アコムの返済シミュレーションの利用方法とその注意点

この記事に関するアドバイザ

元 信用組合職員

滝口誠

信用組合に20年以上勤務し、金融業務全般に従事する中で、カードローン受付・審査等の業務も経験。銀行業務検定法務3級、銀行業務検定財務3級、銀行業務検定金融コンプライアンス2級、3級ファイナンシャル・プランニング技能士等の資格を保有する、金融業界のプロ。

アコムには、「返済シミュレーション」という借入れ前に利用計画を立てやすくする為のツールがあります。アコムからキャッシングしようと考えている方は返済シミュレーションを利用してみてください。

どれくらい毎月支出があるかの把握に利用し、自分の収入・支出のバランスを見極めることでアコムの利用計画をたてやすくなるのは勿論、金融事故を起こさないためにも「返済シミュレーション」は非常に便利です。

アコムとは

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でダントツNo.1!30日分の利息が完全ゼロ円!最短60分で借りられる!
公式サイトへ▶

三菱UFJフィナンシャルグループの一員、三菱ほか多くの銀行の審査・保証を担当し、業界内外で高い信頼を誇っています。
審査最短30分、融資最短1時間というクイックな審査も定評があります。
初めての方は最大30日間利息ゼロの無利息期間サービスを展開。

借入れ金額・返済額がわかるアコムの返済シミュレーション

アコムの返済シミュレーションで2つのことがわかります。


■アコムのキャッシング金額からわかる“毎月の返済額”
■アコムへの支払い金額からわかる“完済までの期間”

アコムの返済シミュレーションから「毎月の返済額」「完済までの期間」の2つを把握することができるのです。


Q.返済シミュレーションを利用する理想的なタイミングとは

元 信用組合職員|滝口誠
お金を借りる前になります

お金を借りるにはしっかりと幾らずつ返済して、いつまで借りているのか計画的に借入をすることが大事です。そこで、お金を借りる前にはしっかりと、いつまで返済をするのか考えるためにシミュレーションをしましょう。自分の収入で幾らずつ返済をすると、生活が苦しくならないかしっかりと考えることが大事です。また、ボーナスなどで返済を考えている人は、ボーナスまでの支払いがいくらなのかしっかりと把握をしておきましょう。無計画にお金を借りてしまうと、借金が膨らんでしまう原因になります。借金を増やさずに上手にカードローンを利用するコツは、借りる前にしっかりと返済計画を立てるためにシミュレーションを有効利用することにあります。

毎月の返済額を把握する返済シミュレーション

アコムの返済シミュレーション金利(実質年利)は、18%と15%を選ぶことができます。そこに金額と希望の返済額を入力すれば毎月の返済額が一瞬で表示されます。

今回は試しに下記の情報をアコムの返済シミュレーションに入力してみようと思います。

借入金額:50万円
金利(実質年利):18%
返済回数:36回

アコムの返済シミュレーションに上記のように入力すると18,076円と表示されます。

■計算方法
18,076円×35回+15,151=647,811円
利息の負担は、
647,811円-500,000円=147,811円

これはアコムで採用されている定率リボルビング方式という計算方式の返済額です。

毎月同額を支払い返済回数を把握できる「定率リボルビング方式」

アコムの返済シミュレーションで試した場合返済額は一律18,076円となっていますが、「利息」と「元本」に充てられる金額はそれぞれ毎月変化します。アコムへの返済を開始してのはじめのうちは元本が減っていないため、利息の負担が多くなります。

しかし毎月18,076円ずつ払っていくと、36か月後には確実に利息の支払いも、元本の返済も終了するのが定率リボルビング方式です。



Q.定率リボルビング方式とは何か

元 信用組合職員|滝口誠
元利均等返済の一種です

借金の返済方法を大まかに分けると、「一括返済」「元金均等返済」「元利均等返済」「リボルビング返済」があります。定率リボルビング方式とは、この中の「リボルビング返済」の一種になります。「元利均等返済」には定率リボルビング方式のほかに、借入後残高スライドリボルビング方式、残高スライドリボルビング方式、定額リボルビング方式があります。定率リボルビング方式とは、借入額に対して一定の割合を乗じて返済額を定めるものです。アコムの場合は30万円以下で4.2%が返済額となります。このように一定の割合を乗じて、返済額が決まる返済方法が定率リボルビング方式となります。

アコム以外でも無料アプリで返済額が計算できる

アコムの返済シミュレーションはこのようなことが借入を行う前に知ることができます。
また、アプリ等で「ローン電卓」と検索すると、ローン電卓のアプリを取得することもできます。中には無料アプリもありますので、ぜひダウンロードして利用してみてください。

返済シミュレーション通りの金額になるとは限らない

アコムの返済シミュレーションで算出された金額とアコムでカードローンを利用した場合の返済金額は異なります。
それは、返済シミュレーションには細かな金利と無利息期間サービスが考慮されていないからです。

返済シミュレーションはあくまでも目安

では、正確性が高いとは言えない返済シミュレーションを、なぜ利用すべきか?
それは、ある程度目安を付けた方が返済計画を立てやすいからです。
まったくの無計画で借りることが、カードローンを利用するうえで最も避けるべきことです。

返済シミュレーションの正しい使い方

最後に、正しい返済シミュレーションの使い方と、それに沿ってマネットが試算した結果を紹介します。
返済シミュレーションの正しい使い方とは、利用額もしくは返済期間を決めて合計利息などの情報を可視化することです。

同じ金額を借りるとしても、最低返済額分の支払いだけ続けていては、いつまでたっても完済できないうえに利息も膨れ上がります。

例えば、数千円上乗せするだけでも、完済までの期間や利息総額は大きく変わります。
マネットで「5万円・10万円・20万円・30万円・40万円・50万円」借りた場合のシミュレーションを試算してみたので、確認しておいてください。

5万円借りた場合の返済シミュレーション

返済額 合計利息 返済期間
¥1,500 ¥18,378 45ヶ月
¥2,500 ¥8,851 23ヶ月
¥4,500 ¥4,228 12ヶ月
¥6,500 ¥2,697 8ヶ月
¥11,500 ¥1,315 4ヶ月

10万円借りた場合の返済シミュレーション

返済額 合計利息 返済期間
¥3,000 ¥36,757 45ヶ月
¥4,000 ¥23,930 30ヶ月
¥6,000 ¥13,976 18ヶ月
¥8,000 ¥9,774 13ヶ月
¥13,000 ¥5,393 8ヶ月

20万円借りた場合の返済シミュレーション

返済額 合計利息 返済期間
¥6,000 ¥73,513 45ヶ月
¥7,000 ¥58,004 36ヶ月
¥9,000 ¥40,718 26ヶ月
¥11,000 ¥31,250 21ヶ月
¥16,000 ¥19,548 13ヶ月

30万円借りた場合の返済シミュレーション

返済額 合計利息 返済期間
¥9,000 ¥110,270 45ヶ月
¥10,000 ¥93,589 39ヶ月
¥12,000 ¥71,791 30ヶ月
¥14,000 ¥58,174 25ヶ月
¥19,000 ¥39,171 17ヶ月

40万円借りた場合の返済シミュレーション

返済額 合計利息 返済期間
¥12,000 ¥147,026 45ヶ月
¥13,000 ¥129,682 40ヶ月
¥15,000 ¥104,930 33ヶ月
¥17,000 ¥88,020 28ヶ月
¥22,000 ¥62,501 21ヶ月

50万円借りた場合の返済シミュレーション

返済額 合計利息 返済期間
¥15,000 ¥183,783 45ヶ月
¥16,000 ¥166,023 41ヶ月
¥18,000 ¥139,157 35ヶ月
¥20,000 ¥119,652 30ヶ月
¥25,000 ¥88,507 23ヶ月

まとめ

銀行ではよく使う返済シミュレーションですが、消費者金融ではあまり使いません。
なぜなら、カードローンのような商品の場合、借入残高が増えたり減ったりするのが当たり前だからです。

アコムの返済シミュレーションは毎月いくらずつ払えばあと何回で返済が終わるのかなどを知ることができ、利用者は返済のイメージを立てやすくなります。

残高さえ把握していれば、借入残高が変化した時にたまにシミュレーションしてみても、今後の返済計画が自分の中で見える化するので、借りる前より、借りている最中に定期的に利用するといいでしょう。

アコム
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
公式サイトへ



Q.計画通りのカードローン返済を行う上で、最も重要なことや注意点を教えてください

元 信用組合職員|滝口誠
最低返済額以上に返済をしましょう

お金を借りる前にシミュレーションをきちんとして、返済計画を練ったとしても、カードローンの場合それを必ず実行するにはしっかりと生活をコントロールする必要があります。また、カードローンを利用する上で、とても重要なことは、最低返済額以上の金額を毎月返済することが望ましいです。カードローンは最低返済金額を返済すれば延滞にはなりませんが、これではなかなか元金が減ることがありません。したがって、返済をするときには、最低返済額を返済するのではなく、しっかりと借りたお金が減るように随時返済を利用して元金に直接返済するようにしてください。

≫アコムの金利について詳しくはこちら

返済シミュレーションに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る