プロミスの審査を受ける際に準備しておくべき必要書類まとめ

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事の目次

  1. プロミスへ提出する書類は2通り
  2. プロミスで借入するには本人確認書類が必須!
  3. 借入額によっては収入証明書類も必要
  4. プロミスへの書類提出はネット申し込みがスムーズ
  5. まとめ

 この記事はこんな人向け 
  • 急な食事会や出張があって金欠…
  • 利用したいけど手続きが難しそう..
  • 審査にはどんな書類がいるの?

金欠でプロミスを利用したいと考える人は、審査に向けてどんな書類を準備すればいいのか悩むものです。

そんな人のために、この記事では事前に準備しておくべき必要書類を確認していきましょう。

プロミスへ提出する書類は2通り

プロミスでキャッシングするには、申し込み時に書類を提出しなければいけません。

提出した書類は審査に使われるのですが、下記のように大きく2種類に分けられます。

申し込み時に提出が必要な書類
本人確認書類
収入証明書類

書類不足だと審査を受けられない

必要書類を提出する際に、1点でも内容に漏れがあると審査を通過することができません

改めて準備し、後日また申請するのはかなり面倒なので、事前に確認・準備しておくことをおすすめします。

手続き中に慌てないよう、必要書類としてどんなものを準備すればいいのか把握しておいてください。

プロミスで借入するには本人確認書類が必須!

プロミスの審査では、申し込んだ本人かどうかを確認するのに本人確認書類を必ず提出しなければいけません。

本人確認書類として、下記のいずれかを提出してください。

※マイナンバーカードを提出する際は、個人番号が記載されている欄を隠してください。

Q.なぜ身分証明書の提出が必要なのか?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

本人以外への融資を防止するためです。

無担保ローンの審査は、申込者の信用情報や年収や勤務先などを審査して、回収可能かどうかを審査しています。このため、申込者が本当に実在する人かどうかの確認は非常に重要です。

さらに、審査に通らないと自覚している人が、自分の名前では審査に通らないからと言って、偽名を騙って申し込みをしたとしても、本人確認書類が確認できなければ、偽名だということを見つけることができます。

さらに、架空の人物に融資をしてしまうと督促も告訴することもできないので融資金はまず返ってきません。審査の面でも、回収の面でも融資をする人が実在する本人かどうか非常に重要になるため、本人確認書類を提出する必要があるのです。

書類の住所と現住所のズレがないか確認

本人確認書類に記載されている住所と現住所にズレがある場合は、別途書類が必要になります。

下記に記載する「現住所が確認できる書類のコピー」を、本人確認書類とあわせて提出してください。

現住所が確認できる書類
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

マイナンバーが明示してある場合は加工しておく

提出する本人確認書類によっては、マイナンバーが記載してあるものもあります。

この場合は、書類を提出するときにマイナンバーの部分を黒く塗りつぶすなどして加工しておかなければいけません。

審査でマイナンバーを利用することはないので、必要のない個人情報が見れないようにしてください。

外国籍の人は別途書類を用意する

外国籍の人は、上記で紹介した本人確認書類とあわせて、別途書類を提出しなければいけません。

必要書類は下記の通りです。該当する方は、提出忘れのないよう気をつけておきましょう。

外国籍の方が用意する書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書  

借入額によっては収入証明書類も必要

プロミスから借り入れするとき、借入状況によっては収入証明書類を提出する必要があります。

下記の条件を確認して、収入証明書類を提出が必要なのかをセルフチェックしておいてください。

必要になる条件を紹介
  • 希望借入額が50万円を超える場合
  • 希望借入額と他社の利用残高が100万円を超える場合

Q.なぜ収入証明書が必要となるのか?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

収入に見合った融資のため

借主の借りすぎを防止するためにも、お金を貸している側にとっても収入に見合った金額を融資するということは非常に重要です。さらに、消費者金融は総量規制という法律上のルールによって年収の3分の1以内しかお金を貸すことはできません。

収入に見合った無理のない融資をするためにも、総量規制のルールを守るためにも、まずは申込者の年収を知らなければなりません。

申込者が、自分をよく見せようとするために年収を事実よりも多く申告するケースも考えられます。正しい年収をローン会社や銀行が正確に認識するためにも、一定以上の借入金額になると収入証明書の提出を求められることになるのです。

該当者はいずれかの書類を準備しておく

上記の条件に該当する人は、下記に記載する書類のうち、いずれかを収入証明書類として提出します。

提出漏れがあると審査を通過できないので、きちんと準備してください。

収入証明書類
  • 最新の源泉徴収票
  • 最新の確定申告書
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書を用意

プロミスへの書類提出はネット申し込みがスムーズ

必要書類は確認できましたが、提出するのが面倒だと感じる人も多いのではないでしょうか?

そんな人には、必要書類をすべてインターネット上で提出できる「ネット申し込み」がおすすめです。

ネット環境さえあれば自宅でも対応可能なので、誰にもバレないメリットもあります。

手持ちのスマホで撮影した画像を送信すればOK

必要書類の提出方法はシンプルで、手持ちのスマホを使って撮影した画像を添付送信するだけで手続き完了です。

パソコンを利用するのであれば、スキャナーで書類を取り込んで画像化すれば問題ありません。

ネット申し込み時に、ご自身のやりやすい方法を選んでみてください。

顔写真や情報がきちんと確認できる画像を提出する

インターネット上で書類を提出する際は、顔写真や住所などの部分がきちんと確認できる画像を選んでください。

指で顔が隠れていたり、文字がぼやけていたりする画像は受理されない可能性があるので注意が必要です。

ネット申し込み~借り入れの流れは、下記のフローを参考にしておきましょう。

  1. 公式サイトから申し込み
  2. 必要書類を提出
  3. 最短30分のスピード審査
  4. 契約完了
  5. 無人契約機でカード発行
  6. 近くのATMでキャッシング

スマホからの申し込み方法を把握したら、さっそくプロミスに申し込んでみてください。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

プロミスの審査を受ける際に準備しておくべき必要書類を見ていきました。

プロミスで必要になる書類は、本人確認書類収入証明書類の2種類です。

どんな書類がどんな目的で必要になるのか、事前にチェックしておいてください。

書類提出は、ネット申し込みが簡単スピーディーです。24時間いつでも対応しているので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

おすすめの特集ページ

身分証明書に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る