パート収入だけの主婦が今日中に内緒で借りられるカードローンまとめ

この記事に関するアドバイザ

元 クレジットカード会社職員

熊澤健

クレジットカード会社20年勤務し、うち10年間は債権回収を担当。クレジット審査業務能力検定上級コースであるシニアクレジッター及び、クレカウンセラー取得をしている審査のプロ。

この記事の目次

  1. パート収入だけの主婦でも今日中に借入できる
  2. パート収入だけで借入できる限度額の目安
  3. パート雇用の主婦が審査を通過するのは厳しい?
  4. 主婦の借入に関する悩みをQ&Aでまとめて解決!
  5. まとめ

パート収入だけの主婦でも今日中に借入できる

正社員などの給料と比べると、パート収入しかない主婦はカードローンを利用できるのか不安になるかもしれません。ですが、パート収入だけでも申し込めるカードローンはあります。

「できれば今日中に借入したい…」
「明日までにはお金を用意なければ…」

上記のような緊急性の高い場合でも、申し込むカードローンをきちんと厳選すれば、希望日までにお金を工面できる可能性はあります。

収入が安定していれば審査通過の可能性あり

カードローンは、借りたお金を長期間かけて少額ずつ返済していくのが基本です。確かにパート収入だけでも申し込めますが、継続的に返済していける人でなければ利用できません。

例えば、シフト制の職場で働いており、毎月の給料に大きな変動がある場合は「収入に安定性がない」と判断されてしまう可能性があります。そのため、申し込んだとしても審査落ちしてしまうのです。

逆に、毎月決められた給料を貰っているのであれば、パート収入だけでも借入できる可能性はあると言えるでしょう。

大手消費者金融のカードローンなら最短即日融資

今日中に借入したい主婦は、TVCMでもおなじみの大手消費者金融が取り扱うカードローンを検討してください。

アコム・プロミス・アイフルなど、知名度の高い大手消費者金融は審査スピードにも定評があり、全国各地に設置されている自動契約機を使えば、申し込んだその日にカードを発行できます。

カードローンの申し込みはスマホで進められる

カードローンに申し込みする場合は、お手持ちのスマートフォンで簡単に操作できます。

カードローンに申込みする際に必要なのは、免許証か保険証があれば特に問題ありません。基本的な申し込みの流れは、以下のフローを参照してください。

スマホから入会申し込み
各消費者金融の公式サイトにアクセスし、申し込みフォームに必要事項を記入して送信します。

記入する項目

氏名・電話番号などの基本情報
住所・居住年数などの住居情報
社名・税込年収などの勤務状況
借りたい金額と利用目的
スマホから書類提出
身分証明書をスマートフォンで撮影して、画像アップロード用ページから送信します。
担当者と電話連絡
申し込んだ消費者金融の担当者から、申し込み内容を確認するために電話が入ります。
働いていることの確認をするため、職場にも電話が掛かってきますが、希望すれば書類での確認に切り替えてもらえるので、不安な方は担当者に相談しましょう。
電話・メールで審査結果の通知
審査が終わると、電話とメールで結果内容が通知されます。
審査に通った場合は、金利や限度額など契約内容について解説を受け、カードを無人店舗で発行するか郵送で受け取るかを選択します。
振込先口座を登録
口座に直接入金して欲しい場合は、ウェブ上でそのまま契約手続きと口座登録をします。
口座振込で借りる
会員ページにログインして希望額分の振り込みを申し込めば、すぐにお金を借りられます!
無人機でカード発行
現金が必要な場合は、無人契約機まで行って契約手続きとカード発行を行います。
ATMで借りる
カードが手元にくれば、専用ATM・提携ATM・コンビニATMですぐにお金を借りられます!

上記の流れで手続きを進めれば、今から最短1時間程度でキャッシングすることも可能です。

銀行のカードローンは即日融資できません

主婦の方の中には、銀行のカードローンを検討されている方がいるかもしれません。

しかし、2018年に行われた個人融資に関するルール改正で、すべての銀行に「警察庁のデータベースとの照合手続き」が義務付けられました。

これは反社会的勢力の資金源となるのを防止するのが目的です。

照合手続きには最短でも1営業日程かかるため、実質すべての銀行が即日融資できません。今日中にお借入れを希望される方は注意しておきましょう。

今日中に借入したい主婦におすすめのカードローン2選

では、実際にどのようなカードローンを選べばいいのか。

他のインターネットサイトでは、単に即日融資向けのカードローンばかりを紹介していますが、マネットが厳選するのは「今日中に借入したい主婦向け」の借入サービスです。

カードローン選びにお悩みの主婦は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ|プロミスの「レディースキャッシング」

主婦におすすめするカードローンは、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスが取り扱う「レディースキャッシング」です。

借入に対して不安を感じやすい女性のために、様々なサービスが用意されています。
例えば、女性専用ダイヤル。手続き中に不明な点があったとしても、女性オペレーターが優しく丁寧に対応してくれます。

基本的なスペックは、通常のプロミスと特に相違ありません。即日融資にも対応しているので、「今日中にお金が必要…」そんな方のニーズにもきっと応えてくれるでしょう。

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

パート収入だけで借入できる限度額の目安

パート収入だけでカードローンに申し込めるとしても、実際どれくらいの金額を融資してもらえるのか気になるものですよね。

記事中で紹介したカードローンの限度額を見てみても、「500万円まで」「10万円まで」といったように、その金額は様々です。

とはいえ、必ずしもカードローンの最大限度額まで借入できる訳ではありません。ご自身のパート収入に見合った限度額が、審査によって決定されることを理解しておきましょう。

年収が103万円以下なら限度額は30万円程度

カードローンで借入できる限度額は、貸金業法に定められる「総量規制」というルールに基づき、年収の1/3までと決められています。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。

主婦の方であれば、夫の扶養から抜けないようにパート収入が103万円を超えないようセーブしているはずです。仮に、年収が103万円を超えてしまうと所得税を支払わなければいけません。

このようなポイントを総括すると、パートで稼ぐ主婦の限度額は「おおよそ30万円前後になる」と予測できるのです。

借入希望額を年収の1/3以内にしておくのがおすすめ

今日中に借入したいと考える主婦の方は、カードローンに申し込む際、借入希望金額を予め年収の1/3以内にしておくといいでしょう。

例えば、年収100万円の方が50万円の借入を希望したとしても、「返済が難しい過度な融資になる」と判断されるかもしれません。こうなれば、審査を通過するのは難しいものです。

逆に、現在の年収に応じた適切な金額を希望しておけば、審査をスムーズに進めてもらえる可能性があります。少しでも早くカードローンを利用したい主婦の方は、希望額にも気を配っておきましょう。

パート雇用の主婦が審査を通過するのは厳しい?

カードローンを利用しようと考えるとき、審査に様々な不安を感じる主婦の方も多いのではないでしょうか?

いくら今日中にお金を借りたいと考えていても、審査に通らなければカードローンは利用できません。収入額や雇用形態など、主婦の方の抱える不安要素をひとつずつ解消していきましょう。

雇用形態をあまり気にする必要はない

「正社員ではないから…」と考えてしまう方もいるかと思いますが、パート=審査を通過するのは難しい、という訳ではありません。

Q.パートだとカードローンの審査は不利?

Kumazawa

元 クレジットカード会社職員|熊澤健

パートだから審査に通らないとは限りません

カードローンの審査は、雇用区分だけで判断されることはありません。しかし、他の申し込み内容が同じであれば、パートよりも正社員の方がポイントは高いと言えるでしょう。とはいえ、他の申し込み内容と総合して判断されることになるので、パートでも審査が通る人もあれば、正社員でも審査が通らない人もいるのが実情です。収入が少ない分だけ借入限度額は少なくなったりもしますが、「パート雇用の主婦」がカードローンに申し込むのはごく自然なことと言えるので安心してください。

監修者のコメントにもあるように、正社員や公務員でも申込者のステータスによっては審査落ちすることもあります。

もちろん雇用形態もひとつの判断材料ではありますが、審査では「継続的にきちんと返済できる人かどうか」が大切なポイントであることを理解しておきましょう。

勤続年数が1ヶ月にも満たない人は注意

パートの収入面ばかり気にする人が多いようですが、勤続年数にも注目してみてください。

例えば、勤続年数があまりにも短い場合、離職の可能性もあるので審査では不利になってしまいます。

正確な基準が公表されている訳ではありませんが、パートを始めて1ヶ月にも満たないような方は、カードローンの申し込みを見送ったほうがいかもしれません。

収入面だけでなく信用情報も確認しておく

どのようなカードローンの審査でも、必ず「信用情報」を確認されます。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

カードローンの審査ではありますが、各種ローンの返済状況だけでなく、日常的な支払い等も対象となります。例えば、クレジットカード代金や携帯本体料金の分割払いなどです。

これらを期日までに毎月きちんと支払っているのであれば、信用情報に対して特に心配する必要はないでしょう。

Q.何ヶ月程度遅れると信用情報が傷つきますか?

Kumazawa

元 クレジットカード会社職員|熊澤健

3か月以上の連続未入金がある場合です

各種支払いで3ヶ月以上の連続未入金があると、「金融事故」として登録され、信用情報機関に5年間保管されることになります。保管されている信用情報はすべての貸金業者や銀行が参照できるので、どのような金融機関に申し込んでも期間中の融資は一切受けられません。一方、1回だけ・短期間の遅れは審査にあまり悪影響を与えないケースが多いようです。うっかり忘れやミス程度なら、返済能力に悪影響を及ぼす心配はありません。滞納を繰り返したり、直近にトラブルを起こしてしまった場合は、信用情報が傷ついてしまう可能性があるので注意しておきましょう。

過去5~10年間にトラブルを起こしている方は注意

万が一、各種支払い等で何らかのトラブルを起こしていると、信用情報に「金融事故」として記録されてしまいます。

金融事故の一例
2~3ヶ月以上の長期的な滞納をしてしまった
クレジットカードの利用を停止されてしまった
各種サービスを強制解約されてしまった
どうしても借金が返せずに債務整理を行った

上記はほんの一例ですが、このようなトラブルを起こしていると、完済から5~10年間はどんな審査も通過できません。

信用情報は個人でも開示してもらえるので、過去に先ほどのようなトラブルに心当たりのある方は、ご自身で一度確認しておくのをおすすめします。

主婦の借入に関する悩みをQ&Aでまとめて解決!

では最後に、パートとして働く主婦の借入に対する不安や悩みを、Q&A形式で紹介していきます。

カードローンの公式サイトでは確認できないような要素も、一次情報をもとに解説していくので、気になる要素があればぜひ参考にしてみてください。

Q.提出書類は何が必要ですか?

A.運転免許証やパスポートがあれば問題ありません

カードローンを利用する際には、申込者本人かどうかを確認するための書類を提出することになります。

書類といっても、市役所などで発行してもらうようなものではなく、例えば運転免許証やパスポートなど、顔写真付きのものが手元にあれば特に問題ありません。

個人番号カードや健康保険証などでも本人確認してもらえますが、別途書類を提出しなければいけない場合もあるので、申込先の金融機関が求める提出書類を用意してください。

50万円以上の借入を希望する際は別途書類が必要

基本的には本人確認書類があれば問題ありませんが、希望金額が50万円を超えるような場合、別途に「収入証明書類」が求められます。

該当する書類としては、最新の源泉徴収票や給与明細書などです。

とはいえ、パート収入だけで50万円を超えるような借入をするのは難しいので、特に心配する必要はないでしょう。

Q.夫の信用情報にも影響しますか?

A.申込者の信用情報にのみ影響します

カードローンの申し込み内容や審査、借入に関する情報は、申し込んだ本人の信用情報にだけ影響します。

万が一、夫の信用情報にも影響があるとすれば、銀行から配偶者のステータスをもとに借入した場合だけです。

ご自身のカードローンにおける審査結果や利用実績などが、配偶者である夫の信用情報に影響することはないので安心してください。

Q.加入中の保険によっては不利になりますか?

A.社会保険加入者が有利になる傾向あり

結論から申し上げますと、国民健康保険だからといって審査に問題がある訳ではありません。雇用形態と同様に、返済能力があると判断してもらえれば借入できる可能性は十分あります。

とはいえ、他のステータスに差がなければ、社会保険加入者の方が有利になる傾向はあるでしょう。

カードローンの審査では、収入の安定性がチェックされます。社会保険に加入するには一定の勤務時間などが必要になるので、会社で長期的に働いている証明にもなると考えておいてください。

Q.パート先に電話連絡はありますか?

A.在籍確認と呼ばれる手続きが電話で行われます

どのようなカードローンでも、職場への電話連絡は必ず行われます。これは「在籍確認」と呼ばれる手続きで、申込者が本当に働いているのか裏付けを取るのが目的です。

パート先にバレないか不安に感じる人も多いかもしれませんが、カードローンに関する内容は一切公言されません。電話も個人名で掛けてもらえるので、安心して在籍確認を受けてください。

電話連絡で借入がバレるようなことは基本的にありませんが、どうしても不安な方は以下の記事を参照してみましょう。

Q.本当にパート収入だけで即日借入できるのか?

A.実際に即日借入された方はいます

パートやアルバイト収入だけで、今日中に借入できた方は意外と多いものです。

以下は実際に即日融資してもらった方にアンケート調査した結果をまとめた記事なので、本当に借入できるのか不安に感じているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

パート収入しかない主婦でもカードローンは利用できるのか、審査や限度額、収入面に至るまで幅広く解説していきました。

記事中の大切なポイント
パート収入が安定していれば借入できる可能性あり
今日中に借入するなら大手消費者金融のカードローン
銀行のカードローンは即日融資してもらえない
限度額はパート年収に見合った金額が設定される
収入だけでなく、勤続年数や信用情報もチェック

記事中の内容を総括すると、パート収入だけでも主婦が今日中に借入できるカードローンはあります。

融資スピードに定評のある大手消費者金融の中には、女性向けのカードローンも用意されているので、今日中にお金が必要な主婦はぜひ検討してみてください。

おすすめの特集ページ

主婦に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る