カードローンのおまとめ・借り換えで毎月の返済負担を楽にする方法

2018年04月06日更新

Murakami
この記事のアドバイザ
ファイナンシャルプランナー
大学卒業後に多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナーの資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行い、これまで計2000本以上の実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビュー等も多数行い、事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。


おまとめ・借り換えで負担を軽減!

毎月のカードローンが負担になっているという人は、この機会に「おまとめ」「借り換え」を検討してみてください!

複数社から借りているカードローンをおまとめすると、返済の負担が楽になるだけでなく、他にもメリットがたくさんあります。多くの人に選ばれているカードローンサービスを紹介しますので、上手に活用して負担を軽減しましょう!

おすすめカードローン
アコム
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス
金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
アイフル
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分

おまとめする時は「3つのポイント」に注目

おまとめや借り換えは、既に他社で借りている借金の負担を減らすことが目的です。そのためには、利息の総額を減らすことができるサービスに乗り換える必要があります。選ぶポイントは大きく分けて3つです。

無利息期間がある所を使う!

借り換えやおまとめを使う場合、金利に着目することは大事です。しかし。金利だけでなく無利息期間にも目を向けてください。紹介した「アコム」「プロミス」「アイフル」の全てが導入しています。

仮に現在50万円を借りているとして、金利が18.0%である場合。30日間で発生する金利は7397円です。これがゼロになるのですから、使わない手はありません。

限度額に注目しよう!

カードローン業界は、限度額が多くなればなるほど、金利が下がる傾向にあります。つまり、余裕をもった限度額を設定しているカードローンを選ぶのが正解です。

利用者が多い金融機関のカードローン限度額は、大体500万円~800万円に設定されています。申し込み時に、自分にどれだけの枠があれば良いのか、よく考えてみてください。

絶対に「大手の金融機関」を選ぶ!

おまとめや借り換えをする際には、絶対に誰もが知っている大手カードローンで行いましょう。利用者の多い大手のカードローンは、安心と信頼が違います。間違っても、街中の雑居ビルにあるような、誰も名前を知らない金融機関へ入ってはいけません。

銀行へ申し込むのも手段の1つですが、厳しい審査になるであろう可能性を考えると、あまり得策ではありません。新規申し込みならまだしも、既に他社で借りている状態であるならば、可能性の高い消費者金融がおすすめです。

条件を満たす金融機関は?

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でダントツNo.1!
30日分の利息が完全ゼロ円!
最短60分で借りられる!

全国141万人の利用者から選ばれている三菱UFJフィナンシャルグループの「アコム」は、おまとめや借り換えの分野でもナンバーワンです。限度額は余裕の800万円、それでいて低金利が見込めて、急ぎの人でも安心の「最短即日融資」が可能です。

初めてアコムを使う人は、30日間の無利息期間がつくので、一時的に返済の負担が楽になります。アコムを上手に活用して、抱えている負担を少しでも楽にしてください!

公式サイトへ


 プロミスSMBCコンシューマーファイナンス
金利 
限度額
審査 
融資 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
:最短1時間
他消費者金融よりも金利が安くてお得!
銀行閉店後も最短10秒で振込可能!※1
アルバイト・パートでも当日利用可能!
30日分の利息が完全ゼロ円!※2

※1:三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要です
※2:メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です

借り換えに向いているカードローンと言えば、プロミスも有名です。テレビCMなどで有名ですので、信頼度は抜群といえるでしょう。アコムに比べて最大金利が少しだけ低く設定されていますので、完済までの期間が長引きそうな人にはおすすめです。

公式サイトへ


 アイフルアイフル株式会社
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短即日
30日分の利息が完全ゼロ円!
郵送物が届く時間を指定できる!

アコム・プロミスと並んでテレビCMなどでも有名なカードローンの大手と呼べる存在が「アイフル」です。こちらも最短30分で審査をおこなってくれるので、今日明日までにお金が必要な場合でも安心です。

アイフルは特に女性利用者が多いカードローンです。ここだけ見ても、アイフルは安心して利用できるサービスであることが分かります。本当に借りられるかどうか不安な人は、アイフル公式ページにある「1秒診断」を試してみてください。

公式サイトへ

おまとめ・借り換えのメリット

銀行をはじめとする金融機関へ行くと「おまとめローン」や「借り換えローン」を推奨しているお知らせがたくさん見受けられます。その理由はシンプルで、おまとめや借り換えには多くのメリットがあるからです。

A社 B社 C社
借入80万円
金利18.0%
借入50万円
金利18.0%
借入70万円
金利18.0%
おまとめローンに一本化
借入:200万円
金利:15.0%

金利(実質年率)が下がり楽になる!
これまで適用されていた金利よりも低くなる場合がほとんどです。発生する利息が少なくなるので、シンプルに経済的な負担が減ると考えていいでしょう。

1度の返済金額が少なくなり負担が減る!
金融機関ごとに決められてている「最低返済額」も減る可能性が高いので、こちらも経済的な負担が減ります。もちろん、余裕のある時には多めに返済することも可能です。

月に複数回あった返済日が1回になる!
2社以上の金融機関で借りている借金を1社にまとめれば、返済日は月に1回で済むようになります。これにより、精神的負担を軽減できることになります。

1ヶ月利息ゼロの期間が生まれる!
この記事で紹介している「アコム」「アイフル」には、初回30日間は利息ゼロになるサービスを導入しています。これを活用すれば、自動的に利息の総額は少なくなります。

おすすめカードローン
アコム
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス
金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
アイフル
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分

申し込み時の疑問を解消!

Q.どんな書類が必要になるの?
A.身分証明書が1枚あればOKです!
カードローンでお金を借りるには、免許証1枚あればOKです。免許証を持っていない場合は、パスポートや保険証などで代用が可能です。場合により、給与明細書などが必要になりますが、用途に応じて準備しましょう。

Q.今日(明日)までにお金が要るけど間に合う?
A.審査は最短30分!WEB申し込みが最速です!
紹介している大手カードローンは、とてもスピーディーな審査をおこなっています。夜の21時までに申し込み手続きを済ませれば、その日のうちにお金を借りることが可能です。審査後すぐにカード会社から連絡が入りますので、連絡が繋がる場所で待ちましょう。

Q.審査を通過するポイントは?
A.ミスなく申し込みをして、希望額を少なめにしましょう!
連絡先などの個人情報を間違えると、審査に手間がかかってしまいます。また、借入希望額を多くしすぎると、審査に通過できない可能性があります。必要な分だけ借りるようにしてください。

Q.他社でたくさん借りていますが大丈夫ですか?
A.正直に申告して申し込みしましょう!
他社カードローンを利用している場合でも、返済遅れなどを頻繁に起こしていなければ、申し込みそのものは問題ありません。審査が不安な場合は、公式ページにある事前診断を試してみましょう。

おすすめカードローン
アコム
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス
金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
アイフル
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • ■本サイトのご利用に関する注意事項
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

ページトップに戻る