アコムを利用する前に覚えておくべき利息計算と賢い節約方法

この記事に関するアドバイザ

元 銀行ローンセンター長

佐藤喜三男

銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

 この記事はこんな人向け 
  • アコムで借りたらどれくらい利息がかかる?
  • 利息の計算方法が気になる...
  • なるべく利息は節約したい!

アコムで借り入れをするときには、キャッシングしたお金とは別に、利息を支払わなければいけません。

自分の借りたお金にはいったいどれくらいの利息が付くのか、計算方法を覚えてチェックしてみてください。

アコムの利息を計算する方法

アコムの利息は、下記の数式で計算できます。

元金×利率÷365日×利用日数=利息

これだけ見てもわかりづらいと思うので、計算例を見てイメージしてみてください。

利息の計算方法
例)元金50万円、利率18%のカードローンを1ヶ月利用した場合
「50万円×18.0%÷365日×30日=7,397円」

利息計算に必要な要素は3つ

利息を計算するには、元金利率利用日数の3つが必要です。要素の数値によって、利息は変化します。

元金
借入したお金のうち、利子を含まない未返済の金額

利率
利息を計算するための、元金に対する割合

利用日数
最後に返済(もしくは借入)してから、次に返済するまでの日数

賢く返済していけば利息を節約できる

借入したお金を賢く返済していけば、確実に利息を節約できます

小さな金額だと侮ってはいけません。うまく利息を抑えられれば返済総額が安くなるので、本当にお得です。

少しでも節約したいと考える人は、下記でしっかり確認していってください。

短期間で完済するのが1番の節約法

利息を節約するのであれば、短期間で完済するのが最も理想的な方法といえます。

これは、借入期間が長期になればなるほど、より多くの利息を支払わなければならないからです。

どれだけの差があるのか、下記のケースで確認してみます。

完済期間による利息の差
例)元金10万円、利率18%のカードローンを利用した場合
・1年で返済 ⇒ 利息合計 10,249円

・半年で返済 ⇒ 利息合計 5,832円

無理のない返済計画を立てておくべき

短期間で返済すれば確かに利息節約に繋がりますが、生活費を過度に切り詰めて支払っていくのは逆効果です。

1日でも早い完済を目指すのであれば、過度な返済がもたらす信用情報へのリスクや、理想的な返済計画の立て方を確認しておいてください。

過度な支払いは金融事故の元

早期完済を目指すあまり、過度な返済を続けていると生活がままならなくなり、最終的に支払いさえ困難になってしまっては本末転倒です。

仮に月々の返済を遅延してしまうと、金融事故として扱われてしまい、信用情報に傷がついてしまいます

信用情報が傷つくと

住宅や車のローンが組めなくなる
クレジットカード契約ができない
カードローンでお金が借りられなくなる
事実が知られると職場や家庭でも信用を失う

短期間で完済したとしても、信用情報に傷がついてしまっては今後の生活に支障が出てしまいます

少しでも早く返済したいのであれば、毎月無理のない返済計画を立てて利用する必要があるのです。

Q.1日でも支払いが遅れると信用情報に傷がつく?

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

数日なら実質的な影響はありません

数日返済が遅れる程度なら、実質的な影響は無いと考えて良いでしょう。

それでも、利用している金融機関の債権管理システムには遅延の履歴が記録されますので、何回も繰り返すとやはり信用は低下し、一時的に利用できなくなる場合もありますので注意が必用です。

個人信用情報機関へは、61日以上、又は、3回目の支払い日を超える延滞が発生した時点で、又、自己破産などの債務整理をした場合は、直ちに延滞情報が登録されます。

理想的な返済計画の立て方

無理のない返済計画を立てると言ってもどうすればいいのか分からない人は、下記のフローを参考に進めてみてください。

1.完済までの希望期間を設定
2.毎月最低限必要な返済額を算出
3.収入から捻出できる金額と比較

理想的な借入条件になるまで、上記の1~3を繰り返しおこなうことが大切です。

事前に毎月の返済額を把握し、確実に返済していける計画を立てておけば、金融事故を起こしてしまう可能性はほとんどありません。

利息を節約するなら繰り上げ返済が効果的

利息を節約するのであれば、「繰り上げ返済」を利用して返済するのがおすすめです。

アコムでは、毎月決められている返済額よりも多く払い込みできます。

ボーナスなどでお金に余裕があるとき、繰り上げ返済を利用して多めに支払っておけば、早く完済可能です。

月の返済額に追加すればするほど得する

繰り上げ返済を活用して多めに支払えば支払うほど、元金が減って完済までの期間が短くなり、利息を節約できます。

追加返済に回数制限は設けられていないので、財布の中に余裕があるときは節約するチャンスです。

例)アコムで50万円借入した場合
月々の返済を多めにすれば、返済期間と合計利息は以下のようになります。

返済額 返済期間 合計利息
11,000円 74ヶ月 323,335円
16,000円 41ヶ月 166,023円
21,000円 29ヶ月 111,817円
26,000円 22ヶ月 84,080円
31,000円 18ヶ月 67,081円

月々の利息を節約できるアコムはこちら

このように、返済するときに少しだけ工夫すれば、利息は確実に節約できます

賢く利用すればアコムのカードローンはとても便利な商品なので、困ったときはぜひ検討してみてください。

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でダントツNo.1!30日分の利息が完全ゼロ円!最短60分で借りられる!
公式サイトへ▶

まとめ

アコムの利息計算と、賢い節約方法について確認していきました。

利息は「元金×利率÷365日×利用日数」で計算されるので、うまく返済に利用すれば利息を節約できます。

短期間で返済するのが1番理想的な節約方法で、繰り上げ返済を利用するのが非常に効果的です。

少しでも節約して、賢くアコムのカードローンを利用して行きましょう!

返済額に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る