おまとめローンの審査基準が厳しい理由と落ちる人の共通点

この記事に関するアドバイザ

元 銀行ローンセンター長

佐藤喜三男

銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

この記事の目次

  1. おまとめローンの審査基準は通常のカードローンと違う
  2. おまとめローンの審査基準はゆるい?厳しい?
  3. 審査の流れは一般的なカードローンと同じ
  4. おまとめローンの審査で重視されるポイント
  5. 必ず審査落ちする人の共通点
  6. おまとめ・借り換えにおすすめの東京スター銀行カードローン

もっと楽に返済したい

複数のカードローンを同時に利用していると、どうしても月々の返済負担が大きくなります。
その負担を軽減してくれるのがおまとめローンですが、その審査基準は決して楽に通過できるものではありません。

おまとめローンの審査基準は通常のカードローンと違う

おまとめローンは、カードローンの一種です。しかし、利用にあたって必ず受ける必要がある審査については、通過基準が通常のカードローンと全く異なります。

そのため、これまでカードローンの審査に問題なく通過し続けてきた人であっても、おまとめローンではあっけなく審査落ちしてしまうケースが少なくありません。

ここがポイント!
最大の違いは他社借入に対する基準
通常のカードローンは、他社借入件数・金額が多いほど審査に不利となります。
おまとめローンはそもそも他社借入があることが前提となっているため、その件数・金額は重視されません。

Q.おまとめローンと通常のカードローンではどちらの審査が厳しいか

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

おまとめローンが厳しくなります

一般的にはカードローンよりも、おまとめローンの方が審査は厳しくなります。
これは、おまとめローンは既に借入のある方に、通常のカードローンより高額を融資するため、時間をかけ慎重に審査しなければならないためです。
基本的な審査内容は変わらず、申込時の属性情報と、信用情報機関へ個人信用情報を照会して判断しますが、収入状況がより重視され、平均以上の収入と、同じ職場での1年以上の勤務実績がないと、審査の通過は厳しくなります。
また、おまとめローンは、年収の1/3以上融資できない総量規制の例外になることが多いのですが、この基準を遵守する事業者もあり、取引先が、総量規制の対象事業者の場合は注意が必用です。

審査基準が違う理由は利用目的にある

一般的なカードローンは、借入が最大の利用目的となっています。対しておまとめローンは、スムーズに返済することが目的の商品です。

そもそも利用目的が違うので、入会審査の通過基準にも差が生まれてきます。
要するに、そもそも審査を行う目的そのものが違うわけです。

ここがポイント!
おまとめローンで追加借入はできない
全く不可能というわけではありませんが、おまとめローンで追加借入はありません。
おまとめローンにはおまとめ用の限度額借入限度額の2つ枠が設定されており、借入限度額未満まで返済を進めないと追加借入ができないシステムとなっています。

おまとめローンの審査基準はゆるい?厳しい?

おまとめローンに限らず、全てのローンで気になるのは審査基準です。

審査に通らないとおまとめローンを利用できません。

おまとめローンは、既に借金をしている人に利用させるから「ゆるいのでは?」とポジティブに思いがちです。しかし実際には厳正な審査が行われているのです。

一般のカードローンより審査基準は厳しい

一般的なカードローンとおまとめローンでは、後者の方が審査基準が厳しくなっています。
なぜなら、おまとめローンは通常のカードローンより確実に貸し付けする金額が高いからです。

審査落ちを経験したことがない方であっても、おまとめローンの申し込みは慎重に行う必要があるでしょう。

審査時間も長く即日利用はできない

どんなに急ぎでも、おまとめローンはスグに利用できません。

一般的なカードローンは即日融資が可能ですが、おまとめローンは2営業日以上待たされるのが通常です。

既に他社借入があり移動するお金が大きいため、審査は慎重に行われます。

審査の流れは一般的なカードローンと同じ

通常カードローンとは審査基準が異なるおまとめローンですが、手続きの流れそのものは共通しています

  1. 公式サイトからネット申し込み
  2. 収入証明書・身分証明書を提出
  3. 担当者から電話連絡
  4. 職場に電話連絡
  5. 電話で審査結果通知

おまとめローンの方が審査時間は長引いてしまいますが、手順は共通しているので、申込時に迷うことはないでしょう。

ここがポイント!
収入証明書の提出は必ず必要
通常のカードローンは、収入証明書不要で審査を終えられます。
しかし、利用金額が高くなるおまとめローンは、書類で税込み年収を証明できないと審査通過できません。

おまとめローンの審査で重視されるポイント

おまとめローンの審査では、以下のポイントが重視されています。

 審査で重視されるポイント
年収の金額

勤続期間

雇用形態

おまとめローンは、収入状況を何よりも重視して審査を行います。
平均年収以上の収入があり、1年以上同じ職場に勤めていないと通過が厳しくなります。
なお、アルバイト・パートでは基本的に審査通過できません。

信用情報の状態

信用情報とは、過去5年分の金融取引情報の記録です。
ここに問題があると、返済に対する姿勢に問題があるとして審査落ちします。
特に、以下のトラブルを起こしている人は、ブラックリスト入りしているため確実に審査落ちします。
  ブラックリスト入りする理由  
クレジットカード代金の滞納
通信料金の滞納
賃貸の家賃滞納
大型ローンの返済遅れ
自己破産などの債務整理
 ※保証会社を通じて契約している場合のみ

上記のポイントは、一般的なカードローンの審査でも確認される項目です。しかし、おまとめローンではより厳しい確認が行われています。

収入状況は通常のカードローン審査を通過できる以上の安定性が必要となり、信用情報についてもちょっとしたトラブルすら見逃してもらえません。

必ず審査落ちする人の共通点

重視されるポイントに問題がなかったとしても、特定の条件に当てはまる人は問答無用で審査落ち対象です。

これは、実際におまとめローン審査で落ちた人の共通点から読み取れます。

返済に遅れたことがある
審査落ちする人の共通点1

「遅れてしまうほど毎月の返済が辛い」と言った方は、最もおまとめローン審査に通過できない人です。

現在のカードローン利用状況に問題がある人は、おまとめで返済負担を軽くすることができなくなっています。

 詳しい事情 
返済が目的なので滞納を最も恐れている
おまとめローンは返済が目的のカードローンなので、滞納のリスクを何よりも危険視しています。
自然と貸付金額が大きくなる商品性でもあるため、絶対に滞納しないと信用できる相手しか審査に通しません。

複数社に同時申し込みしている
審査落ちする人の共通点2

審査落ちを警戒して複数のおまとめローンに同時申し込みをしている方は、全ての審査に落とされてしまいます。

連続して4社以上に申し込んだ場合も同じで、この状態はいわゆる申し込みブラックというものです。

 詳しい事情 
返済能力が低いと勘ぐられている
複数社に同時申し込みしている人は、よほど返済に困っているとみなされます。
出費の増加や収入の低下が生じている可能性があると思われるので、滞納のリスク有りと判断されるわけです。

申し込み内容にミスや嘘がある
審査落ちする人の共通点3

審査は、申し込みフォームに記入された情報をもとに行われます。そこにミスや嘘が発見されると、その時点で確実に審査落ちしてしまいます。

年収情報の嘘は収入証明書をもとに、他社借入件数・金額の嘘は信用情報をもとに見破られるので、とにかく正確な申し込みが審査通過の絶対条件です。

 詳しい事情 
無担保だからこそ信用を重視している
おまとめローンは、通常のカードローンと同様で保証人や担保を一切必要としません。
完全無担保で利用できるからこそ、少しでも信用できない人は審査落ち対象になってしまうのです。

Q.おまとめローンを選ぶポイントとは

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

利用のし易さや限度額の大きさです

おまとめローンは、月々の返済負担を軽くするためのものであり、必ずしも利息を軽減することとイコールではありません。
一般におまとめローンのように、融資額が大きくなるほど金利は低下します。しかし、利用のし易さや、限度額の大きさなども考慮して選ぶと良いでしょう。
例えば、毎月の返済額、返済方法にも注意が必用です。返済額が高過ぎれば、返済が滞るリスクがあり、返済額が低過ぎれば、返済が長期化して利息が増える懸念があります。余裕がある時に、追加返済が任意にできるかどうかも、返済を早めるためには重要なポイントです。
おまとめローンは、以前の借入を完済するために利用するものであることを忘れないようにしましょう。

おまとめ・借り換えにおすすめの東京スター銀行カードローン

おまとめ借り換えを検討している方におすすめなのが、東京スター銀行カードローンです。通常のカードローンに比較すると、年収や就業形態に制限はありますが、金利が低く利用しやすくなっています。

おすすめの特集ページ

おまとめに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る