学生でも親バレせずにレイクのカードローンを使うことはできるのか

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

※2018年3月23日現在の情報です。
2018年4月より、新生銀行カードローンレイクの新規受付が停止になり、グループ会社の「新生フィナンシャル株式会社」にて、新しいカードローン商品が導入されます。これに伴い、正しい情報への修正を進めておりますが、まだ完全ではありません。本記事では「新生銀行レイク」についての記載がございますが、2018年4月からは、新規申込受付を停止しておりますので、ご注意ください。

この記事はこんな人向けに書かれています
  • 学生だけどどうにかしてお金が必要…
  • レイクって学生でも使えるの?
  • 学生だけど急な出費に備えておきたい!

TVCMでよく見かける新生銀行のレイクは、多くの利用者がいる大手カードローンサービスです。

似たり寄ったりになってしまうカードローンですが、そんな中でもレイクは特徴的かつ魅力的な独自サービスがあります。

是非利用したいレイクのカードローンサービスですが、果たして学生でも使えるのでしょうか。

学生でもレイクの利用は可能

たとえ大学生や専門学生であっても、レイクを利用することは可能です。基本的にレイクは肩書きで判断をしません。

レイクが利用できるかどうか判断するのは、借りたお金を返す能力があるかどうかということです。

実際に多くの学生がレイクを利用している、という実例もあります。とはいえカードローンの利用はあまり公言したくありませんし、レイク側もそのように配慮していくれているので、レイクを利用している学生を見つけるのは難しいかもしれません。

返済がしやすくて学生でも安心

さまざまな金融機関のカードローンがありますが、レイクはむしろ学生にとって嬉しいカードローンなのかもしれません。

返済プランが充実しているので、学生であっても返済に関してあまり不安を持たなくて良いでしょう。

レイクの返済プランには以下の5つがあり、いずれも非常に利便性が高く、学生でも安心して利用できます。

返済方法 時間 返済額 手数料
ネット返済 24時間可能 一括返済可能 無料
レイクのATM 7:30~24:00 一括返済可能 無料
コンビニATM 24時間可能 1,000円単位 無料
自動振替 - 毎月定額 無料
銀行振込 銀行営業時間内 一括返済可能 振込手数料

学生ローンよりも学生向け

学生が利用可能なカードローンの中でも有名な学生ローンがありますが、レイクは学生ローンよりも学生向けといえます。

たとえば以下のような点が、その理由です。

レイクが学生に向いている理由
  • コンビニや銀行ATMでの借入・返済が可能
  • 収入が増えれば借入限度額を増やせる
  • 限度額が増えなければ金利も下がらない
  • 卒業してからも問題なく取引を続けられる

いずれのローンを利用するにしても、返済プランをたてる必要があります。レイクなら返済プランが豊富なうえに、返済シミュレーションを利用すればプランニングも難しくありません。

レイクを利用する条件は2つ

実際にレイクを利用している学生がいる、という他に根拠をあげるとするならば、レイクが公式に発表している利用条件です。

下記公式サイトにも掲載されていますが、レイクの利用条件は以下の2つしかありません。

レイクでの借り入れ条件
  • 満20歳以上70歳以下の人
  • 安定収入がある人(バイト・パートOK)

残念ながら19歳の人は利用できませんが、高校を卒業してから2回目の誕生日以降はレイクでの借り入れが可能です。浪人や留年がなければ、一般的に大学2年生の誕生日から申し込めるというわけですね。

『安定した収入』はバイトでOK

具体的に安定した収入とは、『定期的に得られる収入』や『毎月定期的に手に入る収入』のことです。

これは学生のアルバイトでも、まったく問題ありません。しかし突発的な日払いバイトの給料や雇用契約がない手伝いの報酬は、該当しません。

一般的に求人誌で募集しているような、中〜長期勤務することが前提のアルバイトの給料なら『安定した収入』といっていいでしょう。

ちなみに親からの仕送りは、安定した収入としてカウントできないので、注意してください。

Q.なぜ仕送りは収入にカウントできないの?

Murakami

ファイナンシャルプランナー|村上敬

仕送りは所得(=収入)ではなく、支援だからです。

貸金業者が利用者に対して融資をおこなう時には、貸金業法に則って行います。貸金業法における年収を証明する書類には、源泉徴収票・所得証明・納税証明などがありますが、これらは基本的に全て「所得」になるからです。親からの仕送りは支援であり、収入とは意味合いが異なります。

限度額がいくらかは収入による

学生のアルバイトとなると、あまり多くの収入があるとは思えません。親からの仕送りは収入にカウントできないので、利用審査に不安があるでしょう。

しかしレイクにおいて収入の金額は、あまり審査に大きく影響しません。影響することといえば『借りられる上限額が少なくなる』ということです。

収入は”どのくらい返済できるのか”という、返済能力の指標でしかありません。そのため『収入が多ければ借入上限が高く』『収入が少なければ借入上限が低く』なるだけです。

高額融資を希望していないのであれば、収入の金額について心配することはありません。

社会人になってから増額の審査を受けよう

一概にはいえませんが、学生でアルバイトをしている人の多くは、年収が100万円以下のはずです。多くの場合は10万円程度の少額な借入限度額となるでしょう。

学生のうちにそこまで高額な消費をするとは思えませんが、社会人になるとそうはいきません。

その場合は、レイクに借入上限額の増額をお願いしてみてください。利用に問題がなければ、再審査の後に社会人なりの上限額になることがあります。

親バレの可能性は低い

もしもカードローンの利用を親バレしたくないというのであれば、レイクでそれが実現可能です。

一般的に『カードローンの利用が親バレするシチュエーション』は、以下のようなものが挙げられます。

利用が家族にバレるシチュエーション
  • 申し込み後のカードや契約書といった郵便物が自宅に届き、家族に見られてしまう
  • 財布の中にあるローンカードを見られる
  • 返済が遅れて自宅に『返済督促状』が届く

財布の中を見られてしまうのは、本人がカバーできますが、郵便物だけはどうしようもありません。

しかしレイクの『カードレス契約』なら、郵便物を受け取らずに利用が可能です。借り入れ方法は銀行振込に限られますが、郵便物を送ってもらっては困るという方におすすめの契約プランです。

webで申し込むだけでOK

もしもレイクで『カードレス契約』をするのであれば、web申し込みをしてください。

電話や郵送での申し込みが可能ですが、基本的にカードローンの申し込みはwebからしか選べません。

レイクのカードレス契約をするには、web申し込み後の画面で『カードレスでご希望の方』を選択するだけです。

カードが必要なら後日発行できる

もしもカードレス契約後にローンカードが必要になったとしても、後日から発行が可能です。

全国に設置されているレイクの無人店舗から、『カードの再発行』を選ぶだけのシンプルなものです。

特に再審査を受けるといった手間はありませんが、登録情報を入力するので、スマホは持って行った方が良いでしょう。

レイクのローンカードがあれば、コンビニATMや銀行のATMを使って身近なところで借り入れをすることができます。

学生がレイクの申し込みをするために必要なもの

実際にレイクの申し込みをするのであれば、事前に必要なものを用意しなければなりません。

といっても必要な書類は、基本的に免許証などの身分証明書だけです。また申し込みそのものは、スマートフォンやパソコンでweb申し込みが可能です。

web申し込みは24時間受け付けているので、『スマホと免許証などの身分証でいつでもどこでも申し込み可能』となります。

学生証は身分証明書として使えない

学生がレイクを申し込むにあたって注意してほしい点は、学生証が身分証明書として使えないという点です。

学生証は学校が発行しているものであって、公的な証明書としての効力が期待できません。他の公的な書類と組み合わせれば問題ありませんが、学生証単体での利用は難しいでしょう。

ちなみにweb申し込み書での書類提出は、スマホで撮影した免許証などの身分証明書の画像ファイルで提出できます。

実際にレイクを利用する流れ

実際に申し込むときには、webから申し込みをするのが理想的です。無人店舗の慣れない自動契約機で申し込んだり、郵送で長いこと待ったりする必要がありません。

レイクで借り入れが可能になるまでの、理想的な流れを見てみましょう。

スマホかPCからweb申し込み
契約内容確認の電話連絡を受ける
審査開始
審査結果通知
郵送or無人店舗(自動契約機)でカード受け取り
借り入れ可能

もし無人店舗の自動契約機でカードを受け取らないでも良いのなら、最初の申し込みと電話連絡以外は、特にやることはありません。

審査〜郵送まではレイク側がやることなので、借り入れまで非常にシンプルといえます。

レイクだけの特別な魅力

消費者金融のカードローンは、いずれも似たり寄ったりであることが多いですが、レイクには独自のサービスがあるのです。

カードローン各社には、よく『初めての利用で30日間利息ゼロ円』というサービスがあります。レイクにもそれはあるのですが、借入額が5万円以内なら約半年間も利息がゼロ円なのです。

”学生だから”レイクを諦める必要はない

レイクの利用を検討していて、”学生だから”という理由でレイクの利用をあきらめることはありません。20歳以上であることと、安定した収入があればレイクの利用は難しくないのです。

ただし利用できたからといって、舞い上がって無鉄砲に借り入れをするのはやめましょう。

きちんと返済計画を立てて、無理のない返済をするようにしてください。

【2018年4月】レイクALSA(レイクアルサ)にリニューアル!
新生銀行カードローンのレイクは、消費者金融のカードローン「レイクALSA(レイクアルサ)」として生まれ変わりました。
利便性の高かった商品スペックに加え、新たに導入された先進的なサービスを今すぐチェックしましょう!
詳細はこちら ▶
レイクALSAのサービス内容について
  • 貸し付け条件
    満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、ご利用いただけます。 お取引期間中に満71歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。

    ご融資額:1万~500万円、貸付利率:年4.5~18.0% (貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります)
    ご利用対象:満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
    遅延損害金:年20.0%、ご返済方式:残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式
    ご返済期間(回数):最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1~60回。融資額の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します)
    必要書類:運転免許証(契約額に応じて、レイクALSAが必要と判断した場合、収入証明も提出)
    担保・保証人:不要

    ※貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。
    ※当社が契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関
    ※日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター
    ※ご契約には所定の審査があります。
    ※2018年4月現在
  • 無利息期間サービス
    • WEBで申し込むと初回契約翌日から60日間無利息期間適用
      ※ご契約額が1~200万円の方が対象です。
      ※WEB経由で申し込んだ方が対象です。
      ※WEB以外で申し込まれた場合は、初回契約翌日から30日間無利息となります。
    • お借入れ額5万円まで180日間無利息期間適用
      ※ご契約額が1~200万円の方が対象です。
      ※いずれの無利息サービスも初回契約翌日から無利息期間適用。
      ※無利息期間経過後は通常金利適用。
      ※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。

大学生に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る