【必読】個人からお金を借りるときは慎重に|個人間借金のリスクと安全な代替案

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

こんなシチュエーションの人は必読です
  • 今月はジリ貧だから、余裕が欲しい!
  • すぐお金が欲しいけど、給料日が遠い…
  • とにかくお金を用意しないとヤバい!

生活をしていくにはどうしてもお金が必要ですし、予期せぬ事態のときにもお金が必要です。ときには赤字になってしまうことすらあるかもしれません。

しかし個人からお金を借りようとするのは、信頼関係のある人から飲み代を借りる程度にしておきましょう。

個人からお金を借りるリスクと、その代替案を解説します。もしも個人からお金を借りようと考えていた人は、是非参考にしてください。

お金は正しいところから借りないと危険

近年は個人によるお金の貸し借りを仲介する、インターネット掲示板を見かけることがあります。

知人であっても、お金の貸し借りは慎重になるべきなところ、他人であればなおさらリスクが高いでしょう。

相手の素性がわからない

お金を貸すためにインターネットで知り合った人ですから、素性がわかるはずがありません。

善意や気まぐれ、少ない利息を期待している人なら問題ないですが、考えられるでしょうか。もしもあなたが、使いきれないほどのお金を持て余してるとして、見たこともない他人に貸しますか?

お金に関する記事を書く筆者にも、インターネット掲示板経由でお金を貸した人の狙いがわかりません。善意を期待しているのであれば、別の方法を考えた方が安全でしょう。

実はヤミ金の可能性がある

前述のようなところでお金を貸したがる人で、一種類だけ予想できるのが違法な貸金をするヤミ金です。

彼らは違法団体ですので、公式な場所に広告を出すことができません。電柱や街灯への貼り付け、チラシ配りなどはあっても、インターネット広告はできないのです。だからこそ、このようなインターネット掲示板経由で、個人のフリをしてお金が必要な人を騙すのです。

もしヤミ金からお金を借りてしまった場合、以下のような事態が待ち受けています。

悪質で卑劣なヤミ金の手口
  • お金を借りるまで帰してくれない
  • 借りた分の何十倍もの返済を要求
  • 大声で近所に聞こえるように取り立て
  • 暴力行為に訴えた利息の要求
  • 完済したのに文句をつけてお金を要求
  • ビラや張り紙で留守中にも嫌がらせをする
  • 職場や実家に乗り込んで返済を要求する
  • 夜中や早朝に関係なく利息を要求する

健全な貸金業者は、上述のような取り立てや利息は一切ありません。もしもお金を借りたいのであれば、絶対に正規の金融機関を使うようにしましょう。

まずは身近な方法でお金を作る

どうしてもお金が必要な場合は、リスクの少ない方法で用意ができないか考えてみてください。

少なくとも名前も知らない個人に頼るのは、万策尽きたときの最後の手段と考えましょう。

他にもお金を作る方法は、まだまだあります。 例えば以下のようなものです。

・持ち物を売る
・自治体からの援助
・金融機関からの融資を受ける

持ち物を売ってお金を作る

自分の持っているものを売る方法です。近所のリサイクルショップで売るのはもちろんですが、近年では業者が買い取りにきてくれるサービスもあります。

またフリーマーケットアプリや、ネットオークションを使う手段も有効です。スマホがあれば、誰でも手軽に出品することができます。

しかしスピードと用意できる金額は相反しているので、より早くより多くお金を用意するのは難しいでしょう。リサイクルショップや買取業者の場合は、スピードがあっても、買取価格が安い場合が考えられます。

フリマアプリやネットオークションは、自分が納得できる価格がつけられます。しかし「買い手が見つかるまで」「発送するまで」「送金されるまで」に時間がかかる恐れがあるのです。

いずれにしても個人から借りるよりははるかに安全ですので、必要に応じて活用しましょう。

国や自治体の補助を受ける

状況によっては、国や自治体からの補助を受けることができるかもしれません。例えば職を失ってしまった人の場合は、ハローワークに行って失業手当の相談をしてみてください。

再就職や事故などで、一般的な生活を送るのが厳しく立ち直る資金が必要な場合は、生活再生ローンというものがあります。もちろんローンなので再生が必要ですが、個人に借りるよりもクリーンで安全です。

上記のような補助金はその他にも沢山あるので、役場の相談窓口に行ってみると良いでしょう。

金融機関からの融資を受ける

安全にお金を借りる方法として、銀行や消費者金融といった金融機関から、融資を受けることを検討しましょう。

各金融機関が提供している目的別のローンを利用するのもありですし、カードローンを使って自由な用途に使うのも良いでしょう。カードローンの他にも、銀行にはフリーローンというものがあり、これも使用用途は自由です。

スピードや融通の利きが気になるのであれば、消費者金融がおすすめです。大手の消費者金融なら社会的信用もあるので、銀行と遜色なく安全でしょう。

金融機関なら安全で信頼できる

もしも金融機関から融資を受けるのであれば、申し込みをして審査を受ける必要があります。

審査の通過難易度や基準は、利用する消費者金融によってバラバラです。通過率から見る難易度でいえば、銀行より消費者金融のほうが難易度は低いといえます。

銀行であればほとんど無条件で信頼できますが、消費者金融の信頼性は判定が難しい場合があるでしょう。簡単な判断基準としては、『テレビCMを打っていれば安全』です。

申し込みはスマホかPCでできる

金融機関からの借り入れを申し込むのであれば、今この記事を読んでいるスマホかパソコンで申し込めます。スマホの普及率が拡大している現在、ほとんどはインターネットからの申し込みになっているようです。

ちなみに申し込みには身分証明書の提出が必要ですが、多くの消費者金融ではスマホで撮影した画像を使えば問題ありません。

無理のない返済ができる

返済について心配をしている人もいるはずですが、無理のない返済ができるのもカードローンの魅力です。

遅滞を起こさないためにも毎月の定期的な返済は必須ですが、金融機関がそれぞれ決めている最低返済額でかまいません。例えばアコムで10万円を借りた場合の最低返済額は、3000円です。

また返済方法が充実していることも大きな魅力です。コンビニに設置されているATMで手軽に返済できたり、スマホから返済を申し込んだりできます。

しっかりとした返済プランを立てて、計画的に返済しましょう。

消費者金融なら最短1時間でOK

一部の消費者金融では、最短1時間で融資を受けることができます。

最短1時間で融資を受けるポイントは、審査が最短30分の消費者金融を選ぶことです。審査通過後すぐにカードを受け取ることができれば、その瞬間から融資を受けられるようになります。

カードの受け取りは、消費者金融の店舗窓口か自動契約機でできますので、時間や現在地を鑑みて選びましょう。

2人に1人が審査に通過している消費者金融

もしも金融機関の審査が不安な人は、審査の通過率が高いところを選ぶといいでしょう。統計的には、アコムがそれに該当します。

新規申込者のうち47.99%が審査に通過しているので、約2人に1人がアコムでの融資を受けられているのです。

まずは安全な方法を試してみる

どうしても切羽詰まっている状況では、判断能力が鈍ってしまうかもしれません。

しかし個人からお金を借りるのは、極力避けてください。リスクが高いですし、なによりヤミ金に引っかかってしまうと、悲惨なことになってしまいます。

お金が必要になってしまったら、可能な限り安全で信じられる方法から試してください。

今回紹介したアコムは、三菱UFJファイナンシャルグループに属した、信頼できる企業です。貸金業者の中でも、最も安全な業者といっていいでしょう。

おすすめの特集ページ

個人間融資に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る