振込キャッシングの詳しい利用方法と知らないと損する注意点

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

 この記事はこんな人向け 
  • 振込キャッシングってどんなサービス?
  • どんなメリットがあるの?
  • 自分も利用できるのか気になる!

振込キャッシングという言葉から、「お金を借りる方法」のひとつとして認識してはいるものの、どのような仕組みなのか分からない人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、振込キャッシングとはどんなサービスなのか、実際に利用する方法からおすすめのカードローンまで、わかりやすく解説していきましょう!

振込キャッシングとは

振込キャッシング」とは、カードローンでお金を借りる手段のひとつになります。

コンビニなどのATMで現金を受け取るカードキャッシングとは違い、必要なお金を指定口座に振り込んでもらえるサービスです。

こんな時におすすめ!
家賃の引き落とし日なのに残高不足
今すぐにでもお金が欲しい
忙しくてATMに行く時間がない

振込だから誰にもバレずに借りられる

振込キャッシングを利用すれば、カードローン会社から指定した口座に直接お金が振り込まれるので、場所を選ぶ必要がありません。

つまり、コンビニATMや銀行の窓口で借入しているのを見られてしまう心配が一切ないのです。

インターネット環境さえあれば、自宅や職場からスマホひとつでこっそりとキャッシングできる手軽さは、振込キャッシングの魅力とも言えるでしょう。

残高不足を最短1分で解消できる

カードローンの振込キャッシングには、銀行の営業時間内であればいつでも短時間で振り込めるのが大きなメリットとなっています。

例えば、電気代や水道代を口座引き落としにしている場合、支払日に残高不足のままだと滞納として扱われてしまうでしょう。しかし、振込キャッシングを利用すれば最短1分で残高を補填することもできます。

開設している銀行口座によってカードローンをきちんと選べば、様々な恩恵が得られるでしょう。

振込キャッシングの申し込みは公式サイトから!

魅力的なカードローンの振込キャッシングサービスですが、「便利なだけに申し込みが難しそう…」と考える人がいるのも事実です。

しかし、申し込みから振り込み完了までは、下記のようにシンプルな手順となっています。

公式サイトからネット申し込み
必要書類を提出
最短30分のスピード審査
ネット上で契約完了
スマホから借入依頼
指定した口座に入金

上記のように、最近ではインターネット上で手続きが進められる「WEB申し込み」が主流となっているので、ネット環境とスマホひとつあれば問題ありません。

振り込んでもらう口座は自由に選べる

一般的なカードローンの場合、振込キャッシングする際に送金してもらう口座は、特に指定がある訳ではありません。ご自身の名義であれば、どの銀行口座でも問題なく使用できます。

一部の銀行カードローンなどは、振込先の口座を指定しているケースがありますので、申し込み時に公式サイトで確認しておきましょう。

お急ぎで振り込んでもらう場合の注意点

利便性の高い振込キャッシングですが、やはりメリットだけではありません。

例えば、振込申請した日に指定口座へ送金してもらいたい場合もあるでしょう。しかし、借入先への申請時間に注意しておかなければ、翌営業日の送金になってしまうのです。

平日14時までに振込申請する必要がある

振込キャッシングを利用する際によくあるのが、振り込みを依頼した当日に指定口座へお金が振り込まれていないトラブルです。その原因の多くは、依頼した時間帯にあります。

振込キャッシングは、銀行の営業時間外には利用できないサービスなので、14時以降の依頼だと振り込みは翌営業日になってしまうのです。

お急ぎでキャッシングしたい場合は、「平日の14時まで」に借入先へ振込依頼をするようにしましょう。

土日祝日の依頼も翌営業日の振り込みに…

14時までに利用したとしても、銀行が休業している土日祝日の場合も翌営業日の振り込みになってしまいます。

利用する時間帯以外に、曜日にも注意が必要です。このようなケースでは、即日融資のできるカードキャッシングを検討してみてください。

Q.土日祝日が振込非対応の際はどうやって借入すればいい?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

ATMからキャッシングできます

カードローンは発行されたローンカードを使用してATMからキャッシングすることが可能です。

このため、ローンカードさえ手元にあれば土日祝日で振り込みができない時でもATMからキャッシングすることが可能です。

休日に稼働していないATMもありますが、ほとんどのカードローンではコンビニのATMが利用できるためコンビニATMでキャッシングできます。

ただし、提携ATMは利用する際に手数料が発生するため注意しましょう。

振込キャッシングにおすすめのカードローン

振込キャッシングを検討している方に、おすすめのカードローンをいくつか紹介していきます。

カードローンを取り扱う金融機関によっては、指定口座をすでに開設していれば前述したデメリットの影響を受ける心配もありません。

どのカードローンに申し込めばいいか迷っている人は、下記の商品を参考にしてみてください。

一瞬で振り込んでもらえる「プロミス」

TVCMでもおなじみのプロミスでは、「瞬フリ」という振込キャッシングが用意されています。簡単に説明すると、指定口座があれば24時間365日いつでも瞬時に振り込んでもらえるサービスです。

三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちの方は、瞬フリを使って最短10秒でいつでも振り込んでもらえます。指定口座をすでに開設している人は、ぜひプロミスを検討してみてください。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利 4.5~17.8% 審査 最短30分
限度額 最大500万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

楽天銀行の口座があれば「アコム」

アコムは全国に約140万人の利用者がいるカードローンの大手で、もちろん振込キャッシングにも対応しています。

特筆すべきは、楽天銀行の口座を持っている場合に限り、平日の14時以降や土日祝日でも「最短1秒で振り込んでもらえる」という点です。

振込キャッシングのデメリットを払拭できるサービスとなっているので、楽天銀行口座を持っている方はぜひ検討してみてください。

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

振込キャッシングについて、サービスの仕組みや利用方法、さらには注意点も解説していきました。

インターネット環境があれば、手持ちのスマホを使って周囲に内緒でこっそりキャッシングできる魅力的なサービスと言えるでしょう。

指定口座へお金を振り込んでもらえるので、外出する時間がないときでも残高不足をその場で解消できます。

平日の14時までに振込申請しなければ、当日中に送金してもらえないデメリットもありますが、記事中で紹介したカードローンなどのサービスで補ってみてはいかがでしょうか?

記事中で紹介したカードローン
プロミス 金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
アコム 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分

おすすめの特集ページ

振込キャッシングに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る