キャッシングのフタバのお得な返済と延滞しない方法(返済方式、利息、手数料、毎月の返済額)

この記事に関するアドバイザ

元 クレジットカード会社職員

熊澤健

クレジットカード会社20年勤務し、うち10年間は債権回収を担当。クレジット審査業務能力検定上級コースであるシニアクレジッター及び、クレカウンセラー取得をしている審査のプロ。

この記事はこんな人向けです!

  • ■キャッシングのフタバでお金を借りたい!

  • ■ サービスは?審査は?金利や利息は?

  • 他のカードローンと比べてどう?

キャッシングのフタバをご利用、もしくはこれから申し込みをご検討している方は返済のことは考えているでしょうか。

どうしても金利や限度額、審査の通りやすさなどに比べると、返済はとても地味です。しかし、返済の知識を持っているか持っていないかでは完済し終えるころには、大きな損得の差が出てしまいます。

どのように支払い利息は決定し、どのように返済すれば得をするのか、あるいは手数料は返済し終えるまでにどのくらい掛かるのか、など返済に関する知識をここでつけて役立ててください。

キャッシングのフタバのサービスとは

 フタバ
【評価】★★★★★(4.7)
金利 :14.959~17.95%
限度額:最大50万円
審査 :最短即日

キャッシングのフタバで他社と比較してユニークなところと言えば、他社申し込み4社以内は申し込み可能という点でしょう。

カードローン業界的には「多重債務者予備軍」という見方をするので、確実に審査落ちさせる属性でもあります。それでもフタバはあえて申し込み可能としており、審査が親切で丁寧とのユーザーからの評価が高いのです。

キャッシングのフタバの返済について

カードローンの返済は各社によって契約内容が少しずつ異なっています。
他社で利用したことがある方にとっても、同じだと思わずにこの機会に一度確認しておきましょう。

キャッシングのフタバの返済については、をご自身で銀行や提携ATMに口座振込みをする形を取っています。

ここからは、返済についての諸々のルールや基本的な取り決め、返済方法について確認していきます。

毎月の約定返済は自身で銀行口座振込を行う

毎月の決まった日付に返済することを約定返済と言います。

口座振替をするところが多いのですが、キャッシングのフタバは指定の銀行口座にご自身で振り込みをしなければいけません。

これは面倒なところが2点あり、毎月の振込手数料を負担しなければならないという点と、返済忘れの可能性が出てくるということです。

随時返済を追加して早期の完済を目指す

約定返済がレギュラーの返済方法ですが、対してイレギュラーな返済方法に随時返済があります。
これは住宅ローンなどで行われている繰上げ返済と同じことで、ボーナスなど臨時収入があった際に行うことで、早期の完済を目指すというものです。

随時返済の一種として一括返済というものがあります。
これは、その名前の通りで一度にすべて返済するという方法です。ただ、日割りで利息はかかってきますので、返済日までの正確な支払い金額をフタバに電話連絡して確認しておきましょう。

返済日に関するルール

キャッシングのフタバに限らずカードローンは毎月決まった期間に返済を行わないといけません。

返済に遅れてしまうと、遅延損害金を取られたり信用情報が毀損したりします。 約定返済日はスマートフォンなら通知機能を利用したり、カレンダー、手帳なら印をつけておくなりして、必ず覚えておきましょう。

キャッシングのフタバの返済日は

毎月の約定返済日はキャッシングのフタバに電話をして確認をしておきましょう。

ここで大切なことは、給与支給日との間隔です。選択できる場合は給与支給日の直後にもってくると、残高不足や返済忘れがなくなります。

また臨時で大きな出費などがあった月も、残高不足に陥りがちなので注意が必要です。

返済方式と返済金額について

カードローンの毎月の返済額がどのように決定しているのか、という点を気にしている人は少ないのではないでしょうか。

しかし、知っているのと知らないのとでは完済までの長い期間で、大きな損得の差が生じてきます。
返済額に関しての知識もこの機会に仕入れて、返済に役立ててください。

残高スライド元利定額リボルビング方式

毎月の支払い金額は「残高スライド元利定額リボルビング方式」によって算出されます。

この特徴は一定額を完済まで毎月払っていくという返済方法です。

・毎月の支払いは楽になる
・完済までの期間が長くなる
・返済総額が多くなる

ざっとこんな特徴があります。毎月の約定返済をこなしていきながら、随時返済も行って早期の完済を目指していきましょう。

毎月の返済金額は残高10万円なら2,300円

キャッシングのフタバの毎月の支払額を借り入れ残高に応じて算出すると、次のようになります。

毎月の返済額

・10万円:2,300円
・20万円:4,600円
・30万円:6,900円
・40万円:9,200円
・50万円: 11,500円

返済期間は最長で6年(72回)で比較的長めに取っています。
毎月の返済金額は余裕を持った設定となっており、負担もなく返済ができそうです。

ばかにならない毎月の手数料

キャッシングのフタバの返済で注意することの一つに、返済に際してのATM手数料があります。
これは口座自動引き落としではなく、任意で振り込む形を取っているためです。

 振込手数料
◆1万円以下:108円
◆1万円超:216円

仮にこれを72回支払うだけで、1万円以下でも総額約7,800円になってしまいます。

完済までの長い期間、支払い続けると考えると、意外とばかにならないものです。 カードローン選びは実は、そうした点も考えてから申し込んだ方がいいこともあるのです。

返済総額をおさえる方法

フタバでの返済総額をおさえる方法として、他社カードローンへの借り換えをするという方法もあります。その際には「無利息期間」のあるカードローンを検討してみてください。

大手のカードローンは、1ヶ月間は利息ゼロで借りることができます。つまり、1ヶ月間は利息の悩みから開放されることができるのです。さらに金利そのものが下がるケースもすくなくありません。

以下で無利息期間の使えるカードローンを紹介します。

おすすめカードローン
アコム 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス 金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
アイフル 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分

※お借入の際は契約内容を十分に確認し、収支バランスを考え計画的なご利用を心がけてください。

Q.ブラック化した信用情報を回復させる手段はあるのか

Kumazawa

元 クレジットカード会社職員|熊澤健

5年間経過すると登録は抹消されます

信用情報機関の情報は最長5年間です。一般にブラックと呼ばれているのは、異動情報と呼ばれる延滞などの情報です。異動情報とは、3ヵ月連続未入金、自己破産、強制解約などの情報です。異動情報は5年間登録されていると考えて良いでしょう。
カードローンの審査をする会社は、多重債務防止のため貸金業法等により信用情報機関の情報を参照して審査することが義務付けられています。そのため、異動情報があるとどの会社でも共通して借入が困難になります。
この異動情報が5年を経過すると登録が抹消されるのでどの会社からも借りられない状態ではなくなります。

Q.担当者に遅延する旨を事前連絡するメリットとは

Kumazawa

元 クレジットカード会社職員|熊澤健

支払の相談に応じてくれます

支払が遅れそうな時に事前に連絡しておけば、担当者が支払いの相談に乗ってくれます。貸金業法によって威迫等による取り立ては禁止されていますので、怖がらずに相談しましょう。相談することで催促の電話はなくなり、手紙も減ることがあります。少しの遅れなら相談して支払い方法を決めましょう。
話がまとまらないとき、受けた提案が自分には難しそうなとき、その他困ったときには消費者センターなど公的機関に相談しましょう。
支払に困ったとき、放っておいても問題は解決しません。解決する方法はあるので、怖がらずに相談しましょう。

Q.借り換えを行った方が良い人の特徴とは

Kumazawa

元 クレジットカード会社職員|熊澤健

借入先が多い時はまとめた方が良いでしょう

借入先が多いと、支払いの管理が難しくなります。また、借りたお金で支払うと利息を借りて払うことになり、利息に利息がつくのと同じになってしまい、あっという間に借金が膨らんでしまいます。しかし、増額審査はリスクもあります。その時はおまとめローンが良いでしょう。
支払の管理が整理されてわかりやすくなります。借りたお金で利息を払い続けることもなくなります。また、借入金額がまとまって大きくなると金利が下がることが多いのです。なるべく金利の低いおまとめローンにまとめて支払い総額を減らすことを考えてみてはどうでしょうか。

【まとめ】返済総額をおさえる方法を検討しよう

キャッシングのフタバは利用者に良心的なカードローンとして知られていますが、毎月の約定返済の際にATM手数料が掛かってくる点だけは何とかしてほしいものです。

特に返済を忘れて、カードローン会社から催促の電話を受けて深夜のコンビニATMで返済している方々も意外と多いのが実情です。まさにこれにならないようにしましょう。

やはりこうして返済の知識を持ち合わせているのかどうかというだけで、完済までの利払いの金額も違ってきます。ぜひ、お得な返済方法を身につけてください。

返済日に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る