派遣社員が即日融資してもらう方法と適切なカードローン

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

本田光一

2014年より中堅消費者金融に入社。一般消費者向けのローンを中心に専門家として幅広い知識を身に着け、2015年には貸金業務取扱主任者試験に合格。その後は経験を積みながら実績を残しつつ、不動産担保ローンの領域でも活躍。現役の貸金業務取扱主任者として、無理のない返済計画を意識した業務に取り組んでいる。

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

 この記事はこんな人向けです 
  • 派遣社員の自分でも即日融資できる?
  • 具体的な手続きのやり方が知りたい
  • どのカードローンを使えばいいの?

今日・明日中にお金が必要。そんな状況を解決する手段のひとつに、「カードローンで即日融資する」というものがあります。

果たして、派遣社員の方であっても、即日融資を成功させることはできるのでしょうか?

派遣社員でも即日融資してもらえるの?

・欠席できない飲み会があるのに金欠
・家賃の支払い日前なのに残高不足
・旅行前日にお金が無いことに気づいた

このような状況を解決する手段は様々ですが、「カードローンで即日融資」という選択肢もあります。

派遣社員の方が即日融資を希望する場合、「非正規雇用の自分でも審査を当日中にクリアできるのか?」という不安を感じてしまうかもしれません。

結論:手続きや申し込み先に注意すれば即日融資も可能

結論は、派遣社員でも即日融資は可能、です。

ただし、手続きや借入先の選び方には注意が必要です。

適切な方法で申し込まないと、余計な時間を取られてしまう可能性がありますし、カードローンの種類によってはそもそも即日融資ができません。

即日融資希望の派遣社員が注意すべき「申し込みのポイント」

カードローンを利用するにあたっては、基本的に以下の流れで手続きすることになります。

1.申し込み
2.書類提出
3.在籍確認
4.契約・カード発行
5.借り入れ

即日融資とは、この流れを1日以内に完結することです。
そのためには、「申し込み」に注意が必要です。

ポイント1:申し込み方法は"郵送以外"

カードローンの申し込み方法には、主に以下4つの選択肢があります。

・ネット申し込み
・店頭申し込み
・電話申し込み
・郵便申し込み

即日融資を希望している場合、少なくとも郵便申し込みは避けてください。申込用紙が申し込み先に届くまでに、どう頑張っても数日以上かかってしまうからです。

ちなみに、ネット申し込みはスマホから今すぐ実行できるので、即日融資希望の方におすすめです。

ポイント2:必要最低限の金額で申し込み

カードローンへの申し込みを行うにあたっては、「いくらお金が必要なのか」を申告する必要があります。
その金額が年収に対して多すぎると、審査が長引いたり否決されたりする恐れがあるのです。

これは、総量規制という制度に理由があります。この制度で、カードローン会社は「利用者の年収の1/3を超える融資をしてはいけない」と定められているため、申込者の借入希望額が多すぎると、すぐに審査結果を出せなくなってしまうのです。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

ポイント3:勤務先電話番号を正しく記載

カードローンの審査には、申込者の勤務先に電話をするという工程があります。いわゆる「在籍確認」という、申込者が実際に働いていることを確認する重要な工程です。

在籍確認は決して省略できず、これが完了しなければ審査そのものが終わりません。スムーズに手続きを進めるためにも、申込時に勤務先電話番号を正確に申告する必要があります。

ここで、派遣社員の方は「派遣会社と勤務先企業どちらの電話番号を申告するか」に注意してください。これは、申し込むカードローンによって異なってくるポイントです。
申し込みフォームに「派遣社員の方が記入すべき勤務先電話番号」について記載があるので、しっかり確認しておきましょう。

≫派遣社員の在籍確認について更に詳しく調べる

Q.休業日などで、どうしても電話がつながらない場合はどうなるのか

Img 8529

貸金業務取扱主任者|本田光一

回答1:書類での確認が行われるケースがあります

勤務先が休業日で電話対応が物理的に難しい場合は、働いていることを証明できる書類を提出することで、在籍確認を行ってもらえる場合があります。
提出できる書類としては、社名が記載されている保険証、直近の給与明細、源泉徴収票などが挙げられます。

ただし、原則的に在籍確認は電話で行われるので、審査状況によっては翌営業日の対応となることもあるでしょう。

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

回答2:必要な分だけ融資してくれることもあります

消費者金融は、できる限り利用者のニーズを叶えようとしてくれます。
会社が休みという事情によって、どうしても当日中の在籍確認が不可能という場合で、「どうしても平日になる前までに融資を受けたい」という事情を伝えれば、本当に必要な最小限の金額だけ振込をしてくれるか、必要最小限の限度額だけ審査に通してくれることがあります。
このような場合には、翌日などに在籍確認が完了できた後に、当初の借入希望額通りの契約を行ってくれるのが一般的です。
即日融資は即日で在籍確認ができた時というのが基本ですが、消費者金融によっては事情を勘案してくれます。まずは事情を話し、交渉をしてみることをおすすめします。

即日融資できるカードローンとは?

申し込みにどれだけ注意しても、カードローンの種類によっては決して即日融資ができません。
即日融資するためには、審査が当日中に完了しなければならないのですが、カードローンによっては結果が出るまでに必ず2営業日以上かかってしまいます。

つまり、即日融資を希望しているなら、「審査が当日中に終わる可能性があるのか」を事前に確認しておく必要があるのです。
その点については、カードローンの提供元から判断できます。

即日融資できないのは銀行カードローン

カードローンは、主に銀行・消費者金融・信用販売会社といった金融機関から提供されている金融商品です。

「カードを使ってATM等から現金を借り入れできる」というサービス内容は、どの金融機関が提供しているカードローンも共通しています。しかし、手続きの手順や所要時間については異なっています。

銀行カードローンについては、入会時の手続きに時間がかかるため、即日融資ができません。

銀行カードローンは警察庁データベースに照会するので審査が長引く

銀行カードローンの審査では、「警察庁データベースに申込者情報を照会する」という工程があります。申込者が暴力団のような反社会的勢力と関係していないかを確認し、貸付金が犯罪目的で利用されることを防がなくてはならないからです。

警察庁データベースへの照会には、どれだけ早くとも1営業日以上の時間がかかってしまいます。そのため、銀行カードローンでは即日融資ができません。

大手消費者金融は最短30分で審査が完了する

一方、大手消費者金融のカードローンは、審査が最短30分で終わるものがあります。審査以外の手続きも当日中に行えるので、即日融資も可能となっているのです。

なぜ、大手消費者金融は短時間で審査を完了できるのか?それは、スコアリングシステムという、申込情報を自動で採点し、瞬時に「融資の可否」を判断する仕組みを採用しているからです。

申し込む時間帯によっては翌日以降の対応となりますが、効率よく手続きを進められたら、最短1時間でお金を借りることもできるでしょう。

大手消費者金融の審査時間を比較

大手消費者金融として代表的なカードローンは、アコム・プロミス・アイフル・SMBCモビットなどです。
それぞれ、「審査」と「申し込みから融資まで」の最短時間を比較してみましょう。

消費者金融 審査時間 融資時間
アコム 最短30分 最短即日
プロミス 最短30分 最短1時間
アイフル 最短30分 最短即日
SMBCモビット 最短即日
※10秒簡易審査あり
最短即日

いずれの大手消費者金融も、最短で即日融資が可能となっています。ぜひ、利用を検討してみてください。

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利 4.5~17.8% 審査 最短30分
限度額 最大500万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット
三井住友銀行グループの会社なので、安心感が大きいカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 10秒簡易審査
限度額 最大800万円 融資 最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

派遣社員の方であっても、カードローンで即日融資することは可能です。ただし、スムーズに手続きを進めるためには、申し込みに注意しておくべきでしょう。

・郵送以外の方法で申し込む
・必要最低限の金額で申し込む
・正しい勤務先電話番号を申告する

少なくとも、この3点はしっかり押さえておきましょう。
また、即日融資を希望しているなら、銀行カードローン以外に申し込んでください。銀行カードローンは審査に1営業日以上かかるので、即日融資ができません。

おすすめは、審査が最短30分で終わる大手消費者金融です。早ければ1時間でお金を借りられるので、ぜひ利用を検討してみてください。

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利 4.5~17.8% 審査 最短30分
限度額 最大500万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット
三井住友銀行グループの会社なので、安心感が大きいカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 10秒簡易審査
限度額 最大800万円 融資 最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

即日審査に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る