バンクイックで学生が借入できる条件やスムーズな申し込み方法

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

 この記事はこんな人向け 
  • 学生でもバンクイックを利用できる?
  • 利用条件や申し込み方法が気になる…
  • 親やバイト先にバレるのか知りたい

三菱UFJ銀行の「バンクイック」は、学生にも認知度の高い、人気の銀行カードローンです。

低金利でお金を借りられる魅力的なサービスですが、利用できるのか不安に感じる学生は少なくありません。

そこでこの記事では、バンクイックの利用条件・申し込み方法・審査基準について解説していくので、悩んでる学生はぜひ参考にしてみてください。

学生でもバンクイックを利用できる?

バンクイック
金利 年1.8%~年14.6%
限度額 最大500万円
貸付条件 ・満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さま
・保証会社(アコム㈱)の保証を受けられるお客さま
・原則安定した収入があるお客さま
※外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象

三菱UFJ銀行の提供するカードローン「バンクイック」は、20歳以上であれば学生でも申し込み可能です。

年齢制限をクリアして、審査で返済能力があると判断されれば、融資してもらえる可能性は十分あります。

アルバイト・パートで収入があればOK

返済能力の有無は、アルバイトやパートなどで毎月一定の収入があれば特に問題はありません。

利用するのに高額な年収が必要なわけではなく、安定した給料が毎月きちんと入ることが重要視されます。

収入がない場合は親の許可が必要

安定した収入がない学生は、カードローン審査で返済能力がないと判断されるので、自分一人の責任だけでは融資してもらえません。

それでもバンクイックでまとまったお金を借りたい学生は、親の許可を得ることで少額の借り入れをおこなうことはできます。

学生がバンクイックに申し込みする手順

バンクイックは学生でもお金を借り入れできますが、申し込み方法がよく分からずに利用を諦めてしまう若者も少なくありません。

どのような書類が必要なのか、最もスムーズに手続きが進められる申し込み方法はどれか、事前に確認しておいてください。

手順1|必要書類を用意

学生がバンクイックに申し込みする際は、学生証のコピーを必ず提出しなければいけません。

学生証以外にも、身分証明書として下記のいずれかが必要になるので、事前に準備しておいてください。

身分証明書
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・個人番号カード

手順2|ネットから申し込み

バンクイックに申し込みする際は、24時間受付対応の「インターネット申し込み」を利用するのが現在の主流です。

インターネット環境が整っていれば、自分の部屋や学校帰りに手持ちのスマホから、ネット上で申し込み~契約までを内緒でこっそり進められます。

面倒な書類の提出も、スマホで撮影した画像を申し込みフォームにアップロードするだけで完了です。

手順3|審査を受ける

申し込みが完了した後は、いよいよ審査が始まります。審査を通過するには収入面だけでなく、下記のような要素も重要になってくるのでしっかりチェックしておいてください。

審査でチェックされるポイント
バンクイック以外に複数申し込みしていない
携帯料金や奨学金などを毎月きちんと支払っている
同じアルバイト先で1年以上働いている

手順4|バイト先に電話で在籍確認

アルバイトをしている学生が申し込みする際は、手続きの中で勤務先に電話連絡があります。

この電話連絡は、申し込みした学生が本当に働いているのかを確認するためにおこなわれる手続きです。

収入がない学生が申し込む場合は自宅に電話連絡があり、親の許可を得なければいけないので確実にバレてしまうので注意してください。

▼在籍確認が気になる人はこちらもチェック
バンクイック申し込み時の在籍確認のタイミング【申込者不在の場合や派遣やアルバイトである場合など】

バンクイックの審査で最低限満たすべき条件

学生がバンクイックの審査を通過するには、最低限の条件をクリアしておく必要があります。

自分がその条件をクリアしているのか、収入面や必要書類を事前に確認して申し込むべきです。

本人か親に安定収入がある

まずは、申し込んだ学生本人、あるいは親に安定した収入があることが、審査を通過するための最低条件です。

収入がない学生は、本人の代わりに親の収入状況を審査されます。

確実に借りたお金を返済できるかが、審査では重要な判断基準になると覚えておいてください。

親権者の同意書

バンクイックの審査では、収入のない学生が簡単に借りれないように「親権者の同意書」を提出しなければいけません。

同意書に決まった書類はないので、ネット上から書式をダウンロードするなどして、自分で作成してください。

親や学校に内緒でこっそり借りたい人向けの解決策

『20歳以上なので年齢は問題ない』
『アルバイトで毎月安定した収入もある』
『でも、親にバレるのはちょっと…』

バンクイックの提示する年齢条件や収入面では特に問題ないものの、親の同意がなければ借り入れできないのは、内緒でお金を用意したい学生にとって大きな壁です。

しかし、バンクイック以外にも目を向けてみると、同条件をクリアしていれば親の同意なしで借り入れできるカードローンはいくつもあります。

親バレは絶対に避けたい…そんな学生は、他の選択肢も確認してみてください。

Q.どうしても借入したい人はどうすればいい?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

学生でもカードローンは利用できます

アルバイトなどで本人名義の収入があり、20歳以上であれば、学生でもカードローンを利用できます。

学生を狙った闇金も数多いですので、学生がカードローンを借りる際には、名前の聞いたことがある銀行または大手消費者金融を選ぶのが安心です。

聞いたこともない業者は、金融庁ホームページで登録貸金業社かを確認してから申込むようにしてください。

大手消費者金融のカードローンが人気

親に内緒で借りたいと考える学生に人気なのが、TVでもお馴染みの「アコム」や「プロミス」といった大手の消費者金融カードローンです。

申し込み条件はバンクイックと同じく、20歳以上で毎月安定した収入があれば、学生でも特に問題ありません。

自身の信用情報のみで借り入れできる

大手消費者金融のほとんどは、借り入れするのに連帯保証人を立てる必要がないので、親の同意がなくても審査を通過できればカードローンを利用できます。

申し込みから契約までの手続きはインターネット上で進められるので、お手持ちのスマホや自宅のPCから行えばバレる心配もありません。

絶対に親バレしたくない人にとっては、理想的なカードローンと言えるでしょう。

おすすめの特集ページ

大学生に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る