審査が甘いキャッシング会社は存在するか?通らない5つの理由も解説

この記事に関するアドバイザ

元 銀行員

武藤英次

銀行の支店勤務にて、カードローン(個人向け融資)の申込み受付・審査・管理などを含むあらゆる業務を経験。10年以上の勤続期間中に、延べ10,000名を超える利用者に適切な提案を行った。

この記事の目次

  1. 審査が甘いキャッシング会社はどこ?
  2. 審査に通らない理由1:信用情報に延滞記録がある
  3. 審査に通らない理由2:すでにキャッシングし過ぎている
  4. 審査に通らない理由3:何社も同時に申し込んだ
  5. 審査に通らない理由4:自己破産など債務整理の経験がある
  6. 審査に通らない理由5:そもそも収入が安定していない
  7. キャッシングの審査では会社に電話がある
  8. キャッシングの審査時間は一般的に最短30分
  9. まとめ

審査が甘いキャッシング会社はどこ?

キャッシングしたいのに、審査が通らない。そういった状況では、確かに「審査が甘い会社」を探してしまうでしょうが、残念ながらそういったキャッシング会社は存在しません。

口コミサイトなどでは、「審査が甘かった」などと紹介されているキャッシング会社も見つかるかもしれませんが、そのような情報はそもそも信用しないでください。

審査が甘い会社は闇金

審査が甘い…つまり、まともな契約手続きを行っていな業者は、確実に闇金です。

  • ブラックでも融資可能
  • 無職でも融資可能
  • 他社で断られた方歓迎
  • 審査なしで即日融資

こういった、明らかに審査が甘いとわかる宣伝文句を見かけたら、それはすべて闇金であると考えましょう。

闇金に手を出すと、たとえ一時的にキャッシングできたとしても、法外な金利や過度な取り立て行為の被害に遭う恐れがあります。
何があっても、闇金には手を出さないでください。

何度も審査に落ちている方はキャッシングを考え直してみてください

すでにキャッシング会社の審査に何度も落ちている方は、そもそも返済を続ける余力が不足している可能性があります。
その場合、キャッシングすること自体を考え直してください。例えキャッシングできたとしても、将来的に返済が難しくなり、今よりも大きな問題を抱えてしまう恐れがあるからです。

中小なら審査が甘い、という考えも間違い

ちなみに、「大手の審査が通らないから中小へ」という考えをする方も多いですが、その判断も正しくはありません。

これについては、専門家の方が解説しているので、ご覧ください。

Q.大手より中小の方が審査は甘いのか?

Mutou

元 銀行員|武藤英次

決してそのようなことはありません

確かに、中小消費者金融には大手に比べて「申込者の内、審査に不安がある人の割合が大きい」と言えます。しかし、だからと言って大手より審査に通りやすいわけではありません。
継続的に返済できる人でしか通過できないのは、大手も中小も同じです。

在籍確認なしで審査を終えることもできない

定職についていない方などは、特に在籍確認なしでキャッシングできる業者を探しがちです。

在籍確認とは、実際に働いているかどうかを職場への電話連絡によって確認する手続きなので、確かに働けていない方にとっては大きなハードルでしょう。

しかし、審査で在籍確認を行わないキャッシング会社も存在しません。
もし「在籍確認なし」という宣伝文句を見かけたら、それも闇金なので近づかないでください。

在籍確認をクリアできないならキャッシングはしないでください

そもそも、定職についていない方は、返済を続ける金銭的な余力がないので、キャッシングするべきではないのです。
単に「職場に電話が来るというのが不安」というだけなら問題ありませんが、在籍確認のクリア自体ができないなら、キャッシングはしないでください。

収入証明なしでキャッシングできる会社ならある

上記の通り、審査が甘い会社は存在しませんが、収入証明なしでキャッシングできる会社なら存在します。

そもそも、キャッシングの審査において収入証明書を提出することは、決して「マスト」ではないのです。
特定の条件に当てはまる方にだけ、収入証明書の提出義務が生じます。

収入証明書の提出条件

  • キャッシング希望額が50万円を超える場合。
  • すでにキャッシングしている金額と、新規で借りたい希望額の合計が100万円を超える場合。

審査に通らない理由1:信用情報に延滞記録がある

審査に通らない理由は様々ありますが、特に多いと言われているのが、信用情報に延滞記録があることです。

信用情報には、過去5年間に行ったクレジットカードやローンの取り引き内容が記録されており、キャッシングの審査で必ず確認されます。

キャッシング会社は、信用情報から返済意思の有無を確認しており、長期間の延滞をしている人は「収入状況に関係なく返済をしなくなる恐れがある」と判断されて、審査が通りません。

61日間継続して延滞していると確実に審査落ち

具体的には、61日間以上継続して延滞している場合、それが理由となり確実にキャッシングの審査は通りません。

この状態は、いわゆるブラックリストに載っている状態で、どのような会社からもキャッシングできないので注意してください。

長期延滞してからは対処する方法がない

長期延滞が理由で審査に通らない。この状態を解消する対処法は、残念ながら存在しません。

信用情報から延滞の記録がなくなるまでには、延滞している支払いを清算してから5年間を要します。
つまり、一度長期延滞を起こしてしまうと、5年間待ち続けるしかないのです。

スマホ本体料金の延滞が原因で審査落ちする人が増えている

スマートフォンの機種変更に際して、ほとんどの方が本体料金を分割払いにしていると思いますが、その支払いが延滞することで信用情報が傷ついてしまう人が増えています。

分割払い(割賦払い)は保証会社が関係するために、信用情報に支払い状況が逐一記録されているのです。
そのため、この料金支払いが61日以上継続して延滞した場合も、キャッシングの審査に通らない理由となってしまいます。

CIC・JICCに信用情報を開示請求してみよう

「クレジットカードの支払いを延滞したことがあるけど、審査に落ちるほど信用情報の状態が悪いのかわからない。」
そういった方は、信用情報機関に開示請求をしてみてください。

個人の信用情報は、CIC・JICCといった信用情報機関に手数料1,000円を払うだけで簡単に請求できます。

ちなみに、開示請求の手順は下記の通りです。

  1. 確認事項を事前チェック
  2. 受付番号を取得
  3. ネット上でお客様情報を入力
  4. 開示報告書を受理

開示した信用情報に「異動」と記載されていたらアウト

信用情報の開示報告書を見たとき、書類中央の「お支払の状況」という項目に異動の文字があった場合、すでにキャッシングの審査には通らないと判断できます。

異動とは、要するに真っ当な支払い・返済が行われなかったという記載です。

より詳細な報告書の見方については、CICが発行している資料があるので、そちらを参考にしてください。

審査に通らない理由2:すでにキャッシングし過ぎている

すでにキャッシングしており、その金額・件数が多すぎると判断された場合も、それが理由となって審査に通りません。

審査は、「返済する金銭的な余力と意思の有無」を確認する目的で行われる手続きです。
すでにキャッシングしていると、その金銭的な余力が低下するため、新規で申し込んだ際の審査に影響します。

年収の3分の1がボーダーライン

個人がキャッシングできる金額は、法律で「年収の3分の1まで」と決められています。
正式には、総量規制という制度でそのように決まっているのです。

そのため、すでに年収の3分の1ギリギリまでキャッシングしている場合は、どのようなキャッシング会社の審査も通りません。

お借入れは年収の3分の1までです

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。
・引用:日本貸金業協会

4社から同時に借りている場合も審査が通らない

キャッシング金額が少なかったとしても、4社を同時に利用している場合は、返済困難な多重債務者であると判断されて審査が通りません。

多重債務者とは、借金を借金で返す自転車操業状態に陥っている人です。
その状態になると、最終的には自力で完済できない状況になってしまいやすいため、キャッシング会社もそれ以上の融資を行いません。

審査に通らない理由3:何社も同時に申し込んだ

まだキャッシングしていなかったとしても、何社も同時に申し込んだ人は、将来的に多重債務者になる恐れがあるため審査が通りません。

これは、いわゆる申し込みブラックという状態です。

一般的には、4社以上同時に申し込んでいると、申し込みブラックとなり審査が通らなくなります。

申し込みブラックは6ヵ月間続く

キャッシング会社への申し込み履歴は、信用情報に6ヶ月間保管されます。

そのため、1度申し込みブラックになった人は、履歴が破棄されるまでの6ヵ月間はどのような審査も通りません。

審査に通らない理由4:自己破産など債務整理の経験がある

これまでに、自己破産や任意整理などの債務整理をしたことがある人は、それが理由となりキャッシングの審査が通りません。

債務整理とは、法的に借金の返済負担を軽減する手続きです。
借金に困っている方にとって、言わば最終手段のひとつとなっていますが、これはキャッシング会社にとって「真っ当な方法で返済をしなかった」ことに他なりません。

そのため、債務整理の記録が信用情報に残っている人は、「返済意思が無い」と見なされて審査に落ちます。

債務整理の記録は最大10年間残る

どのような手続きを行ったのかにも依りますが、債務整理を行ったという記録は、信用情報に最大10年間残り続けます。

つまり、過去10年間に自己破産などを行った経験があるなら、キャッシングの審査が通らないということです。

審査に通らない理由5:そもそも収入が安定していない

「収入状況が安定していない」というのも、審査に通らない理由として代表的です。
キャッシングをした場合、その返済は数ヵ月以上かけて少しずつ行うことが一般的なため、支払いを継続できない収入状況では審査に通らないのです。

無職の方はもちろんのこと、収入の上下が激しかったり、突然収入が途絶える可能性が高かったりしても、キャッシングの審査は通りません。

審査に不利な職業がある

毎月一定の収入を得られていたとしても、審査で不利な職種というものがあります。

例えば、

  • 個人事業主・フリーランス
  • アーティスト・タレント
  • 小説家・漫画家
  • 建設業(現場)

といった職種は、キャッシングの審査で不利とされています。
共通しているのは、何らかのトラブルや仕事量の増減で収入が突然途絶えるリスクがある、ということ。

極端に言えば、年収1,000万円のタレントより、年収300万円の会社員の方が、審査では有利なのです。

キャッシングの審査では会社に電話がある

上記で解説した「審査に通らない理由」に心当たりがないなら、まともなキャッシング会社の審査に通る可能性が十分にあるでしょう。

その審査では、必ず申し込んだ人の職場に電話連絡が行われます。
これが、いわゆる在籍確認です。

在籍確認の具体的なタイミングは、下記の通り。

  1. お申込み
  2. 身分証明書を提出
  3. 担当者から本人に電話連絡
  4. 会社に電話連絡
  5. 審査結果の通知
  6. カード発行・お借入れ

実際の順序はキャッシング会社によって前後するケースがありますが、大手の消費者金融については、基本的に本人への電話連絡があった直後に在籍確認を行っています。

在籍確認の電話に上司・同僚が出た際の言い訳

会社に電話があるというのは、多くの人にとって「職場の同僚や上司が出てしまったら、キャッシングすることがバレてしまう」という不安につながると思います。

実際のところ、在籍確認の電話では決して会社名やキャッシングに関する言葉が発言されないので、基本的に同僚・上司が電話に出た程度ではバレません。

とはいえ、万が一にも同僚・上司から「さっきの電話何だったの?」と訊かれたときに備え、言い訳を用意しておくのも良いでしょう。
例えば、下記のような言い訳がお勧めです。

  • クレカの在籍確認でした
  • 親戚からの電話でした
  • よく行くお店の人からでした

特におすすめは、「クレカの在籍確認でした」です。

在籍確認であることは認めつつ、決してキャッシングであることは話さない。
100%嘘を吐くわけではないので、言い訳する側としても話しやすいかと思います。

在籍確認の代行業者は絶対に使わないように

ネットで在籍確認の対策を調べると、代行業者の存在に気付くかと思います。
はっきり言いますが、代行業者を使うと必ず審査に落ちるので決して使わないでください。

代行業者とは、キャッシング会社からの電話に対応し、利用者に在籍確認をパスさせて報酬を得る違法業者です。

代行業者を使ったことは必ずバレる

キャッシング会社は、代行業者のリストを持っています。
そのため、申し込みフォームに電話番号を入力した時点で代行業者の利用はバレてしまい、審査は確実に落ちることとなるのです。

派遣社員の方はキャッシング会社によって電話先が異なる

ちなみに、派遣社員として働いている方は、申し込みフォームに記入する電話番号に注意しなくてはなりません。

つまり、派遣元の電話番号を記入するか、勤務先の電話番号を記入するか、です。

実は、派遣社員の方が記入すべき電話番号は、申し込み先のキャッシング会社で異なります。

例えば、大手のキャッシング会社の場合は下記の通りです。

キャッシング会社 連絡先
アコム 派遣元
プロミス 派遣元
アイフル 派遣元
SMBCモビット 勤務先

電話なしで審査を受けたい方へ

どうしても会社に電話をしてほしくない。そういった方は、ぜひキャッシング会社の担当者に直接相談してみてください。

申し込み直後に電話して、「在籍確認の方法について相談したい」と伝えるだけです。

審査状況にもよりますが、場合によって、柔軟な対応を期待できるでしょう。

在籍確認が無くなるわけではありません

確かに、在籍確認の方法について柔軟な対応は期待できますが、決して在籍確認そのものがなくなるわけではありません。
どのような形であれ、実際に働いているかどうかは必ず確認されるので、その点は肝に銘じておきましょう。

キャッシングの審査時間は一般的に最短30分

実際にこれからキャッシング会社の審査を受けるなら、所要時間は最短30分と考えておきましょう。

もちろん、どこでキャッシングするかにも依りますが、こと大手消費者金融を選んだ場合については、基本的に最短30分です。

実際の審査時間には個人差がある

ただし、30分というのは、あくまでも最短時間です。
実際の審査時間については個人差があり、長引けば数日かかることも。

審査時間が長引く主な要因は、下記の通り。

  • 遅い時間に申し込んだ
  • 申込内容にミスがあった
  • 提出した書類に不備があった
  • 審査結果が通過基準ギリギリだった

筆者が申し込んだ際の審査時間を公開

ちなみに、筆者も大手のキャッシング会社それぞれに申し込んだ経験があります。
当時の筆者のプロフィールは、下記の通り。

筆者のプロフィール

  • 年齢  :24歳
  • 年収  :240万円
  • 職業  :会社員
  • 借入  :なし

この状況で申し込んだ際の、各社の審査時間が、下記の通りです。

商品 審査時間
公式情報 筆者が申込んだ結果
アコム 最短30分 約120分
アイフル 最短30分 約40分
プロミス 最短30分 約120分
SMBCモビット 最短30分 約180分
レイクALSA 最短30分 約60分
※申し込みの時間帯によっては翌営業日以降の対応となります。
※正式な審査結果の通知は、本人書類ご提出後となります。
※即日融資をご希望の場合、平日14時までのお申込みと本人確認書類の確認の完了が必要です。また、審査によりご希望に沿えない場合がございます。

ご覧の通り、残念ながら筆者が30分で通過できた審査はありませんでした。

とはいえ、いずれも当日中には結果が出ています。
よほど急いでいるわけでないなら、上記いずれのキャッシング会社を選んでも問題はないでしょう。

最短30分で審査が終わるキャッシング会社一覧

アコム

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要

アコムは、「3秒診断」で借入できる可能性の有無を確認できます。年齢・年収・カードローン他社お借入状況から無料で簡単に診断できるので、ぜひ試してみてください。

金利は年3.0~18.0%、限度額は最大800万円と、大手消費者金融としては一般的な数値です。

公式サイト
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

プロミス

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要

プロミスでは、「お借入れシミュレーション」でご利用できる可能性があるのかを確認できます。入力が必要な項目は、生年月日・年収・他社お借入金額の3つです。

プロミスは、限度額は最大500万円と平均的な数値ですが、金利が年4.5~17.8%と、上限が他消費者金融より若干低めです。

公式サイト
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

アイフル

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要

アイフルの「1秒借入診断」を使えば、年齢・雇用形態・年収・他社借入金額の4点から、ご利用可能性の有無を判断できます。

金利は年3.0~18.0%、限度額は最大800万円と、平均的な数値となっています。

公式サイト
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

まとめ

キャッシングをするうえで、審査は決して避けて通れません。
どれだけ不安があっても、審査が甘い会社を探すのはやめましょう。注意しなくては、闇金に捕まりかねないからです。

この記事で解説した「審査に通らない理由」に心当たりが無ければ、安全な大手のキャッシング会社の審査も十分に通過する可能性があります。

心当たりがある方は、無暗にキャッシングしようとせず、それ以外の選択肢に目を向けてください。

関連記事

審査基準に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る