ライフティの審査が甘いという情報はウソか本当か検証

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

ライフティはカードローン業界準大手です。

大手で審査落ちした後に申し込んで、実際に審査に通った方々もいます。
審査が甘い、というのは利用者それぞれの感想なので判断は難しいところです。

インターネット上に転がっているそうした情報は正しいのかどうか、ライフティの審査基準や審査内容について見ていきます。

ライフティのサービス概要

ライフティは東証1部上場企業傘下の企業です信頼性も抜群です。

 ライフティ
【評価】★★★★★(4.5)
金利 :8.0~20.0%
限度額:最大500万円
審査 :最短30分

カードローン業界準大手ながら、大手以上のサービスを提供。
・即日融資可能(当日午後1時までに申し込み)
・35日間利息0円
・ライフティポイントを貯めると金利優遇などもあり
・0.3秒診断で借り入れ可能かすぐに診断

公式サイトへ

ライフティの審査基準は返済能力の有無

ライフティに限らずカードローンの審査で何を見たいかと言えば、返済能力の有無です。

融資基準はカードローン各社によって異なりますが、そ基準に達したら「融資可能」。逆に基準に満たなければ、審査落ちになります。

それを確かめるために、審査ではありとあらゆる項目を様々な方向から検証しているのですが、もう少し詳しく見ていくことにしましょう。

スコアリングシステムで点数化される

現在のカードローンの審査は高度にシステム化されて、入力項目を自動的に採点してポイントが弾き出されます。

これまでの業暦の中で蓄積してきた膨大なデータがあるからこそできるのです。
その精度はかなり高いといわれますが、主な入力項目は次のようになります。

入力項目

・年齢
・職業
・勤務形態
・勤続年数
・収入
・居住形態
・家族構成
・他社借り入れ状況など

もちろんこれだけではなく他にも項目がありますが、入力情報が正しいという前提であれば、融資可能かどうかはほぼわかってしまいます。

ウソの入力はバレて審査落ちする

入力項目を基にシステムで審査を行って、融資可能かどうか判断ができるまでになっています。
ただ、それは入力情報が正しいという前提です。

入力情報が間違っていたり、ウソだったりするとどうなるのでしょうか。

特に年収、職業などでウソを貫き通そうと思っても、膨大なサンプルに照らし合わせると不自然さが出てきますので、審査落ちにもなりかねません。審査に通りたいがために、借り入れ金額を少なくしたり、年収を盛ったりしないようにしましょう。

また、間違いの場合は電話連絡や在籍確認などの際に訂正もできます。

システムに加えて人の目で総合判断で精度を上げる

システムだけの審査でもほぼ正しい結果は出ます。

ただし、ウソの入力や細かい事情などを総合的に判断するためには、やはり人間の目を必ず通すことが大事になります。
それによってさらに精度がアップすることもできます。

Q.申し込み内容の嘘はなぜバレてしまうのか

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

書類や他の情報との整合性

申込の際に嘘の情報を申告するとたいていの場合にはばれてしまいます。
まず、信用情報を照会するのに重要な個人情報ですが、この情報は本人確認書類を提出した際にばれてしまいます。
勤務先は、会社に審査担当者が電話をかけて確認を行っていますので、虚偽申告は通じません。
年収は収入証明者を提出すればバレますが、勤務先と勤続年数からおおよその年収は推測することができます。
勤続年数は裏付けをとって確認しているわけではありませんが、年収と勤務先から、おおよその勤続年数を推測することができます。
このように、複数の情報を総合的に判断することによって、当該情報が嘘か本当かを推測することができます。
勤続年数を1年程度ごまかすくらいであればばれない可能性はありますが、その他の情報は嘘を書いてもばれてしまうのです。

在籍確認電話で本当にいるかどうか調査

カードローン会社は在籍確認といって、申告した勤務先に電話をして本当に勤務しているかどうかを調査します。

もしも同僚が電話に出たとしても、担当者は社名を告げることなく、 在籍だけを質問します。

もしあなたが席を外していたとしても、同僚が「席を外しております」などと言えば、在籍は確認されましたのでこれで終了です。

Q.審査で最も重視される項目とは

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

信用情報です

審査の際の最も重視される項目は間違いなく信用情報です。
逆のそのほかの情報は多少問題があるくらいであれば信用情報に問題がない場合には審査に通過できることもあります。
消費者金融では年収の3分の1、銀行では年収の2分の1を超える借り入れはできませんし、事故情報が記録されているブラックの人にも融資を行うことは難しくなります。
この他、他社借入件数が少ない人、半年以内にローンへの申込回数が少ない人は審査に通過できる可能性があります。
また、クレジットカードや他社借入の返済や支払いに遅れがない人は多少属性に問題があっても審査に通過できます。
このように、これらの情報から返済をする人かどうかを判断しています。
信用情報は申込人のお金に関する性格を判断する項目です。お金がある人でもない人でも支払いにしっかりしている人はいますし、ルーズな人はルーズです。
このため、信用情報から「この人は返済はしっかりと行う」と判断されることが最も重要です。

ライフティの審査とはどのようなものか

一般的なカードローンの審査について触れてきましたが、ここからはいよいよライフティについて見ていきます。

カードローン会社には各社それぞれが独自に審査基準を決めていますが、ライフティではどのような審査が行われているのか検証していきます。

消費者業界準大手ならではの審査

ライフティは消費者金融業界では準大手の位置付けです。そして、審査・保証業務は大手には委託せずに自社で行っています。

業界事情としては、ライフティは2015年7月に事業をスタートしている新規事業者です。だから、どうしても新規の顧客開拓を積極的に行いたいという事情はあるので、審査に通る方は多いのかもしれません

こうした動きはどの業界でもあることで、カードローン業界も例外ではありません。

これが「ライフティは審査が甘い」という噂につながっている可能性はあります。

消費者金融の審査は40~50%くらいが通る

ライフティの審査にどのくらいの方々が通っているのでしょうか。

業界大手プロミス、アイフルなどの成約率(審査に通る割合)は40%~50%の間で推移しており、大手のレベルは一般に40%台後半だと思われます。

ライフティは成約率を公表していません。しかし、新規参入事業者ですし大手がカバー仕切れていない顧客を取ろうとするなら、あくまでも予測でしかありませんが、成約率は大手よりも高めと言えるかもしれません。

ブラックリストも審査に通すのか

カードローンの取引では「信用情報」が重視されます。
これは、ローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録したものです。

もしも返済でトラブル歴があると、この信用情報が「ブラックリスト」入りしている可能性も高く、審査落ちの対象となります。

では、その信用情報がどのくらい大事なのか、また、ライフティではどのように扱っているのでしょうか。

3ヶ月連続の滞納でブラックリスト入り

ブラックリストは、ローン返済トラブルなど一定の条件を満たす方は信用情報機関の記録に、その情報が残っているのです。

その場合は5~10年の一定期間は取引はできませんので基本的に審査落ちしてしまいます。
例えば次のような方はブラックリスト入りしている可能性が高いのです。

・3ヶ月以上の滞納を行った方
・債務整理を行った方

他にも、クレジットカードの滞納、賃貸マンション、携帯電話、日本学生支援機構の奨学金などもその対象です。

Q.信用情報がブラック化していると絶対に審査は通過できないのか

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

絶対ではありませんが難しいです

大手消費者金融や銀行カードローンでは信用情報に事故情報を発見した場合には、確実に審査には通過できません。
しかし、自己破産や個人再生などの官報記載の事故があってから5年超10年以内であれば、状況は変わる可能性があります。
消費者金融の審査ではJICCとCICに照会を行います。この2社は5年経過時点で信用情報からどのような事故情報も削除されます。
また、銀行審査では上記2社に加えてJBAにも照会を行い、JBAには官報記載情報は10年まで記録されますが、ローンによっては過去7年以内までいったように所定の期間しか照会しない場合があります。
このような場合には信用情報に事故情報があっても、所定の年限以内には発見されず審査に通過できることもあります。
また、中小の消費者金融ではブラックだからと言って即否決にせず、返済できる人かどうか慎重に審査を行ってくれるところもあります。

【まとめ】ライフティは独自の審査基準で丁寧に見る

ライフティは新規参入事業者です。

そういう事情で顧客獲得を伸ばす必要があるので、「ライフティの審査が甘い」という声が多く出ているのかもしれません。

もちろん審査は定評どおり、大手で審査落ちした方々や、ブラックの方々でもキチンと審査を行っています。

これからカードローンの利用を考えている方々はライフティを検討してもいいのではないでしょうか。

 ライフティ
【評価】★★★★★(4.5)
金利 :8.0~20.0%
限度額:最大500万円
審査 :最短30分
公式サイトへ

おすすめの特集ページ

審査基準に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る