学生が安心して利用できるキャッシング専用カード~親バレや在籍確認の不安も解決~

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

  1. 学生におすすめのキャッシング専用カード
  2. 学生が知らないキャッシングの基本知識
  3. 親バレは無人店舗を利用して防ぐ!
  4. 在籍確認の不安は電話1本で解決!
  5. まとめ

免許を取るお金が必要
ゼミやサークルの費用が足りない
友達との思い出づくりにもお金が掛かる

お金の悩みは、社会人だけのものではありません。学業優先でアルバイトの収入しかない学生にとっても、金欠は大きな問題です。

そんなとき問題を確実に解決できるのが、キャッシング専用カードです。

学生におすすめのキャッシング専用カード

学生でも安心して利用できる、おすすめのキャッシング専用カードを紹介します。

特におすすめはプロミス

上記の中で、特におすすめなのはテレビCMでも有名なプロミスです。
アルバイトやパートであっても最短1時間で利用できるうえ、学生相手でも丁寧に対応してくれるのでどこよりも安心してキャッシングできます。

コンビニでキャッシング・返済できる

プロミスのカードは、全国の大手コンビニに設置されているATMで利用できます。
つまり、24時間365日いつでもキャッシングや返済ができるというわけです。

もちろん、プロミスカードはコンビニ以外の銀行ATMでも問題なく利用できます。
以下のATMなら、営業時間内はいつでもキャッシングできるので、最寄りの設置場所を確認してみてください。

種類 店舗名 検索
都市銀行/コンビニ 三井住友銀行 ATM検索
三菱東京UFJ銀行 ATM検索
ゆうちょ銀行 ATM検索
セブン銀行 ATM検索
E-net ATM検索
ローソン ATM検索
地方銀行 東京スター銀行 ATM検索
福岡銀行 ATM検索
イオン銀行 ATM検索
第三銀行 ATM検索
熊本銀行 ATM検索
西日本シティ銀行 ATM検索
横浜銀行 ATM検索
親和銀行 ATM検索
広島銀行 ATM検索
八十二銀行 ATM検索
その他 クレディセゾン ATM検索

バイト代だけで返済できる

プロミス最大の魅力は、どのキャッシング専用カードより返済しやすいことです。
月々の最低返済額は利用額に応じて設定されますが、その金額がどこよりも安くなっています。

「バイトしたいけど、学校が忙しくてなかなかシフトに入れない」
そんな学生の方でも、プロミスなら安心してキャッシングできます。

利用額 最低返済額
1万円 1,000円
5万円 2,000円
10万円 4,000円
20万円 8,000円
30万円 1万1,000円

実際に学生から選ばれている


マネットがプロミスをおすすめする最大の理由は、実際にキャッシングを考える学生のほとんどがプロミスを利用しているからです。
そして、その方々の満足度はとても高くなっています。例えば、マネットにはプロミスを利用した学生から以下のような口コミが寄せられています。

評価★★★★☆(4.4)
バイクをぶつけちゃって、修理するためにキャッシングしました。
親とかバイト先にバレるのが怖かったんですけど、プロミスなら全然大丈夫ですね。
キャッシングしてから半年経ってますが、誰にもバレてません。
職業:学生利用額:10万円借入先:プロミス
評価★★★★★(4.7)
教習所に通いたくて、バイト代も貯めてたんですが、貯まるまで時間が掛かりすぎるからキャッシングしました。
CMを見てプロミスにしたんですけど、申し込みが簡単だし返済もキツくないし、思ったより良かったです。
職業:学生利用額:30万円借入先:プロミス
評価★★★★★(4.9)
サークルを掛け持ちしてて、合宿代だけで一月に10万も必要でした。
バイトもしてるんですけど、正直余裕が無くて、でも合宿は行きたいのでプロミスから借りました。
利用目的がこんな感じでも、かなりちゃんとした限度額を付けてくれましたよ。僕の場合、30万つきました。
職業:学生利用額:8万円借入先:プロミス

このように、プロミスには学生でも安心してキャッシングできる条件がそろっています。

どこよりも使いやすい
返済にも困らない
学生からの評価が高い

どうしてもお金が必要なのに、バイト代だででは間に合わない。そんな時、キャッシングをするならプロミスの利用を考えてみてください。

学生が知らないキャッシングの基本知識

どのキャッシング専用カードを使うかが決まったら、実際に利用するうえでの基本知識も押さえておきましょう。
キャッシング経験が無い学生の方にとっては、常識的なことも馴染みがないはずです。

いざ利用するときに「どうしたらいいのかわからない」とならないために、利用の手順と申し込み方をレクチャーします!

必要なものはスマホと身分証明書だけ

キャッシング専用カードの利用に必要なものは、スマートフォンと身分証明書だけです。
申し込みはネット上で行うのが基本であり、本人確認用に身分証明書だけ用意できればいいので、保証人や通帳・印鑑は一切必要ありません。

ただし、学生証は身分証明書として使えないという点には注意しておきましょう。
提出できるのは、免許証や保険証、パスポート、マイナンバーカードといった書類です。

準備が整ったら、以下の手順でキャッシングができます。

公式サイトで申し込み
担当者から電話連絡
身分証明書を写メして送信
審査結果を受け取って利用開始

たったこれだけの手順で、1時間もあれば必要なお金を用意してもらえます。

親バレは無人店舗を利用して防ぐ!

キャッシングすることなんて、両親には絶対にバレたくない。

どのような学生であっても、親バレだけは避けたいところですよね。
しかし、プロミスをはじめとするキャッシング専用カードは、内緒で利用できるような配慮と工夫をしっかり行ってくれています。

特に親バレを防ぎたい学生であれば、無人店舗でのカード発行をしてみてください。
それだけで、親バレのリスクは限りなくゼロになります。

ここがポイント!
自宅への郵送物を防ぐ!
無人店舗でキャッシング専用カードを発行すると、同時に郵送されるはずの書類も受け取れます。
郵送物の発生を防げるということは、親にキャッシング関連の書類を見られずに済むということです。

返済の遅れにも注意しておこう

1点注意しておくべきは、返済の遅れです。
数日遅れるくらいなら、電話で催促される程度で済みます。しかし、何週間も遅れてしまうと自宅に督促状が届いてしまいます。

これを見られると流石に親バレしてしまうので、毎月の返済はしっかり行ってください。それが、何よりも親バレを防ぐコツです。

ここがポイント!
自動引き落としを利用しよう
キャッシング専用カードには、自動引き落とし返済が用意されています。
毎月指定日になると最低返済額分の返済が自動的に行われるので、うっかり忘れによる滞納を確実に防止できるのです。

在籍確認の不安は電話1本で解決!

親よりもバイト先にバレるほうが怖い!

キャッシング専用カードの利用手続きにあたっては、しっかりとバイトしていることを確認するために在籍確認(バイト先への電話連絡)が行われます。

しかし、在籍確認は必ずしも電話で行われるわけではありません。担当者に相談しておけば、電話以外の方法で在籍確認を行ってくれるのです。

ここがポイント!
書類でバイトしていることを証明!
電話以外の方法とは、書類での確認です。
アルバイト先が発行してくれる給与明細を提出すれば、それが働いていることの証明になってくれます。

給与明細が用意できなくても基本的にバレない

給与明細を用意できない学生の方は、電話で確認してもらうしかないでしょう。しかし、電話でキャッシングがバレてしまうことは基本的にあり得ません。

電話口でキャッシング専用カードの商品名や社名が出ることは無く、内容も「担当者からの個人的な要件」として掛かってくるので、バイト仲間などが対応してしまった場合も安心です。

ここがポイント!
クレカの在籍確認だと言ってしまおう
バイト仲間や店長さんなどが電話に対応して、その後「何の電話だったの?」などと聞かれたら、「クレジットカードを作るから、その在籍確認だと思います」と行ってしまいましょう。
こう言っておけば、それ以上つっこんだ質問をされる心配もありません。

まとめ

学生であっても、まとまったお金が必要になるタイミングは沢山あるもの。
そんなとき、場合によってはキャッシングに頼るのが最善策と言えます。

しかし、キャッシング経験が無い学生にとっては、どのように利用すればいいのかもわかりませんよね。
親バレや在籍確認など、不安も多いことでしょう。

そんな方も、今回レクチャーしたポイントを押さえておけば安心です。
特に、プロミスなら安心してキャッシングができるでしょう。

おすすめの特集ページ

大学生に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る