北洋銀行カードローンスーパーアルカの審査は甘いかどうか~審査時間や内容と基準~

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」の審査回答時間は最短15分で、即日融資も可能です。

これだけ審査時間が短いということは、審査が赤く誰でもお金が借りられるんじゃないでしょうか。
本当なのかどうか、スーパーアルカの審査が甘いのか厳しいのかについて見ていくことにしましょう。

申し込みを検討されている方は、まずは一読してからでも遅くはありません。

北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」とは

北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」のサービス概要を説明しておきます。

スーパーアルカのサービス概要

実質年率(金利):1.9%~14.7%
最大限度額:10万円~1,000万円

・口座なしでも申し込み可能
・口座があれば即日融資(フリコミ)可能
・来店不要で24時間365日申し込み

平日なら最短15分で審査完了のお知らせが可能なところが、スーアーアルカの最大のウリの一つです。しかも1%台の低金利と、1,000万円という限度額は業界でも屈指のサービス水準を誇っています。

北洋銀行は審査であなたの何を見ようとしているのか

北洋銀行をはじめとして金融機関がカードローンの審査で見たいものは、返済能力の有無なのです。

貸出金利をもらえて初めてビジネスが成立するので、それは当たり前のことなのです。
この能力を確かめるために、審査基準や審査内容は作られています。

では、その審査はどのように行われているのでしょうか。

審査はすべてシステム化されているので早い

現在のカードローンの審査は、年収などの定量的な個人情報を入力すれば、返済能力がシステムで弾き出されるようになっています。

カードローン業界はこれまでに蓄積してきた膨大な顧客サンプルがあります。あなたと似た属性の人のデータと照らし合わせれば、ほぼ返済可能性は簡単にわかってしまうのです。

システム化によって大幅にスピードアップできたのです。
だから、最短15分という審査時間は、決してウソではないのです。

審査・保証をプロミスが担当

北洋銀行カードローンの審査・保証業務はSMBCコンシューマーファイナンスが担当しています。
同社は「プロミス」ブランドを展開するカードローン業界大手企業です。

このように大手消費者金融は実は、銀行カードローンの審査・保証業務を行っている場合も多く見受けられます。

消費者金融には膨大なデータサンプルがあるために、システムですぐに融資可能かどうかの結果を出せるのです。 だから銀行から委託されて、銀行が決めた基準に沿って審査を行っています。

その後、銀行が人の目によって総合的に判断して融資可能かどうかを決定しています。

北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」の審査の流れ

北洋銀行カードローンの審査は2段階(仮審査、本審査)で行われますが、審査はある意味で流れ作業になっていて、幾つかの工程に分かれて行われます。

何が見られているのかわかったところで、次は、申し込んでから融資までに、どのようなことが行われているのか、その全体像をここで見ておきましょう。

申し込み~審査~借り入れまでの簡単な流れ

申し込み
仮審査結果の電話連絡
契約書類の送付
本審査(在籍確認含む)
フリコミ・カード発行

お金を借り入れるまでの大まかな流れは以上のようになります。

これは、北洋銀行の普通預金口座をお持ちの方が、WEBからの申し込みを行った場合を想定しています。

仮審査までの連絡が最短15分

審査の回答時間15分というのは最初の仮審査のことを言います。
ここでシステムが弾き出した答えを、あなたに伝えているのです。

そして、そこからは本人認証や在籍確認電話で人的な作業を行って、成りすましの防止や、入力事項に間違いがないことなどを確かめて総合的に判断します。

もし北洋銀行に口座がある場合で、特に給与振込口座に使っているならば、収入と支出の情報は銀行に筒抜けです。おまけに定期預金をしていたり、住宅ローンも組成していたりすると、お金のストックからフローまですべて丸裸に等しい状態です。

口座をお持ちの方は審査が早いという理由は、情報を握っているからです。

審査が厳しいカードローンを見分ける方法

カードローンの審査の厳しさを客観的に見る、ほぼ唯一の方法は金利を見ることです。
一般的に金利が低い方が厳しく、金利が甘い方がゆるくなります。

・返済能力が高い人には、低金利で多額の融資ができます
・返済能力が低い人には、高金利なら少しだけ融資ができます

単純にリスク・リターンのバランスですが、このような考え方でおおむねいいでしょう。

また、厳しいカードローンでは「年収200万円以上」などという記述をあえてするなど、足きり基準は各行ともあると思っておいてください。

1.9%~14.7%は審査が厳しい

北洋銀行カードローンは1.9%~14.7%という低水準なので、かなり厳しいと見て間違いないです。

上限金利だけで見ても14.7%は、消費者金融大手の上限18.0%と比べると3.3ポイントという大きな差があります。それだけ基準を絞ってきているということです。

もう一つの尺度として、消費者金融大手が公表している審査の成約率があります。大手は大体40~50%の間で推移しており、つまり10人申し込んで4、5人が審査に通っているという意味です。

これで推測できることは、銀行カードローンならば審査に通る人は10人中3人くらいというところでしょうか。

消費者金融大手の申し込みも同時に検討する

カードローンでお金を借りるためには、審査に通らなければいけません。
銀行カードローンは相対的に消費者金融大手より審査が厳しいので、アコム、プロミスなどの申し込みも考えておいた方が良いかもしれません。

実際には銀行カードローンに申し込む多くの方々が審査落ちも考えながら、消費者金融にも申し込んでいます。
そういう事情もあって、アコム、プロミスともそれぞれ100万人以上のユーザーを抱えているのです。

プロミス

簡易診断
審査時間 最短30分
即日融資
プロミスの成約率は44.9%
成約率とは、新規申込者の中で実際に借り入れできた人数の割合を示す数値です。
ちなみに、プロミスの成約率は44.9%となっており、たくさんの方に利用されていることが分かります。(2020年4月時点)
3項目を入力すれば借入できるかすぐ判断!
プロミスの「お借入シミュレーション」を使えば、生年月日・年収・他社借入金額を入力するだけで簡易診断してくれます。
「お借入可能と思われます。」という表示が出れば、借入できる可能性はあるでしょう。
スマホユーザーにはアプリローンがおすすめ
プロミスの「アプリローン」は、手持ちのスマホひとつあればキャッシングできるサービスです。
審査落ちしてお急ぎの方でも、ネット申し込み後にアプリをDLすれば、セブン銀行ATMですぐ借入できます。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応となります。

アコム

簡易診断
審査時間 最短30分
即日融資
3秒診断で借入できるかすぐ分かる
審査の前に、借入可能か分かる「3秒診断」を受けられます。入力項目は、年齢・年収・他社借入額のたった3つだけ!
「お借入できる可能性が高いです」と出た方は、審査に通過する可能性があります。
年収の3分の1までなら借りられます
キャッシングの借入額合計が、年収の3分の1を超えない範囲であれば、借りられる可能性あり!
すでに他社で借入経験のある方でも、2社目、3社目としてアコムをご利用しているケースもあります。
全国で157万3,000人が利用している
アコムの利用者数は、業界トップクラスの157万3,000人となっています。(2019年12月時点)
利用できるATMも幅広く、24時間365日借入ができるため、非常に人気の高いサービスです。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応となります。

SMBCモビット

簡易診断
審査時間 最短30分
即日融資
10秒簡易審査で結果がスグわかる!
本審査前に「借入できるかどうか」を、項目入力後に最短10秒で確認できます。
入力項目は、基本的な本人情報など18項目。少し入力は手間ですが、その分、精度の高い結果を知ることができます!
年収の3分の1の範囲内で借りられます!
年収が300万円の方であれば、最大で100万円までは借入できる可能性があります。
すでに他の会社からお金を借りている方も、その金額との合計が年収の3分の1を超えない範囲で融資を受けられます。
専用アプリで24時間いつでもATMキャッシング!
SMBCモビットの専用アプリをスマホにインストールすれば、カードを持ち運ばなくても、セブン銀行ATMで借入できます!
深夜でも手間なく簡単にお金を借りられるので、お勧めです。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応となります。

【まとめ】北洋銀行カードローンの審査は厳しい

北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」の審査について、ここまで見てまいりました。
これで審査が銀行側が、何をどのように見ているのかについてわかったのではないでしょうか。

結論として金利水準を見れば、審査は厳しいということがわかります。
最悪の場合は審査落ちということも考えておかなくてはいけませんが、その際には大手消費者金融も同時に検討しておきましょう。

おすすめの特集ページ

審査基準に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る