SMBCモビットの返済日と返済内容について徹底的に解説|休日や遅れそうなときの打開策

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事はこんな人向けです
  • モビットを利用している・検討してる人
  • モビットの返済日や返済法を把握したい人
  • 返済日に間に合う自信がない人

モビットは非常に利便性が高く、利用者数も40万件弱にのぼる超大手の消費者金融です。最近ではスマホを使って、コンビニでのキャッシング可能なサービスを打ち出し、ますます便利なものになっています。

賢く利用すればとても魅力的な消費者金融ですが、返済日については他と同様にシビアにならなければいけません。

返済日や返済額、返済日に間に合わなさそうな場合など、しっかりと確認しておきましょう。

SMBCモビットの返済方法は3つ

SMBCモビット

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 公式サイト参照
融資 最短即日

まずはモビットで選択可能な返済方法を振り返っておきましょう。主に3つから選べて、それぞれ特徴があります。

モビットの返済方法
  • 定期的な自動引き落とし(口座振替)
  • 銀行振込による返済
  • コンビニ・銀行の提携ATMによる返済

口座振替を設定しておいて、返済日に口座内のお金を自動的に引き落としてくれるので、忘れる心配がありません。

銀行口座とATMによる返済は随時返済と呼ばれており、いつでも好きな時にさまざまな場所で返済を行えます。

ちなみに、SMBCモビットのATM返済方法については、こちらの記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

臨時収入やボーナスが入ったときは、随時返済をして積極的に借り入れを減らしていくのが理想です。

借り入れ額ごとに最低返済額が決まる

毎月の定期的な口座引き落とし(口座振替)は、最新の借入残高ごとに「最低返済額」が決まっています。

以下の表をご参考ください。

現在借入残高 最低返済額
10万円以下 4,000円
10万円越〜20万円以下 8,000円
20万円越〜30万円以下 11,000円
30万円越〜40万円以下 11,000円
40万円越〜50万円以下 13,000円
50万円越〜60万円以下 16,000円
60万円越〜70万円以下 18,000円
70万円越〜80万円以下 21,000円
80万円越〜90万円以下 24,000円
90万円越〜100万円以下 26,000円

ちなみに100万円を超える場合は、借入残高が20万円増えるごとに、返済額が4,000円追加になります。

SMBCモビットは毎月定期的な返済日を選択可能

モビットの返済日は、以下の4つから選択できます。

選択可能な返済日
  • 毎月5日(土日祝の場合、翌月曜)
  • 毎月15日(土日祝の場合、翌月曜)
  • 毎月25日(土日祝の場合、翌月曜)
  • 毎月末日(土日祝の場合、翌月曜)

10日毎、あるいは月最終日から選べるので、自分のライフスタイルに合わせた選択が可能です。

支払い忘れ・支払えなくなるリスクを避けるためには、なるべく給料日の近くに設定するのがベストです。

給料日ごとのベストな返済日

返済の引き落とし日は4つの中から選択できますが、自分にとって最も良い選択肢はどれでしょうか。

給料日ごとに、以下の表をご参考ください。

給料日 おすすめの返済日
毎月1日 毎月5日
毎月5日 毎月15日
毎月10日 毎月15日
毎月15日 毎月25日
毎月20日 毎月25日
毎月25日 毎月末日
毎月末日 毎月5日

表を見てわかる通り、25日に給料を振り込まれる人が、25日に設定してしまうのはおすすめできません。

同日でも給料の振り込み前に引き落としをかけられると、返済遅延になってしまう恐れがあるためです。

引き落としがかかる日付に注意

引き落としがかかる日付は、いつの借り入れに対するものかで、すこしだけややこしくなっています。

ポイントは何日に借りたか返済日を何日に設定しているかです。以下の表を参考に、確実に自分の返済日を把握しておいてください。

今回はわかりやすく、9月に借り入れをしたと仮定して表を作成します。

設定した返済日 借り入れた日付 引き落としがかかる日
毎月5日 9月1日〜19日 10月5日(翌月の約定返済日)
9月20日〜末日 11月5日(翌々月の約定返済日)
毎月15日 9月1日〜末日 10月15日(翌月の約定返済日)
毎月25日 9月1日〜9日 9月25日(同月の約定返済日)
9月10日〜末日 10月25日(翌月の約定返済日)
毎月末日 9月1日〜14日 9月末日(同月の約定返済日)
9月15日〜末日 10月末日(翌月の約定返済日)

自分の返済すべき期日をきっちり把握しておかないと、返済の遅延になる恐れがあるので、注意しましょう。

返済日に関するよくある疑問

返済日について、さまざまな疑問を持っている人を多く見かけます。モビットにおいては、下記をご参考ください。

Q.返済日の変更はできる?

A.モビットに問い合わせましょう。

基本的にモビットフリーコール(0120-24-7217)へ電話するしかありません。給料日が変わったり、なんらかの事情がある場合はその旨を説明しましょう。

Q.返済日が土日の休日のときどうなる?

A.引き落としは翌営業日に引き落とし。繰上げは当日扱い。

土日祝日などの銀行休日が引き落とし日になってしまっている場合は、次の営業日に引き落としをかけられます。ATMや振り込みなどで繰上げ返済を休日に行った場合、送金されるのは次の営業日ですが、きちんと返済を行った日に返済したものとして扱われます。

Q.返済日を確認したい場合は?

A.インターネットの会員ページで確認できます。

モビット会員専用のwebページ「Myモビ」の『契約内容照会』から、いつでも自分が設定した返済日を確認できます。ちなみに「Myモビ」はスマホ・PCどちらでも利用できますが、契約内容照会はパソコンからしか利用できませんので、注意してください。

Q.返済日はわかったけど、時間は?

A.振り込みなら14時までに。引き落としは金融機関ごとにバラバラ。

もしも振り込みで返済をするのであれば、銀行処理の関係から14時までに振り込まないと遅延扱いとなってしまう恐れがあるのです。ただし三井住友銀行か三菱UFJ銀行の「24時間即時振込サービス」から、18時以降休日にお振込された場合は、振り込んだ日に入金したものと扱われます。引き落としの時間についてモビットに問い合わせたところ、金融機関ごとにバラバラに引き落としをかけているとの回答でした。

Q.返済日に遅れるかもしれないときは?

A.まずはモビット担当者に電話しましょう。

もしも返済日までに返済を間に合わせられなさそうであれば、すぐにモビットの担当者に電話をしましょう。モビットフリーコール(0120-03-5000)から、9:00〜21:00まで相談可能です。場合によっては返済額の軽減といった、なんらかの処置をしてくれる可能性があります。
また具体的な支払いの期日が約束できれば、それまで督促の書面や電話は控えてもらえるでしょう。

万が一返済日に間に合わないときのリスク

もしも返済日にまでにお金を用意することができず、返済ができなかった場合は、それなりのリスクがあります。

最終的に支払いを逃れる方法として「自己破産」がありますが、借入状況によっては自己破産さえできませんし、将来のことを考えれば絶対におすすめできません。

基本的には必ず支払いはしなければならないので、そのリスクをしっかり把握しておきましょう。

遅延損害金はかなりの痛手

1日でも約束した返済日から遅延してしまうと、利息よりもずっと高額な遅延損害金を支払わなければなりません。

モビットを利用した場合通常の金利は18.0%ですが、遅延利率(実質年率)は20.0%です。

たとえば40万円の借入で20日後に返済を約束した場合、支払う利息は1,972円になります。しかしそこから20日返済が遅延した場合、支払う利息は4,163円に跳ね上がるのです。

SMBCモビット遅延後の流れ

モビットに限らず消費者金融の返済を遅延をすると、督促がくるようになります。最初は書面や電話程度ですが、最終的には裁判所まで話が大きくなり、差し押さえが入ることさえあるのです。

具体的な流れは、以下を確認しましょう。

返済を遅延した場合の流れ

【1】遅延・返済督促の書面が届く
返済ができておらず遅延しているので、返済を求める旨の書面が自宅に届きます。
【2】消費者金融から電話督促
担当者から利用者の携帯電話に払うようにと催促されます。
【3】連絡がつくまで督促電話が続く
携帯電話がつながらなければ、職場にまで連絡がきます。
【4】強制解約
会員を退会させられます。二度と入会することはできません。
【5】支払督促状が届き一括支払い
借り入れ残高全て+延滞金を一括払いで払う必要があります。

上記の『【5】支払督促状が届き一括支払い』でも反応や返済がなければ、消費者金融は裁判所に対して提訴の手続きをとります。1ヶ月〜2ヶ月後に差し押さえ通知が届き、順当にいけば給料や財産を差し押さえられます。

今後数年はローン審査が厳しくなる

モビットに限らず返済に関する遅延を起こしてしまうと、今後数年の融資審査が厳しくなります。

カードローンはもちろんですが、例えば以下のような審査も厳しくなるでしょう。

延滞後に厳しくなる審査
  • 自動車ローンの審査
  • 住宅ローンの審査
  • フリーローンの審査
  • 教育ローンの審査
  • クレジットカードの契約審査
  • 携帯電話の本体代金の割賦払い

もちろんこれ以外についても、個人信用情報が関係してくる審査は、すべからく厳しくなってしまいます。

特に住宅ローンについては、各金融機関の審査が非常に厳正であるため、最大で5年以上組めなくなってしまう恐れもあるのです。

返済が遅れてしまいそうなときにすべき行動

もしも「返済に遅れてしまいそうだ!」と感じた場合は、すぐに以下のような措置をとしましょう。

遅れそうな返済をそのままにしてしまうと、前述のように多大なリスクを背負ってしまうことになります。

すぐにSMBCモビットに連絡・相談をする

この記事でもすでに紹介していますが、返済に間に合わないと感じた時はすぐにモビットに連絡・相談をしてください。

融資とは基本的に、金融機関と利用者の信頼関係のうえに成り立っています。事情を知らないまま返済がないと、信頼関係に大きな溝ができてしまうのです。

モビットへの連絡先:モビットフリーコール(0120-03-5000)

慢性的に返せていないなら専門家に相談

返済に間に合わないという状況が、慢性的に続いてしまっているようであれば、専門家に相談しましょう。

利用者のキャパシティを大きく超えるような借り入れをしてしまっている場合、なにかしらの措置をとってくれるかもしれません。

また自治体や社団法人からも、多重債務者の生活を再建するためのサポートを受けられます。そういった制度を紹介してくれる場合もあるのです。

◆法テラス(0570-078374)
◆日本弁護士連絡会(0570-783-110)
◆日本司法書士連合会(03-3359-4171)

一時的なら借り換えるという手も有効

もしも「返済に遅れそう」というのが、今回限りだという場合は、借り換えるというは有効な手段です。

たとえ借り換え先に消費者金融を選んだとしても、遅延損害金よりも負担の大きな金利を設定しているところはほぼありませんので、金利が下がる可能性があります。

選ぶところによっては、毎月の返済額が今よりも低額になる場合さえあります。

借り換える場合の注意点

「遅延しそうだから借り換えて返済をする」という状況を、何度も繰り返してはいけません。最終的には支払不能となり、破産免責・不許可事由に該当してしまう恐れがあります。

借りる際にはしっかりと返済計画を立て、無理のない範囲で返済するようにしましょう。借り換えによって遅延を解消するのは、あくまで一時的に返済が困難となった場合の最後の手段としましょう。

おすすめのカードローンはこちら

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

内緒で借りたい方におすすめ。
銀行振込で借りたい方におすすめ。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

返済プランをきっちり立てておこう

返済日や返済方法をきっちりと把握しておいて、支出管理ができていれば、問題ありません。

借り入れ前に返済シミュレーションを利用したり、なるべく遅延のないような返済設定にして、確実な返済をしましょう。

今回は借り換え案としてアコムを紹介しましたが、借り換える場合も無理は禁物です。

万が一の時は一人でかかえこまず、借り入れ先や専門家に相談して、間違いのない借り入れをしましょう。

モビットの金利・審査・借り方・返済・増額について詳しく知りたい方はこちら!
≫記事を読む

関連記事

返済日に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る