アイフルカードを紛失した場合の対処法と再発行手続きの流れ【電話連絡・店頭窓口・無人契約機】

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

 この記事はこんな人向けです 
  • アイフルカードが無い!どこかに紛失した!
  • カードを止めるには?カードを再発行するには?
  • 今すぐお金が必要なのに、アイフルカードがない!

カードローン大手のアイフルは、業界でも5本の指に入るほどの利用者数を誇ります。それだけ多くの利用者がいれば、カードを紛失してしまう人もいる事でしょう。

カードを紛失した場合はただちに利用停止の手続きをとらなければ、誰かに悪用されてしまうかもしれません。まずは落ち着いて、3分で読めるこの記事に目を通してみてください。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

内緒で借りたい方におすすめ。
銀行振込で借りたい方におすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まずアイフルと警察に連絡が最優先

アイフルカードを紛失してしまった場合、まず最初にするべき行動は「アイフルに連絡すること」です。そしてその次に「警察への連絡」となります。

多くの人は財布の中にアイフルカードを入れているケースが多いでしょうから、銀行やクレジットカード会社への連絡も必要になるかもしれません。落としたと思われる場所へ探しに行くのも良いですが、どちらが先かというと、まず連絡を入れるべきだと言えます。

アイフルの緊急連絡先

・盗難や紛失の場合:0120-109-437
・夜間および土日の場合:0120-109-334
・電話などつながらない場合:077-503-5102

カードを一時的に無効化してもらえる

上記のアイフル専用ダイヤルに電話をすると、アイフルカードを一時的に利用停止にしてもらえます。紛失したと気付いてから、電話連絡までに時間がかかってしまうと、拾った誰かにお金を引き出されてしまう可能性もあります。電話連絡はできるだけ早く入れることをオススメします。

その場合は、後になってカードが見つかった場合でも、そのカードはもう使うことができない状態になってしまいます。つまり、新しいカードを発行してもらう必要があるということです。しかし、何者かに引き出されてしまうリスクを考えたら、やはりカードは利用停止にしてもらうべきでしょう。

万が一に備えた対策も重要

アイフルカードを紛失してしまった場合でも、暗証番号が解らなければ、お金を借りることはできません。「それなら大丈夫」と考える人も多いかもしれませんが、実はそうでもありません。実際にお金を何者かに引き出されてしまった事例を紹介します。

こんなケースに注意!

■暗証番号が生年月日などで、財布の免許証から発覚
■手帳やメモに残していたことで暗証番号が発覚
■電話番号の下4桁などで発覚
■うっかり口を滑らせてしまったことで発覚

上記のように、うっかりしたミスで暗証番号が知られ、アイフルカードで限度額までキャッシングされてしまうというケースもありますので、自分のセキュリティは万全にしておきましょう。

Q.不正利用された場合はどうなりますか?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

状況によって返済義務が生じる

カードローンを不正利用されてしまった際、借主に過失がある場合には、返済義務が自分に生じてしまいます。
例えば、カードを鍵をかけずに車の中に置きっ放しにしてしまい、カードの暗証番号も誕生日だったという場合などです。
このような場合には被害額を自分で被らなければならない可能性が高くなります。
一方、借主に落ち度がないスリなどの被害の場合にはカード会社に連絡し、警察に届け出れば返済義務は生じないことが多いです。

アイフルカードの再発行手続き

カードを紛失してしまい、どうしても見つからない場合や、カードが破損してしまって使えなくなった場合は、アイフル側に再発行の手続きをしてもらわなければいけません。カードの再発行には、3つの方法があります。

アイフルカード再発行の方法

【1】店頭窓口か無人契約機で再発行手続き
【2】郵送で再発行の手続き
【3】インターネットで再発行の手続き

店頭に行けばその場で再発行してもらえる

アイフルは2017年4月時点で、全国に912店舗を構えています。有人店舗でも無人契約機でも、出向けばその場で有効なカードを再発行してもらえます。

しかし、カードの再発行には本人確認書類が必要です。財布の中に免許証や保険証を入れていて、それも一緒に紛失してしまった場合には、先に本人確認書類の再発行が必要になるという事です。

最寄りのアイフル店舗は以下より検索

店舗情報

郵送でも手続き可能だが時間がかかる

アイフルにカード紛失の旨を伝えた際にでも、アイフル側に申し出れば、カード再発行に必要な書類を送ってもらうことができます。この場合も、本人確認書類のコピーが必要になります。

この場合は、書類の到着~返送~カード到着までに時間がかかってしまうのが難点です。さらに、家族や同居人に内緒でアイフルを使っている場合は、利用がバレてしまうリスクも伴います。

ネットでの手続きも可能

郵送と同じ手続きをネット上で行うこともできます。ただしこの場合は、アイフルカードに記載してあるカード番号が必要になります。覚えている人も少ないのではないでしょうか。

ログインできれば、カード再発行手続きをWEB上でおこなうことができます。ただしこの場合も、カード到着までに少し時間がかかる点だけは覚えておきましょう。

再発行の場合は324円の手数料がかかる

アイフルカードの再発行には、どの手続方法をとる場合でも、手数料として324円が必要になります。

これは残念ながら、カード紛失してしまった件について利用者に過失があると言わざるを得ません。誰かに悪用されてしまうかもしれないリスクや、カードなしで不便になってしまう状況を考えたら、惜しまずに払った方が良いでしょう。

もしも現時点で借り入れ金がある場合には、こうしている間にも利息が発生してしまいます。いち早く元通りの状況に戻す方が懸命と言えます。

【緊急】急ぎでお金が必要な場合の解決策

カードを改めて発行するのには意外と手間がかかります。身分証明書が必要になりますし、申し込み時の記憶を頼りに自身の情報を、改めて伝える必要があるでしょう。

こんな時に検討したいのが「他社のカードローンで一時的に借り換える」という方法です。こちらの方が早く済む可能性が高く、1ヶ月利息0円になる可能性もあります。

【解決法】他社へ新規申し込みをする方が圧倒的に早くてお得

そんな時にオススメしたいのは、他社カードローンへの新規申し込みです。こちらの方が手続きがスムーズに進むうえ、新たに利息ゼロの期間も適用されるため、お得に使うことができてしまうのです。

例えば、同じカードローン大手の「アコム」「プロミス」に申し込みをすれば、1ヶ月間は利息が発生しないうえ、アイフルよりも低金利で使える可能性もかなり出てきます。現実問題として、アイフルを18.0%の金利で使っているならば、プロミスに乗り換えるだけで自動的にお得になるのです。

参考までに紹介しますが、2016年時点でのアイフル利用者数は約67万人ですが、プロミスには約129万人、アコムには約140万人の利用者がいます。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 公式サイト参照
融資 最短即日

SMBCグループの会社。
WEB完結なら電話連絡なし。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。



※他のカードローンへ新規申し込みをする際は、返済の計画をしっかりと立てて、無理のない範囲で利用してください

アイフルカード紛失の際には迅速な再発行手続きと適正判断を

アイフルカードを紛失してしまうと、気が動転してしまうのも無理はありません。しかし、そんな時こそ立ち止まって冷静な判断が求められます。

アイフルと警察に直ちに連絡を入れ、利用停止とカード再発行の手続きをおこないましょう。そして、緊急でお金が必要な場合などは、他社カードローンへの申し込みも検討してみてください。

アイフルのすべて!他カードローンとの違い・審査について
アイフルについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。他社との違いや審査・借入方法など、わかりやすく解説しています。

おすすめの特集ページ

アイフルに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る