明日までにお金が必要な人はカードローンを利用したほうが良い4つの理由

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

本田光一

2014年より中堅消費者金融に入社。一般消費者向けのローンを中心に専門家として幅広い知識を身に着け、2015年には貸金業務取扱主任者試験に合格。その後は経験を積みながら実績を残しつつ、不動産担保ローンの領域でも活躍。現役の貸金業務取扱主任者として、無理のない返済計画を意識した業務に取り組んでいる。

明日までにお金が絶対に必要!
急にお金が必要になるときってありますよね。しかし貯金もなく、給料日はまだまだ来ない。
安心してください!
この記事を読めば明日までに必要な分だけお金を用意できます!

明日までにお金が必要な状況とは

明日までにお金が必要になるときってありますよね。以下に主な具体例をまとめました。

明日までにお金が必要な状況
・家賃や奨学金を払わなくてはいけない
・結婚式のご祝儀代が必要
・生活費が足らない
・病気・怪我などの入院費
・車の修理費
・携帯電話の通信料

こういった状況で銀行口座も空で給料日もまだ来ないとしたら、どう対処すればいいのでしょうか。

明日までにお金を用意する方法

貯金でもしていない限り、明日までにお金を自分で用意するのはかなり厳しいと言わざるを得ません。

数千円や1万円なら可能ですが、その金額が3万から10万程度ならば難しいでしょう。

しかし、誰かに借りたり、何かを売ったりというように明日までにお金を用意する方法はあります。そこで、明日までにお金を用意する4つの方法をご紹介します。

 お金を用意する方法 
親や友人に借りる
・メリット :利息(利子)が生じない
・デメリット:人間関係に影響が出る
物を売る
・メリット :誰にも頭を下げる必要がない
・デメリット:高価なものを売る必要がある
日雇いバイト
・メリット :自分の力でお金を用意できる
・デメリット:明日には間に合わない
金融機関から借りる
・メリット :自分の責任でお金を用意できる
・デメリット:借金という意識が薄れがち

確実性が高いのは金融機関

金融機関からお金を借りる方法は「クレジットカードのキャッシング」か「カードローン」の2つがあります。

共通のメリットは24時間365日時間を選ばずに借りられるという点です。

また、共通しないメリットとデメリットもあります。それぞれ細かく見ていきましょう。

 お金を借りる方法 
クレジットカードのキャッシング
・メリット:悪いイメージがない
・デメリット:返済額が高い
カードローン
・メリット:少しずつ返済できる
・デメリット:申込や審査が必要

カードローンを利用したほうが良い4つの理由

「クレジットカードのキャッシング」と「カードローン」の2種類の解決法がありますが、明日までにお金を用意したいならばカードローンを選ぶべきです。

カードローンと同様にクレジットカードを作るのにも申込や審査が必要になります。そのためキャッシング機能のついたクレジットカードを持っていない方やクレジットカード自体を持っていないという方には特にカードローンがおすすめです。

それでは、カードローンを利用したほうが良い4つの理由をご紹介します。

Q.クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いは?

Img 8529

貸金業務取扱主任者|本田光一

返済方法が異なります

クレジットカードのキャッシングは現金そのものを借り入れする事になる為、利息が消費者金融と同じように18%に設定されることがほとんどです。返済方法は一括の場合がほとんどです。カードローンは三者間契約(クレジットカード会社・購入した会社・自分)となるため返済方法が分割なのが一般的です。

理由1:最短審査30分、即日融資可能

カードローンでお金を借りるには審査が必要です。審査と言っても最短30分で終わるので、明日までにお金を用意するのには問題ありません。

スマホから申し込むこともできるので、時間や場所を選ばないのも利点の1つです。

また、審査が通れば申込んだ日にお金を借りることもできます。カードローン専用のATMだけでなく、コンビニなどに設置されているATMでも利用可能です。

ここがポイント!
・審査は最短30分、借入まで最短1時間
・時間や場所を選ばない

理由2:ネットで申し込みができる

スマホから申込ができるのもカードローンの利便性の1つです。24時間いつでも申込できるので、基本的には明日までに必要なお金を用意することができます。

手続きが全てネット上で完結するので、誰にもバレる心配がないのも魅力です。
申込の具体的な流れは以下の通りです。

スマホでネット申し込み
スマホで身分証を撮影・送信
電話・メールで審査結果通知
ネット上もしくは店舗で契約手続き
利用開始

理由3:実は軽い利息負担

金融機関を利用する上で、一番気にかかるのが利息です。
金利が一番高い会社で18.0%なので、その金利で利息を計算してみました。

 借入金額   30日分の利息 
1万円 148円
3万円 444円
5万円 740円
7万円 1,036円
10万円 1,480円

このように、借りる金額にもよりますが利息は意外と高くないのです。

理由4:無利息期間を使えばさらにお得

カードローンって利息を払わなきゃいけないんでしょ?と思われている方は多いです。

もちろんカードローンに利息は付きものですが、初回に限り30日間無利息でお金を貸してくれるサービスをしている大手カードローンもあります。

無利息期間の30日間で出来るだけ返済をして、お得にカードローンを利用しましょう。

ここがポイント!
・無利息期間を上手に活用することで利息を減らせる
・カードローンの利用が初めての方のみのサービス!

即日で現金を借りるまでの流れ

スマホ・PCから申し込み
明日までにお金を借りるなら、できるだけ早い時間に申し込みをすることが大切です。WEBでは24時間申し込み可能なので、今すぐスマホで申し込みましょう。
必要書類の提出
免許証があればOKです。ない場合はパスポートでも問題ありません。スマホのカメラで撮影して、すぐに送りましょう。
電話確認・契約
カードローン会社から申し込み確認の電話が入ります。早ければ数十分で電話が来ますので、電波状況の良い場所で待ちましょう。
振込先口座を登録 無人機でカード発行
口座に直接入金して欲しい場合は、ウェブ上でそのまま契約手続きと口座登録をします。 現金が必要な場合は、無人契約機まで行って契約手続きとカード発行を行います。
口座振込で借りる ATMで借りる
会員ページにログインして希望額分の振り込みを申し込めば、すぐにお金を借りられます! カードが手元にくれば、専用ATM・提携ATM・コンビニATMですぐにお金を借りられます!

基本的には上記の流れで進めれば、明日までにお金をカードローンで借りることは、それほど難しくはありません。ただし、人によってかかる時間が多少変わってくるという点は覚えておきましょう。

例えば、公務員や上場企業勤務の人は、収入が安定していたりするため、すぐ判断できます。反対に、アルバイトやパートなど非正規雇用の人は、ある程度時間がかかると思いましょう。

また、普段からクレジットカードを使っている人は、その利用履歴も参照されます。滞納などが無ければ信頼の獲得につながり、何度も支払いが遅れていたりすると審査時間は長引きます。

おすすめのカードローン

では、カードローン初心者におすすめのカードローンをまとめたので参考にしてみて下さい。

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でダントツNo.1!30日分の利息が完全ゼロ円!最短60分で借りられる!
公式サイトへ▶

 プロミスSMBCコンシューマーファイナンス
金利 
限度額
審査 
融資 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
:最短1時間
他消費者金融よりも金利が安くてお得!銀行閉店後も最短10秒で振込可能!※1アルバイト・パートでも当日利用可能!30日分の利息が完全ゼロ円!※2
公式サイトへ▶

※1:三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要です※2:メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です

 アイフルアイフル株式会社
金利 
限度額
審査 
融資 
:4.5~18.0%
:最大500万円
:最短30分
:最短即日
30日分の利息が基本的にゼロ円!郵送物が届く時間を指定できる!
 公式サイトへ▶ 

まとめ

明日までにお金が必要な状況を乗り切る方法は様々です。

今回は利便性の高さからカードローンをおすすめしましたが、借りたい金額などによって最適な手段は異なります。
自分に一番適した手段がこの記事を読んで見つけていただけたなら幸いです。

もしカードローンを利用するのであれば、是非計画的なご利用を。

おすすめカードローン
アコム 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス 金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
アイフル 金利 
限度額
審査 
:4.5~18.0%
:最大500万円
:最短30分

おすすめの特集ページ

即日融資に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る