ゆうちょ銀行カードローンの審査に落ちる理由と適切な対処法

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

 この記事はこんな人向けです 
  • 今月、どうしてもお金が足りない
  • ゆうちょのカードローンを使おう
  • あ!審査に落とされた!?

ゆうちょ銀行カードローン「したく」とは

ゆうちょ銀行カードローン したく
金利 7.0~14.9%
限度額 最大500万円
遅延損害金 年19.5%
利用条件 ・満20歳~70歳
・安定収入がある
・保証会社の保証を受けられる
・参考:ゆうちょ銀行カードローンしたく

ゆうちょ銀行が提供するカードローン、したく。
限度額の範囲内なら何度でも借入が出来る、「いざという時に助けになってくれるカード商品」です。

金利の低さが大きな魅力

ゆうちょ銀行カードローンの特徴は、金利の低さにあります。
例えば、消費者金融が提供しているカードローンの場合、金利の相場は18%程度です。

「したく」の金利は上限が14.9%であり、一般的な消費者金融より約3%はお得に借入できます。
金利の低さは利息負担の軽減につながるので、魅力的なカードローンと言えるでしょう。

提供元はスルガ銀行

「したく」は、ゆうちょ銀行に申し込みを行うカードローンですが、その提供元はスルガ銀行です。

そのため、利用者は「したく」を利用する際、ゆうちょ銀行ではなくスルガ銀行と契約することになります。

ゆうちょ銀行カードローンの審査について

ゆうちょ銀行カードローンを利用できるのは、審査に通過できた人だけです。
カードローンというものは、保証人なしで利用できる無担保ローン商品です。利用者が返済困難になれば、ゆうちょ銀行は貸付金の回収手段を失います。

返済遅延や踏み倒しといったトラブルを防止するためにも、ゆうちょ銀行は事前に「審査」で返済能力が無い人を"ふるい"に掛けなくてはなりません。

審査の一部は保証会社が行っている

「したく」の審査は、実のところゆうちょ銀行やスルガ銀行がすべてを担当するわけではありません。審査の一部は、保証会社であるSDP株式会社に委託されています。

SDP株式会社はスコアリングシステムを用いて、申込者の本人情報を数値化し、融資の可否を判断します。これは自動システムであり、スコアリング結果が通過基準に満たない場合は、決して審査に通過できません。

審査では警察庁データベースへの照会も行われる

SDP株式会社によるスコアリングが終わると、今度は「警察庁データベースへの照会」という工程があります。
その目的は、申込者と暴力団・犯罪組織等に関係がないことの確認です。

警察庁データベースへの照会には最短でも2営業日を要するので、申込者は当日中に審査結果を知ることはできません。
そのため、ゆうちょ銀行カードローンでは決して即日融資ができないようになっています。

ゆうちょ銀行カードローンの審査に落ちる理由とは

ゆうちょ銀行やスルガ銀行は、カードローンの審査基準を決して公表しません。そのため、万が一審査落ちしても、具体的な原因を知ることはできないようになっているのです。

しかし、一般的にカードローンの審査に落ちる理由と言うのは、以下に絞り込まれます。

収入が安定していない

ゆうちょ銀行カードローンの審査に通過するには、月々の返済を続けられる程度の「安定収入」が必要です。
具体的には、

  • ・雇用形態
  • ・年収額
  • ・勤続期間
  • ・勤務先の業種
  • ・企業規模
  • …etc

といった項目が総合的に評価され、審査が行われます。

特に注意すべきは、勤続期間です。どれだけ高給な職業についていても、極端に勤続期間が短い場合、「まだ安定しているとは言えない」と判断されかねません。

他社借入が多すぎる

審査では、すでに他社から借入している金額や件数についても確認されます。
他社借入があると、その分だけ返済能力が低下するからです。

年収に対して多すぎる借入や、4社以上からの同時借入がある場合、審査通過は難しいと考えておきましょう。

信用情報がブラック化している

ゆうちょ銀行カードローンの審査では、過去に行った金融取引状況も確認されます。信用情報という、個人の金融取引内容の記録が確認され、そこに問題があると「返済の意思なし」と判断されて審査落ちするのです。

具体的には、

  • ・クレジットカード利用代金の長期延滞
  • ・割賦払いの長期延滞
  • ・ロー返済の長期延滞
  • ・自己破産等の債務整理
  • …etc

といったトラブルを起こしている場合、信用情報がブラック化していて、審査には通過できません。

参考記事

銀行カードローンの審査に落ちる5つの理由を元銀行員が徹底解説

どうしてもお金が必要な場合は他のカードローンの利用を検討してみる

お金が無いと本当に困るのに、ゆうちょ銀行カードローンは利用できなかった。そんな状況でも、お金を用意できないリスクは無視できませんよね。

どうしてもお金が必要なら、他のカードローンにも目を向けてみてください。

カードローンによっては審査基準は異なる

もちろん、どのようなカードローンも厳正な審査を行っています。


しかし、カードローンの審査基準と言うものは各社で異なっているので、ゆうちょ銀行カードローンで審査落ちしたとしても、他社に申し込めば借入できる可能性があるのです。

大手消費者金融の利用を検討してみては?

例えば、大手消費者金融が提供しているカードローンに目を向けてみてはいかがでしょうか?

消費者金融と銀行では、審査の仕組みや確認項目が異なります。そのため、銀行カードローンで審査落ちした人でも、消費者金融では借り入れできる可能性が十分にあります。

大手消費者金融は成約率を公表している

大手消費者金融の一部は、IR情報で投資家向けに「成約率」を公表しています。成約率とは、申し込んだ人の内実際に借り入れした人の割合です。
例えば、大手消費者金融の代表格アコムの場合、成約率は44.8%となっています。参考:アコム『DATE BOOK』

もちろん、消費者金融の審査に落ちてしまう人もいます。しかし、多くの方が借入できているというのも事実。次回に申し込み先を選ぶ際は、こういった点に着目してみても良いでしょう。

無利息期間を利用すればお得に借入れできる

カードローンの中には、無利息期間のサービスを設けているところもあります。

無利息期間とは、一定の期間無利息で借入れができるというものです。

例えば、アコムでは初めての契約で、アコムが指定した返済方法を設定すれば、契約日から30日間無利息で借入れができます。
消費者金融業者によって、無利息期間の利用条件は異なります。

直近の返済に困っている場合であれば、無利息で借入れをして無利息期間内に返済をするということも可能です。

早ければ即日融資もできる

ちなみに、消費者金融には「早ければ即日融資ができる」というメリットがあります。なぜなら、審査が最短30分という早さで完了するからです。

銀行カードローンの場合、審査に最短でも2営業日はかかるので、決して即日融資はできません。

少しでも早くお金を用意したい。そういった方にとっては、消費者金融はより適切な選択肢と言えるでしょう。

おすすめのカードローンはこちら

アコム

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要

アコムは、「3秒診断」で借入できる可能性の有無を確認できます。年齢・年収・カードローン他社お借入状況から無料で簡単に診断できるので、ぜひ試してみてください。

金利は年3.0~18.0%、限度額は最大800万円と、大手消費者金融としては一般的な数値です。

公式サイト
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

プロミス

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要

プロミスでは、「お借入れシミュレーション」でご利用できる可能性があるのかを確認できます。入力が必要な項目は、生年月日・年収・他社お借入金額の3つです。

プロミスは、限度額は最大500万円と平均的な数値ですが、金利が年4.5~17.8%と、上限が他消費者金融より若干低めです。

公式サイト
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

アイフル

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要

アイフルの「1秒借入診断」を使えば、年齢・雇用形態・年収・他社借入金額の4点から、ご利用可能性の有無を判断できます。

金利は年3.0~18.0%、限度額は最大800万円と、平均的な数値となっています。

公式サイト
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

まとめ

ゆうちょ銀行カードローンは、確かに低金利で魅力的な商品です。ただし、利用にあたっては審査を受けなくてはなりません。
万が一審査落ちしたら、焦りや不安を感じてしまうことでしょう。しかし、落ち着いてください。

どうしてもお金が必要なら、その他の選択肢にも目を向けてみてはいかがでしょうか?
カードローンの審査基準は各社でことなるので、他社に申し込めば借入出来る可能性があります。

審査落ちに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る