プロミスの誰も教えてくれない基本的な借り入れの常識

Takiguchi

この記事のアドバイザ

滝口誠

信用組合に20年以上勤務し、金融業務全般に従事する中で、カードローン受付・審査等の業務も経験。銀行業務検定法務3級、銀行業務検定財務3級、銀行業務検定金融コンプライアンス2級、3級ファイナンシャル・プランニング技能士等の資格を保有する、金融業界のプロ。

プロミスで借り入れしてみたい
ちゃんと返済していけるか不安…
どうやってお金を借り入れするの?

プロミスのカードローンと言えば、消費者金融の中でも特に人気がある金融商品です。

テレビCMも多数放映されているので、もはや見かけない日はないのではないでしょうか?

プロミスで借り入れすると、実際お得なのか?どのようにして借り入れすればいいのか?を解説していくので、迷っている人はぜひ一読してみてください。

プロミスは最高金利がちょっとだけ安い!

消費者金融のカードローンにもいろいろな種類がありますが、一般的に最高金利は18.0%となっています。

対してプロミスの最高金利は17.8%です。

高額な借り入れや、返済が長期的になるのであれば、こういった些細な金利の差も、利息に大きく影響してきます。

カードローンを選ぶのであれば、少しでも金利が低い商品を選んだ方が断然お得なのです。

初めて利用する時は最高金利が適用される

初めてカードローンを利用する場合、最高金利が適用されるのが一般的で、消費者金融の中でも1番低金利なのが、プロミスです。

消費者金融 最高金利
プロミス 17.8%
アコム 18.0%
アイフル 18.0%
SMBCモビット 18.0%

Q.なぜ消費者金融契約当初の金利は上限値が適用されるのか

Takiguchi

元 信用組合職員|滝口誠

信用力が確認できないためです

初めてカードローンを利用する人は、金融機関にとってどのような人にお金を貸すのかデータ上でしか判断ができません。したがって、人の性格や行動を考慮した審査ができません。そのため、初めは上限金利が適用されて、審査に通過することが多くなっています。ただし、審査に通過して、利用実績を蓄積していくと、金利が引き下がっていきます。なお、銀行カードローンは契約時に決まった金利が引き下がることはありませんが、消費者金融は、延滞をせずに定期的に利用をしていると、優良顧客とみなされて金利の引き下げを行ってくれますので、定期的にコールセンターに電話をして金利の交渉をすることをおすすめします。また、申込時から比較して、年収が30万円程度上がったときにも、金利を見直しするタイミングとしては絶好の機会となりますので、その場合もコールセンターに電話をして金利交渉をしてみてください。

30日間無利息サービスで利息節約!

プロミスは新規契約の場合、契約時にEメールアドレスを登録すると、初めての借り入れから30日間が無利息になります。

「30日間で完済できないので、無利息になってもあまり意味がないのでは?」と思われるかもしれませんが下記の例を見てみてください。

利息総額の比較
例)借入:20万円、金利17.8%、返済:毎月2万円
無利息サービスなし ⇒ 18,156円
無利息サービスあり ⇒ 14,718円

たとえ完済まで数ヶ月かかったとしても、無利息期間が30日間あることで利息が安くなり、お得になる可能性が非常に高いのです。

Q.消費者金融の無利息期間は本当にお得なサービスと言えるのか

Takiguchi

元 信用組合職員|滝口誠

初めて利用する人にとってはお得なサービスです

カードローンを頻繁に利用しない予定の人で、一時的にお金が足りない人にとってはありがたいサービスではないでしょうか。消費者金融の多くは、1年間利用をしないと自動的に解約されることが多く、1度利用してすぐに完済をした後に、利用をしないでいると解約されてしまいます。したがって、本当に一時しのぎの人であれば、お得なサービスです。また、完済した後にしばらくしてから借りたとしても、利用履歴に問題がなければ、契約してから1年経過後に金利の引き下げ交渉をすると、金利が引き下がる可能性があります。このようなことを考えると、初めの30日間が利息無料というのは大きなメリットです。損後に利用する人も、計画的にカードローンの返済を考えて利用をすれば、最高金利よりも低くお金を借りられる可能性がありますので、上手に消費者金融を利用しましょう。

プロミスは「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」で即時振り込み可能

ATMまで行かなくても、インターネットから借り入れ申請をして、自分の預金口座に振り込んでもらえるのも、カードローンの大きな特長です。

非常に便利なサービスですが、土日祝日や夜間など銀行の営業時間外の場合、すぐに入金されないというデメリットもあります。

しかし、カードローンによっては、特定の銀行と提携しており、銀行営業時間外でも即時に入金反映されるものもあります。

プロミスは下記の2つの銀行で即時振り込みが可能です。

提携銀行

三井住友銀行
ジャパンネット銀行

即日借り入れできる場合もある

急ぎの方は、平日の14時までに契約手続きを済ませないと銀行の営業時間外になるので、当日中の借り入れは厳しくなってしまうので注意してください。

しかし、プロミスの場合は「三井住友銀行」と「ジャパンネット銀行」の口座を持っていれば、夜間や土日祝日でも問題ありません。

指定口座をすでに持っている人は、申し込み当日に借り入れできる可能性もより高くなるのです。

Q.即日融資を希望するなら何時までに消費者金融への申し込みを済ませるべきか

Takiguchi

元 信用組合職員|滝口誠

午前中10時まで申し込みましょう

最短30分審査など、即日融資に向けた事務のスピードを各金融機関ではうたい文句にしていますが、実際にはカードローンの申込みの込み具合にもよりますので、確実に即日融資を受けたいのであれば開店間もない時間がおすすめです。できれば9時直後から10時まで申し込みを済ませると、即日融資が受けられる可能性が高くなってきます。即日融資を受けるためには、申し込み時間も気を付けなければいけませんが、必要な書類も事前に準備しておくことも忘れてはいけません。いざ、申し込みをするときに必要書類がそろっていないと、即日融資を受けられなくなりますので注意をしてください。また、在籍確認もされますので、勤め先に連絡がつく時間帯であることも重要になります。電話で申し込みをするときには、コールセンターがつながりにくいこともあるかも知れませんが、電話を切らずに待っておくことをおすすめします。

プロミスは多くの人が利用している

プロミスの利用者数は、130万人を超えています。これだけ多くの人から選ばれているというのも、プロミスが利便性の高いカードローンであることの証明と言えるでしょう。

どうしてもお金が必要。そんな時は、まずプロミスの利用を検討してみてください。

参考|プロミス 2017年3月期 中間決算資料

プロミス
金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
公式サイトへ

まとめ

一見どれも同じようなカードローンでも、利用条件を詳しく見てみると、微妙に違う部分が多いものです。

どうせ申し込むのであれば、少しでも条件や利便性の良いカードローンを選んでみてください。

プロミスは銀行系と比較すると審査は早く、急いで借り入れたい方に有効です。

さらに、無利息期間や即時振り込みなどのサービスはお得で便利。他のカードローンを一歩リードした部分が多いのがプロミスの魅力です。

利息に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る