アイフルで10万円借りるための条件と注意点|賢い返済計画の立て方

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

本田光一

2014年より中堅消費者金融に入社。一般消費者向けのローンを中心に専門家として幅広い知識を身に着け、2015年には貸金業務取扱主任者試験に合格。その後は経験を積みながら実績を残しつつ、不動産担保ローンの領域でも活躍。現役の貸金業務取扱主任者として、無理のない返済計画を意識した業務に取り組んでいる。

 この記事はこんな人向け 
  • アイフルで10万円借りたい!
  • ちゃんと返済できるか不安…
  • 少しでも利息を節約したい!

まとまったお金が必要なときに、大手カードローンの「アイフル」を利用したいと考える人は少なくありません。

そこでこの記事では、アイフルで10万円借りるための条件と、毎月の返済額や利息について解説していきます。

安心してアイフルから10万円借りるために、申し込みしようか迷っている人は、ぜひ目を通してみてください。

アイフルでまとまったお金を借りたい!

『家賃の引き落とし前なのに金欠…』
『親や友人には頼れない事情がある』

急な出費があってもすぐに対応できないとき、多くの人が保証人などを必要としない、「アイフル」のカードローンを選んでいます。

1万円程度の少額から借り入れできるだけでなく、申し込んだその日に融資してもらうことも可能です。

女性向けのサービスも充実しているので、主婦やOLといった幅広い層にまで利用されているカードローンとなっています。

毎月の返済や利息に不安を感じている…

上記からも分かるように、利便性の高いカードローンとして非常に人気ですが、初めて利用する人は返済できるか不安になりやすいものです。

利用するのが不安になる原因
毎月いくら払えばいいのか分からない
どれくらい利息がかかるのか知らない


実際に毎月いくらお金を返済していくのか、利息はいくらかかるのかをこの記事で確認すれば、過度に心配する必要はありません

アイフルで10万円借りるには?

アイフルで10万円借りるのに、面倒な手続きや複雑な条件は特にありません。

必要物申し込み方法を事前に把握しておくことで、初心者でもスムーズに手続きを進めることができます。

ステップ1|必要書類を用意

アイフルへ申し込みする際には、利用者本人かどうかを確認するために、下記のいずれかを提出しなければいけません。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 個人番号カード

手続きを止めずに済むように、本人確認書類の住所や名前に不備がないかを確認して、手元に用意しておいてください。

Q.書類に不備があった場合はどうなるのか

Img 8529

貸金業務取扱主任者|本田光一

再度確認、再提出する必要があります

審査の中で、本人確認書類や収入の証明書の提出を求められた際に、提出後に不備が発覚した場合は、必ず業者側から申込者へ連絡が入ります。

単純な撮影ミスや送り忘れなどの場合には再度提出を求められる事で終わります。万が一、書類を偽造したりし、明らかにおかしいと業者側に判断された場合には事細かにその内容の説明を聞かれる事になるでしょう。

必要提出書類に不備があるとその後の審査時間にも少なからず影響を及ぼす可能性があるため、出来れば一回で書類審査を通過できるようあらかじめ準備しておくようにしてください。

ステップ2|手続きの流れを把握

幅広い利用者に対応できるように、アイフルでは数多くの申し込み方法が用意されています。

その中でも、手持ちのスマホから24時間いつでも利用できる「ネット申し込み」が現在の主流です。

公式サイトから申し込み
必要書類を提出
審査
契約
キャッシング

郵送が必要だった面倒な書類提出も、スマホで撮影した画像をアップするだけなので、簡単スピーディーに対応できます。

ステップ3|審査通過条件を確認

手続き中には、借りたお金をきちんと返済していける人なのかを判断するために「審査」を受ける必要があります。

審査前のセルフチェック
社員として働いている
ローン返済で滞納したことがない
クレカの代金を滞納したことがない
他カードローンから借入していない

難しいイメージを持つ人も多いですが、実際に多くの人が審査を無事に通過しているのも事実です。

上記の条件をクリアしていれば審査通過できる可能性はあるので、心配な人は1度セルフチェックしてみましょう。

アイフルを利用する際の注意点

「私も10万円借りられそう!」と思っても、アイフルの仕組みを理解していないと滞納などのリスクがあるので注意が必要です。

きちんと返済していけるよう、アイフルへ申し込みする前に、毎月の返済額利息総額を確認しておいてください。

注意点1|最低返済額が設定される

アイフルでは、毎月決められた最低返済額を返済していく「リボ払い」が基本です。

 「リボ払い」とは?

リボ払いは、毎月あらかじめ指定した一定額を返済してゆく方式である。
回数指定の分割払いが各々の件に個別に指定するものであるのに対し、リボ払いでは各々の件に対してではなく残高全体について毎月返済することによって合計残高を減らしてゆく。

10万円を借りた場合は、毎月4000円ずつ返済することになるので、返済負担は非常に軽いです。

しかし、返済額が安い分だけ、完済までの期間が長期的になり、利息の負担が大きくなってしまいます。

注意点2|金利分の利息が発生する

お金を返済するときには、毎月の返済額とは別に、金利分の利息を一緒に支払っていかなければいけません。

初めてアイフルを利用する時は、最大金利の18%が適用されるので、以下のように利息が発生します。

利息を計算
例)借入10万円,金利18%,毎月4,000円返済
1ヶ月目 ⇒ 1,479円
2ヶ月目 ⇒ 1,398円
3ヶ月目 ⇒ 1,318円
    :
32ヶ月目 ⇒ 33円

完済までの利息を合計すると「26,260円」になるので、借りた10万円に加えて2万円以上も利息を支払わなければいけません。

10万円を短期間で無理なく返済できる計画を立てよう!

利息を少しでも安くするには、最低返済額以上の金額を返済して、1日でも早い完済を目指すのが理想的です。

しかし、早期完済するには無理のない返済計画を立てなければいけません。

希望期間までに完済するには毎月いくら必要なのか、下記を参考にして効率的な返済計画を考えてみてください。

返済計画の立て方をチェック

どのように返済計画を立てていけばいいのか分からない人は、下記のフローを見ながら進めてみてください。

完済までの希望期間を設定
毎月最低限必要な返済額を算出
収入から捻出できる金額と比較

「これなら無理なく返済していける!」と思える返済額になるまで、1~3の作業を繰り返すことで、適切な計画が立てられます。

返済期間や毎月の返済額に折り合いがつかない場合は、不足分を副業などで補う方法を検討することも大切です。

返済シミュレーションを活用

返済計画を立てるときは、「返済シミュレーション」を活用することで、面倒な計算を簡略化できます。

下記のように、何ヶ月で完済するには毎月いくら返済していけばいいのか、ほんの数十秒で把握可能です。

返済額をシミュレーション
例)借入10万円,金利18%
12ヶ月完済(1年) ⇒ 9,000円
24ヶ月完済(2年) ⇒ 4,900円
36ヶ月完済(3年) ⇒ 3,600円

お手持ちのスマホやPCから、アイフルの公式サイトにて無料で利用できます。返済計画を立てる際に、ぜひ役立ててください。

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

アイフルで10万円借りるための条件や注意点、さらには賢い返済計画の立て方までを紹介していきました。

記事中の大切なポイント
安定収入があれば借り入れ可能
毎月の最低返済額は4,000円
利息総額は2万円以上になる
返済計画を立ててから申し込み

上記のポイントを踏まえ、返済シミュレーションを活用しながら理想的な返済計画を立てておくことが大切です。

確実に返済していける計画を立ててから、お手元のスマホからネット申し込みしてみましょう!

▼アイフル関連の記事をあわせてチェック

アイフルのすべて!他カードローンとの違い・審査について
アイフルについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。他社との違いや審査・借入方法など、わかりやすく解説しています。

おすすめの特集ページ

アイフルに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る