モビットでの借り入れ方法と借入条件について

2016年08月19日更新

Books 1168303 640

これからキャッシングやカードローンでの借り入れを、「モビット」で行いたいと考えている方もいるでしょう。モビットでは、最大800万円までの余裕ある借入ができるのが魅力となっています。また、10秒簡易審査が受けられる点も人気になっており、2016年6月現在では会員者数約37万人に上っています。

そこで、この人気のモビットで借り入れをするための方法や借り入れ条件について見ていくこととします。

6つの方法から申込手段を選ぶ

モビットでは借り入れがしやすいように、6つの申込手段を用意しています。

それが「パソコン」「スマートフォン」「携帯電話」「郵送」「電話」「ローン申込機」の6つです。こうした申込手段による違いは、すぐに申し込みが完了できるのかといった違いがあります。そのため、これらの中からご自身にあっているものを選んで申し込みをすることが重要になります。またこの中で、「最短30分で審査できる手法」4つについて詳しく見ていくこととします。

最短30分で審査手続きが完了する手法

モビットでは、最短30分で審査手続きが完了することも人気の理由になっています。

30分で完了できる借り入れ方法は「パソコン」「スマートフォン」「携帯電話」「電話」による手段です。こうした媒体からの申込の場合、まず専用Webページにアクセスして個人情報や住宅情報、勤め先情報などを入力します。これらの情報に加えて、借入希望金額なども入力し申込をすると、最短30分で審査結果を受け取ることができます。

また、電話でも同様に個人情報などをオペレーターに伝えると、最短で30分で借り入れをすることができるようになります。

モビットで借り入れできる人とできない人

各種申し込み方法で入力された情報をもとに、モビット側で借り入れ可能かの審査が行われます。モビットでの審査内容は明らかにされていませんが、「年齢が20歳以上69歳以下で定期収入のある方」であれば申込ができるようになっています。

そのため、正社員だけでなく、アルバイトや自営業の人であっても申込が可能で、審査に通れば借り入れが可能です。そして、そして、この審査によって各種貸出条件が定められます。

モビットの貸付条件はどうなっているの?

モビットでは最小で1万円から最大で800万円まで借り入れが可能になっています。また、借入利率は3.00%から18.00%です。その他条件としては、担保や保証人が必要なく、借入が可能となっているのが特徴です。

そのため、申込者の返済能力や信用情報などを加味して、審査にてこうした借入条件が決定されるのです。そして、借入をするためには次のような書類を用意しておく必要があります。

モビットで必要な書類は何か?

モビットで借り入れの申込みをする場合に必要な書類には、まず「本人確認書類」が必要です。

こうした本人確認書類は、絶対にモビットに提出しなければならない書類となっています。そのため、運転免許証の写しを提出、免許証がない場合はパスポートもしくは健康保険証の提出が必要になります。

モビットでの借り入れをスムーズに進めるためにも、こうした書類は事前に用意しておくことをおすすめします。

収入証明書を用意しよう

またモビットで借り入れを希望している場合収入証明が必要になっています。

収入証明書類も事前に用意しておくと借り入れをスムーズに進められます。

モビットの借り入れは最短30分

モビットでの借入方法について見てきましたが、いかがでしたか?

モビットでは6つの方法から借入申込をすることができるようになっており、WEBからの申し込みであれば最短30分での審査結果の確認が可能になっています。また、こうした審査結果次第で貸し付け条件が決められるので、借入条件である「20歳以上69歳以下で定期収入がある」に当てはまる人はモビットで申し込みをしてみるのが良いでしょう。

そして、借り入れをする際には必要書類があるのでそれを忘れずに準備しておけば、スムーズに手続きを済ませられるので便利です。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトへ

特徴から探す

低金利で借りられるカードローン徹底比較
この記事に関するキーワード

審査が早いカードローンに関する記事

RSS

注目の特集

ページトップに戻る