繰り上げ返済がキャッシングを利用する上で重要視される理由

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

  1. 繰り上げ返済とは
  2. 繰り上げ返済のメリット
  3. 繰り上げ返済はATMか銀行振込で
  4. 繰り上げ返済をすべきタイミング
  5. 繰り上げ返済の効果を最大化するために
  6. まとめ

この記事はこんな人向けです
  • 繰り上げ返済って?
  • メリットは?
  • どのカードローンがお得なの?

繰り上げ返済を上手に活用することが、キャッシングをお得に利用するためには欠かせません。

そこで、繰り上げ返済のメリットや方法、どのようなタイミングで繰り上げ返済すればいいのかなどを紹介します。

繰り上げ返済とは

カードローンの返済方法は約定返済と繰り上げ返済(随時返済)の2通りです。

約定返済とは
毎月1度の約定返済日(ローン申し込み時に自分で指定した返済日)に、約定返済額(契約で取り決められた金額)を返済すること

随時返済とは
約定返済とは別に、任意の金額を返済すること

この2つの返済方法の定義は覚えておきましょう。

繰り上げ返済のメリット

繰り上げ返済には金銭的なメリットがあります
カードローンをお得に利用するためには、利息を減らすことが1番重要です。繰り上げ返済はそのために非常に重要な役割を果たしてくれます。

借入残高(返済していない分のお金)によって利息は決められるので、借入残高を減らす必要があるのです。

確実に元金を減らせるので総支払額も減る

約定返済で返済する金額には、元金(借りたお金)への充当額利息が含まれています。

一方、繰り上げ返済に含まれている金額は元金だけです。

したがって、繰り上げ返済を利用することで、元金を直接減らすことができます。

元金に対して利息は決められるので、元金が減れば利息も減るのです。利息が減るということは、結果的に総支払額を減らすことに繋がります。

繰り上げ返済はATMか銀行振込で

繰り上げ返済はATMか銀行振込という2つの方法で行えます。

キャッシング会社の店舗に出向いて直接繰り上げ返済をすることもできますが、店舗まで行く時間がなかったり、誰かにバレる心配をしたくないという場合はATMか銀行振込で返済してしまった方がいいでしょう。

最寄りのコンビニや職場の近くのコンビニでも繰り上げ返済は可能です。

注意点として、カードローン会社によっては、繰り上げ返済に利用したとしてもATMの利用手数料がかかることもあります

繰り上げ返済をすべきタイミング

繰り上げ返済を効果的に利用するには、最適なタイミングというものがあります。

借入した直後の約定返済額はほとんど利息を支払っています。つまり、最適なタイミングというのは借入直後です。

借入した後に、なるべく早く元金を減らしておくことで支払う利息はかなり抑えることができます。

ただし、繰り上げ返済をすべきなのはお金に余裕があるときに限ります

お金に余裕がない状態で、繰り上げ返済に自分のお金をつぎ込んだ結果、生活費や家賃など、生活に支障をきたしては元も子もありません。

例えば、ボーナスが支給されたインセンティブが入ったなど、お金に余裕ができたタイミングや、外食を控えて節約した分を繰り上げ返済に充てるなど、生活に必要なお金はちゃんと維持することを意識しましょう。

繰り上げ返済の効果を最大化するために

繰り上げ返済は、効率的に利息を節約する適切な手段ではありますが、金利が下がればさらにお得であることは確かです。

例えば、「借り換え」を行えば、現状より金利を下げられる可能性があります。

借り換えで金利を下げてから繰り上げ返済

借り換えとは、現状の借入先とは異なる金融機関から借り入れを行い、そのお金で一括返済をすることです。

一括返済後は、新たな借入先への返済が始まります。

借入残高そのものは変わりませんが、金利が低い金融機関に借り換えることができれば、結果的に支払う利息を節約できるのです。

利息の違いを確認

では、実際のところどれくらい利息を節約できるのか。

一度、シミュレーションを試してみてください。

返済金額を計算

毎月の返済金額を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
完済までの期間 ヶ月

{{ error }}

返済期間を計算

完済までの期間を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
毎月の返済額 千円

{{ error }}

まずは、現状の借入残高・金利・月々の返済額を入力してシミュレーションしてください。

結果が出たら、つぎは金利を引き下げて再度シミュレーションしましょう。

金利の下がり幅によっては、大きく利息が減るはずです。

金利をしっかり比較しよう
借り換えをすれば、必ず金利が下がるというわけではありません。選ぶ金融機関によっては、かえって金利が高くなることもあるでしょう。
借り換えを行う際は、金融機関の金利をしっかりと比較したうえで、適切な申込先を選んでください。

比較的に金利が低い金融機関

では、具体的にどういった金融機関が適切か?
代表的なカードローンをリストアップしたので、金利を比較してみてください。

金融機関 金利
J.score (ジェイスコア) 最大 年12.0%
みずほ銀行 年2.0~14.0%
三井住友銀行 年4.0~14.5%
三菱UFJ銀行 年1.8~14.6%
じぶん銀行 年2.2~17.5%

まとめ

繰り上げ返済を行えば、早期の完済と効率的な利息の節約が図れます。

また、現状より金利が低い金融機関に借り換えれば、さらに利息を軽減できるでしょう。

いずれにせよ、カードローンは早めに返済するほどお得です。

すでに借り入れしている方も、まだ借り入れ経験が無い方も、まずは返済計画を見直したうえで可能な限り早期の支払いを心がけてください。

返済額に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る