消費者ローンって何?銀行やクレジットとの違いについて完全解説【2020年最新】

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

  1. 消費者ローンとは?
  2. おすすめの消費者ローン一覧を紹介!
  3. 銀行カードローンとの違いは何?
  4. クレジットカードとの違いは何?
  5. 3つのサービスを徹底比較してみました!

「消費者ローン」という言葉を、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

お手持ちのスマートフォンでネットサーフィンをしていたら、広告が表示されたのをきっかけに興味をもった方もいるはずです。

消費者ローンとは?

消費者ローンとは、消費者金融が取り扱うカードローンを指します。カードローンは、専用カードを使って、銀行やコンビニのATMから現金を借り入れできるサービスです。

現金を借り入れできるため、その使用用途は無限にあり、どういったものでも借りたお金を利用できます。つまり使用用途は自由ということです。

生活していく中で、急にお金が必要になった経験は誰しもあるでしょう。例えば以下の経験はありませんか?

「今月のクレジットカードの請求が払えない…」
「給料日まで1週間前だけどお金がない…」
「飲み会やデートに誘われたけど絶賛金欠中」
「友達と旅行に行きたいけど貯金ないからな…」
「家族が入院したけど治療費が払えない…」

などなど!多くのケースがありますよね。こんな時、お金がないと親や友人に頭を下げて借りるか、モノを売ってなんとかお金を用意するしかありません。

しかし、消費者ローンを利用すれば、どんな費用も用意できるため、こういった緊急事態に対応できるのです。

スマホで10分で申込可能・借りられるまでは最短1時間!

消費者ローンの利用方法はいたってシンプルです。スマートフォンやパソコンで申し込みしてから、専用カードの発行手続きをおこない、あとは無人契約機までカードの受け取りに行くだけです。

もちろんカードを受け取らずとも、郵送で自宅まで送ることもできます。ただし、その場合は申し込みしてから、1週間程度かかるので注意してください。

申し込みにかかる所要時間はたったの10分です。そして消費者ローンで借りられるまでの時間は、最短1時間です。急にお金が必要な時でも、消費者ローンを利用すれば、問題を今すぐ解決できるでしょう。

お金は必要だけど、消費者ローンの安全性が気になる方へ

「借りて本当に返済できるのかな…」
「借金地獄になったらどうしよう…」
「誰かにバレたりしないのかな…」

上記のように、始めて消費者ローンを利用する場合は、誰しも不安になるはずです。しかし、消費者ローンの最低返済金額は1,000円で、無理なく返済をおこなうことが可能です。

また借金地獄になる方もいますが、それは複数の消費者ローンを利用してしまい、毎月の返済ペースが乱れてしまったためです。誤った使い方をしなければ、まず借金地獄になることはあり得ません。

もちろん消費者金融では、誰にもバレない配慮をおこなっています。郵便の宛名は別会社の名前、電話は担当者個人名です。そのため、消費者ローンの利用がバレることはないでしょう。

それでも、消費者ローンの不安がぬぐいきれない場合は、以下をチェックしてみてください。

おすすめの消費者ローン一覧を紹介!

それではおすすめの消費者ローンを紹介していきます。今回紹介する消費者ローンはいずれも、最短1時間で借入ができるものです。今すぐお金を借りたいと思っている方は、ぜひ検討してみてください!下記は、消費者ローンのメリットをまとめたものです。参考にしてください。

消費者ローンのメリット

申込から最短1時間で利用できる
金利がクレジットカードより安い
1,000円からでも借入できる
30日間は利息0円で済む
コンビニから借入・返済可能

1:初めて利用される方には「プロミス」

まず最初におすすめする消費者ローンは、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスです。30日間の無利息期間と最短30分で審査が終了するスピードが魅力です。

プロミスには2016年3月末時点で129万人の利用者がいます。信頼と実績も十分なので、初めて利用するという方でもオススメでしょう!

プロミスの特徴

◆金利4.5%~17.8%(実質年率)
◆最短1時間の借入可能性あり
◆最大融資額:500万円
◆初回30日間利息0円(条件あり)
◆ネット上で手続き終了
※対象金融機関は200行以上あります。

公式サイトへ

2:即日お金が借りたい人には「アコム」

金利を安くするなら、テレビCMでも有名なアコムもオススメです。審査時間は最短30分、そしてアコムにも30日間利息0円のサービスがあります。アコムの利用者数は、2016年6月現在で「約141万人」で金融機関の中ではトップです。

最低金利3.0%で利用できる可能性があるので、金利の負担を抑えたいという方はアコムの利用を検討してみてください。

アコムの特徴

◆金利(実質年利):3.0%~18.0%
◆最短1時間の借入可能性あり
◆最大融資額:800万円
◆30日間金利0円サービス(アコムでのご契約がはじめてで、なおかつ返済期日「35日ごと」で契約した場合のみ)

公式サイトへ

3:少しでも多く借りたい人には「SMBCモビット」

SMBCグループのSMBCモビットは高い限度額を希望の方に向いています。できるだけ多く借りたい方は、モビットを検討してみてください。


SMBCモビットの特徴

◆金利:3.0~18.0%(実質年利)
◆即日融資の可能性あり※
◆条件を満たせばネット申し込み可能


※:場合によっては翌日以降の対応となりますg
公式サイトへ

銀行カードローンとの違いは何?

ではここから消費者ローンと銀行カードローンの違いについてみていきます。カードローンには、消費者金融のほかに、銀行が取り扱う金融商品もあります。それが銀行カードローンです。本当に一般的な大手メガバンクや、各都道府県の名前が付いた銀行でも、カードローンの取り扱いがあるのです。

そうなってくると、消費者ローンと銀行カードローンはどちらがお得なのか、気になるところでしょう。銀行カードローンのメリットについてまとめました。

銀行カードローンのメリット

金利が比較的に安い
限度額が高い
来店不要

以上が銀行カードローンのメリットです。銀行カードローンは消費者ローンと比較すると、上限金利15.0%程度なので、利息負担も軽くなっています。

ただし、デメリットも多い

もちろん、ここまで多くのメリットがある分、銀行カードローンにはデメリットも多くあります。銀行カードローンのほうが良いかもと思った方は、以下に注意してください。

銀行カードローンのデメリット

審査が即日で終わらない
指定銀行口座が必須
利息0円サービスがない

上記が銀行カードローンのデメリットです。確かに金利が安く利用しやすいのですが、消費者ローンと比較すると審査が長いため、申し込みしてから審査が即日で終わらないため、今すぐお金が必要な時には対応ができなくなります。カードローンを利用するからには、何かしらお金が必要な目的があるはずです。その予定に間に合わなければ本末転倒でしょう。

クレジットカードとの違いは何?

消費者ローンとクレジットカードの違いについて疑問を持つ方もいるはずです。どちらもカードも専用カードがあるため、混同しやすいですが、両者には決定的な違いがあります。

クレジットカードはそもそも、ショッピング利用のためのものです。商品購入時にカードを提出して、現金がなくても決済が可能という点が特徴ですね。一方の消費者ローンは、現金を借りるカードなので、商品購入時にはカードを提示するわけではなく、現金が払えます。

また、クレジットカードにはショッピング機能のほかに、キャッシング機能もあります。キャッシング機能に関しては、消費者ローンと同じく、現金が借入できるため、ほとんど同じと言って良いでしょう。ただし、消費者ローンではなく、クレジットカードを使えばいいや!と考えている方は注意が必要です。

キャッシング機能の金利は非常に高い

クレジットカードのキャッシング機能の金利は、一律18.0%固定と大変高い基準になっています。消費者ローンの金利は、3.0%~18.0%と幅があるため、審査時に金利が安くなることもありますし、利用していく中で借入・返済の実績を積めば、金利が引き下がります。

しかし、クレジットカードのキャッシング機能は、いくら使っても永遠に18.0%のままです。使えば使うほど、をしてしまうと言わざるをえません。

そのため、クレジットカードでキャッシング機能を利用している場合は、今すぐ消費者ローンに借り換えをおこなってください。

3つのサービスを徹底比較してみました!

最後に、消費者ローンと銀行カードローン、そしてクレジットカードの違いを徹底的に比較していきます。クレジットカードのキャッシングは論外ですが、消費者ローンと銀行カードローンは一長一短があります。

今回は、消費者ローンの代表として「プロミス」銀行カードローンの代表として「auじぶん銀行」クレジットカードの代表として「エポスカード」を以下5項目で比較してみました。

徹底比較

【金利】
◆1位auじぶん銀行 :1.48%~17.5%(通常)
◆2位プロミス  :4.5~17.8%
◆3位エポスカード:18.0%

【限度額】
◆1位auじぶん銀行 :800万円
◆2位プロミス  :500万円
◆3位エポスカード:初回20万円程度

【サービス】
◆1位プロミス  :1ヶ月利息0円
◆2位auじぶん銀行 :借り換えがお得
◆3位エポスカード:特に無し

いかがでしょうか?金利面や限度額では、銀行カードローンのほうがお得ですが、それ以外を比較すると、断然消費者ローンのほうが利用しやすいのです。カードローンを利用する目的に合わせて、自分にあったものを選ぶようにしてください。

カードローン人気ランキング

おすすめの特集ページ

利息に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る