レイクを土日に利用する際の在籍確認や審査をスムーズに通過するコツ

この記事に関するアドバイザ

元 銀行ローンセンター長

佐藤喜三男

銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

 この記事はこんな人向け 
  • レイクでお金を借りたいけど平日は忙しい…
  • 会社の飲み会が重なって土日なのに金欠
  • 銀行が休みの土日でも借入できるって本当?

社会人になると、土日になって急にお金を準備しなくてはいけなくなるケースも増えてきます。

そんな人のために、土日でも申し込みや借入ができるレイクについて解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

※2018年3月23日現在の情報です。
2018年4月より、新生銀行カードローンレイクの新規受付が停止になり、グループ会社の「新生フィナンシャル株式会社」にて、新しいカードローン商品が導入されます。これに伴い、正しい情報への修正を進めておりますが、まだ完全ではありません。本記事では「新生銀行レイク」についての記載がございますが、2018年4月からは、新規申込受付を停止しておりますので、ご注意ください。

レイクALSA(レイクアルサ)は
土日祝日でも即日融資!
レイクALSA(レイクアルサ)は、以前のレイクより即日性が向上したカードローンです。
「土日だけど今すぐお金を借りたい」そんな人は、今すぐチェックしましょう!
詳細はこちら ▶

レイクのネット申し込みなら24時間いつでも対応

レイクの24時間いつでも対応してもらえる「ネット申し込み」なら、土日に急な出費があっても借入できます。

ネット環境があれば自宅からでも申し込みできるので、周囲にバレる心配もありません。

職場の同僚に内緒で借りたい人も、周りの目を気にせず安心して申し込みできます。

申し込み~契約はインターネット上で対応できる

申し込みから契約までは、インターネット上で手続き可能です。

以前までは書類の郵送に時間がかかっていましたが、ネット申し込みではすべてネット上でおこなえます。

書類の提出方法はとても簡単で、パソコンのスキャナーやスマホのカメラで画像化して添付するだけでOKです。

自分で借入用のカードを発行できる

キャッシングカードは、最寄りのレイク店舗に設置してある自動契約機を使って発行できます。下記の利用時間を確認して発行してください。

手数料無料の返済方法
  •  平日/土曜 8:45 ~ 24:00
  •  日曜    8:45 ~ 22:00

ATMキャッシングを使えば土日でも借入OK

銀行口座に振り込んでもらえる振込キャッシングは残高を増やすのに便利ですが、平日の14時までしか利用できません。

しかし、カードを事前に発行しておけば、土日に急な出費があってもATMから現金をキャッシングできます。

レイクとの提携ATMは全国のコンビニに設置してあるので、キャッシング場所が固定されないのも嬉しいポイントです。

利用時間一覧

さらに、レイクのATMキャッシングでは、手数料が一切かかりません

利用時間は下記にようになっています。キャッシングする際はぜひ、利用時間を確認して手数料無料の提携ATMを利用してください。

提携ATMの利用時間
  •  月     05:00~23:50
  •  火、水   00:10~23:50
  •  木     01:30~23:50
  •  金、土、日 00:10~23:50

※第三日曜日は00:10~20:00分まで
※ファミリーマート内のゆうちょATM
 第三月曜日は7時00分から

土日に申し込みするときは在籍確認に注意

申し込み後の審査が終わると、提出した勤務先に電話での確認があります。

電話確認は、提出した勤務先に申込者が在籍しているのかチェックするのが目的です。

電話連絡がないサービスもありますが、レイクでは土日でも行われるので注意してください。

職場に連絡が取れなければ契約が進められない

必ず在籍確認があるので、勤務先の会社が土日休みだと即日融資が難しくなってしまいます。

在籍確認が取れなければ契約は完了しないので、カードを発行することができません。

担当者に確認方法の変更を依頼できる

職場に誰もおらず、どうしても電話での在籍確認に対応できない場合は、まずレイクの担当者に相談してみてください。

事情を説明すれば、「勤務状況を証明できる書類の提出」に確認方法を変更してくれます。

Q.在籍確認してもらえる書類はどんなもの?

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

会社名が記載された保険証などです

在籍確認の目的は、申告した職場に籍が有り、一定の収入を得ていることを確認することですから、原則として避けることはできません。

ただし、勤務先が休日の時の申し込み等、やむを得ない理由がある場合は、勤務状況を証明できる書類の提出で代替してくれる消費者金融会社もあるようです。

会社名が記載された健康保険証、直近数ヶ月分の連続した給与明細、等が想定されます。申し込み確認の電話時に相談してみると良いでしょう。

レイクの審査をスムーズに進めるのが大切

レイクで土日にキャッシングするには、スムーズに審査を通過することが大切です。

申込者の多くが気になっている審査基準は、レイク側から公開されることはありませんが、通過した人の特徴からある程度把握することができます。

大きなトラブルもなく、無事に審査を通過できるように、現在の収入面や借入状況を確認しておいてください。

安定した収入があるのかを確認

レイクのカードローン審査では、毎月きちんと返済できる能力がある人かどうかを判断されます。

借りたお金を月々きちんと返済していける安定収入がなければ、審査を通過できません。不安な人は、下記の条件を確認しておいてください。

安定収入と見なされる条件
毎月一定の給料が確実に入る
同じ職場で1年以上働いている
アルバイト・パートでもOK

信用情報をクリアな状態に保っているかも重要

安定した収入の有無だけでなく、カードローン審査では「信用情報」の状態もチェックされます。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

カードローン返済だけでなく、クレジットカード代金や携帯料金などの支払い状況も審査の対象になるので、3ヶ月以上の長期滞納をしていないか確認しておきましょう。

他社からの借入状況にも注目

借入件数や借入金額が多すぎる場合も、レイクのカードローン審査で不利になってしまうので注意してください。

複数社に多額の借り入れ履歴があると、多重債務者になる可能性を危惧されてしまい、審査落ちの原因になってしまいます。

多重債務者とは?
多重債務とは、複数社から同時借入している状態のこと。この状態に陥り、返済困難になった人を多重債務者という。
無理な借り入れにならないか、申し込み前にもう一度考えてみてください。

無理な借り入れにならないか、土日に申し込みをする前にもう一度考えてみてください。

大きな問題がなければ借り入れできる可能性あり!

上記のポイントをセルフチェックし、特に問題がなければレイクの審査を通過できる可能性は十分あります。

土日祝日に申し込みするポイントを再度しっかり確認して、1時間でも早く行動していくようにしましょう。

遅くても20:00までには申し込みましょう!

新生銀行のレイクでは、土日祝日でもカードを発行できる自動契約機が全国各地にあります。とは言え、自動契約機の営業時間は地域によって差があり、土日祝日は21:00までの店舗もあるのです。

さらに、土日祝日でも審査を行ってはいるものの、営業時間外だと対応してもらえません。

申し込みから借入まで最短1時間と考えると、遅くても20:00までに申し込む必要があります。週末は混み合うことも予測されるので、午前中から申し込みを始めるのがおすすめです。

まとめ

レイクで土日にキャッシングしたい人に向けて、最適なキャッシング方法を紹介していきました。

土日に急な出費があっても、24時間対応してもらえるネット申し込みを利用して、キャッシングカードを作っておけば解決です。

カードを利用したATMキャッシングなら、土日でもお金を借り入れすることができます。

土日にお金が必要になっても、レイクのネット申し込みなら24時間いつでも対応してもらえます。

急いでキャッシングしたい人は、ぜひ検討してみてください。

おすすめの特集ページ

土日に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る