVCMでもおなじみのアイフルは、最短30分のスピード審査、30日間の無利息期間などが魅力的な大手消費者金融です。

しかし、使い続けていると限度額が足りなくなってくることもあるでしょう。入会当初にまとまった金額を借りていても、返済を行っていけばある程度限度額に余裕が生まれるはず。

ではなぜ、限度額が足りなくなるのか?例えば、以下のような状況が想定されます。

返済額より追加で借りる金額が多かった
返済が終わる前に大きな金額が必要になった
そもそも限度額が必要金額に足りなかった

このような状況で、限度額の増額を検討する人も多いでしょう。

アイフルの限度額は審査で決まる

アイフルの最大限度額は800万円となっていますが、初回利用時に上限まで借入できる訳ではありません。

申し込み後に行われる審査によって、利用者の収入状況や信用情報の状態などをもとに適切な限度額が算出されます。

初回利用時に設定される限度額は、50万円程になることでしょう。もちろん、審査結果によっては10万円程の限度額になる可能性もあります。

増額で借り入れ可能額を引き上げる

仮に限度額いっぱいまでアイフルを使ってしまったとしても、増額できれば借り入れ可能額を引き上げることが出来ます。

アイフルで借入したいのに限度額が足りない…そんな状況であれば、利用者なら自然と「増額」という選択肢が挙がっても不思議はありません。むしろ、適切な手段と言ってもいいでしょう。

限度額を増額すると金利が引き下がる可能性あり

増額手続きは利用可能金額を増やすことが本来の目的ですが、結果にとして金利が今より引き下げられる可能性もあります。

アイフルを初めて利用する場合、利用実績が一切ない状態なので、上限金利である「18.0%」を適用されるのが一般的です。

限度額を増額することによって金利が下がれば、その分利息負担が軽くなるので、利用者にとっては大きなメリットとなるでしょう。

限度額が100万円以上になれば金利は15.0%以下

仮に100万円以上まで限度額を増額できた場合、「利息制限法」という法律の影響によって、金利は15.0%以下まで引き下げてもらえます。

 利息制限法

金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
 元本の額が10万円未満の場合 年2割
 元本の額が10万円以上100万円未満の場合 年1割8分
 元本の額が100万円以上の場合 年1割5分

アイフルの金利も、利息制限法の範囲内で決められた正規の値になるのです。

金利引き下げの効果をシミュレーション

アイフルから金利18.0%で借入していた場合、15.0%に引き下げられることで利息負担がどれだけ軽減されるのか、実際にシミュレーションしてみましょう。

利息総額をシミュレーション
例)10万円借入、1年返済(12回払い)
金利18.0%で借入した場合
 毎月の返済金額 10,000円
 利息総額 9,153円

金利15.0%で借入した場合
 毎月の返済金額 10,000円
 利息総額 7,494円


金利以外すべて同じ条件でシミュレーションしてみると、その効果は歴然です。増額する際は、このようなメリットが発生する可能性があることも理解しておきましょう。

アイフルで増額する方法・流れ

では、実際に限度額を増額するにはどのような手続きが行われるのか。基本的には、以下のような流れになります。

  1. 増額申し込み・書類提出
  2. 申し込み内容の確認電話
  3. 増額審査
  4. 結果通知・限度額再設定
  5. 追加借入

各手続きごとにフォーカスして、必要書類や申し込み方法などを解説していきましょう。

STEP1:増額申し込み・書類提出

何はともあれ、増額するには申し込みしなければいけません。ちなみにアイフルでは、増額希望者に向けて4つの申し込み方法を用意しています。

増額の申し込み方法
  • インターネット(パソコン・ケータイ)
  • 店頭窓口
  • 契約ルーム
  • 会員様増額専用ダイヤル

幅広い層の利用者を想定して様々な方法が用意されていますが、主流は「インターネット申し込み」です。お手持ちのスマホからアイフルの会員サービスにログインし、増額申込みから申し込みを初めてください。

実際の増額申し込みフォームを確認してみました

では、実際にアイフル会員ページからログインし、増額申し込みする際に入力しなければいけない項目を確認してみましょう。

まずは、会員ページにある「増枠申込」という黄色いボタンをクリックしてください。

aiful_zougaku_mousikomi_button_2.png

ボタンをクリックすると、増額の申し込みがスタートします。登録されているメールアドレスを確認し、下へスクロールしていきましょう。

aiful_zougaku_mousikomifoam1

次に、個人情報を取り扱うことに対して同意確認が行われます。

aiful_zougaku_mousikomifoam2.png

「同意します」を選択し、以下の各項目を入力していきましょう。

ご本人様についての項目

aiful_zougaku_mousikomifoam3.png

お住いについての項目

aiful_zougaku_mousikomifoam4.png

お勤め先についての項目

aiful_zougaku_mousikomifoam5.png

ご希望金額についての項目

aiful_zougaku_mousikomifoam6.png

申し込み情報の入力から書類提出に至るまで、すべてインターネット上で対応できます。

場合によっては収入証明書が必要

増額することによって限度額が50万円を超える場合は、収入証明書の提出が必須となります。アイフルで収入証明書として提出できるのは、以下の通りです。

給与明細書を提出する際は、直近2ヶ月分が必要になります。(※住民税の記載があれば、直近1ヶ月分のみでも可。)賞与支給のある方は、1年以内(夏・冬・各々)の賞与明細書も合わせて提出しましょう。

STEP2:申し込み内容の確認電話

インターネットから増額申し込みをすると、入力した内容を確認するための電話連絡がきます。

増額希望者本人であることが確認できれば特に問題ないので、電話対応は数分程度で終わるでしょう。

家族や職場の人に聞かれたくない場合は、増額申し込み後に電話が来ても大丈夫な場所に移動しておくのをおすすめします。

STEP3:増額審査

限度額を増額する際には、再度アイフルの審査を受けなければいけません。

増額審査は初回申込時と異なり、収入状況や信用情報だけでなく、これまでのアイフルの利用実績も重要視されることになります。

特に問題がなければ、増額審査は最短20分で完了するので、お急ぎの方も安心してお申込みください。

STEP4:結果通知・限度額再設定

増額審査が完了すれば、登録しているアドレス宛てに結果メールが届きます。大きな問題もなく、増額審査を通過できれば限度額を再設定してもらえるでしょう。

増額可能であれば、来店せずにインターネット上で手続きは完了です。新たに設定された限度額内であれば、再び借入できるようになります。

STEP5:追加借入

追加借入する際は、これまでと同様の方法を使っていただいて問題ありません。

増額契約完了後は、全国にあるアイフルATM、提携先銀行ATM、提携先コンビニATMで即日融資してもらうことも可能です。利用しやすいATMから借入を行いましょう。

アイフルの増額審査について

アイフルの増額審査は、申込者の限度額を本当に上げていいのか判断することが目的になります。

限度額を上げるという行為は、融資する側にとって貸し倒れのリスク増大にも繋がるので、申し込みしたからと言って誰でもすぐに対応する訳ではありません。

利用実績が重視される

入会審査との大きな違いとしては、申し込みの流れで前述した通り「利用実績」が加味される点でしょう。これまでアイフルをどのように利用してきたのか、様々な要素から審査されます。

借入金額や返済状況など、直近1年間の実績は確実に審査されると考えておきましょう。

原則として在籍確認は行われない

初回申込時の審査では「在籍確認」が必ず行われていましたが、増額する際は原則としてありません。

ただし、初回申込時に在籍確認した会社ではなく、転職して現在の勤務先が変わっている場合などは、電話連絡が行われる可能性があるので注意しておきましょう。

増額審査は基本的に即日対応してくれる

アイフルの増額審査は、入会時と同じようにスピーディーな対応をしてもらえます。

公式サイトの説明動画では、上記の通り最短20分と紹介されています。

申し込み時間帯によっては翌日のメール通知になるので、確実に即日対応してくれる訳ではありませんが、それでも審査スピードには定評があると言えるでしょう。

お急ぎなら18時までに電話申し込み

増額審査の結果を申し込んだその日に確認したい場合は、インターネットからではなく、電話からの申し込みをおすすめします。

画像引用:わからないことはぽっぽくんに相談!アイフル公式サイト

無料の相談ツールを使って確認してみたところ、増額審査の結果を即日受け取るには、18時までに電話申し込みするようにと回答がありました。

会員様増額専用ダイヤルは「0120-008-113」、申込対応は平日9:00~18:00となっているので、時間を確認してから電話してみましょう。

増額審査に落ちやすい人の特徴

比較的スムーズに進められるアイフルの増額審査ですが、すべての申込者が通過できる訳ではありません。

申込者の中で、増額審査を通過できなかったケースがあるのも事実。実際にどのような人が増額審査に落ちやすいのでしょうか?

特徴1:アイフルへの返済に遅れている

増額審査に落ちる人の特徴として、アイフルへの返済が遅れているケースが考えられます。利用実績が重要視される増額審査では、返済遅れは致命的です。

入金忘れで翌日返済した場合などは、そこまで大きな問題にはなりませんが、2~3ヶ月以上の長期滞納をしていると増額審査を通過するのは難しいでしょう。

特徴2:返済能力が不足している

申込者の返済能力が不足しているケースも、増額審査に落ちる人の特徴として挙げられるでしょう。

返済金を毎月きちんと支払っていけるだけの収入があるかどうかが、増額審査では重要なポイントになります。

例えば、入会時よりも収入が低下していたり、他社からの借入が増加していたりすると、返済能力が不足していると判断される可能性があるでしょう。

特徴3:クレカ等の支払いに遅れている

アイフルの利用実績だけでなく、クレジットカードの代金や分割した携帯の本体料金など、「信用情報」の絡んでくる支払い状況が悪い場合も注意が必要です。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

例えば、クレジットカードの支払いを61日以上滞納すると延滞として扱われ、信用情報に一定期間記録されてしまいます。

信用情報の仕組み

他にも強制解約や債務整理なども、信用情報にダメージが残ってしまう金融事故となっているので、過去に思い当たる節がある方は増額を見送った方がいいでしょう。

Q.増額審査に通る人とは

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

しっかり返済していて年収の1/3まで借りていない人です

増額審査に通るためには、これまでしっかり返済をしてきた人物である必要があります。返済を怠る人は、同じトラブルを繰り返す恐れがあるため審査落ちしやすくなります。
また法律の関係上、貸金業法を守らなければいけないカードローン会社は「利用者の年収の1/3を超える金額」を貸付できないので、現状の借入金額がそれ未満である必要があります。

Hayashiyoshimitsu

貸金業務取扱主任者|林良光

半年程度、遅れなく支払いを続ける

より高額の借入をするために増枠申請をする場合、申請後の審査を通過して初めて増枠が認められます。
増枠が認められた場合、金額が増えるだけでなく金利が下がることもあります。

新規申込時には、金融業者は書類上の情報や信用情報機関の情報のみで判断するため、保守的にやや少ない金額で契約する傾向があります。
その後、利用者の利用状況や返済状況などから、返済がきちんとできる人かを正確に判断できるようになり、増枠に応じる流れとなります。

「返済がきちんとできる人」と判断されるには、半年程度に渡って遅れなく支払いを続けることが重要です。
また、その間に借入先を増やさず、また、借入枠いっぱいまで借りずにある程度枠に余裕を持たせる点も増枠に通るためのポイントです。


増額審査の基準は公開されておらず、金融機関により異なります。弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。

アイフルから増額案内があることも!

ちなみに、自分から増額申し込みするのではなく、アイフルから増額案内が来るケースもあります。

基本的には、アイフルの会員サービスとして利用できる「aiメール」を介して、増額の販促案内が届くシステムです。

 aiメールとは何ですか?

aiメール(アイメール)とは、お客様のパソコンやケータイへご案内する、会員専用の無料メール送信サービスです。 送信する内容は、以下の内容になります。
「お支払期日の3日前」「新サービス・新商品の案内」「限度額の増額等、販促の案内」「預り金返却、収入証明書の提出等の案内」「取引終了後の再度のご利用案内」(送信回数は月1~2回程度です。)なお、通信料はお客様負担となります。

借入・返済状況が良好な人が対象

アイフルから増額案内のメールが届くのは、借入・返済状況が良好な人が対象となっています。

つまり、増額案内が来たということは「利用実績が良好な顧客」としてアイフルから評価されているということです。

増額を行うのであれば、この案内メールが届いたタイミングがおすすめと言えるでしょう。過去に増額案内が届いていないか、メール履歴を確認してみるのもいいでしょう。

アイフルで増額する場合の注意点

アイフルで増額する方法や審査などの重要なポイントを解説していきましたが、申し込む際にはいくつか注意点もあります。

増額手続きで失敗してしまうことのないように、しっかり目を通しておきましょう。

注意点1:書類がないと50万円以上にできない

増額申し込みの流れでも少し触れましたが、限度額が50万円を超えてしまう場合は収入証明書を提出しなければいけません。

つまり、どんなに審査が早く来店する必要がないと言っても、50万円を超える増額だと、提出書類が用意できなければ手続きが進められないのです。

注意点2:限度額を引き下げられる可能性がある

増額に成功すれば、確かに限度額を上げてもらえます。しかし、場合によってはその逆、つまり「限度額が引き下げられる」可能性もあるのです。

これは増額審査の内容が影響しており、以下のような方は返済能力が落ちていると判断されてしまうかもしれません。

アイフルの利用実績が悪い
収入が極端に下がっている

アイフルに増額を申し込んでも、希望通りに対応してもらえる訳ではないことを理解しておきましょう。

注意点3:減額や利用停止になるケースもある

万が一、増額に失敗してしまうと、残っている限度額も使えなくなってしまう可能性があります。

増額を行う上で審査するのは、これまでのアイフルとの契約を見直す手続きでもあるのです。つまり、現在の利用実績や申込者の状況が悪ければ、利用停止になってしまうケースも考えられます。

Q.減額や利用停止になる原因とは

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

返済の遅れや年収状況の悪化です

増額したいカードローンで、返済の遅れが何度も生じていると「信用」を失っているため、増額どころか減額・利用停止になる可能性があります。

また、入会当初より収入状況が悪化していると、その分だけ返済の余力が無くなっているため、減額・利用停止の可能性が出てくるので申し込みする際は注意しておきましょう。

Hayashiyoshimitsu

貸金業務取扱主任者|林良光

他社からの借入が増えた場合など

消費者金融などのカードローンは、増枠申請をしたのに逆に減額になったり、利用停止となる場合もあります。

このような状況に陥るのは、金融業者から見た利用者の信用度が落ちたためです。
金融業者は、申し込み時だけでなく、増枠申請時および業法で決められたサイクルで利用者の信用度(返済能力)をチェックしており、その際、信用情報機関を利用することが義務付けられています。

例えば、新規申込時と比べて他の消費者金融からの借入が増えた場合や、他のカードローンへの返済もしくは携帯電話料金の支払いなどが遅れた場合、これら情報が信用情報機関に集約されているため、カードローンが減額になったり利用停止となることがあります。

増額できない場合の対処法

今日中に請求書を支払わないとまずい
出かける約束があるけどお金がない
限定品があるのにお金が足りない

どうしてもお金が必要なのに、頼りにしていたアイフルは限度額不足。そんな状況とはいえ、安易に増額を申し込むことはおすすめできません。

しかしお金を用意できないリスクは、無視できませんよね。本当にお金が必要なのであれば、その他の選択肢も検討してみてはいかがでしょうか?

他カードローンの新規申し込みという選択肢

増額以外の選択肢として、他のカードローンを新規申し込みするというものがあります。
もちろん新規で申し込むので、入会審査を受ける必要があるでしょう。

とはいえ入会審査と増額審査では、確認される項目が異なります。アイフルで増額できなかったからといって、同様に別のカードローンも借り入れ不可能になるわけではないのです。

新規申し込みの方が手間もかからない

アイフルを増額するには、基本的に収入証明書を提出する必要があります。手元に給与明細や源泉徴収票の写しが無いと、書類を用意するだけでも手間と時間がかかってしまうことでしょう。

しかし他のカードローンへ、新規で申し込むのであれば、希望額が50万円を超えない限り基本的に収入証明書は不要です。※

※プロミスからの借入金額と希望額の合計が100万円を超える場合や、審査状況によっては提出を求められるケースもあります。

早ければ今日中にお金を借りられる

おすすめは審査が最短30分で終わるカードローンです。手続きがスピーディーなので、審査がスムーズに進めば今日中にお金を用意できるかもしれません。

増額には数日を要する可能性もありますが、「少しでも早くお金を借りたい」といった方には、特に適切な選択肢といえるでしょう。

申し込み前にアイフルからの借入金額を確認しておこう

他カードローンに新規申し込みするにあたっては、アイフルからの借入金額を記入するフォームがあるので、注意しましょう。

アイフルの利用状況は、会員ページにログインすれば確認できます。

借入金額が把握できたら、審査が早い以下のカードローンを参考にしてみてください。

おすすめのカードローンはこちら

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

早ければ本日中に借入れできます。
初回契約の方であれば最大30日間、利息がかかりません。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%

カードなしでの借り入れも可能です。
契約は全てWEB上で完結できます。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

WEB完結申し込みで、電話・郵送物なしでご利用いただけます。
クレジットカード・電子マネーの機能がついたカードもあります。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

アイフルは初回利用時に、スピーディーな対応を望めます。しかし使い続けていれば、限度額不足に陥ることもあるでしょう。

そういったときには、増額という選択肢があります。限度額が増えれば金利が下がる可能性もあるので、成功すれば大きなメリットを得られるかもしれません。

しかし増額には時間がかかる場合があり、審査結果によっては減額や利用停止もあり得るのです。場合によっては、その他の選択肢に目を向けてみてもいいでしょう。
たとえば他カードローンに新規申し込みするという手段も、十分に検討可能です。早ければ今日中にお金を用意できるので、ぜひ利用を検討してみてください。

増額審査に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る