早給でお金を借りたい人がカードローンの利用を検討すべき理由

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

 この記事の内容 
  • 「早給」について知りたい!
  • 生活費がヤバイ…少し足りない。
  • 給料の前借りができるって本当?

「早給」というサービスをご存知でしょうか。簡単に言うと給与の前借りをするシステム のことです。

給与の前借りそのものはシステムではなく、雇用主とアルバイトとの間での信頼関係に基づいて昔から行われる場合もありました。ただ、この早給はシステムとして確立したものです。

早給というシステムを、そもそも利用できない人は最後の手段としてカードローンを一時的に利用するという方法があります。
そういった方はコチラへ!早給が利用できない方

人気の日払いバイトに対抗する早給

「日払いのアルバイト」を経験したことがある人も、たくさんいる事でしょう。言うまでもなく、その日の労働分をその日のうちにもらうというシステムです。アルバイトをする動機はバイト代を稼ぐことですから、早くもらえるだけありがたいわけです。

 ◆日払いのアルバイトで多い仕事
◇イベント会場設営
◇交通量調査
◇試験監督
◇警備員・監視員
◇引っ越し作業員
など

早給ならばアルバイト代が担保になるので貸し倒れがない

簡単に言うと、まだ働いていない分の給料を先に渡すことが早給です。

「アルバイト先がよくこんなシステムをOKするな」と思われるかもしれませんが、要はアルバイト代を先に担保として取っているので企業としてはありがたいシステムなのです。

求人をかけても応募がなかったり、すぐにやめたりして定着率が悪い、など雇う側は苦労も多いようです。

人材が定着しないことは大きな事業ロスになりますので、早給の導入を決める企業が増えてきているのです。

外国人アルバイトのために海外送金も対応

最近は様々な職場で外国人のアルバイトが入っていますが、彼らも日払いがありがたいそうです。

特に彼らは、バイト代を海外送金してくれる と、とても喜ぶといいます。

早給はそのニーズにもこたえており、クレジットカードを通じて海外送金にも対応しています。システム導入で外国人の求人獲得もしやすくなる点も企業にとってもいいようです。

元「株式会社早給セゾンカード」

「早給」は会社名とサービス名がイコールです。

2015年12月に会社が設立され、途中でセゾンと資本業務提携したこともありましたので、資本準備金も含めた資本金は8億円を超えていました。

そのため「株式会社早給セゾンカード」という社名に一時はなっていましたが、その看板を下ろして、現在は早給が単独で事業を行っているようです。

早給のメリットとデメリット

早給とはあくまでアルバイト代の70%を上限に前借りができる システムです。

返済も自動的に行われていきますが、とても便利な面がありメリットが多いことは疑う余地がありません。

また、一方でデメリットもありますので、両方を取り上げておきます。

早給の最大のメリットは前借り&審査無し&海外送金有り

まずはアルバイトから見たメリットですが、それは次のようなものがあるでしょう。

メリット
● 支給日を待たずに前借りできる
● 海外送金にも対応
● 加盟社の従業員ならば審査なし

早給の加盟社で働くことがまずは前提となりますが、外国人のアルバイトの方は特に海外送金対応がありがたいのは言うまでもありません。また、日本人の方も金融機関でローンを組む時とは違って、審査なしでお金を前借りできます。

企業にとっての早給のメリット

早給はアルバイトだけでなく、雇用する側の企業にとっても大きなメリットがあります。今度はその点について触れていきましょう。

メリット
● 福利厚生の一部になる
● 従業員が定着しやすくなる
● 求人の際のアピールになる

早給の加盟社であることが前提ですが、日払いバイトに対抗するためには給与の前借りは有効な手です。それは、採用の面で苦戦している企業が大きな関心を寄せるもの無理はありません。

早給のデメリットは翌月一括返済

早給は優れているシステムですが、メリットばかりではなくデメリットも存在します。それは次のような点ですので利用前に確認しておいてください。

デメリット

● 加盟店をやめてしまうと借りられない
● 翌月一括返済になってしまう(金利6%)
● バイト代の7割までしか借りられない

早給は給与を前借りできるのですが、翌月で全額返済しなければいけません。でも、働いてさえいればバイト代から引かれるので払えないということはないので心配は要りません。返済してバイト代がなくなれば、また早給を利用すればいいだけです。

しかし、この繰り返しではいつまでもたってもお金が貯まらないということも事実です。また、バイト代の7割が限度額ですので、あまり大きな金額は借りられません。

企業側の早給のデメリットはCF悪化

早給側にはメリットもありますが、完全にいいことばかりかというと、そうでもないでしょう。次のような懸念もないわけではありません。

デメリット

● キャッシュフローは一時的に悪化する
● アルバイトの士気
● 早給システム導入の費用対効果

あとはアルバイトの士気ですが、給与を前借りしたためにそれを保てるのかどうか、マネジメント面で弊害がないかどうかも気に掛かります。

Q.キャッシュフローって何?

Murakami

ファイナンシャルプランナー|村上敬

お金の流れのことです

キャッシュフローとは一般的に「お金の流れ」を意味します。個人においても企業においても使われる言葉で、収入と支出の計上が一覧で分かるような状態のものを、キャッシュフロー表やキャッシュフロー計算書と言います。
会社は常に売上や投資資金を計算しながら運営していくものなので、キャッシュフローで予定外の数字が出てくると、運営に支障が出てしまうケースがあります。そうした面も踏まえ、早給はなるべく避けた方がいいでしょう。

お金が足りないけど早給が使えない場合

お金が無くて早給を使いたくても、そもそも勤務先に早給というシステムがない場合も多いかと思います。そんな時には、どうにかして他の手段を使ってお金を準備するしかありません。

 ◆生活費が足りなくなった時は…
◇売れるものを探す
◇両親や知人に借りる
◇日払いのアルバイトをする
◇カードローンでお金を借りる

時間と人間関係に注意

まずは身の回りで売れる物がないかどうかを探してみてください。その上で、空き時間を見つけて日払いのアルバイトなどを検討してみてください。

それでもお金を作るのが難しい場合に、誰かに借りるという選択肢を視野に入れましょう。

その場合は、人間関係が悪化してしまうことを覚悟しておきましょう。当然、事情を正直に話して頭を下げましょう。借金とはそういうものです。

カードローンあくまでも最後の手段

どうしても他に方法がないという場合のみ、カードローンの利用を検討してみてください。カードローンに対して、良いイメージを抱いていない人も少なからずいますが、カードローンには以下のようなメリットがあります。

 カードローンのメリット 
審査が早いので今日・明日中に借りられる
消費者金融は最短30分で審査結果を通知しており、よほど遅くに申込まなければ、申し込んだ当日中の借入も難しくありません。
30日分の利息をゼロ円にできる
一部の消費者金融は「無利息期間サービス」を提供しており、初回限定で30日分の利息をゼロ円にできます。
成約率が高いので申し込みやすい
消費者金融は、カードローン業界の中でも成約率(申込者の内、実際に借りられた人の割合)が高くなっています。そのため、申し込みに対するハードルは高くないと言えます。

早給はあくまでシステムを導入している企業が対象なので、それ以外の会社でアルバイトをしてしまうと利用できません。

ただ、カードローンならばどこの会社でも無関係に借り入れはできますし、アルバイト代以上の金額を借り入れることもできます。

また、限度額いっぱいまでは自由に借り入れもできる点もメリットです。返済も翌月一括ではないので、自分のペースで返済できます。

最初の1ヶ月は利息0円のアコム

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でダントツNo.1!30日分の利息が完全ゼロ円!最短60分で借りられる!
公式サイトへ▶

2017年で創業50年。三菱東京UFJフィナンシャルグループの一員として、全国各地の金融機関の審査・保証業務を担当し業界内外から高い評価を得ています。

利用者数は全国に約140万人います。まさにカードローン業界のナンバーワンと言える存在です。

早給とカードローンでは結局はどっちが得か

お金を借りたい人にとって、早給とカードローンはどちらも素晴らしいメリットを持ったサービスです。

どちらの方法を選択するかは、ご自身の環境といつまでにいくらのお金を借りたいのかという状況によって決まります。

早給システム導入の会社で働いているなら、100%確実に借りられる早給がやはりいいでしょう。
一方で、勤務先が早給を導入していないのならば、カードローンがおすすめです。金利も安く、返済期間も自分で選ぶことができます。また、最初の1ヶ月間は利息0円のサービスもあります。

【まとめ】早給は勤務先しだいで使えないことも

早給とは、給与を前借りの制度をシステム化したものです。

このシステム導入企業で働いていれば前借りができますし、希望するなら海外送金もできるという点が魅力です。一方で、給与の70%までしか借りられませんし、翌月6.0%の金利をつけて返済しなくてはいけませんので、返済した後の生活は苦しくなるかもしれません。

他にお金を借りる手段として代表的なものに、カードローンがあります。金利が3.0%からなのでお手ごろで、また返済期間も自由に設定することができます。また、初めてのご利用なら最初の1ヶ月は利息が0円となります。

お金を借りる際には、くれぐれもメリットとデメリットを考えてよく検討してからにしましょう。

ここに注意
カードローンは時間稼ぎだと考えてください
カードローンで解決できるのは、「一時的にお金が足りない」という問題です。
翌月以降に返済をしていかなくてはいけないので、あくまでも時間稼ぎだと考え、今後の貯金計画を見直してみてください。

お金借りるに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る