オリックス銀行カードローンへの申し込み方法と審査の流れ

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

オリックス銀行カードローンってどう?
金利は?審査は?申し込み方法は?

安心と信頼のオリックスグループが提供しているのが、オリックス銀行カードローンです。審査の速さや限度額には定評があり、非常に多くの利用者を抱えていますが、その申し込み方法はどのようになっているのでしょうか。

オリックス銀行カードローン

 オリックス銀行カードローンオリックス銀行
金利 
限度額
審査 
融資 
:1.7~17.8%
:最大800万円
:公式サイト参照
:公式サイト参照
安心の来店不要!ネット申込可能!

オリックスグループは国内有数の巨大企業で、金融サービス・自動車関連サービス・環境エネルギー・さらにはプロ野球チームまで持っています。

そのオリックスグループの1つであるオリックス銀行が提供している、オリックス銀行カードローンのサービス内容を見ていきましょう。

オリックス銀行カードローンの強み

オリックスグループであることの安心と信頼はもちろんですが、それ以外にも商品としてのメリットはあります。

オリックス銀行のメリット

◇ネットから24時間誰にも会わずに申し込み可能
◇オリックス銀行の口座が無くても契約可能
◇固定金利なので安心

金利は借り入れ額に対しての固定金利になっていますので、高いコースになるほど低金利で使うことができます。

オリックス銀行が提供しているカードローンサービスですが、オリックス銀行の口座は必要ありません。ネットから誰にも会わずに24時間申し込み可能というのも強みです。

オリックス銀行カードローンの弱点

逆に、オリックス銀行カードローンの中で、他の銀行カードローンに劣る部分もあります。

オリックス銀行のデメリット

◇専業主婦の申し込みは不可能
◇審査はどちらかというと厳しい
◇最大金利は他の銀行に比べると高い

まず、申し込み可能となる条件に「安定収入のある方」と書かれていますので、収入のない専業主婦の方は申し込みができません。また、記載はありませんが学生の方は申込みそのものができなくなっています。

オリックス銀行カードローンは、審査が甘くないことで有名ですので、申し込みをした人の中でもお金を借りることができるのは2割~3割と考えるのが妥当でしょう。

最大金利の設定は17.8%となっています。この数字は、銀行カードローンの水準としては高い方で、いわゆる「消費者金融」の金利と変わりません。例えば、消費者金融大手の「プロミス」の最大金利は、オリックス銀行カードローンとまったく同じ17.8%、「アコム」の最大金利は18.0%です。

申し込み~審査~契約までの流れ

続いて、具体的にオリックス銀行カードローンへの申し込み方法の流れを確認していきましょう。オリックス銀行はいわゆるネット銀行です。つまり、オリックス銀行カードローンへの申し込み方法も、ネットからの申し込みになります。

【1】WEBから必要事項を入力して送信

PCもしくはスマートフォンから、オリックス銀行カードローン公式ページへアクセスして、名前住所などの必要事項を入力していきます。この際、メールアドレスや電話番号などを正確に入力しなければ、手続きが進まなくなってしまいますので、注意しましょう。

【2】受付完了のメールが届く

ネット申し込みを滞りなく済ませると、入力したメールアドレス宛にオリックス銀行から返信メールが届きます。ここで、Eメールアドレスの受信確認を済ませておきましょう。そうすることで、その後の手続きがスムーズに進むようになります。

【3】審査・在籍確認

オリックス銀行側で、所定の審査が行われます。審査において申込者がすることは、特にはありませんが、在籍確認だけは注意が必要です。

申込者が勤務先できちんと働いているかどうか、勤務先に電話確認が入ります。在籍の確認がとれれば、審査は滞りなく終了し、その旨の電話連絡が申込者に入ります。

【4】カード送付

審査に通過した時点で、ローンカードの郵送手続きが取られます。カードが届けば、銀行やコンビニの提携ATMからいつでもキャッシングが可能になります。

ローンカードなので、受け取り時は簡易書留になります。家族に内緒で使いたい人は、カードの受け取り時には注意が必要です。

【5】必要書類の提出

在籍確認が終了した時点で、メールアドレスに必要書類アップロードURLが送られてきます。そのURL内で、必要書類をアップロードする必要があります。

【1】運転免許証または運転経歴証明書、各種健康保険証、個人番号カード、日本政府発行のパスポート、在留カードまたは特別永住者証明書※上記の写しいずれか1通をご用意ください。
【2】所得証明書類
【3】預金口座振替依頼書(※ご返済方法が口座引落の方のみ必要です。)

書類のアップロードはスマートフォンからでも可能です。撮影の際には、記載内容がハッキリ映るようにして撮影・提出する必要があります。

公式サイトへ

実際に申し込みした人の口コミ情報

ここで、実際にオリックス銀行カードローンに申し込みをした人の口コミ情報を紹介します。これから申し込みを検討している人は、評価基準や使用した人の意見を参考にしてみてください。

口コミ情報

評価|★★★★☆
妻に内緒でお金を借りたかったので、ネット上で手続きできるところを探していました。オリックス銀行のカードローンはスマホ上で全部完結しましたし、やはり安心感もありました。
43歳|性|正社員

評価|★★★☆☆
どうしてもお金が必要だったのですが、消費者金融は不安だったのでオリックス銀行カードローンを使いました。周りに怪しまれたりもしませんし、いいですね。
45歳|性|正社員

オリックス銀行よりも安くシンプルに借りたいなら

もう少しお得に借りられるところはないの?
できれば今日中にお金を借りたいんだけど?

もしもそんな考えが少しでもあるなら、オリックス銀行カードローンを利用するのは考えた方が良いかもしれません。お金を借りたい人の多くは「少しでも安く借りたい」と考えていることでしょう。

また「できれば今日か明日に借りたい」という人も多いでしょう。家賃や携帯の支払い期日が近い人は、遅れると何かと面倒なことになってしまいます。あるいは、既にお金を借りた相手を待たせてしまっているケースもあるでしょう。

無利息期間のあるカードローンを使うとお得に

そんな人には「無利息期間」のあるカードローンがおすすめです。具体的な名前を出すなら「プロミス」「アコム」といった消費者金融です。申し込みから30日は利息なしで借りられるうえに、金利の水準はオリックス銀行カードローンと変わりません。

消費者金融は、申し込みをしたその日に借りられるが、ある意味で常識になっています。審査は最短30分、カードはその日のうちに即座に発行、借り入れや返済はATMでも振込でも多種多様です。

「無利息期間のあるカードローン特集ページ」を、参考にしてみてください。

まとめ

オリックス銀行カードローンの申し込み方法を見てきましたが、参考になりましたでしょうか。

審査~カード発行までに時間がかかってしまう点と、銀行カードローンにしては金利が少々高く感じてしまう点がネックではありますが、ブランド力やサービスの質の高さは問題ないでしょう。

急ぎで借りたい方、学生や主婦でお金を借りたい方は、以下の特集ページも確認してみてください。

審査項目に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る